このキーワード
友達に教える
URLをコピー

永井尚志とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年9月)
凡例
永井尚志
永井尚志

【時代】
江戸時代後期 - 明治時代
【生誕】
文化13年11月3日(1816年12月21日)
【死没】
明治24年(1891年)7月1日
【改名】
松平岩之丞→永井岩之丞(幼名)→尚志→介堂(法号)
【戒名】
崇文院殿介堂月影大居士
【墓所】
東京都荒川区西日暮里本行寺
【官位】
従五位下玄蕃頭主水正
【幕府】
江戸幕府大目付若年寄
【主君】
徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
【氏族】
大給松平家永井氏
【父母】
父:松平乗尹、母:側室
養父:永井尚徳
【兄弟】
松平某室、女子、尚志
養兄弟:松平乗羨
【子】
養子:尚忠

永井 尚志(ながい なおゆき)は、幕末旗本の読みは「なおむね」とも。昭和時代の作家・三島由紀夫の父方の高祖父にあたる。

目次

  • 1 生涯
  • 2 年譜
  • 3 人物・逸話
  • 4 系譜
  • 5 脚注
  • 6 参考文献

生涯

文化13年(1816年)11月3日三河国奥殿藩5代藩主・松平乗尹とその側室の間に生まれた。幼名を岩之丞、号を介堂といった。父の晩年に生まれた息子で、既に家督は養子の乗羨に譲っていたことから、25歳の頃に旗本の永井尚徳の養子となった。

嘉永6年(1853年)、目付として幕府から登用される。安政元年(1854年)には長崎海軍伝習所の総監理(所長)として長崎に赴き、長崎製鉄所の創設に着手するなど活躍した。安政5年(1858年)にそれまでの功績を賞されて呼び戻され、岩瀬忠震と共に外国奉行に任じられた。そしてロシアイギリスフランスとの交渉を務め、通商条約調印を行なった。その功績で軍艦奉行に転進したが、直後の将軍後継者争いで一橋慶喜を支持する一橋派に組したため、南紀派大老井伊直弼によって罷免され、失脚した。

直弼没後の文久2年(1862年)、京都町奉行として復帰し、元治元年(1864年)には大目付となる。文久3年(1863年)の八月十八日の政変、元治元年(1864年)7月19日の禁門の変では幕府側の使者として朝廷と交渉するなど、交渉能力で手腕を発揮した。慶応3年(1867年)には若年寄にまで出世する。大政奉還においても交渉能力を発揮した。鳥羽・伏見の戦い後は慶喜に従って江戸へ逃げ戻り、その後は榎本武揚と共に蝦夷地へ向かって箱館奉行となり、新政府軍と戦った。しかし、敗れて榎本と共に自決しようとしたが、周囲に止められて降伏した。

明治5年(1872年)、明治政府に出仕し、開拓使御用係、左院小議官を経て、明治8年(1875年)に元老院権大書記官に任じられた。

明治24年(1891年)7月1日に死去した。享年76。

年譜

※日付は明治5年(1872年)までは旧暦

人物・逸話

系譜

永井家
永井尚志系図
藤原鎌足 | 
 | 不比等 | 
 | 房前 | 
 | (18代略) | 
 | 本多助秀 | 
 | (27代略) | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 乗友 | 
 | 乗羨 | 

 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 松平乗真 | 
 | 盈乗 | 
 | 乗穏 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 女 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 乗尹 | 
 | 
 | 女 | 

 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 永井尚志 | 


脚注

  1. ^ 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 上巻』279頁。
  2. ^ 参照『越前藩小倉滞陣日記』
  3. ^ 『永井亨博士回顧録 思い出話』
  4. ^ 私の履歴書 第22集』(日本経済新聞社、1964年)、『私の履歴書 経済人7』(日本経済新聞社出版局、1980年)
  5. ^ 『決定版 三島由紀夫全集第38巻・書簡』(新潮社、2004年)
  6. ^ 『三島由紀夫 vs.司馬遼太郎 戦後精神と近代』P.85
  7. ^ 永井氏系譜(武家家伝)

参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/12/05 12:38

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「永井尚志」の意味を投稿しよう
「永井尚志」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

永井尚志スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「永井尚志」のスレッドを作成する
永井尚志の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail