このキーワード
友達に教える
URLをコピー

毎日新聞とは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2009年11月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2009年11月)

【毎日新聞】

【種類】
日刊紙
【サイズ】
ブランケット判

【事業者】
株式会社毎日新聞社
【本社】
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
大阪府大阪市北区梅田3-4-5
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
福岡県北九州市小倉北区紺屋町13-1
【代表者】
朝比奈豊
【創刊】
1872年3月29日(明治5年2月21日)
【前身】
東京日日新聞(1872年-1943年)
大阪毎日新聞(1882年-1943年)
【言語】
日本語
【価格】
1部
(朝刊)140円
(夕刊)50円
月極
(朝夕刊セット版)4,037円
(統合版)3,093円
【発行数】
(朝刊)約294万部
(夕刊)約73万部 [9]
【ウェブサイト】
https://mainichi.jp/
毎日新聞東京本社(東京都千代田区)
毎日新聞大阪本社(大阪市北区)
毎日新聞中部本社(名古屋市中村区)
毎日新聞北海道支社(札幌市中央区)

毎日新聞(まいにちしんぶん、旧字体: 每日新聞)は、日本の新聞のひとつ。2017年9月期の販売部数(日本ABC協会調べ)は朝刊が約294万部、夕刊が73万部である [10]毎日新聞社(毎日新聞グループホールディングス傘下)が発行している。

戦前から朝日新聞と共に2強に数えられていたが、拡販競争と西山事件による経営危機で後れを取り、1960年代後半から1970年代前半に掛けての読売新聞の発行部数増加などで販売不振が続いた。2008年には毎日デイリーニューズWaiWai問題が発覚し、再度経営問題が発生した。 現在のスローガンは、「報道に近道はない」。新聞販売店の愛称は「毎日ニュースポート」であるが、近年は呼称される機会が少ない。

目次

  • 1 沿革
    • 1.1 東京日日新聞
    • 1.2 紙齢について
  • 2 特徴
    • 2.1 紙面
    • 2.2 論調
  • 3 注目を集めた報道・スクープ
  • 4 疑義が持たれた報道・捏造報道・スキャンダル
  • 5 不祥事
  • 6 「残紙」と訴訟
  • 7 縮刷版・フリーペーパー
  • 8 題字と地紋など
  • 9 発行情報
    • 9.1 発行所
    • 9.2 国内取材網
    • 9.3 海外取材網
    • 9.4 印刷工場
    • 9.5 対象地域
    • 9.6 関連・兄弟会社
  • 10 他紙との関係
    • 10.1 産経新聞
    • 10.2 聖教新聞
    • 10.3 中日新聞と東京新聞
  • 11 関連放送事業者
    • 11.1 TBS・MBS系列(JNN)
    • 11.2 その他の放送局
  • 12 関連紙
  • 13 脚注・出典
  • 14 関連項目
    • 14.1 毎日新聞社の主な主催事業
    • 14.2 毎日新聞関連テレビ番組
    • 14.3 その他
  • 15 外部リンク
    • 15.1 ニュース
    • 15.2 会社案内など

沿革

東京日日新聞

東京日日新聞」を参照

紙齢について

特徴

駅売店に陳列される毎日を含む販売用新聞各紙
 | 
この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2009年11月)

紙面

論調

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2009年8月)

2009年(平成21年)の新聞通信調査会の調査では、「最も保守的=10点、最も革新的=0点」という分布の中で5.0点だった。一般的には中道左派とされる。(全国紙の中で最も保守的であるとされた読売新聞は5.6点、次点が産経新聞の5.3点、日本経済新聞は5.2点、最も革新的な朝日新聞は4.4点である)。

社説などで、1992年の湾岸戦争時に自衛隊海外派遣を強く批判し、憲法改正にも反対してきたが、後に大きく方針を転換。現在は「論憲」を掲げて自衛隊の海外派遣も容認している。

現在の毎日新聞には、改憲論者を自負し、紙面で護憲論を批判する記者も存在する。

一方で、社会面、夕刊特集面などには護憲反戦平和的な記事が散見される。このような二面性は表現の自由に関わる問題でも見受けられ、全国紙の中では「青少年の保護」を大義名分に掲げた表現規制に最も肯定的な論調を取っているが(一例・2006年1月18日付社説)、こうした姿勢は紙面審議会委員から批判されている。

第2次安倍政権以降は、護憲・反戦平和的な論調に回帰するようになり、社説やオピニオンなどでは、安倍総理への批判や中国寄りの記事が掲載される傾向であり、反米左派色の濃い琉球新報の記事が転載されることもある。特に特定秘密保護法については、一大キャンペーンを展開し、連日社説を割いて「秘密保護法案を問う」や「秘密保護法案参院審議を問う」を連載して批判し、社会面でもコラム「秘密保護法に言いたい」を連載して批判した。1面の余録でも批判を展開し、スポーツ界が特定秘密保護法案に反対しないことを、1960年代の大学闘争で体育会系の学生が当局側に立ったことを交えて批判した。

また、読売新聞などが政府以上に法人税減税・消費税増税などの税制改革に積極的なのに対し、政府が目指す方向の改革には消極的である。野田佳彦政権時代の社会保障と税の一体改革について「(2011年の)毎日新聞案の緊急課題とほとんど同じ内容」と支持している。2008年度にも当時の民主党案に近い改革案を提言している。消費税の増税についても「増税は2012年の自公民3党による『税と社会保障の一体改革に関する合意』で決めたものだ」とし、「増税を先送りするのはリーマン・ショックや東日本大震災のような緊急時」と主張している。

社説では他紙よりも社会関係の社説を載せることも多い。最近の例を挙げれば、強制わいせつ罪現行犯で逮捕された自民党中西一善衆議院議員(当時)への批判、またワールド・ベースボール・クラシックの誤審に対する批判も書かれた。また、韓流に好意的で『韓流の10年」は日韓の溝を埋め得なかったかもしれない。だが、それがなかったら事態はもっと殺伐としていただろう』と述べている。

紙面では文化および日曜版の書評欄が特筆に価する。特に書評に関しては、委員一名の推薦で自由に新刊本を紹介できる制度を取っている。他にも西原理恵子毎日かあさんやコラム「女の気持ち」、新聞企画初のグッドデザイン賞特別賞を受賞した日本のスイッチ万能川柳などがある。1991年11月から掲載されている万能川柳はコピーライター仲畑貴志が選者を務めている。

注目を集めた報道・スクープ

日本新聞界の権威である新聞協会賞(編集部門)を、協会加盟の全国紙では最多受賞している。

疑義が持たれた報道・捏造報道・スキャンダル

昭和12年12月13日の紙面
2010Happy Mail