このキーワード
友達に教える
URLをコピー

毛利氏とは?

【毛利氏】

一文字三星(長門星)

【本姓】
大江氏季光流
【家祖】
毛利季光
【種別】
武家
華族(公爵)
【出身地】
相模国愛甲郡毛利莊、森庄(もりのしょう)
【主な根拠地】
越後国佐橋庄南条
安芸国高田郡吉田庄(よしだのしょう)
長門国
周防国山口
【著名な人物】
毛利元就
毛利輝元
毛利敬親
【支流、分家】
徳山毛利家(武家)
長府毛利家(武家)
清末毛利家(武家)
安芸坂氏(武家)
越後北条氏(武家) など
凡例 / Category:日本の氏族

毛利氏(もうりし)は、日本の武家の氏族で、本姓大江氏家紋は一文字三星。

目次

  • 1 出自
  • 2 概要
  • 3 歴史
    • 3.1 鎌倉時代から室町時代まで
    • 3.2 戦国時代
    • 3.3 近世
  • 4 逸話
  • 5 系譜
  • 6 通字と元服時の名前
  • 7 家紋
  • 8 家臣団
    • 8.1 一門衆
    • 8.2 庶家衆
    • 8.3 国衆
    • 8.4 家臣
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

出自

鎌倉幕府政所別当大江広元の四男・毛利季光を祖とする一族、したがって大江広元の子孫ではあるが、嫡流ではない。名字の「毛利」は、季光が父・広元から受け継いだ所領の相模国愛甲郡毛利庄(もりのしょう、現在の神奈川県厚木市毛利台の周辺)を本貫としたことによる。中世を通して「毛利」は「もり」と読まれたが、後に「もうり」と読まれるようになった。

その系譜は、

尊卑分脈」には、
季光 | 
 | 経光 | 
 | 時親 | 
 | 貞親 | 
 | 親茂 | 
 | 師親
 | 
 | 
 | 
 | 

「毛利系図」には、
時親 | 
 | 貞親 | 
 | 親衡
(初め親茂) | 
 | 元春
(師親) | 
 | 広房 | 
 | 光房 | 
 | 熈元
(熈房) | 
 | 豊元 | 
 | 弘元 | 
 | 興元 | 
 | 某
(幸松丸) | 
 | 元就
(弘元次男)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

とある。

また、「大江氏系図」の説によれば、
大江広元 | 
 | 毛利季光 | 
 | 広光 | 
 | 章弁 | 
 | 公恵
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 経光 | 
 | 経元 | 
 | 経親
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 師雄 | 
 | 元親 | 
 | 時元
 | 
 | 

となる。

概要

毛利季光の墓

鎌倉時代末期に、越後国刈羽郡(旧称:三島郡)佐橋庄(さはしのしょう)南条(みなみじょう)の南條館を領した毛利経光は、四男の時親安芸国高田郡吉田荘(よしだのしょう – 高田郡吉田村吉田、現・広島県安芸高田市吉田町吉田)を分与し分家を立てる。

時親の子・貞親、孫の親衡は越後に留まり安芸の所領は間接統治という形をとったが、南北朝時代に時親の曽孫・元春は安芸に下向し、吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)において領地を直接統治するようになる。吉田荘に移った毛利氏は、室町時代に安芸国の有力な国人領主として成長し、山名氏および大内氏の家臣として栄えた。

戦国時代毛利元就が出ると一代で国人領主から、大内氏の所領の大部分と尼子氏の所領を併せ、最盛期には山陽道山陰道10か国と九州北部の一部を領国に置く最大級の戦国大名に成長した。

元就の死後、孫の毛利輝元は将軍・足利義昭を庇護し、織田信長と激しく争ったが、のちに豊臣秀吉に従属して、安芸ほか8か国120万石を安堵され、豊臣政権の五大老の一人となった。また、本拠を吉田郡山城からより地の利の良い広島城に移す。

しかし、慶長5年(1600年)、輝元が関ヶ原の戦いで西軍の総大将となったことで、敗戦後に毛利氏は周防国長門国の2か国36万9000石に減封される。

江戸時代には、萩に居城を新たに築城し、長州藩(萩藩)になり、国主(国持ち)の外様大名として雄藩の一つに数えられた。また支藩として長府藩徳山藩清末藩などがあった。

江戸時代末期には、藩主毛利敬親の改革が功奏し長州藩から数々の志士が現れ、明治維新を成就させる原動力となった。明治維新後、長州藩の毛利宗家は公爵、支藩の毛利家は子爵となり、貴族院議員などを輩出した。

歴史

毛利元就軍幟

鎌倉時代から室町時代まで

毛利季光大江広元の四男で相模国毛利荘を父から相続したため、毛利氏を称するようになった。したがって、毛利家・毛利氏としては季光を初代とするのが相当であるが、毛利家の慣習上、天穂日命を初代とするため、季光は39代とされている。

だが、季光は北条時頼の義父であったにもかかわらず三浦泰村と結んで北条氏に反旗を翻したため、敗北して一族の大半が果ててしまった(宝治合戦)。越後にいた季光の四男経光は合戦に関わらず、その家系が残った。同族の長井氏の尽力により越後・安芸の守護職を安堵された経光は、嫡男毛利基親越後国刈羽郡佐橋荘南条を譲り、四男時親に安芸国吉田荘を譲った。

毛利時親は鎌倉時代後期、京都の六波羅探題の評定衆を勤めたが、姻戚関係(義兄)のあった内管領長崎円喜執権北条高時に代わり、幕府で政権を握っているのを嫌って隠居し、料所の河内国へ隠棲する。

元弘3年(1333年)に後醍醐天皇の討幕運動から元弘の乱が起こり、足利尊氏らが鎌倉幕府を滅亡させるが、毛利時親は合戦に参加せず、後醍醐天皇により開始された建武の新政からも距離を置いたため、鎌倉幕府与党として一時領土を没収された。

南北朝時代には足利方に従い、時親の曾孫にあたる毛利元春室町幕府が九州の南朝勢力であった懐良親王の征西府を討伐するために派遣した今川貞世(了俊)の指揮下に入り活躍している。元春は安芸に下向し、吉田郡山城にて吉田荘の統治を始め、隠居していた曽祖父の時親が元春を後見した。

戦国時代

安芸国国人として土着した毛利氏は一族庶家を輩出し、室町時代中期には庶家同士の争いが起きたものの、安芸国内では屈指の勢力になった。しかし毛利煕元(47代)毛利豊元(48代)毛利弘元(49代)の時代には山名氏大内氏という大勢力の守護に挟まれ去就に苦労することになる。毛利興元(50代)毛利幸松丸(51代)の代には、大内氏と尼子氏とが安芸を巡って争い、安芸国内の国人同士の争いも頻発した。

毛利氏は当主の早死にが続いたこともあり勢力は一時衰えたが、興元の弟である毛利元就(52代)が当主となると、元就はその知略を尽くして一族の反乱や家臣団最大派閥の井上氏の粛清、石見国の高橋氏など敵対勢力を滅ぼし、さらに有力国人である安芸国の吉川氏に次男である元春を、小早川氏に三男の隆景を養子に入れて家を乗っ取るなど勢力を拡大する。元就は長男の毛利隆元(53代)に家督を譲ったのちも戦国大名として陣頭指揮を続け、大内義隆に謀反し大内氏を事実上乗っ取った陶晴賢を弘治元年(1555年)の厳島の戦いで破った。

弘治3年(1557年)、晴賢の傀儡(かいらい)であった大内義長を攻め滅ぼし、大内氏の旧領をほぼ手中にする。その後は北部九州に侵入し、筑前国豊前国秋月氏や高橋氏を味方につけ、大友氏とも争った。同3年、吉川・小早川が安芸毛利当主家運営への参画、補佐することを条件に隆元(元就の長男)が毛利家の家督を継いだ。こうして、毛利当主家を吉川家と小早川家で支える体制が成立し領国支配を盤石なものとし、これを後世毛利両川体制と呼ばれることになった。永禄3年(1560年)には隆元が幕府から安芸守護に任じられている。

永禄6年(1563年)、隆元が早世し、長男の毛利輝元(54代)が若くして家督を継ぐと、元就・元春・隆景が後見した。永禄9年(1566年)に輝元は元就とともに仇敵の尼子氏を滅ぼして、中国路(安芸・周防長門備中備後因幡伯耆出雲隠岐石見)を領有し、西国随一の大名となった。さらに旧主家の残党である大内輝弘を退け(大内輝弘の乱)、九州にも勢力を拡大した。

さらに、輝元は織田信長に追放された将軍・足利義昭を庇護し、天下統一を目指す信長の西国侵攻に対する最大の抵抗勢力となる。だが、天正10年(1582年)に本能寺の変により信長が自害したため、領地を維持したまま織田方と和睦を結んだ。

近世

毛利敬親 1867年

豊臣秀吉の天下統一後、輝元は吉田郡山城から地の利の良い瀬戸内海に面した広島城を築城し、本拠を移した。輝元はその後、五大老に就任する。秀吉の死後は天下奪取を図る徳川家康に対抗して石田三成と接近し、関ヶ原の戦いでは西軍の総大将に就くも吉川広家が東軍と内通した際に毛利氏は担ぎ上げられただけとの弁明により所領安堵の約定を得た。

ところが、敗戦後に大坂城で押収された連判状に輝元の名があったことから家康は約束を反故にしたため、輝元は隠居し嫡男の秀就に家督を譲り、安芸国ほか山陽・山陰の112万石から周防国・長門国(長州藩)の2か国29万8千石に減封された。 このようにして毛利氏は、萩に新たな居城を造るとともに領内の再検地に着手し始め、慶長18年(1613年)に幕閣と協議したうえで36万9千石に高直しを行ない、この石高が長州藩の表高(支藩分与の際も変わらず)として公認された。

江戸時代末期、毛利敬親の時に長州征討などにより幕府から圧迫を受けたが、吉田松陰高杉晋作桂小五郎らの人材を輩出し、明治維新を成就させた。

逸話

系譜

大江広元 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

毛利季光1
(大江季光) | 大江親広
寒河江氏〕 | 長井時広
長井氏〕 | 那波宗元
那波氏〕 | 海東忠成
海東氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


経光2 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

基親
越後毛利氏〕 | 
 | 
 | 
 | 時親3 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


時元 | 
 | 
 | 
 | 貞親 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


経高 | 
 | 
 | 
 | 親衡 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

北条治良
越後北条氏〕 | 安田憲朝
安田氏〕 | 元春4 | 坂匡時
安芸坂氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 広房5 | 福原広世
安芸福原氏

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 光房6 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 煕元7 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 豊元8 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 弘元9 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 興元10 | 元就12 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 北就勝 | 相合元綱 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 幸松丸11 | 隆元13 | 吉川元春 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 小早川隆景 | 穂井田元清 | 元秋 | 出羽元倶 | 天野元政
右田毛利家〕 | 末次元康
厚狭毛利家〕 | 秀包 | 敷名元範

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 輝元14 | 吉川元長 | 元氏
阿川毛利家〕 | 吉川広家 | 秀包
吉敷毛利家〕 | 秀元 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 秀就15 | 就隆
徳山毛利家〕 | 秀元
長府毛利家〕 | 就頼
大野毛利家〕 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 綱広16 | 
 | 
 | 
 | 元知
清末毛利家

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 吉就17 | 吉広 | 元重

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 吉広18 | 
 | 
 | 
 | 元直大野家へ

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 吉元19 長府家より | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

宗元
(元朝) | 元陳 | 宗広20

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

演暢院
(有馬一準室) | 
 | 
 | 
 | 重就21 長府家より

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

重広 | 重広 | 治親22 | 
 | 
 | 
 | 親著

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 斉房23 | 斉熙 | 斉元

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 斉熙24 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 斉広 | 斉元25 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 敬親 | 斉広26 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 敬親27 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 元徳28 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/09/19 19:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「毛利氏」の意味を投稿しよう
「毛利氏」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

毛利氏スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「毛利氏」のスレッドを作成する
毛利氏の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail