このキーワード
友達に教える
URLをコピー

武田健吾とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
福岡県筑後市
【生年月日】
(1994-04-18) 1994年4月18日(25歳)
【身長
体重】
183 cm
85 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
2012年 ドラフト4位
【初出場】
2013年10月12日
【年俸】
1,700万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


武田 健吾(たけだ けんご、1994年4月18日 - )は、福岡県筑後市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 オリックス時代
    • 1.3 中日時代
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
    • 3.6 登場曲
    • 3.7 代表歴
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入り前

筑後市立羽犬塚中学校時代には、ジャパンリーグの三潴ファイターズに所属。投手として、ストレートで最速135km/hを記録している。外野手も兼任しており、3年生の時にはAA世界野球選手権大会・日本代表に選ばれて藤浪晋太郎らとチームメイトになっている。

自由ケ丘高等学校に進むと入学直後から練習試合に出場し1年春の九州大会からベンチ入りを果たし、秋には4番・中堅手となった。

2年の春は九州大会に出場し、夏は福岡北部予選を突破したが、ベスト16でその年準優勝の東筑に敗れた。個人的には11打数5安打の活躍だった。秋には主将に就任した。同年秋と3年春には2季連続で県大会を制した。3年春の福岡北部大会では、3試合連続本塁打を放ち、その後の九州大会では打率が5割を超える活躍で準決勝進出に貢献した。しかし、初の選手権大会出場を目指した3年夏の福岡北部大会では緊張からか、硬さが見られ5打数無安打と自慢の打撃が奮わず初戦の2回戦で敗退している。この試合を複数のスカウトが観戦するなど、NPBの球団から注目された。高校通算本塁打は23本。

2012年のプロ野球ドラフト会議で、オリックス・バファローズから4巡目で指名。契約金4,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は56

オリックス時代

2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて

2013年ウエスタン・リーグ公式戦97試合に出場。レギュラー外野手として打率.252、4本塁打を記録したほか、安打数(82)・二塁打数(18)・打点(42)・補殺数(8)でチームトップの成績を残した。7月には、一軍の練習に参加した一方で、フレッシュオールスターゲームにウエスタン・リーグ選抜のメンバーとして出場。シーズン終盤に一軍昇格を果たすと、公式戦2試合の出場で2安打を放った。

2014年、一軍公式戦5試合に出場。打率は.125ながら、8月29日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)5回表の打席では、菊池雄星から放ったシーズン唯一の安打(二塁打)で一軍初の打点を記録した。85試合に出場したウエスタン・リーグ公式戦では、6本塁打を放つとともに、リーグ8位の打率.285を記録した。

2015年、一軍公式戦9試合に出場したが、2年連続の1安打で、打率も.071にとどまった。ウエスタン・リーグ公式戦では、3年連続で最終規定打席に達するとともに、リーグ10位の打率.244、4本塁打、28打点を記録。6月29日に明治神宮野球場で催された「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」では、NPB選抜の「5番・右翼手」としてスタメンに起用されると、3打数1安打という成績を残した。

2016年、一軍公式戦10試合に出場。打率.100(20打数2安打)ながら、安打はいずれも二塁打であった。ウエスタン・リーグ公式戦では、4年連続で最終規定打席に到達。リーグ13位の打率.256、6本塁打、36打点を記録した。シーズン終了後には、メキシコで開催の第1回WBSC U-23ワールドカップに、日本代表のメンバーとして出場。チームの優勝に貢献したほか、大会通算打率.455(33打数15安打)という成績で、チームメイトの吉田正尚と並んで外野手部門のベストナインに選ばれている。

2017年、前述したU-23ワールドカップでの活躍や、前年まで一軍外野陣の一角を担っていた糸井嘉男国内FA権行使による阪神タイガースへの移籍を背景に、春季キャンプからオープン戦期間中まで一軍に帯同した。公式戦の開幕を二軍で迎えたが、開幕直後の4月12日にシーズン初の出場選手登録。23回目の誕生日であった4月18日の対北海道日本ハムファイターズ戦(静岡県草薙球場)に途中から出場すると、9回表の打席で放った二塁打によって一軍公式戦でのシーズン初打点を記録した。2日後の4月20日に東京ドームで催された同カードでは、「8番・左翼手」としてシーズン初のスタメン出場を果たすと、3回表の第2打席で一軍公式戦での初本塁打を放った。5月上旬からスタメンに定着すると、同月下旬からのセ・パ交流戦では規定打席に到達。終盤まで丸佳浩(広島東洋カープ)などを相手に交流戦の首位打者争いを展開した末に、チームの規定打席到達者ではトップ(全12球団では3位)の打率.375で交流戦を終えた。レギュラーシーズン全体では、7月上旬までスタメンに定着。ステフェン・ロメロ吉田正尚らが復帰した7月上旬以降は守備・代打要員として、自己最高を大きく更新する97試合に出場し、2本塁打、14打点、打率.295を記録した。

中日時代

2019年6月30日、松井雅人松井佑介との交換トレードにより松葉貴大と共に中日ドラゴンズへ移籍することが発表された。7月2日、NPB公示され、トレード相手である松井佑介の背番号を引き継ぐ形で中日でも引き続き56を着用することとなった。

選手としての特徴

50メートル走6秒1の俊足、遠投120メートルの強肩に加え長打力もあり、走攻守のバランスが良く新庄2世とも評される。守備範囲の広さを自負しており、打音や打球の角度、風などから判断して落下地点へ移動するプロセスが素早い。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

2013 | オリックス | 2 | 8 | 8 | 1 | 2 | 1 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | .250 | .250 | .375 | .625
2014 | 5 | 10 | 8 | 1 | 1 | 1 | 0 | 0 | 2 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 1 | 0 | 0 | 3 | 0 | .125 | .222 | .250 | .472
2015 | 9 | 16 | 14 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | .071 | .133 | .071 | .205
2016 | 10 | 20 | 20 | 1 | 2 | 2 | 0 | 0 | 4 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | .100 | .100 | .200 | .300
2017 | 97 | 219 | 207 | 19 | 61 | 8 | 0 | 2 | 75 | 14 | 0 | 0 | 4 | 0 | 5 | 0 | 3 | 47 | 3 | .295 | .321 | .362 | .683
2018 | 69 | 107 | 95 | 12 | 21 | 4 | 1 | 1 | 30 | 12 | 0 | 0 | 5 | 3 | 2 | 0 | 2 | 20 | 2 | .221 | .245 | .316 | .561
NPB:6年 192 | 380 | 352 | 34 | 88 | 16 | 1 | 3 | 115 | 28 | 0 | 0 | 11 | 3 | 9 | 0 | 5 | 77 | 5 | .250 | .276 | .327 | .603

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
外野
【試

合】















2013 | オリックス | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2014 | 3 | 7 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2015 | 8 | 6 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2016 | 10 | 13 | 1 | 0 | 0 | 1.000
2017 | 90 | 123 | 2 | 1 | 1 | .992
2018 | 63 | 68 | 4 | 1 | 2 | .986
通算 176 | 219 | 7 | 2 | 3 | .991

表彰

国際大会

記録

背番号

登場曲

代表歴

日本代表
その他

脚注

  1. ^ 毎日新聞、2012年10月26日付朝刊、福岡地方面、P.25
  2. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月11日閲覧。
  3. ^ 報知新聞、2012年10月19日 『ドラフト隠し玉に「新庄2世」自由ケ丘高・武田』
  4. ^ 朝日新聞、2012年6月22日付朝刊、P.25
  5. ^ 朝日新聞、2011年4月23日付西部本社版、P.22
  6. ^ 朝日新聞、2012年7月12日付朝刊、福岡地方面、P.31
  7. ^ 新庄2世武田「後悔しかない」/福岡大会(2012年7月12日紙面)”. nikkansports.com (2012年7月12日). 2016年11月25日閲覧。
  8. ^ 朝日新聞、2012年11月11日付朝刊、P.26
  9. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2014出場者 日本野球機構公式サイト (2015年7月17日) 2016年10月18日閲覧
  10. ^ 侍J大学代表vsNPB選抜 試合結果 日本野球機構公式サイト (2015年6月29日) 2016年10月18日閲覧
  11. ^ “「第1回 WBSC U-23ベースボールワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-23代表選手が決定”. 野球日本代表オフィシャルサイト. (2016年10月12日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20161012_2.html 2016年10月12日閲覧。
  12. ^ No. 1 Japan crowned World Champions, defeat No. 15 Australia in Final of WBSC U-23 Baseball World Cup WBSC | World Baseball Softball Confederation (英語) (2016年11月6日) 2016年11月7日閲覧
  13. ^ “【U-23W杯】侍ジャパン真砂、大会最多タイ4本塁打で大会MVPに 武田もベストナイン”. Full-Count. (2016年11月7日). http://full-count.jp/2016/11/07/post50260/ 2016年11月7日閲覧。
  14. ^ “オリックス武田が誕生日打「球場の雰囲気が勢いを」”. 日刊スポーツ. (2017年4月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1809884.html 2017年4月21日閲覧。
  15. ^ “オリックス武田プロ1号「いい場面で」初先発応えた”. 日刊スポーツ. (2017年4月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1810767.html 2017年4月21日閲覧。
  16. ^ ““交流戦首位打者”あるぞ!“大谷世代”オリックス武田にブレークの兆し”. スポーツニッポン. (2017年6月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/19/kiji/20170619s00001173010000c.html 2017年6月21日閲覧。
  17. ^ オリックス松葉トレード「結果を出せず申し訳ない」 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年6月30日閲覧。
  18. ^ 2019年度公示”. 日本野球機構. 2019年7月2日閲覧。
  19. ^ 朝日新聞、2012年10月26日付朝刊、福岡地方面、P.29

関連項目

外部リンク

中日ドラゴンズ 2019 - 2020
監督 | 

一軍コーチ | 
  • 91 伊東勤(ヘッド)
  • 85 村上隆行(打撃)
  • 71 波留敏夫(打撃)
  • 74 阿波野秀幸(投手)
  • 84 赤堀元之(投手)
  • 80 中村武志(バッテリー)
  • 83 奈良原浩(内野守備走塁)
  • 78 工藤隆人(外野守備走塁)
  • 96 勝崎耕世(コンディショニング)
  • 95 塚本洋(コンディショニング)

  • 二軍監督・コーチ | 
  • 82 小笠原道大(監督)
  • 79 石井昭男(打撃)
  • 75 森野将彦(打撃)
  • 87 門倉健(投手)
  • 86 小笠原孝(投手)
  • 81 浅尾拓也(投手)
  • 72 田村藤夫(バッテリー)
  • 88 荒木雅博(内野守備走塁)
  • 89 英智(外野守備走塁)
  • 90 立石充男(巡回野手)
  • 93 宮前岳巳(コンディショニング)

  • 投手 | 
  • 11 小笠原慎之介
  • 12 田島慎二
  • 14 谷元圭介
  • 16 又吉克樹
  • 17 柳裕也
  • 18 松坂大輔
  • 19 吉見一起
  • 21 岡田俊哉
  • 22 大野雄大
  • 24 福谷浩司
  • 25 佐藤優
  • 28 梅津晃大
  • 29 山井大介
  • 30 阿知羅拓馬
  • 33 祖父江大輔
  • 34 福敬登
  • 38 松葉貴大
  • 40 石川翔
  • 41 勝野昌慶
  • 43 三ツ間卓也
  • 46 鈴木博志
  • 47 笠原祥太郎
  • 50 清水達也
  • 54 藤嶋健人
  • 57 ロドリゲス
  • 59 山本拓実
  • 61 垣越建伸
  • 64 小熊凌祐
  • 65 伊藤準規
  • 69 丸山泰資
  • 70 ロメロ
  • 97 R.マルティネス
  • 98 木下雄介
  • 99 鈴木翔太

  • 捕手 | 
  • 27 大野奨太
  • 35 木下拓哉
  • 39 武山真吾
  • 45 杉山翔大
  • 52 加藤匠馬
  • 58 石橋康太
  • 68 桂依央利

  • 内野手 | 
  • 0 高松渡
  • 1 京田陽太
  • 3 高橋周平
  • 5 阿部寿樹
  • 7 根尾昂
  • 9 石川駿
  • 32 石垣雅海
  • 36 石岡諒太
  • 37 三ツ俣大樹
  • 48 溝脇隼人
  • 53 亀澤恭平
  • 55 福田永将
  • 63 堂上直倫
  • 66 ビシエド

  • 外野手 | 
  • 4 藤井淳志
  • 6 平田良介
  • 8 大島洋平
  • 23 遠藤一星
  • 26 井領雅貴
  • 31 渡辺勝
  • 42 アルモンテ
  • 49 伊藤康祐
  • 51 滝野要
  • 56 武田健吾
  • 62 友永翔太
  • 67 近藤弘基

  • 育成選手 | 
  • 201 ブリトー(投手)
  • 202 浜田智博(投手)
  • 203 濱田達郎(投手)
  • 206 大藏彰人(投手)
  • 209 石田健人マルク(投手)
  • 210 A.マルティネス(捕手)


  • オリックス・バファローズ - 2012年ドラフト指名選手
    支配下選手 | 

    育成選手 | 
  • 1位:原大輝
  • 2位:西川拓喜


  • 2016 WBSC U-23ワールドカップ 表彰選手
    MVP | 
    真砂勇介

    優秀選手 | 
    • 投手: Lim Jiseob, ジョシュア・ガイアー
    • 捕手: カルロス・メンディビル
    • 一塁手: コナー・マクドナルド
    • 二塁手: Kim Tae Jin
    • 三塁手: Tung Hua Yueh
    • 遊撃手: ジェイコブ・ユーニス
    • 外野手: 真砂勇介, Lim Byeong-Wuk, 武田健吾
    • 指名打者: ガイ・エドモンズ


    野球日本代表
    野球日本代表 - 2014 WBSC U-21ワールドカップ 2
    監督 | 
    72 平田勝男

    コーチ | 

    投手 | 
  • 11 中村勝
  • 14 戸田隆矢
  • 15 森雄大
  • 16 野村亮介
  • 17 田口麗斗
  • 18 上沢直之
  • 19 山岡泰輔
  • 20 桜井俊貴
  • 21 横山雄哉
  • 22 熊原健人
  • 26 平良拳太郎

  • 捕手 | 
  • 5 近藤健介
  • 10 高城俊人
  • 27 若月健矢

  • 内野手 | 
  • 2 三好匠
  • 3 北條史也
  • 6 辻東倫
  • 9 牧原大成
  • 12 柴田竜拓

  • 外野手 | 
  • 1 鈴木誠也
  • 7 武田健吾
  • 23 笹川晃平
  • 24 畔上翔
  • 36 榎本葵


  • 野球日本代表 - 2016 WBSC U-23ワールドカップ 1 優勝
    監督 | 
    77 斎藤雅樹

    コーチ | 

    投手 | 
  • 11 青山大紀
  • 13 勝野昌慶
  • 14 田嶋大樹
  • 16 塹江敦哉
  • 17 大野亨輔
  • 18 安樂智大
  • 19 笠原大芽
  • 20 岸本淳希
  • 21 永谷暢章
  • 24 本田圭佑
  • 26 歳内宏明

  • 捕手 | 
  • 22 柿沼友哉
  • 23 佐野洋樹
  • 27 下妻貴寛

  • 内野手 | 
  • 2 吉持亮汰
  • 5 廣岡大志
  • 6 植田海
  • 7 丸子達也
  • 10 山下幸輝
  • 12 三好匠

  • 外野手 | 
  • 1 真砂勇介
  • 3 乙坂智
  • 8 山崎晃大朗
  • 9 武田健吾



  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/10/19 09:33

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「武田健吾」の意味を投稿しよう
    「武田健吾」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    武田健吾スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「武田健吾」のスレッドを作成する
    武田健吾の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail