このキーワード
友達に教える
URLをコピー

民謡とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "民謡"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2016年1月)

民謡(みんよう)とは、主に口承によって受け継がれたの総称。

概要

不特定多数の民衆によって自由に伝承されているうちに自然と形になった歌である。特定の地域集団や職業集団に固有の歌謡という捉え方が一般的だが、数世代に渡って体験的に継承されたものに限り、芸能を専門とする者が修正を加えたものは除外するという立場もある。

「民謡」という呼び名は明治時代半ば、民俗学など学問的な必要からドイツ語のVolkslied、もしくは英語のfolk songの訳語として創出された。それ以前は地域や時代により様々に呼ばれていたものを総称したものである。当時は里謡、俚謡(りよう)とも呼ばれていた。

広義には、作者が分かっている民謡調の俗謡新民謡なども含み、特定の地域民族における、民俗音楽の重要な要素であるが、その見地からの総合的記述は音楽民族学の項に譲る。

世界の民謡一覧」も参照

狭義には、日本各地での口承歌のことをいう。 民謡の中には、童歌(わらべうた)や子守唄などの子供向けのものも多くあるが、労働歌祭祀年中行事の歌なども含まれる。

日本の民謡

邦楽の一種である日本の民謡は、古代から続く伝統的な歌唱曲の総称で、大部分は歌のみで楽器は加わらない。日本語発声から生まれたもので日本固有の音楽の原点といえる。陽旋法(長調)のものは、ヨナ抜き音階である。また、労働歌や酒席での即興から生まれたものが多いため、字余りや変拍子などの複雑で不自然なメロディのものも少なくない。

1987年(昭和62年)の調査では現存する民謡は、およそ58,000曲である。

口伝で伝えられたそれらの曲の歌詞は、労働時のつらい気持ちを払拭するための愚痴や、酒席での性についての内容のものが多かったと言われる。近年の曲では「炭坑節」がそのいい例で、女工らの性に関する表現が含まれており、この曲を地域の伝統文化として子供たちに歌わせることの是非問題に発展することもある。そのため現在歌われている民謡の多くは、明治維新以後に地方自治体や文化団体が歌詞を公募し、低俗な歌詞を差し替えて、地元の伝統文化として再構築されたものが多いという。

なお、邦楽には狭義では琉球民謡アイヌ音楽を含まないこともある。広義では、広く人口に知れ渡った歌という意味で、流行歌の一部も含むことがある。

特に明治時代後期から大正時代にかけて北原白秋らによって新たに創作された民謡風の曲は、それまでの伝統的な民謡と区別して「新民謡」、もしくは「創作民謡」と呼ばれる。また大正時代から昭和初期にかけて中山晋平藤井清水野口雨情西條八十らによって創作された、主に地域の宣伝のための新民謡は、特に「地方小唄」と呼ぶ場合がある。

武田俊輔『民謡の再編成』によれば、「民謡」は大正から昭和初期の野口、中山、レコード会社、文部省、民俗学、NHKによる運動の発明品ともいうべき存在で、全国各地の郷土色豊かな旋律を「民謡」の名のもとに再編成・固定化し、全国に流通すべく産業化したものとも言え、例えば安来節のようにその枠からはみ出た流行 に、「正調」「保存会」が後から出て来るといった事例 がある事でその見方は一定の力を持っている。かつて労働などの日常のやりとりのなかで歌が歌われる際には、文句や節回しは人により、時と場合により違っていたのである。

富山県五箇山地方は「民謡の宝庫」と言われ、代表的な「こきりこ節」や「麦屋節」を含め多くの民謡が、1973年(昭和48年)11月5日に「五箇山の歌と踊」として、国の選択無形民俗文化財に選択されており、多くの五箇山民謡保存団体が存在し、唄い踊り続けることによって守られている(詳細は五箇山民謡を参照)。なお「こきりこ節」は、「越の下草」や二十四輩順拝図絵「奇談北国順杖記」などの古文献にも記載される日本の民謡の中でもっとも古い民謡とされている。

現在伝承されている五箇山民謡
こきりこ(こっきりこ)節・麦屋節・長麦屋節・早麦屋節・小谷麦屋節・古代神・小代神・四つ竹節・といちんさ節・お小夜節・なげ節・五箇山追分節・神楽舞・古大臣・しょっしょ節・草島節・輪島節など

種類

各都道府県の民謡

など

歌手

演奏家

賞・コンクール

テレビ・ラジオ番組

関係する団体

アジアの民謡

中国

朝鮮

モンゴル

ロシア

ロシア民謡」を参照

アフリカの民謡

オセアニアの民謡

南北アメリカの民謡

ヨーロッパの民謡

ドイツ

フランス

など

ロシア

ロシア民謡」を参照

脚注

注釈

  1. ^ 寄席という媒体、成立への芸人芸妓の介在等
  2. ^ 他に八木節追分など

出典

  1. ^ #世界音楽

参考文献

関連項目

日本の伝統芸能
詩歌

芸道

舞踊



語りもの



音曲

演劇

演芸

座敷

工芸


音楽
音楽史

作曲
出典:wikipedia
2020/09/27 00:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「民謡」の意味を投稿しよう
「民謡」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

民謡スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「民謡」のスレッドを作成する
民謡の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail