このキーワード
友達に教える
URLをコピー

歴史言語学とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年1月)

言語学


基礎分野

言語の変化と変異

理論

応用分野

関連項目



歴史言語学(れきしげんごがく、英語:historical linguistics)とは、言語歴史的変化の様子とその要因を研究の対象とする、言語学の一分野である。

現在(または過去のある時点で)用いられる言語を対象とする共時言語学に対して、通時言語学(つうじげんごがく)ともいう。

概要

狭義には、個別言語過去文字(もしくは口伝)資料を研究してその変化を明らかにする分野をいうが、次のような直接資料から知られる範囲を超えた過去の変化を推定する分野を含めることが多い。

比較言語学 言語の系統を明らかにし、同系言語の比較によって、それらの祖語とそこからの変化を推定する。
この同義語として歴史言語学ということも多い。
内的再構 資料や方言を基にして、一つの言語の古い形を推定する。

元来、言語学は比較言語学から始まった。その後、「近代言語学の父」と呼ばれるフェルディナン・ド・ソシュールが共時言語学と通時言語学を厳密に区別すべきことを主張し、それぞれが別の学問領域として成立した。しかしこれらは単純に区別できるものではない。たとえば社会言語学的には、共時的記録の中にも言語変化の萌芽(世代による違いや社会方言など)が含まれているし、社会の言語に対する規範意識は歴史を抜きにしては考えられない。

言語の変化の要因

言語の変化の要因としては、一般に次のようなものが挙げられる:

社会的変化はこれらを通じて変化を促進しうる。また個別の言語が長期間にわたって方向性をもって変化していく現象も見られ、エドワード・サピアはこれをdrift(駆流、偏流などと訳される)と呼んでいる。

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/11/22 19:49

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「歴史言語学」の意味を投稿しよう
「歴史言語学」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

歴史言語学スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「歴史言語学」のスレッドを作成する
歴史言語学の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail