このキーワード
友達に教える
URLをコピー

池添謙一とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
滋賀県
【生年月日】
(1979-07-23) 1979年7月23日(40歳)
【身長】
162cm
【体重】
50.0kg
【血液型】
O型
【騎手情報】

【所属団体】
JRA
【所属厩舎】
栗東・鶴留明雄
⇒栗東・フリー
【初免許年】
1998年
【免許区分】
平地

池添 謙一 (いけぞえ けんいち、1979年7月23日 - ) は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東所属の騎手である。

来歴

武豊に憧れて競馬学校騎手課程に入学。初騎乗は1998年3月1日阪神競馬第2競走のナチュラルカラーで、12頭立ての6着だった。同年1998年3月14日中京競馬第1競走でタヤスソシアルに騎乗し、初勝利を挙げた。また、小倉競馬場の改修工事により阪神競馬場で開催された北九州記念をトウショウオリオンで制し、デビュー1年目での重賞初勝利となった。同年は38勝を挙げ、JRA賞最多勝利新人騎手を受賞した。

2001年7月13日ドーヴィル競馬場第4レースのHATHAARIで海外初騎乗を果たした。このレースは武豊が騎乗予定であったが、前のレースで落馬負傷したため、観戦に来ていた池添に急遽騎乗依頼があったもので、騎乗準備をしていなかった池添は、武やオリビエ・ペリエから馬具を借りてレースに臨んだ。

2002年4月7日桜花賞アローキャリーに騎乗、初のGI勝利を挙げた。また、ミルコ・デムーロに誘われ、イタリア1000ギニーに参戦。デムーロは複数のお手馬を抱えており、池添はそのうちの一頭に騎乗。20頭立ての18番人気ながら、勝利したデムーロの2着に入った。

2003年デュランダルスプリンターズステークスマイルチャンピオンシップで勝利し、2004年は同馬でマイルチャンピオンシップの連覇を達成。同年には、スイープトウショウ秋華賞も勝利した。スイープトウショウに手こずったというエピソードが数多くあり、2005年の天皇賞(秋)では本馬場入場時に同馬が全く動こうとせず、返し馬を中止して係員がスタート地点まで引っ張っていき、池添がこれを追いかけていくという珍事もあった。同馬では2005年の宝塚記念エリザベス女王杯も制している。

2007年9月9日に史上73人目となるJRA通算500勝を達成した。また、同年12月2日第59回阪神ジュベナイルフィリーズトールポピーで制した。

2008年5月25日優駿牝馬(オークス)をトールポピーで制覇し、自身9度目のGI (JpnI) 勝利を収めた。しかしこのレースでは、最後の直線走路で急に内側に斜行し、走行妨害に至らない危険騎乗をしたものとして開催2日間の騎乗停止処分をJRA裁定委員会より受けた (トールポピーに降着処分は科されてはいない) 。当人は他馬に影響を与えたことに気づいていなかった様子で、勝利騎手インタビューでは「他の馬に迷惑をかけてしまって」と青ざめた表情で話していた。

2009年12月27日第54回有馬記念ドリームジャーニーで制覇。同年の6月28日に開催された宝塚記念も同馬で制覇しているため、自身初となる春秋グランプリ制覇も成し遂げた。

2011年4月24日オルフェーヴルに騎乗し皐月賞で優勝。初の牡馬クラシック競走制覇となった。同年5月29日には、オルフェーヴルで日本ダービー優勝、牡馬クラシック二冠を達成し、デビュー14年目、7度目の挑戦でダービージョッキーの座についた。同年10月2日カレンチャンでスプリンターズステークス優勝。同馬を重賞4連勝でGI制覇に導くとともに、自身初となる3週連続重賞制覇を達成した。また同日、同年の札幌開催全日程が終了し、初の札幌リーディングを獲得した (18勝) 。同年10月23日、単勝オッズ1.4倍の圧倒的人気を背負ったオルフェーヴルで菊花賞も制し牡馬クラシック三冠を達成。オルフェーヴルを史上7頭目の三冠馬へと導いた。これにより史上最年少三冠ジョッキー (32歳3カ月1日) となったが、ゴール後、同馬が外ラチに向かって逸走し振り落とされるという珍事もあった。この菊花賞制覇をもって史上6人目となる5大クラシック競走完全制覇の偉業達成となった。同年11月20日エイシンアポロンでマイルチャンピオンシップに出走。同馬に騎乗予定だった田辺裕信騎手の騎乗停止に伴い、前年の皐月賞以来のコンビ結成となったが、好位につけ流れに乗ると先頭で駆け抜けた。同年12月25日、6年ぶりのクリスマスグランプリとなった有馬記念をファン投票2位、単勝1番人気のオルフェーヴルで制覇。ナリタブライアン以来17年ぶりとなる3歳4冠を達成した。この勝利により年間GI6勝目 (タイ記録) 、重賞14勝目を飾り、最高の形で飛躍の年を締めくくった。

2012年1月5日から6日にかけて、ドバイメイダン競馬場で行われたメイダンマスターズ国際騎手チャンピオンシップに参戦。第2戦である6日の第3レースではストリートアクトに騎乗し、海外初勝利および当年の初勝利を挙げた。 同年3月25日、カレンチャンで高松宮記念に出走。直線で早々と抜け出して押し切る快勝で、史上2頭目の秋春スプリントGI連覇を達成した。同年6月24日、宝塚記念をオルフェーヴルで優勝し同馬での5冠制覇となった。 同年のサマージョッキーズシリーズでは42pを獲得し、同シリーズの自身初優勝を飾った。

2013年4月7日から6月10日の2ヶ月間、凱旋門賞でオルフェーヴルの騎乗依頼をもらうためフランスへ遠征。 しかし、2013年の凱旋門賞にも前年に引き続きクリストフ・スミヨンがオルフェーヴルに騎乗することが決定し、予定の日付より早く帰国した。 凱旋門賞ではオルフェーヴルへの騎乗はならなかった池添だが、引退レースとなる有馬記念での騎乗が決まった。同年12月22日、本番では1番人気に支持され、12万人を超えるファンが見守る中、3コーナー過ぎからスパートをかけ、8馬身差の圧勝でオルフェーヴルとの最後のレースで期待に応えた。

2014年は一転して重賞レース未勝利に終わり、2000年から続いていた連続重賞勝利が14年で途切れることになった。同年12月14日のロンジン香港ヴァーズ(G1)ではカレンミロティックに騎乗、5着だった。

2015年3月7日チューリップ賞でクルミナルに騎乗し、史上29人目のJRA通算1万回騎乗を達成した。 同年11月29日ジャパンカップショウナンパンドラで出走。前走4着に敗れた天皇賞(秋)と同じ7枠15番となったが、最後の直線で抜け出した3頭の叩き合いをクビ差で制し、2012年にオルフェーヴルでハナ差2着だった無念を晴らした。

2016年5月22日、優駿牝馬(オークス)にシンハライトで出走し、直線で馬群を縫って抜け出し同レース2勝目を挙げた。同年7月24日、函館開催全日程が終了し、初の函館リーディングに輝いた (13勝) 。同年8月6日イギリスアスコット競馬場で行われたシャーガーカップに世界選抜チームの一員として初出場。レースでの勝利はならなかったが、騎乗した5レース中3レースでポイントを獲得し、個人成績第3位となり、チームの優勝に貢献した。 同年12月4日、タンザナイトステークスでサンライズメジャーに騎乗し1着となり、史上33人目のJRA通算1000勝を達成した。

2017年4月9日に行われた桜花賞でレーヌミノルに騎乗。直線に入って先頭に立つとそのまま押し切り、15年ぶりの同レース制覇となった。

2018年は初頭から調教拠点を美浦に移し、活動を開始させた。同年12月23日、有馬記念にブラストワンピースで出走。スタートしてから中団外目に位置取ると、最後の直線で後続の追撃をクビ差で凌ぎ、歴代単独最多となる同レース4勝目を挙げるとともに自身初の関東馬でのGI制覇となった。

2019年11月17日、マイルチャンピオンシップにインディチャンプで出走。当初、本レースには騎乗予定がなかったが、同馬に騎乗予定だった福永祐一騎手が騎乗停止処分を受けたため、騎乗依頼が来たものである。レースでは、道中を好位5番手で進め、直線に入っても馬なりのまま外の馬に馬体を合わせ、残り1ハロンで後続を突き放し、歴代単独最多となる同レース4勝目を達成した。

家族

父はJRAの元騎手で現調教師池添兼雄。父は騎手時代に障害競走を中心に騎乗し、重賞も制するなど障害の名手の一人であった。

弟はJRA調教師の池添学。妹は自身のバレット(=騎手の助手に相当するもの)を務めている。妻はタレントの堀あかり。2008年11月に結婚。

人物・エピソード

代表騎乗馬

GI競走優勝馬

重賞競走優勝馬

騎乗成績

【】
【日付】
【競馬場・開催】
【競走名】
【馬名】
【頭数】
【人気】
着順
初騎乗 | 1998年3月1日 | 1回阪神2日2R | 4歳未勝利 | ナチュラルカラー | 12頭 | 10 | 6着
初勝利 | 1998年3月14日 | 1回中京5日1R | 4歳未勝利 | タヤスソシアル | 12頭 | 1 | 1着
重賞初騎乗・初勝利 | 1998年7月26日 | 4回阪神4日11R | 北九州記念 | トウショウオリオン | 14頭 | 12 | 1着
GI初騎乗 | 2000年10月15日 | 4回京都4日11R | 秋華賞 | ヤマカツスズラン | 18頭 | 7 | 2着
GI初勝利 | 2002年4月7日 | 2回阪神6日11R | 桜花賞 | アローキャリー | 18頭 | 13 | 1着

(netkeiba.comより)

【年度】
【1着】
【2着】
【3着】
【騎乗数】
【勝率】
【連対率】
【複勝率】
表彰
1998年 | 38 | 31 | 52 | 522 | .073 | .132 | .232 | JRA賞 (最多勝利新人騎手) 、中央競馬関西放送記者クラブ賞
1999年 | 27 | 29 | 37 | 412 | .066 | .136 | .226 | 
2000年 | 40 | 34 | 38 | 422 | .095 | .175 | .265 | フェアプレー賞 (関西)
2001年 | 62 | 51 | 62 | 579 | .107 | .195 | .302 | フェアプレー賞 (関西)
2002年 | 79 | 59 | 51 | 689 | .115 | .200 | .274 | 
2003年 | 53 | 63 | 58 | 692 | .077 | .168 | .251 | フェアプレー賞 (関西)
2004年 | 64 | 69 | 38 | 660 | .097 | .202 | .259 | 
2005年 | 58 | 59 | 53 | 639 | .091 | .183 | .266 | 
2006年 | 44 | 41 | 55 | 584 | .075 | .146 | .240 | 中京競馬記者クラブ賞
2007年 | 62 | 60 | 48 | 638 | .097 | .191 | .266 | 
2008年 | 49 | 57 | 57 | 603 | .081 | .176 | .270 | 
2009年 | 48 | 59 | 50 | 579 | .083 | .185 | .271 | 
2010年 | 73 | 83 | 81 | 734 | .099 | .213 | .323 | フェアプレー賞 (関西)
2011年 | 59 | 49 | 34 | 555 | .106 | .195 | .256 | 北海道競馬記者クラブ賞優秀騎手賞(賞金獲得部門)
2012年 | 59 | 56 | 41 | 587 | .101 | .196 | .266 | サマージョッキーズシリーズ優勝
2013年 | 38 | 53 | 32 | 495 | .077 | .184 | .248 | 
2014年 | 45 | 39 | 39 | 503 | .089 | .167 | .245 | 
2015年 | 49 | 41 | 43 | 526 | .093 | .171 | .253 | 
2016年 | 56 | 44 | 42 | 565 | .099 | .177 | .251 | 北海道競馬記者クラブ賞
2017年 | 51 | 62 | 53 | 600 | .085 | .188 | .277 | 
2018年 | 60 | 51 | 49 | 571 | .105 | .194 | .280 | 
2019年 | 65 | 44 | 37 | 561 | .116 | .194 | .260 | 

(競馬ラボより)

脚注・出典

注釈

出典

  1. ^ 池添謙一 - TEAM GRIP(チームグリップ)、2015年12月6日閲覧
  2. ^ 池添謙一騎手インタビュー - 2009年9月6日 競馬ラボ、2015年12月13日閲覧
  3. ^ 池添 謙一 - スポーツナビ、2017年4月10日閲覧
  4. ^ 第14回 中央競馬騎手 池添謙一さん - JRA-VAN、2015年12月7日閲覧
  5. ^ ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年6月9日閲覧。
  6. ^ 北九州記念特集 - netkeiba.com、2015年12月8日閲覧
  7. ^ 競馬辞典 表彰データ JRA賞 最多勝利新人騎手 (2015年12月8日閲覧)
  8. ^ 池添騎手 海外デビュー戦の登録名は「Kanichi Ikezeo」 - 2016年3月17日 東スポWeb(2016年3月19日閲覧)
  9. ^ 2002年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  10. ^ 今年大注目!!ミルコ・デムーロVS池添謙一 - 2016年6月7日 競馬ニュース.tv、2015年7月18日閲覧
  11. ^ 吉田照哉氏、伊1000ギニー馬を購入 - 2004年5月12日 netkeiba.com(2016年7月18日閲覧)
  12. ^ 2003年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  13. ^ 2003年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  14. ^ 2004年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  15. ^ 2004年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  16. ^ スイープトウショウメモリアル:2005/10/30 天皇賞(秋) (2015年12月13日閲覧)
  17. ^ 2005年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  18. ^ 2005年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  19. ^ 池添謙一騎手、JRA通算500勝達成 - 2007年9月9日 netkeiba.com(2014年8月26日閲覧)
  20. ^ 2007年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  21. ^ 1着トールポピー - 2008年5月26日 スポニチAnnex(2014年8月26日閲覧)
  22. ^ 2009年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  23. ^ 2009年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  24. ^ 2011年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  25. ^ オルフェーヴル1冠 兄を超えた/皐月賞 - 2011年4月25日 日刊スポーツ(2015年12月13日閲覧)
  26. ^ 2011年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  27. ^ 池添は7度目の挑戦、池江師は史上最年少でダービーV - 2011年5月30日 netkeiba.com(2015年12月13日閲覧)
  28. ^ 2011年レース結果 - netkeiba.com、2015年12月6日閲覧
  29. ^ カレンチャン重賞4連勝でGI初制覇/スプリンターズS - 2011年10月2日 netkeiba.com(2015年12月13日閲覧)
  30. ^ 【スプリンターズS】強い池添、重賞11勝! - 2011年10月3日 スポニチAnnex(2015年12月13日閲覧)
  31. ^ 池添謙一騎手が札幌競馬のリーディングに輝く - 2011年10月3日 netkeiba.com(2015年12月13日閲覧)
  32. ^ オルフェーヴル、史上7頭目の3冠達成/菊花賞 - 2011年10月23日 netkeiba.com(2015年12月13日閲覧)
  33. ^ 【菊花賞】オルフェ圧巻!3冠!来年「凱旋門賞」 - 2011年10月24日 スポニチAnnex(2015年12月13日閲覧)
  34. ^ オルフェーヴル完ぺき三冠制覇! 来年は凱旋門賞へ - 2011年10月23日 スポーツナビ(2015年12月13日閲覧)
  35. ^ “最強世代”エイシンアポロン新王者、池添はGI5勝目 - 2011年11月20日 スポーツナビ(2015年12月13日閲覧)
  36. ^ 3冠馬オルフェーヴル快勝/有馬記念 - 2011年12月25日 日刊スポーツ(2015年12月13日閲覧)
  37. ^ 3冠馬オルフェーヴル快勝、ブエナビスタは7着/有馬記念 - 2011年12月25日 netkeiba.com(2015年12月13日閲覧)
  38. ^ 池添謙一 (イケゾエケンイチ) 2011年重賞勝利 - netkeiba.com(2015年12月13日閲覧)
  39. ^ 池添 謙一騎手のメイダンマスターズにおける騎乗成績 - 2012年1月7日 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル(2015年12月8日閲覧)
  40. ^ 【高松宮記念】カレン 史上2頭目の秋春スプリントG1連覇! - 2012年3月25日 スポニチAnnex(2015年12月19日閲覧)
  41. ^ 【宝塚記念】2馬身差圧勝!オルフェ復活Vで5冠達成 - 2012年6月24日 スポニチAnnex(2015年12月19日閲覧)
  42. ^ 2012年 サマージョッキーズシリーズ ポイントランキング、2015年12月19日閲覧
  43. ^ オルフェ凱旋門賞は仏武者修行の池添有力- 2013年1月29日 日刊スポーツ(2015年12月19日閲覧)
  44. ^ オルフェーヴル 仏遠征はスミヨンと再コンビ決定、昨年の雪辱期す- 2013年5月5日 スポニチAnnex(2015年12月19日閲覧)
  45. ^ 池添 サウンドで再出発 - 2013年5月9日 日刊スポーツ(2015年12月19日閲覧)
  46. ^ 池江師 オルフェは池添で有馬 トレヴの強さに「あり得ない」 - 2013年10月8日 スポニチAnnex(2015年12月19日閲覧)
  47. ^ 【有馬記念】オルフェ8馬身差の有終V!池添「世界一、強い」 - 2013年12月23日 スポニチAnnex(2015年12月19日閲覧)
  48. ^ 池添謙一 (イケゾエケンイチ) - netkeiba.com、2015年12月19日閲覧
  49. ^ ミロティック力出せた5着/香港ヴァーズ - 2014年12月14日 日刊スポーツ(2015年12月19日閲覧)
  50. ^ 池添謙一騎手、JRA通算1万回騎乗を達成 - 2015年3月8日 スポニチAnnex(2015年12月28日閲覧)
  51. ^ 【ジャパンC】ショウナンパンドラGI2勝目! - サンケイスポーツ 2015年12月4日閲覧
  52. ^ 【オークス】シンハライトが桜のリベンジ果たす - サンケイスポーツ 2016年5月23日閲覧
  53. ^ 池添謙一が初の函館リーディング獲得 - 2016年7月24日 東スポWeb(2016年12月5日閲覧)
  54. ^ 池添謙一騎手がシャーガーカップに出場 - 2016年4月21日 netkeiba.com(2016年12月5日閲覧)
  55. ^ 「シャーガーカップ」池添 謙一騎手の騎乗成績 - 2016年8月7日 JRA(2016年12月5日閲覧)
  56. ^ 池添騎手1000勝、19年目で達成 現役16人目 - 2016年12月5日 nikkansports.com(2016年12月5日閲覧)
  57. ^ レーヌミノル波乱桜冠、池添15年ぶりV/桜花賞日刊スポーツ 4月10日閲覧。
  58. ^ 池添謙一騎手、美浦に拠点を移して活動スタート 期間は未定 - スポーツ報知、2018年12月28日閲覧
  59. ^ 【有馬記念・後記】ブラストワンピース恩返しのV 池添は菊花賞からの進化を称賛<
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2020/04/08 02:30

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「池添謙一」の意味を投稿しよう
    「池添謙一」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    池添謙一スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「池添謙一」のスレッドを作成する
    池添謙一の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail