このキーワード
友達に教える
URLをコピー

民社協会とは?

移動先: 案内検索
民社協会
【略称】
川端グループ→高木グループ
旧民社党グループ
【前身】
民社党
【設立年】
1994年
【設立者】
米沢隆
【種類】
政治団体
【メンバー】
民進党所属国会議員・地方議員等
【会長】
高木義明
【重要人物】
川端達夫
【提携】
同盟労組
【関連組織】
民社党
新進党
新党友愛

民社協会(みんしゃきょうかい)は、日本政治団体。旧民社党系の国会議員・地方議員によって構成される。国会では、民進党グループの一つとなっている。

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
    • 2.1 新進党時代
    • 2.2 民主党時代
    • 2.3 民進党時代
  • 3 所属国会議員一覧
    • 3.1 役員
    • 3.2 衆議院議員
    • 3.3 参議院議員
    • 3.4 過去の在籍者
  • 4 政治資金収支報告書の記載
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

概要

民進党に所属する国会議員と党所属あるいは無所属の地方議員(500人弱)によって構成されている。民社党消滅後に政界入りした議員も加入している。現在は高木義明が理事長を務めており、マスコミなどでは高木グループまたは旧民社党グループの名称で紹介されることもある。旧同盟労組の組織力を背景に結束力が強い。

その一方で、所属議員の落選、高齢化、自由民主党への移籍などで勢力は退潮傾向にある。また、地方議員では民進党に属さず無所属または自民党会派で活動している例もある(例えば、大阪府議会大阪市議会では民社系議員は民進党会派ではなく、自民党系会派に所属しており、会員の「旧民主・民進離れ」が進んでいる)。

沿革

新進党時代

1994年12月に民社党が解党して新進党の結成に参加した際に、旧民社党所属の国会議員・地方議員によって結成された。このような沿革から、連合内の旧同盟労組(自動車総連電力総連UIゼンセン同盟など)を支持基盤としている。

1997年12月の新進党解党時点では旧民社党系国会議員が33名いた。彼らの進路は、以下に示すように、新党友愛に23名、自由党に9名、無所属に1名と分かれた。

新党友愛(23名)
伊藤英成(衆議院) | 川端達夫(衆議院) | 鍵田節哉(衆議院) | 神田厚(衆議院) | 今田保典(衆議院)
嶋聡(衆議院) | 島津尚純(衆議院) | 城島光力(衆議院) | 高木義明(衆議院) | 田中慶秋(衆議院)
玉置一弥(衆議院) | 中野寛成(衆議院) | 福岡宗也(衆議院) | 吉田治(衆議院) | 足立良平(参議院)
石田美栄(参議院) | 今泉昭(参議院) | 勝木健司(参議院) | 寺崎昭久(参議院) | 直嶋正行(参議院)
長谷川清(参議院) | 平田健二(参議院) | 吉田之久(参議院) | 
自由党(9名)
青山丘(衆議院) | 安倍基雄(衆議院) | 塩田晋(衆議院) | 中井洽(衆議院) | 中村鋭一(衆議院)
西村眞悟(衆議院) | 鰐淵俊之(衆議院) | 都築譲(参議院) | 西村章三(衆議院) | 
無所属(1名)
笹木竜三(衆議院) | 

民主党時代

新党友愛は1998年4月に解党して民主党の結成に参加した。7月の第18回参議院議員通常選挙では、旧同盟系労組の支援を受ける直嶋正行(自動車総連支援)・勝木健司(UIゼンセン同盟支援)・長谷川清(電力総連支援)の3名が民主党の比例代表名簿に登載され、全員再選している。

2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では、神田厚西村章三が引退、島津尚純吉田治安倍基雄中村鋭一鰐淵俊之が落選した。

2001年7月の第19回参議院議員通常選挙では、民主党の比例代表名簿に候補者を擁立し、以降も常に民主党から候補を擁立している。初めて行われた非拘束名簿式の選挙で、藤原正司(電力総連支援)・池口修次(自動車総連支援)を初当選させた一方、ゼンセン同盟が支援する柳澤光美は落選した。

2002年9月の民主党代表選挙では、独自候補として中野寛成擁立に動いたが告示直前に撤回して鳩山由紀夫を支援し、鳩山代表再選の原動力となった。しかし、その後中野の幹事長就任が論功行賞として党内外から強い批判を浴び、鳩山執行部はわずか3か月足らずで辞任に追い込まれた。

2003年11月の第43回衆議院議員総選挙では、伊藤英成鍵田節哉今田保典塩田晋が引退、吉田が返り咲いた。

2004年7月の第20回参議院議員通常選挙では、直嶋を再選させたほか、小林正夫(電力総連支援)と柳澤を初当選させている。

2005年9月の第44回衆議院議員総選挙では、米沢隆や中野など多くの議員が落選し、勢力を大きく後退させた。同選挙後に行われた9月の民主党代表選挙では、9月17日に自主投票を決定したが、大半は前原誠司を支持したとされる。10月には旧民社党系議員でつくる創憲会議が新憲法草案を発表した。

2006年川端達夫が理事長に就任し、川端グループと呼ばれるようになった。4月の民主党代表選挙では、小沢一郎を支持し、党内保守系の鳩山グループ小沢グループなどとの関係を深めた。

2007年7月の第21回参議院議員通常選挙では、藤原・池口を再選させたほか、川合孝典(UIゼンセン同盟支援)を初当選させている。

2009年5月の民主党代表選挙では、自主投票としたが、大半は鳩山を支持し、8月の第45回衆議院議員総選挙で民主党が政権交代を果たすと、翌月に発足した鳩山由紀夫内閣では川端達夫・中井洽直嶋正行が入閣した。

2010年6月の民主党代表選挙では、6月4日に菅直人支持を決定し、2010年6月発足の菅内閣では川端・中井・直嶋ら全員が留任した。7月の第22回参議院議員通常選挙では、直嶋・柳田・小林・柳澤を再選させた一方、木俣佳丈が引退、島田智哉子が落選した。9月の民主党代表選挙では、8月18日に「代表選に臨むにあたっての基本姿勢」を提言し、民主党綱領の制定や国家戦略局・衆参の憲法審査会の設置などを求めた。また、独自候補の擁立を模索したものの、断念した。告示後は、民社協会としての支持候補一本化の調整に難航し、地方議員と党員・サポーターは自主投票とした。最終的には拘束力のない会長声明として、菅再選支持を打ち出した。9月発足の菅改造内閣では柳田稔高木義明の2人が入閣したが、柳田は失言で11月22日に辞任した。2011年1月発足の菅第2次改造内閣では、ベテランの中野寛成が国家公安委員会委員長として初入閣し、高木は留任した。

2011年6月末をもって、愛知民社協会が解散した。同年、民主党内の他グループと重複しないことを条件に入会者を募り、辻泰弘ら10人の希望があった。

2011年8月の民主党代表選挙では、支持候補の一本化を図ったが、会長の田中慶秋が前原支持を示唆したところ異論が噴出し、自主投票となった。野田内閣発足にともない、元文部科学大臣の川端が総務大臣として再入閣を果たすが、中野・高木は退任となり、1ポストだけの入閣となった。また副大臣も2ポストしか獲得できなかった。11月14日、平田健二参議院議長に就任した。2012年1月発足の野田改造内閣では松原仁が国家公安委員会委員長・消費者及び食品安全担当大臣として初入閣、総務大臣の川端は留任した。9月の民主党代表選挙では、8月29日に野田再選支持を決定し、10月発足の野田第3次改造内閣では田中慶秋・城島光力三井辨雄小平忠正中塚一宏が初入閣を果たした。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、中野・中井が引退し、会長の川端や現職閣僚の城島・三井・小平・中塚らも落選してグループは壊滅的打撃を受ける。その後、後任の会長に高木が選出され、通称が川端グループから高木グループに変わった。12月の民主党代表選挙では、海江田万里を支持した。

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙では、選挙区に山根隆治・榛葉賀津也・辻泰弘、比例区に川合孝典・礒﨑哲史浜野喜史・定光克之・轟木利治を擁立した。結果は、民主党大敗の影響をここでも受け、当選は榛葉・礒﨑・浜野の3人に留まり、現職の山根・辻・川合・轟木は落選した。しかし、礒﨑(自動車総連)と浜野(電力総連)は、前回の組織内候補より票を上積みし、民主党比例区の1・2位を占める組織力を見せた。

2014年5月9日、三日月大造(比例近畿ブロック復活当選)が滋賀県知事選に出馬するため民主党を離党・議員辞職し、代わって比例名簿次点の川端が繰り上げ当選した。これによって川端は1年5か月ぶりに政界に復帰した。

2015年1月の民主党代表選挙では、UAゼンセン基幹労連岡田克也を支持、JAM細野豪志を支持、電機連合は内部で対応が割れるなど、労組間・労組内で支持が分散したため、民社協会としては岡田を推薦するが拘束力はないものとした。

民進党時代

民主党は2016年3月に維新の党と合流して民進党を結成した。7月の第24回参議院議員通常選挙では、直嶋・柳澤が引退を表明し、比例区に小林・川合・轟木・引退する直嶋の後継として濱口誠(自動車総連)を擁立し、選挙区の柳田(広島県)・金子洋一(神奈川県)が再選を目指した。結果は、比例区では小林が再選、川合が返り咲き、濱口が初当選、轟木が次点で落選となり、選挙区では柳田が当選、金子が連合神奈川の支援を受けたが落選した。

9月の民進党代表選挙では、8月17日に対応を協議し、8月24日に蓮舫に支持を伝えた。蓮舫が民進党代表に選出された後、脱原発の目標を「2030年代原発ゼロ」から「2030年原発ゼロ」へ前倒しする方針を打ち出すと、党内議論において会長の高木が「前倒しの必要はない」と反対を明言するなど、電力系や製造系の労組出身のメンバーを中心に異論が相次ぎ、結論は先送りとなった。

2017年9月の民進党代表選挙では、8月3日の役員会で憲法・安全保障・エネルギー・社会保障と税の一体改革の4点に関する政策要請書を前原に提出し、合意できれば支持する方針を決め、8月4日に民社協会として前原を支持する方針を伝えた。選挙戦では、会長の高木が前原陣営の最高顧問に就任した。

10月の第48回衆議院議員総選挙では、会長経験者の川端と高木が引退した。10月の民進党代表選挙では、大塚耕平を支持した。

所属国会議員一覧

役員

【会長】
【副会長】
【専務理事】
【常任理事】
【顧問】

高木義明 | 小林正夫 | 川合孝典 | (松原仁) | 塚本三郎
中野寛成
中井洽
田中慶秋

衆議院議員

手塚仁雄
(4回、比例東京東京5区) | 森山浩行
(2回、比例近畿大阪16区)
古本伸一郎
(6回、愛知11区)

参議院議員

柳田稔
(4回・衆院2回、広島県) | 小林正夫
(3回、比例区) | 榛葉賀津也
(3回、静岡県) | 川合孝典
(2回、比例区) | 礒﨑哲史
(1回、比例区)
浜野喜史
(1回、比例区) | 濱口誠
(1回、比例区)

過去の在籍者

衆議院議員
参議院議員
元衆議院議員
元参議院議員

政治資金収支報告書の記載

【年】
【本年収入額】
【会費納入者数】
【寄附者の氏名】
【備考】

2000年(平成12年) | 5943万8500円 | 3万2483人 | 足立良平石田美栄今泉昭勝木健司直嶋正行長谷川清平田健二吉田之久柳田稔木俣佳丈青山丘安倍基雄伊藤英成川端達夫神田厚北橋健治鍵田節哉高木義明今田保典中井洽中野寛成西村眞悟西村章三塩田晋笹木竜三吉田治嶋聡島津尚純城島光力田中慶秋玉置一弥中村鋭一鰐淵俊之 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/23 15:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「民社協会」の意味を投稿しよう
「民社協会」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

民社協会スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「民社協会」のスレッドを作成する
民社協会の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail