このキーワード
友達に教える
URLをコピー

水谷実雄とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2012年12月)
水谷 実雄
【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
宮崎県串間市
【生年月日】
(1947-11-19) 1947年11月19日(71歳)
【身長
体重】
180 cm
86 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
外野手一塁手指名打者
【プロ入り】
1965年 ドラフト4位
【初出場】
1966年9月30日
【最終出場】
1985年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


水谷 実雄(みずたに じつお、1947年11月19日 - )は、宮崎県串間市出身の元プロ野球選手(外野手内野手)・コーチ解説者評論家

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りまで
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 現役引退後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 タイトル
    • 3.3 表彰
    • 3.4 記録
    • 3.5 背番号
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演
  • 5 脚注
  • 6 参考資料
  • 7 関連項目

経歴

プロ入りまで

宮崎商1年時の1963年、控え投手として夏の宮崎大会に出場する。準決勝では先発し本庄高に完封勝利。決勝に進出し清俊彦投手を擁する高鍋高と対戦する。9回にリリーフで登板し4-3で辛勝、第45回全国高等学校野球選手権大会への出場を決める。しかし大会では2回戦で甲府商に敗れ、自身の登板はなかった。2年上のチームメートに高橋博捕手小川亨中堅手、1年上には山本真一三塁手がいた。翌1964年にはエース、四番打者として夏の甲子園に連続出場。 1回戦で旭川南、2回戦で芝池博明投手を擁する滝川高を降し準々決勝に進出。ここでも熊谷商工に逆転勝ちし準決勝に進む。しかし優勝した高知高の光内数喜(芝工大-鐘淵化学)投手と投げ合い0-1で惜敗。翌1965年夏は県予選で敗れ、甲子園出場を逸する。

現役時代

同年の第一回プロ野球ドラフト会議広島カープに4位指名され投手として入団。しかしいきなり腎臓病を患い入院し、1年目の日南キャンプは不参加。以来、ジンちゃん愛称で親しまれる。同年オフ、当時のヘッドコーチ・石本秀一に勧められ野手転向。当初は三塁手で起用されたが、守備に難があり外野手に再転向。しばらくは二軍暮らしが続き戦力外リストに入ったこともあったが、上田利治関根潤三各コーチらの指導により1970年に一軍定着。翌1971年には1番左翼手としてレギュラーに起用。打率.283を打ってリーグ打撃成績3位に入り、外野手としてベストナインに選出される。

その後、ジム・ヒックスの加入もあり一時出場機会を減らす。1975年には規定打席不足ながらレギュラーではチーム2位となる打率.285を挙げて広島の初優勝に貢献。優勝を決めた巨人戦ではウイニングボールを掴んだ。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、前半3試合に左翼手として先発するが、シリーズ通算8打数1安打に終わる。これ以後は主力打者として活躍し、1976年から1978年にかけて広島球団としては初となる3年連続の打率3割をマークすると共に、特に1978年は球団記録となる打率.348で首位打者のタイトルを獲得している。翌1979年から1980年にかけての連続日本一にも貢献。1979年の近鉄バファローズとの日本シリーズでは2本塁打を放ち優秀選手賞を獲得。1980年の近鉄との日本シリーズでは3本塁打、うち第6戦では1回に先制の満塁本塁打を放つ。山本浩二衣笠祥雄らとともに赤ヘル黄金時代を担った。

その後も、ジム・ライトル・山本浩二とクリーンナップを組んで五番打者として活躍するも、チームが4位に終わった1982年オフ、球団フロントとの確執から加藤英司との大型トレードにより阪急ブレーブスに移籍する。移籍初年度の1983年は新外国人のブーマー・ウェルズを差し置いて4番・指名打者を任され、入団以来初めて130試合フル出場を果たす。打撃も好調で自身初のシーズン30本塁打となる36本塁打に、114打点打点王を獲得した。

しかし、1984年ロッテオリオンズとの開幕戦で、土屋正勝から頭部に死球を受けて左側頭部骨折三半規管損傷の重症を負い、長期欠場を余儀なくされる。同年夏に復帰し後半戦の63試合に出場するも、頭痛、吐き気、めまい等の後遺症に苦しみ打率.181と低迷した。翌1985年5月には後遺症の徹底治療のために埼玉医科大学附属病院入院するが、無類の勝負強さを誇った打撃が甦る事はなく、同年のシーズン終了後に現役を引退。結局最後の2シーズンは不本意なまま現役を終えた。

現役引退後

引退後は1986年フジテレビ関西テレビ解説者サンケイスポーツ評論家を務めた後、阪急(1987年 - 1988年二軍打撃コーチ)、広島(1989年 - 1991年一軍打撃コーチ, 1992年 - 1993年一軍チーフ打撃コーチ)、近鉄(1994年一軍打撃コーチ, 1995年一軍ヘッド兼打撃コーチ)、ダイエー(1996年 - 1997年一軍打撃コーチ)、中日(1998年一軍打撃コーチ, 1999年 - 2001年一軍打撃チーフコーチ)、阪神(2003年 - 2006年二軍打撃コーチ)でコーチを歴任。近鉄時代の1995年シーズン途中には、鈴木啓示の監督辞任を受け、同年8月9日からシーズン終了まで監督代行を務めた。

阪神退団後は西宮市甲東園にて飲食店を経営している(店名は「鶏処 だれやみ」)。その傍ら、2011年からデイリースポーツ神戸本社の専属野球評論家として活動。

2013年より阪神の一軍チーフ打撃コーチに就任。7年ぶりの現場復帰となった。10月14日、球団に辞任を申し入れて退団した。

選手としての特徴

バットのヘッドを投手に向けて威嚇するように構え、投手の球種を読んで、球を思いっきり振り抜く勝負強い打撃が特徴だった。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1966 | 広島 | 1 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
1967 | 3 | 5 | 4 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | .250 | .400 | .250 | .650
1969 | 37 | 57 | 51 | 4 | 13 | 1 | 0 | 1 | 17 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6 | 0 | 0 | 14 | 1 | .255 | .333 | .333 | .667
1970 | 106 | 248 | 234 | 16 | 57 | 6 | 0 | 7 | 84 | 25 | 5 | 5 | 5 | 2 | 4 | 0 | 3 | 35 | 4 | .244 | .263 | .359 | .622
1971 | 125 | 524 | 481 | 64 | 136 | 22 | 2 | 9 | 189 | 45 | 14 | 6 | 5 | 2 | 29 | 2 | 7 | 39 | 11 | .283 | .331 | .393 | .724
1972 | 109 | 372 | 344 | 38 | 90 | 13 | 0 | 12 | 139 | 49 | 7 | 1 | 4 | 2 | 21 | 3 | 1 | 44 | 8 | .262 | .304 | .404 | .708
1973 | 102 | 267 | 251 | 18 | 58 | 10 | 1 | 7 | 91 | 29 | 1 | 1 | 1 | 0 | 12 | 0 | 3 | 32 | 7 | .231 | .274 | .363 | .637
1974 | 77 | 224 | 205 | 21 | 51 | 10 | 1 | 6 | 81 | 16 | 0 | 3 | 0 | 1 | 16 | 2 | 2 | 31 | 10 | .249 | .308 | .395 | .703
1975 | 121 | 389 | 358 | 29 | 102 | 14 | 1 | 13 | 157 | 37 | 5 | 1 | 5 | 3 | 22 | 5 | 1 | 39 | 10 | .285 | .326 | .439 | .764
1976 | 118 | 406 | 360 | 55 | 111 | 18 | 2 | 26 | 211 | 73 | 3 | 6 | 3 | 2 | 40 | 8 | 1 | 42 | 14 | .308 | .377 | .586 | .863
1977 | 119 | 444 | 404 | 53 | 126 | 31 | 2 | 13 | 200 | 50 | 2 | 4 | 0 | 3 | 35 | 3 | 2 | 46 | 13 | .312 | .367 | .495 | .862
1978 | 119 | 441 | 402 | 60 | 140 | 23 | 0 | 25 | 238 | 75 | 2 | 3 | 0 | 3 | 33 | 2 | 3 | 48 | 8 | .348 | .399 | .592 | .991
1979 | 125 | 465 | 408 | 48 | 106 | 9 | 0 | 23 | 184 | 69 | 2 | 1 | 0 | 4 | 53 | 1 | 0 | 77 | 10 | .260 | .342 | .451 | .793
1980 | 116 | 408 | 352 | 35 | 95 | 5 | 1 | 22 | 168 | 61 | 0 | 0 | 0 | 1 | 54 | 3 | 1 | 72 | 11 | .270 | .368 | .477 | .845
1981 | 126 | 488 | 427 | 55 | 144 | 22 | 0 | 23 | 235 | 82 | 1 | 0 | 1 | 6 | 51 | 4 | 3 | 55 | 12 | .337 | .407 | .550 | .957
1982 | 119 | 444 | 403 | 40 | 122 | 25 | 0 | 18 | 201 | 63 | 0 | 1 | 0 | 2 | 38 | 3 | 1 | 57 | 12 | .303 | .363 | .499 | .861
1983 | 阪急 | 130 | 545 | 480 | 67 | 139 | 18 | 0 | 36 | 265 | 114 | 2 | 2 | 0 | 7 | 58 | 3 | 0 | 83 | 8 | .290 | .361 | .552 | .914
1984 | 63 | 185 | 160 | 14 | 29 | 3 | 0 | 3 | 41 | 20 | 0 | 1 | 0 | 4 | 19 | 0 | 2 | 42 | 6 | .181 | .270 | .256 | .527
1985 | 13 | 24 | 24 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 1 | .083 | .083 | .083 | .167
通算:19年 1729 | 5937 | 5349 | 617 | 1522 | 230 | 10 | 244 | 2504 | 809 | 44 | 35 | 24 | 42 | 492 | 39 | 30 | 761 | 146 | .285 | .346 | .468 | .814

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

出演

脚注

  1. ^ 【12月24日】1982年(昭57) 勝負師・水谷実雄「なんでいつもオレが」のトレードで打点王に
  2. ^ ボクの思い出STADIUM:広島総合&広島市民球場 中日スポーツ、2016-07-12
  3. ^ 【10月15日】1975年(昭50) 広島、巨人の目の前で胴上げ!球団創設26年目の初優勝”. スポーツニッポン (2007年10月15日). 2012年9月20日閲覧。
  4. ^ 『引退 そのドラマ』263-264頁
  5. ^ テレビ宮崎公式サイト内アナウンサー・興梠裕子のブログ2008年9月15日更新時トップページ(リンク先は、インターネットアーカイブ2008年9月19日付保存キャッシュ)より、2008年8月20日『取材日記☆甲子園編☆』を参照。
  6. ^ 『FLASH』2012年10月2日号掲載特集記事『球団史上初のCS進出へラストスパートだ 広島東洋カープ「こうして甦った!」』より、1991年のカープ優勝メンバーを紹介する記事の中で、発行時現在経営している店の名として記載。
  7. ^ 水谷実雄氏のコーチ就任について 阪神タイガースオフィシャルサイト 2012年10月12日
  8. ^ 水谷実雄コーチの退団について阪神球団公式サイト2013年10月15日配信

参考資料

関連項目

業績
日本シリーズ優秀選手
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 近藤和彦
  • 1961 塩原明
  • 1962 岩下光一
  • 1963 王貞治
  • 1964 K.ハドリ
  • 1965 林俊彦
  • 1966 長嶋茂雄
  • 1967 D.スペンサー
  • 1968 柴田勲
  • 1969 足立光宏

  • 1970年代 | 
  • 1970 黒江透修
  • 1971 黒江透修
  • 1972 長嶋茂雄
  • 1973 高田繁
  • 1974 山崎裕之
  • 1975 中沢伸二, 外木場義郎
  • 1976 B.ウイリアムス
  • 1977 福本豊
  • 1978 若松勉
  • 1979 水谷実雄

  • 1980年代 | 
  • 1980 木下富雄, 山根和夫, 平野光泰
  • 1981 平田薫, 江川卓, 河埜和正
  • 1982 大田卓司, スティーブ, 中尾孝義
  • 1983 田淵幸一, テリー, 中畑清
  • 1984 山本浩二, 高橋慶彦, 福本豊
  • 1985 R.ゲイル, 真弓明信, 長崎啓二
  • 1986 清原和博, 石毛宏典, 津田恒実
  • 1987 石毛宏典, 秋山幸二, 槙原寛己
  • 1988 清原和博, 森山良二, 郭源治
  • 1989 岡崎郁, 香田勲男, 阿波野秀幸

  • 1990年代 | 
  • 1990 渡辺久信, 辻発彦, 伊東勤
  • 1991 工藤公康, 渡辺久信, 野村謙二郎
  • 1992 石毛宏典, 秋山幸二, 飯田哲也
  • 1993 飯田哲也, 高津臣吾, 潮崎哲也
  • 1994 桑田真澄, H.コトー, 辻発彦
  • 1995 T.ブロス, 池山隆寛, 高津臣吾
  • 1996 大島公一, 鈴木平, イチロー
  • 1997 石井一久, 稲葉篤紀, 池山隆寛
  • 1998 斎藤隆, 石井琢朗, 駒田徳広
  • 1999 工藤公康, 永井智浩, 城島健司

  • 2000年代 | 
  • 2000 仁志敏久, 村田真一, 高橋尚成
  • 2001 岩村明憲, 石井一久, 真中満
  • 2002 清原和博, 上原浩治, 斉藤宜之
  • 2003 井口資仁, 城島健司, 桧山進次郎
  • 2004 A.カブレラ, 和田一浩, 谷繁元信
  • 2005 渡辺俊介, サブロー, 李承燁
  • 2006 ダルビッシュ有, F.セギノール, 森本稀哲
  • 2007 山井大介, 森野将彦, 荒木雅博
  • 2008 中島裕之, 平尾博嗣, 鈴木尚広
  • 2009 亀井義行, D.ゴンザレス, 小谷野栄一

  • 2010年代 | 
  • 2010 内竜也, 清田育宏, 大島洋平
  • 2011 杉内俊哉, B.ファルケンボーグ, 和田一浩
  • 2012 長野久義, 阿部慎之助, J.ボウカー
  • 2013 田中将大, 銀次, 内海哲也
  • 2014 柳田悠岐, D.サファテ, 武田翔太
  • 2015 明石健志, R.バンデンハーク, 武田翔太
  • 2016 A.バース, 西川遥輝, 中田翔
  • 2017 柳田悠岐, 内川聖一, 濱口遥大
  • 2018 森唯斗, 柳田悠岐, 中村晃


  • パシフィック・リーグ打点王
    1950年代 | 
    出典:wikipedia
    2018/12/14 21:59

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「水谷実雄」の意味を投稿しよう
    「水谷実雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    水谷実雄スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「水谷実雄」のスレッドを作成する
    水谷実雄の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail