このキーワード
友達に教える
URLをコピー

氷室京介とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2014年2月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年2月)
氷室京介

【別名】
ヒムロック
氷室狂介
寺西修(本名)
【生誕】
(1960-10-07) 1960年10月7日(58歳)
【出身地】
日本
群馬県群馬郡倉賀野町(現・高崎市倉賀野町)
【学歴】
群馬県立藤岡高等学校卒業(現・群馬県立藤岡中央高等学校)
【ジャンル】
ロック
ビートロック
ハードロック
オルタナティヴ・ロック
AOR
【職業】
ボーカリスト
シンガーソングライター
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
【担当楽器】
ボーカル
ギター
キーボード
【活動期間】
1978年 - 1979年
(デスペナルティ)
1979年 - 1981年 (スピニッヂ・パワー)
1981年 - 1987年
(BOØWY)
1988年 -
(ソロ活動)
【レーベル】
東芝EMI/イーストワールド(1985年 - 1994年)
ポリドール(1995年 - 2002年)
EMIミュージック・ジャパン/Capitol Music(2002年 - 2011年)
ワーナーミュージック・ジャパン(2011年 - )
【事務所】
Beat Nix
【共同作業者】
森雪之丞
松井五郎
BOØWY(1988年まで)
【公式サイト】
HIMURO.COM公式サイト
エルヴィス・プレスリー
デヴィッド・ボウイ
エルヴィス・コステロ
RCサクセション
吉田拓郎
矢沢永吉

氷室 京介(ひむろ きょうすけ、1960年10月7日 - )は、日本ロックボーカリストシンガーソングライター。血液型はO型群馬県高崎市倉賀野町出身。所属事務所はBeatNix。ロサンゼルス在住。公式ファンクラブはKING SWING。既婚。3児の父。

目次

  • 1 概要
  • 2 経歴
    • 2.1 BOØWY時代
    • 2.2 ソロ始動
    • 2.3 渡米後
  • 3 特徴
    • 3.1 音楽性
    • 3.2 作詞
  • 4 エピソード
    • 4.1 復興支援チャリティ公演
    • 4.2 GOSPELS OF JUDAS
    • 4.3 実家の火災事件
  • 5 ディスコグラフィー
    • 5.1 シングル
      • 5.1.1 コラボレーションシングル
    • 5.2 アルバム
      • 5.2.1 オリジナルアルバム
      • 5.2.2 ベストアルバム
      • 5.2.3 ライブアルバム
      • 5.2.4 その他のアルバム、限定コンテンツ
      • 5.2.5 タイアップ
    • 5.3 映像作品
    • 5.4 楽曲提供
  • 6 ライブコンサート
  • 7 出演
    • 7.1 映画
    • 7.2 テレビドラマ
    • 7.3 テレビ番組
    • 7.4 ラジオ番組
    • 7.5 CM
  • 8 書籍
    • 8.1 写真集
  • 9 関連項目
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 外部リンク

概要

1982年氷室狂介の名前で、ロックバンドBOØWYヴォーカリストとして、アルバムMORAL』でデビュー。1987年12月24日、およそ6年の活動期間を以てBOØWYは解散する。1988年、シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。

1994年以降国外での音楽制作が増え、1997年に家族と共にロサンゼルスに移住した。ロサンゼルスという環境で、本場の名だたるエンジニアミュージシャン等との作業がしやすくなった。近年はセルフプロデュースが主であった。

経歴

BOØWY時代

ソロ始動

渡米後

特徴

音楽性

 | 
この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2013年8月)

クリエイターとしての制作活動も重視しており、日本を離れることで得たものもあった。自分の時間を自由に作曲、アレンジ、録音等に割くことができ、レコーディングには当初、ジョシュ・フリーズ(Josh Freese、ドラム)、マイケル・ランドウ(ギター)など、ロサンゼルスの著名なミュージシャンを直接交渉して起用することもできた。

日本にいた頃から、デヴィッド・ボウイエルヴィス・コステロなどの影響を受けていた。渡米後は、1990年代以降のオルタナティヴ・ロックなどを意識した曲作りに始まり、時代とともに新たな録音システムを駆使した音作り、新たなロックの潮流にも貪欲に取り組んでいったと言える。自分で近年、「オタク」と認めるほど、制作に熱中して取り組む姿勢がうかがえる。特に2003年のリリースは「クレームが来ないか心配だった」と語る通り、現地仕込みのロック的要素を容赦なく出し始めた分岐点のようでもある。

ヴォーカリストとしてのイメージが強力であるが、弾き語りではそのギターテクニックを披露することもある。また、ソロ活動のレコーディングで稀にギターを演奏している。本田毅も認めるほど、そのレベルは高いようである。

作詞

作詞は、松井五郎森雪之丞の起用が目立つ。本人曰く「BOØWY時代は、詞を書いたが、ソロではほとんど詞を書かなくなった」、「アルバム『FOLLOW THE WIND』は全て雪之丞さんに作詞を依頼した」。自分で作詞をしなくなったのは、BOØWYのアルバム『MORAL』収録曲の「SCHOOL OUT」の詞の内容に影響された若者が「あなたの言うとおり学校を中退した」などとする内容の手紙を送って来たためで、歌詞の影響力について深く知ったため、と述べている。

アルバム『IN THE MOOD』収録曲「Ignition」で、松井五郎を起用した際のエピソードとしては、「息子の成長を見守っている内に自分にも心境の変化があった。この世界を表現するには松井さんが適任だと思った」「彼の詞は聴き手によって、どちらの意味にも取れるので…」とその理由を述べている。その他にもアルバム『"B"ORDERLESS』、シングル「ONE LIFE」(共作)で松井五郎が担当した。

最近では『"B"ORDERLESS』の中で多くを、かねてより親交があり、リスペクトし合う間柄となったTAKUROが担当したことも話題となった。

エピソード

復興支援チャリティ公演

GOSPELS OF JUDAS

実家の火災事件

2013年3月11日、群馬にある実家など3棟が全半焼する事件が発生。両親共に無事ではあるものの実母が火災から逃げる際に腕を骨折する大怪我を負っている。この件に関して氷室側は公式WEBサイトで両親の命に別状がない事を報告。同日、氷室の実家に放火した37歳の女が高崎署に出頭、現住建造物等放火容疑で逮捕、後に熱狂的な氷室、BOØWYファンによる犯行である事も明らかになった。また、布袋と高橋によると過去に犯人から自分宛に何度もツイートがあった事も明かされている。

ディスコグラフィー

シングル

発売日 タイトル 規格品番 収録アルバム 順位
1st | 1988年7月21日 | ANGEL | XT10-2032 | FLOWERS for ALGERNON | 1位
2nd | 1988年10月7日 | DEAR ALGERNON | XT10-2222 | 2位
3rd | 1989年7月26日 | SUMMER GAME | XT10-2403 | NEO FASCIO | 1位
4th | 1989年9月6日 | MISTY〜微妙に〜 | XT10-2410 | 2位
5th | 1990年5月16日 | JEALOUSYを眠らせて | TODT-2511 | Higher Self | 1位
6th | 1991年2月27日 | CRIME OF LOVE | TODT-2625 | 2位
7th | 1992年2月26日 | Urban Dance | TODT-2800 | Memories Of Blue
8th | 1992年11月7日 | Good Luck My Love | TODT-2954 | 5位
9th | 1992年12月7日 | KISS ME | TODT-2965 | 1位
10th | 1994年8月29日 | VIRGIN BEAT | TODT-3285 | SHAKE THE FAKE
11th | 1995年10月25日 | 魂を抱いてくれ | PODH-1280 | MISSING PIECE | 2位
2000年6月28日 | POCH-3003(再発盤)
12th | 1996年6月24日 | STAY | PODH-1313 | 1位
2000年6月28日 | POCH-3004(再発盤)
13th | 1996年8月15日 | SQUALL | PODH-1322
2000年6月28日 | POCH-3005(再発盤)
14th | 1997年1月15日 | WALTZ | PODH-9009 | 4位
15th | 1997年6月4日 | NATIVE STRANGER | PODH-1357 | I・DE・A | 2位
2000年6月28日 | POCH-3006(再発盤)
16th | 1997年10月29日 | HEAT | PODH-1382 | 5位
2000年6月28日 | POCH-3007(再発盤)
17th | 1999年8月18日 | SLEEPLESS NIGHT 〜眠れない夜のために〜 | POCH-1837 | MELLOW | 6位
18th | 1999年10月27日 | ダイヤモンド・ダスト | PODH-1509 | 3位
2000年6月28日 | POCH-3008(再発盤)
19th | 2000年1月15日 | 永遠 〜Eternity〜 | PODH-1907 | 13位
20th | 2000年6月28日 | 炎の化石 | POCH-3009 | Collective SOULS 〜THE BEST OF BEST〜 | 81位
21st | 2001年1月1日 | Girls Be Glamorous | UPCH-9014 | beat haze odyssey | 10位
22nd | 2003年7月21日 | Claudia | TOCT-4520 | Follow the wind
23rd | 2004年9月8日 | Wild Romance | TOCT-4782 | IN THE MOOD | 6位
24th | 2006年2月8日 | EASY LOVE/BITCH AS WITCH | TOCT-4960
25th | 2006年10月4日 | SWEET REVOLUTION/IN THE NUDE 〜Even not in the mood〜 | TOCT-40054(通常盤)
TOCT-40055(CD+DVD)
TOCT-40056(DVD付初回限定盤) | 3位
26th | 2010年7月14日 | BANG THE BEAT/Safe And Sound | TOCT-40299(初回限定盤) | "B"ORDERLESS
TOCT-40300(通常盤)
27th | 2011年12月14日 | IF YOU WANT | WPDH-10146(配信限定) | KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary BEST ALBUM GREATEST ANTHOLOGY | 4位
2012年3月14日 | WPCL-11077(CD)
28th | 2012年9月26日 | WARRIORS | WPCL-11195 | 5位
29th | 2013年5月1日 | NORTH OF EDEN | WPZL-11392(通常盤)
WPZL-30625(DVD付初回限定盤) | 6位
30th | 2014年7月16日 | ONE LIFE | WPCL-11957(横浜スタジアムメモリアル限定盤) | L'EPILOGUE
WPCL-11958(通常盤)

コラボレーションシングル

発売日 タイトル 規格品番 備考
2006年8月2日 | ANSWER | TOCT-40027(通常盤) | GLAY feat. KYOSUKE HIMURO名義でリリースされたコラボレーションシングル。
TOCT-40028(DVD付紙ジャケット仕様)
TOCT-40029(DVD付5万枚限定スペシャルパッケージ)
2009年4月29日 | Safe And Sound | 配信限定 | KYOSUKE HIMURO feat. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/17 21:55

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「氷室京介」の意味を投稿しよう
「氷室京介」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

氷室京介スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「氷室京介」のスレッドを作成する
氷室京介の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail