このキーワード
友達に教える
URLをコピー

武田氏とは?

【本姓】
清和源氏義光流
【家祖】
武田信義
【種別】
武家
士族
【出身地】
常陸国
甲斐国
【主な根拠地】
甲斐国
安芸国
若狭国ほか
【著名な人物】
武田信義
武田信光
武田政義
武田信武
武田信重
武田信昌
武田信虎
武田信玄(晴信)
武田勝頼
武田邦信
【支流、分家】
若狭武田氏(武家)
安芸武田氏(武家)
板垣氏(武家)
甘利氏(武家)
金丸氏(武家)
真理谷氏(武家)
穴山氏(武家)
源姓仁科氏(武家)
川窪氏(武家)など
凡例 / Category:日本の氏族

武田氏(たけだし)は、平安時代末から戦国時代武家本姓源氏家系清和源氏の一流・河内源氏の一門、源義光を始祖とする甲斐源氏宗家である。安芸国若狭国に分派が存在し、上総国などにも庶流があったが、いずれも通字として「」(のぶ)が使用されている。古代国造である武田臣(皇別)の後裔が河内源氏義光流の棟梁と婚姻したという説も伝わっている。

河内源氏の名族の一つとして戦国時代には戦国大名化し、武田晴信(信玄)の頃には領国拡大し中央の織田徳川勢力に対抗するが勝頼期には領国の動揺を招いて宗家は滅亡し、江戸時代には庶家だけがわずかに残った。

家宝は御旗(後冷泉天皇から下賜された日章旗)・楯無(楯無の鎧、源頼義が御旗とともに授けられたという)。

目次

  • 1 始祖源義光から甲斐国土着
  • 2 甲斐武田氏
    • 2.1 治承・寿永の乱における活動
    • 2.2 鎌倉時代の武田氏
    • 2.3 南北朝時代・室町時代の武田氏
    • 2.4 戦国時代の武田氏
    • 2.5 系譜
    • 2.6 主要家臣(信玄・勝頼時代)
    • 2.7 領内の城
    • 2.8 武田氏研究
    • 2.9 武田氏関係文書
      • 2.9.1 武田氏の偽文書
  • 3 安芸武田氏
    • 3.1 安芸武田氏の成立
    • 3.2 戦国時代の安芸武田氏
    • 3.3 系譜
    • 3.4 地下家の武田氏
  • 4 若狭武田氏
    • 4.1 若狭武田氏の成立
    • 4.2 戦国時代の若狭武田氏
    • 4.3 蠣崎氏の祖
    • 4.4 茶道の大家
    • 4.5 系譜
  • 5 京都武田氏
    • 5.1 中務大輔家
  • 6 その他の武田氏
    • 6.1 上総の武田氏
    • 6.2 因幡の武田氏
    • 6.3 常陸の武田氏
    • 6.4 その他
  • 7 家紋
    • 7.1 由来
  • 8 系譜
  • 9 脚注
    • 9.1 系譜
    • 9.2 注釈
  • 10 参考文献
    • 10.1 系譜参考
  • 11 外部リンク


始祖源義光から甲斐国土着

武田氏の祖は、後世の当主からは河内国壷井(現・大阪府羽曳野市壷井)を本拠地とした河内源氏の棟梁・源頼義の三男・源義光(新羅三郎義光)と位置づけられている。河内源氏を称した源頼信1029年(長元2年)に甲斐守に任官し、頼義義光と継承される。頼義までは在京で現地へは赴いていないと考えられているが、義光は初めて甲斐へ着任し土着した人物とも言われ、山梨県北杜市須玉町若神子の若神子城は義光の在所であったとする伝承がある。1981年(昭和56年)の発掘調査では出土遺物が確認されるものの義光の在所とする確定的な証拠は発見されず、また古代甲斐における国衙八代郡であることからも義光の入国は疑問視する声もある。また、甲斐守任官についても否定的意見がある(秋山敬による)。

現在では1968年(昭和43年)に志田諄一が『勝田市史』において発祥を義光の子である源義清(武田冠者)が常陸国那珂郡武田郷(現・茨城県ひたちなか市武田)を本貫として武田姓を名乗ったとする説が提唱され、以来定説として支持されている。1130年(大治5年)に義清の嫡男清光の狼藉行為が原因で父子は常陸を追放され、甲斐国巨摩郡市河荘(現在の山梨県西八代郡市川三郷町)へ配流されたという。他の配流先は現在の山梨県中巨摩郡昭和町西条あたりなどの説もある。

義清父子は八ヶ岳山麓の逸見荘へ進出し、清光は逸見(へみ)姓(逸見冠者)を名乗る。その後、義清の孫にあたる信義は元服の際に武田八幡宮において祖父義清の武田姓に復し、甲斐国巨摩郡武田(現在の山梨県韮崎市一帯)を本拠地としたことから、その後に続く武田氏の初代とされる。

信義は、鎌倉時代には御家人となって駿河守護に任命され、その子の信光は甲斐・安芸守護にも任ぜられ、武田氏が甲斐、安芸で繁栄する基礎を築いた。

甲斐武田氏

治承・寿永の乱における活動

甲斐武田氏は、清和源氏河内源氏甲斐源氏の宗家である。4代・武田信義(源信義)は治承4年(1180年)4月に以仁王から令旨を受け取ると、甲斐源氏の一族を率いて挙兵する。甲斐源氏は、治承4年10月20日の富士川の戦いにおいて主力となってこれに勝利し、伊豆の源頼朝から武田信義が駿河守護に、安田義定遠江守護に補任された(『吾妻鏡』)。治承・寿永の乱において、甲斐源氏の一族は『吾妻鏡』以外の記録史料を総合すると頼朝の傘下ではなく独自の勢力であったと考えられ、この補任は、敗走する平家方を追討した信義・義定らが駿遠地方を占拠した後、甲斐源氏の戦功を頼朝が追認したものであると考えられる。

その後、その勢力を警戒した頼朝から粛清を受けて信義は失脚し、弟や息子たちの多くが死に追いやられた。信義の五男・信光だけは頼朝から知遇を得て甲斐守護に任ぜられ、韮崎にて武田氏嫡流となる。信光は承久3年(1221年)の承久の乱でも戦功を上げ、安芸守護職に任ぜられ、安芸武田氏の祖となる。信光の息子である信政の子の代に2つに分かれ、政綱が甲斐を、信時が安芸を継承した。

鎌倉時代の武田氏

鎌倉時代後期には、武田氏に代わり二階堂氏が甲斐守護として確認される。鎌倉後期には石和流武田氏の政義が甲斐守護となっている。政義は元弘元年(1331年)後醍醐天皇が挙兵した元弘の乱において幕軍に従い笠置山を攻めているが、後に倒幕側に加わり幕府滅亡後は建武の新政に参加している。1335年(建武2年)に北条時行らが起した中先代の乱にも参加する。

南北朝時代・室町時代の武田氏

その後南北朝時代には安芸守護であった信時流武田氏の武田信武が、北朝・足利尊氏に属して各地で戦功をあげ、観応年間には南朝方の政義を排して甲斐国守護となった。信武の子孫の信成・信春も甲斐守護を継承したと見られている。

信武の子の代で武田氏惣領家は3家に分かれた。甲斐武田家・安芸武田家・京都武田家がそれである。

甲斐国は鎌倉府の管轄であったが、室町時代の応永23年(1416年)に鎌倉府関東管領上杉氏憲(禅秀)鎌倉公方足利持氏に反旗を翻し、上杉禅秀の乱が発生する。武田信春の子である武田信満は甲斐守護を継承しており、信満は女婿にあたる禅秀に味方したが、幕府の介入で禅秀は滅亡し、信満は鎌倉府から討伐を受けて自害する。

これにより甲斐は守護不在状態となり、甲斐国人である逸見氏が鎌倉公方・足利持氏の支持を得て守護職を求め台頭した。一方、室町幕府では高野山で出家した信満の弟である武田信元を還俗させ、信濃守護・小笠原氏などに助力させ甲斐へ派遣する。第6代将軍・足利義教の頃には永享の乱で鎌倉府が衰亡し、信元の死後に信満の子の武田信重が同じく幕府の支援を受け甲斐へ派遣されると、結城合戦で功績を挙げ再興のきっかけをつかんだ。

戦国時代の武田氏

信重の復帰以降も国内の有力国人守護代である跡部氏の専横や一族の内紛、周辺地域からの侵攻に悩まされたが、16代信昌の時には跡部氏を排斥して家臣団の統制を行い国内を安定化に向かわせるが、後継者を巡り内乱となる。

18代信虎の頃には国内はほぼ統一され、積極的に隣国である信濃国に侵攻して家勢を拡大し、武田信玄の時には大名権力により治水や金山開発など領国整備を行い、信濃に領国を拡大した。信玄は隣国の今川氏北条氏と同盟を結んで後顧の憂いをなくして信濃侵攻を進め、北信濃地域の領有を巡って越後の長尾景虎(上杉謙信)と衝突した(川中島の戦い)。今川が衰退した後は、同盟を破棄して駿河国へ侵攻した。

1572年(元亀3年)、室町幕府第15代将軍・足利義昭の要請に応じて上洛を開始したが、信玄が病死したため、武田軍は甲斐国に撤退した。最盛期には甲斐国・信濃国・駿河国および上野国遠江国三河国美濃国飛騨国越中国の一部の計9カ国に及ぶ120万石の領土を有した。武田勝頼の代になると美濃に進出して領土をさらに拡大する一方、次第に家中を掌握しきれなくなり、1575年(天正3年)長篠の戦いに敗北、信玄時代からの重臣を失うと一挙に衰退し、1582年(天正10年)織田信長に攻め込まれて滅亡した(天目山の戦い)。徳川家康の計らいで最初は武田家臣の穴山信治(武田信治)に継がせ、のち家康自身の五男の福松丸に武田信吉と名乗らせ、家督を継がせたが、断絶した。

天目山の戦いの後、信玄の次男・竜芳(海野信親)の子の信道は織田氏による残党狩りから逃れた。その後、信道は大久保長安事件に巻き込まれて伊豆大島へ流されたが、その子・信正の代で許されて1700年(元禄13年)に幕臣となり高家として仕えた。1915年(大正4年)、大正天皇御大典を機に信玄が従三位に叙せられた際、当時の当主武田信保に信玄に対する位記宣命が渡された。以後、この家系が信玄に最も近い正統とされ、現当主武田英信へ受け継がれて現在に至っている。ただし、この家系は、江戸時代や明治時代に同根の柳澤氏とはいえ、他家から養子を迎えて家督を継承しており、信玄の血脈は受け継がれていない。信玄五男・仁科盛信長男信基と次男・信貞徳川旗本として仕え、2系とも現在も存続している(信貞は武田に復姓している)。信玄七男の安田信清は姉婿である上杉景勝のもとへ逃れ、のちに武田姓に復して代々同家に仕えた。信玄の弟・河窪信実の子信俊家康旗本として仕え、これものちに武田姓に復している。

系譜

※点線は養子

河内源氏
頼信

 | 
 | 
 | 
 | 

頼義

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

義家 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 新羅三郎義光

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

河内源氏
嫡流
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 義清
甲斐源氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 源清光

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 光長
逸見氏〕 | 武田信義 | 遠光
加賀美氏〕 | 義定
安田氏〕 | 義遠
浅利氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

忠頼
甲斐一条氏〕 | 兼信
板垣氏〕 | 有義 | 信光

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信政 | 信長甲斐一条氏へ

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信時 | 政綱
石和流武田氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 時綱

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信宗

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信武

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信成 | 氏信
安芸武田氏〕 | 義武
穴山氏〕 | 公信
京都武田氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信春 | 基信 | 武春 | 満春
布施氏〕 | 武続
栗原氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信満 | 満春穴山氏へ | 信継
下条氏〕 | 信久
吉田成春〕 | 成春
吉田氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信重 | 信長
真里谷氏〕 | 信康
江草氏〕 | 信景
今井氏〕 | 信賢
巨勢村氏〕 | 信広
倉科氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信守 | 信介穴山氏へ | 光重
金丸氏〕 | 基経
曽根氏〕 | 賢信
曽根氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信昌

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信縄 | 信恵
油川氏〕 | 縄美
岩手氏〕 | 信賢
松尾氏〕 | 虎光
室住氏〕 | 信国
長浜氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信虎 | 吸江英心 | 信友
勝沼氏〕 | 信貞
桜井氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 竹松 | 晴信信玄 | 犬千代 | 信繁 | 
 | 
 | 
 | 信友 | 信廉 | 信顕 | 信龍一条氏へ | 宗智 | 信是松尾氏へ | 信実
川窪氏〕 | 勝虎

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 信頼望月氏へ | 信豊 | 信永望月氏へ | 信堯 | 信澄 | 信定

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 雅楽 | 次郎

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

義信 | 信親海野氏 | 信之 | 勝頼 | 盛信仁科氏 | 信貞葛山氏 | 信清
米沢武田氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 信道 | 
 | 
 | 
 | 信勝 | 勝親

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 信正 | 
 | 
 | 
 | 勝千代 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/14 22:59

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「武田氏」の意味を投稿しよう
「武田氏」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

武田氏スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「武田氏」のスレッドを作成する
武田氏の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail