このキーワード
友達に教える
URLをコピー

武豊とは?

【武豊】

2012年12月24日 リボン賞表彰式

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
京都府京都市伏見区生まれ
育ちは滋賀県栗太郡栗東町
(現・栗東市)
【生年月日】
(1969-03-15) 1969年3月15日(50歳)
【身長】
170cm
【体重】
50kg
【血液型】
O型
【騎手情報】

【所属団体】
栗東トレーニングセンター
【所属厩舎】
武田作十郎厩舎(1987年-1992年2月29日)
→フリー(1992年3月1日-)
【初免許年】
1987年3月1日
【免許区分】
平地

武 豊 (たけ ゆたか、1969年(昭和44年)3月15日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手である。

JRA全国リーディングジョッキーを18回獲得(歴代最多)。騎手大賞を9回獲得(歴代最多)。通算G1勝利数は地方、海外含めて100勝以上を記録(歴代最多)。その他にも通算4000勝を超えるJRA歴代最多勝記録、および歴代最多騎乗数記録など数々のJRA記録を保持している。

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 騎手デビューまで
    • 1.2 騎手時代
    • 1.3 ダービージョッキーとして
    • 1.4 海外での騎乗
  • 2 エピソード、逸話
    • 2.1 競馬に関して
    • 2.2 その他
  • 3 成績
    • 3.1 記録年表
    • 3.2 騎手招待競走
    • 3.3 成績表
    • 3.4 GI・JpnI競走勝利一覧 (年度別)
  • 4 テレビ出演
  • 5 連載
  • 6 その他出演
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 参考文献
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

来歴

祖先は薩摩国出身の武家 (家族)であり、薩摩藩士の園田家から武家へ養子に入った曽祖父の彦七は函館大経の門下生となる。祖父芳彦は馬主協会元会長。父邦彦は元騎手・元調教師であり、弟幸四郎もJRA所属の元騎手(1997年3月~2017年2月)・現調教師(2017年3月~)である。妻は元タレントの佐野量子。小中学校時代の同級生に調教師の池江泰寿がいる。

騎手デビューまで

1969年、父邦彦、母洋子夫妻の三男として京都府に生まれた。翌1970年、現在の栗東市栗東トレーニングセンターに転居した。住まいのそばに厩舎があるため、厩舎にいる馬にニンジンを与えてから出かけるのが日課になっていた。物心つく前から身近な環境で馬と暮らしていたこと、騎手だった父の姿を見ていたことなどから、武は物心ついたころには「将来は騎手になりたい」と思っており、同時に「日本ダービーを勝ちたい」とも思っていたという。1975年栗東市立金勝小学校に入学。2年生の時、当時日本ダービーで父が騎乗していたテンポイントテレビで応援していた。小学校5年生の時、栗東乗馬苑の少年団の一員となり、本格的に乗馬を習い始めた。当時指導員だった竹之下満義は武の騎乗について、「すごくバランスが良くて馬上での据わりが普通の子と全く違った。とにかく動きが柔らかく、他の人が敬遠するような癖のある馬に乗っても全然バウンドしないしコースを綺麗に回ってくる。馬も彼が乗ると嫌がらないんです。馬が暴れても鞭を使わずになだめて御していました。将来絶対トップジョッキーになると思いました。」と語っている。小学校の卒業文集に「将来の夢は騎手」と書いた武は栗東町栗東中学校に入学し、中学生時代も乗馬苑で乗馬を続けていた。1984年春、騎手課程第3期生としてJRA競馬学校に入学した。同期には蛯名正義塩村克己芹沢純一などがいる。当時教官だった荻野忠二真家眞らは武の馬乗りの技術は入学当初から高かったと話している。空き時間になると撮影された自分や他生徒の騎乗映像をよく再生して見ていた。またアメリカの競馬雑誌ブラッドホースの写真を食い入るように見ていたり、クリス・マッキャロンゲイリー・スティーヴンスといったアメリカの一流騎手が叩き合う映像を、ワクワクしながら繰り返し再生するなど、アメリカの競馬に憧れを抱くようになっていた。2年生の10月から3年生の9月まで、騎手デビュー後に所属する栗東・武田作十郎厩舎で実習を行った。武は実技はもちろん馬学などの成績もよく、学年トップで競馬学校を卒業した。

騎手時代

1987年(昭和62年)2月17日、競馬学校を卒業。 栗東の武田作十郎厩舎所属となり念願の騎手デビューを果たす。武田作十郎厩舎に所属したことにより、武は河内洋の弟弟子となった。3月1日阪神4レースにアグネスディクターで初騎乗。同3月7日、阪神3レースでダイナビショップに騎乗し初勝利。9月12日、ケイアモールで42勝目を挙げ、小屋敷昭が持っていた関西新人最多勝記録を更新した。10月11日、京都大賞典トウカイローマンに騎乗し、重賞初制覇を果たす。11月14日、リードトライデントで59勝目を挙げ、加賀武見が保持していた新人最多勝記録を27年ぶりに更新した。最終的には69勝を挙げ、JRA賞最多勝利新人騎手を受賞した。

1988年(昭和63年)菊花賞スーパークリークで制しG1初勝利。19歳8か月でJRA史上最年少クラシック制覇を達成した。「スーパークリークで菊花賞を勝ってから競馬以外のメディアの取材が多くなった」と武自身が語るように、この勝利により、競馬以外のメディアからの取材依頼が多岐にわたって殺到し始め、"天才・武豊"として脚光を浴びるようになった。武はこの年113勝を挙げ、デビュー2年目にして関西リーディングを獲得した。

1989年(昭和64年、平成元年)シャダイカグライナリワン、スーパークリークでG1を4勝、年間133勝を挙げ、デビュー3年目にして初のJRA全国リーディングジョッキーを獲得した。

1990年(平成2年)武と共に競馬ブームの主役となっていたオグリキャップとコンビを組み、安田記念有馬記念を制した。とりわけ「燃え尽きた怪物」と言われていたオグリキャップを引退レースで復活させた有馬記念は、「奇跡のラストラン」として語り継がれるレースとなった。また、武は平成三強と呼ばれたスーパークリーク、イナリワン、オグリキャップの全てに騎乗した唯一の騎手となった。

武の活躍はスポーツ紙や競馬雑誌以外の紙媒体やテレビでも度々取り上げられるようになり、"武豊"という名前と顔が日本中に知られるようになった。武は時間の許す限り各方面のメディアの取材に積極的に応じた。その理由について武は、「競馬サークルが世間一般から偏見の目で見られているのを子供の時から感じていたんです。競馬サークル外に自分が積極的に出ることで、こうした偏見を無くしたいと思ったんです。」と当時の心境を振り返っている。武はこうした意識をもって競馬の枠から飛び出し、若い女性を中心とした競馬を知らなかった層の目を引き付け、競馬に付きまとっていた暗いイメージを明るいスポーツのイメージに変革させていき、競馬界の主役的役割を担うようになっていった。

その後も武は、史上初・史上最年少・史上最速の名がついた数々の記録を打ち立てていき、1989年から2008年までの20年間で合計18回リーディングジョッキーを獲得。2007年にはJRA通算2944勝に到達。岡部幸雄が保持していたJRA最多勝記録を更新し、名実ともに日本競馬界の第一人者となった。

2010年 (平成22年) 4月12日日本騎手クラブの東西役員総会で柴田善臣の後任として会長に選出、同年9月に会長へ就任した。

ダービージョッキーとして

3歳馬の競走において頂点の競走として位置付けられている東京優駿(日本ダービー)では、通算5勝を挙げており、歴代最多である。日本ダービーで3勝以上を記録した騎手は武ただ一人であり、1998年と1999年には日本ダービー史上初の連覇も果たしている。また、父・邦彦も1972年の日本ダービーを優勝しており、中島時一・啓之親子、伊藤正四郎・正徳親子に次ぐ史上3組目の親子2代のダービージョッキーとなった。

初めての日本ダービー騎乗は1988年(昭和63年)のコスモアンバー(16着)。以後、1989年にタニノジュリアス(10着)、1990年にハクタイセイ(5着)、1991年にシンホリスキー(19着)、1993年にナリタタイシン(3着)、1994年にフジノマッケンオー(4着)、1995年にオースミベスト(8着)、1996年にダンスインザダーク(2着)、1997年にランニングゲイル(5着)。デビューから実に9回の挑戦を繰り返すも勝利を記録することはできなかった。勝利を逃し続けるうちに周囲では「武豊はダービーだけは勝てない」というジンクスが形成されるまでにいたった。武自身は感情に流されずコントロールするのもプロフェッショナルとして必要な素養であると考えていたため、表面上は何気ない風に装ってはいたが、内心では「余計なお世話」と歯噛みするような思いであったという。

1998年(平成10年)のスペシャルウィークで日本ダービーを初めて勝利。17万人の観衆によって埋め尽くされた東京競馬場では「ユタカ」コールが沸き起こり、何度もガッツポーズした。武自身は後でビデオを見た時に恥ずかしくなったという。武はこの瞬間を「それまでの人生で、最大、最高の瞬間」と振り返る。

その後も1999年のアドマイヤベガ、2002年のタニノギムレット、2005年のディープインパクト、2013年のキズナで日本ダービーを制覇した。なお、ディープインパクトとキズナは親子であり、同一騎手が親子それぞれの馬に騎乗して日本ダービーを優勝したのは武のみである。

武はダービー制覇への思いについて以下のように語っている。

積み重ねてきた経験と何度も噛みしめた苦い思い、そして、何よりも、自分の手で掴み取ろうとする強固な意志があってはじめて、辿り着ける最高の場所です。 — 武豊、勝負師の極意 p.183より引用

海外での騎乗

武は海外でも早くから活躍し、日本人騎手による史上初の海外G1制覇、日本人として前人未到の海外通算100勝など様々な記録を達成している。

武の海外デビューは1989年の夏、イナリワンのオーナーがアメリカ(アーリントン)にも馬を持っており、その馬の騎乗を依頼されたことがきっかけである。同年9月2日、アーリントンパーク競馬場グランマジーに騎乗し勝利。海外デビュー2戦目で海外初勝利を挙げた。以降は年末年始や夏はほぼ毎年、アメリカ、オーストラリアフランスなど各国へ渡航し、世界中を飛び回るようになった。

1991年8月、3年目のアメリカ参戦で初めて重賞に騎乗することが決定した。サラトガ競馬場で行われる芝2600mのG3、セネカハンデキャップエルセニョールの手綱を取ることになったのである。しかし当時はまだ日本の競馬が世界水準の評価を得ていなかった時代であり、アメリカの競馬専門紙には「22歳の日本人がトリッキーなサラトガを乗りこなせると思っているのか」などと、異国の新参者に対する批判的な記事が多く掲載され、「もしユタカ・タケが勝ったら私は裸踊りをする」と書いたハンデキャッパーもいた。武自身サラトガ競馬場の芝コースは騎乗経験が無く、さらにオーナートレーナーウィリアムズ・ライトは、武にエルセニョールの調教に乗る機会を与えなかったため、ぶっつけ本番で挑むこととなった。そして迎えた本番では、ライト師が「パーフェクト」と言うほどの理想的な騎乗でエルセニョールを勝利に導き、日本人騎手による海外重賞初制覇を達成した。武は勝利後現地の騎手達に馬上から祝福の握手を求められた。武にとってこの祝福は一生の思い出になったという。

翌1992年にはセクレタリアトステークスワールドクラススプラッシュに騎乗し、海外G1初騎乗を果たす。1994年には、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス凱旋門賞ブリーダーズカップ・マイルなど世界のビッグレースに騎乗。9月4日にはスキーパラダイスに騎乗してムーラン・ド・ロンシャン賞を制し、JRAの日本人騎手として史上初の海外G1制覇を達成した。


エピソード、逸話

競馬に関して

その他

成績

記録年表

1987年
3月7日、1回阪神3日第3競走のダイナビショップで初勝利を挙げ、最終的に69勝で1年目を終えた(この記録は2008年三浦皇成によって21年ぶりに更新された)。
1988年
4月16日、史上最年少(19歳1ヶ月)でJRA通算100勝達成。 (史上最速100勝記録は2009年2月7日に三浦皇成が更新) 。
11月6日菊花賞スーパークリークで勝利し初のGI競走勝利を飾る。史上最年少(19歳8か月)のクラシック制覇達成であった。
1989年
3月4日、史上最速・最年少 (19歳11か月) でJRA通算200勝達成。
11月25日、史上最速・最年少 (20歳8か月) でJRA通算300勝達成。
1990年
8月5日、史上最速・最年少 (21歳5か月) でJRA通算400勝達成。
1991年
7月21日、史上最速・最年少 (22歳4か月) でJRA通算500勝達成。
8月22日アメリカサラトガ競馬場のセネカハンデキャップ (GIII) でEl Senor (エルセニョール) に騎乗し、初めての海外グレード競走(およびグループ競走)制覇を達成。
1992年
4月26日天皇賞 (春)メジロマックイーンに騎乗し、史上初の同競走4連覇を達成。
8月29日、史上最速・最年少 (23歳9か月) でJRA通算600勝達成。
1993年
4月17日、史上最速・最年少 (24歳1か月) でJRA通算700勝達成。また、桜花賞 (ベガ) ・皐月賞 (ナリタタイシン) ・優駿牝馬 (ベガ) と春のクラシックを3連勝。
1994年
1月6日、史上最速・最年少 (24歳10か月) でJRA通算800勝達成。
7月23日アスコット競馬場(イギリス)で開催されたキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスホワイトマズルで初騎乗し、2着。
9月4日ロンシャン競馬場(フランス)で開催されたムーラン・ド・ロンシャン賞スキーパラダイスに騎乗し、JRA所属の騎手としては初めての海外GI競走勝利を達成する。
9月11日、ツルマルガールで朝日チャレンジカップを勝ち、史上最速・最年少 (25歳5か月) でJRA通算900勝達成。
1995年
7月23日、史上最速・最年少 (26歳4か月) でJRA通算1000勝を達成。
1996年
4月13日、史上最速・最年少 (27歳1か月) でJRA通算1100勝達成。
11月9日、史上最速・最年少 (27歳7か月) でJRA通算1200勝達成。
1997年
6月28日、史上最速・最年少 (28歳3か月) でJRA通算1300勝達成。
7月20日、ダンディコマンドで北九州記念を優勝し、史上最速・最年少 (28歳4か月) でJRA重賞通算100勝達成。
7月27日アグネスワールド函館3歳ステークスを優勝し、史上2人目の中央競馬全10場重賞制覇達成。
1998年
1月24日、史上最速・最年少 (28歳10か月) でJRA通算1400勝達成。
6月7日スペシャルウィーク東京優駿 (日本ダービー) を優勝。自身初の東京優駿初制覇を果たすとともに、保田隆芳に続き史上2人目となる八大競走完全制覇達成。
8月9日ドーヴィル競馬場(フランス)で開催されたモーリス・ド・ギース賞シーキングザパールに騎乗し優勝。同馬を日本調教馬初の海外G1制覇に導く。
8月23日、史上最速・最年少 (29歳5か月) でJRA通算1500勝達成。
1999年
3月28日、史上最速・最年少 (30歳1か月) でJRA通算1600勝達成。
6月6日アドマイヤベガ東京優駿 (日本ダービー) を優勝し、史上初となる日本ダービー連覇達成。
10月30日、史上最速・最年少 (30歳7か月) でJRA通算1700勝達成。
2000年
4月23日、史上最速・最年少 (31歳1か月) でJRA通算1800勝達成。
2001年
11月3日、史上最速・最年少 (32歳7か月) でJRA通算1900勝達成。
12月16日香港ヴァーズステイゴールドで優勝し、日本産の日本調教馬初の海外G1制覇達成。
2002年
2月23日、阪神競馬第9競走で通算1万回騎乗達成。
5月26日タニノギムレットで東京優駿 (日本ダービー) を優勝し、史上初となる東京優駿 (日本ダービー) 3勝目を挙げる。
9月21日、史上最速・最年少 (33歳6か月) でのJRA通算2000勝達成。
12月7日、阪神競馬場にて1日8勝を達成。これはJRAの新記録であり、世界タイ・レコードに迫る記録でもある。
2003年
3月2日、史上最速・最年少 (33歳11か月) でJRA通算2100勝を達成。
9月14日、史上最速・最年少 (34歳5か月) でJRA通算2200勝を達成。
12月27日、JRA史上初となる年間200勝を達成(最終成績は204勝) 。
この年は年間を通じてJRA・地方における全GIへの騎乗を達成し、東京競馬記者クラブ賞関西競馬記者クラブ賞を同時受賞。
2004年
2月15日、史上最速・最年少 (34歳10か月) でJRA通算2300勝を達成。
8月22日、史上最速・最年少 (35歳5か月) でJRA通算2400勝を達成。
11月14日アドマイヤグルーヴエリザベス女王杯を優勝し、史上初となる同競走4連覇を達成。
12月8日、香港のハッピーバレー競馬場で行われたインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップを勝利し、海外通算100勝を達成。
12月12日中央競馬で年間200勝を達成。最終的に211勝でシーズンを終え、前年自ら樹立した記録を更新。
2005年
1月23日、史上最速・最年少 (35歳10か月) でJRA通算2500勝を達成。
2月26日、ビッグプラネットでアーリントンカップを優勝し、中央競馬史上初の重賞競走通算200勝を達成。
5月29日ディープインパクト東京優駿 (日本ダービー) を優勝し、同競走4勝目を挙げる。またこの勝利により、年間100勝最速記録を更新する。
7月17日、史上最速・最年少 (36歳4か月) でJRA通算2600勝を達成。
9月24日、1日の騎乗機会6連勝のJRA新記録を達成。
10月23日ディープインパクト第66回菊花賞を制覇し、中央競馬クラシック三冠を達成。史上2頭目となる無敗での三冠達成であった。
この年は年間勝利数を212とし、前年の自らの最多勝記録を更新。また、競馬関係者として初めてSports Graphic Number年間MVP賞を受賞。
2006年
1月8日京都競馬第9競走 (騎乗馬フサイチジャンク) にて史上最速・最年少 (36歳10か月) でJRA通算2700勝を達成。
7月23日小倉競馬第12競走にて史上最速・最年少 (37歳4か月) でJRA通算2800勝を達成。
10月1日ディープインパクトに騎乗して第85回凱旋門賞に出走。3位入線するも、のちに同国で禁止薬物となっていたイプラトロピウムが馬体から検出されたため失格処分となる。
2007年
4月21日、京都競馬第7競走にて史上最速・最年少 (38歳1か月) でJRA通算2900勝を達成。
7月21日、JRA歴代の最多勝記録を更新する2944勝(これまでの記録は岡部幸雄の2943勝)を達成。
8月11日騎手招待競走シャーガーカップ (ステイヤーズ) を勝ち、アスコット競馬場で日本人騎手の初勝利を挙げる。
11月3日、京都競馬第1競走で史上初となるJRA通算3000勝を達成 (38歳7か月) 。
11月24日ヴァーミリアンでジャパンカップダートを優勝し、重賞250勝を達成。
2008年
5月10日京都競馬における通算1000勝を達成。
6月15日、JRA通算3100勝を達成 (39歳3か月) 。
2009年
4月12日、JRA通算3200勝を達成 (40歳1か月) 。
6月27日、阪神競馬場における通算1000勝を達成。
12月13日、JRA通算3300勝を達成 (40歳9か月) 。
2011年
6月4日、JRA通算3400勝を達成 (42歳3か月)。
この年JRA主催のGI競走での勝ち鞍はなく、23年連続で続いたJRA主催GI競走連続勝利記録が途切れる。
2012年
2月12日トレイルブレイザー京都記念を優勝し、デビューから続いている連続重賞勝利記録を26年に更新する。
11月18日サダムパテックマイルチャンピオンシップを初優勝。同時に2年ぶりにJRA主催のGI競走を制する。
2013年
1月13日、JRA通算3500勝を達成 (43歳10か月)。
5月26日キズナで東京優駿 (日本ダービー)を優勝し、自身の史上最多記録を更新する同競走5勝目を挙げる。
11月17日トーセンラーマイルチャンピオンシップを勝利し、GI級競走100勝 (地方交流、海外含む) を達成する。
2014年
1月26日、メイショウインロウで史上初のJRA通算3600勝達成(44歳10か月)。
2月9日トーセンスターダムきさらぎ賞を優勝し、デビューから続いている連続重賞勝利記録を28年に更新。岡部幸雄が持つJRAでの連続重賞勝利記録に並ぶ(デビュー年からの連続記録は既に更新している)。
10月14日、京都競馬12競走でピエナトップガンに騎乗。JRA通算騎乗数を18,648回とし、岡部幸雄が保持していたJRA最多騎乗記録を更新した。
2015年
1月11日グァンチャーレシンザン記念を優勝し、デビューから続いている連続重賞勝利記録を29年に更新。
3月8日、ローズマンブリッジでJRA通算3700勝達成 (45歳11か月)
10月3日アウォーディーシリウスステークスを優勝し、史上初のJRA重賞300勝達成。
2016年
1月24日ディサイファアメリカジョッキークラブカップを初優勝し、デビューから続いている連続重賞勝利記録を30年に更新。
1月31日、エイシンニトロでJRA通算3800勝達成。
9月4日、小倉競馬第1競走でベルウッドカペラに騎乗し、JRA通算騎乗数2万回を達成。
10月4日ケイティブレイブ白山大賞典を優勝し、地方全場での交流重賞制覇を達成。
2017年
1月5日エアスピネル京都金杯を優勝し、デビューから続いている連続重賞勝利記録を31年に更新。
4月30日キタサンブラック天皇賞(春)を優勝し、同レース8勝目を挙げた。これにより保田隆芳天皇賞(秋)で達成した7勝を抜き、同一のJRA・GI競走での最多勝利記録を更新した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/18 01:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「武豊」の意味を投稿しよう
「武豊」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

武豊スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「武豊」のスレッドを作成する
武豊の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail