このキーワード
友達に教える
URLをコピー

池田純一とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年4月)
池田 純一
【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
熊本県荒尾市
【生年月日】
(1946-05-15) 1946年5月15日
【没年月日】
(2005-05-17) 2005年5月17日(59歳没)
【身長
体重】
175 cm
84 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
1965年
【初出場】
1965年
【最終出場】
1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


池田 純一(いけだ じゅんいち、1946年5月15日 - 2005年5月17日)は、熊本県荒尾市出身のプロ野球選手(外野手)。

1971年から1976年までの登録名は、池田祥浩

目次

  • 1 経歴
  • 2 世紀の落球
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 表彰
    • 3.3 記録
    • 3.4 背番号
    • 3.5 登録名
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

中学3年時に右肩を脱臼し、左打者に転向。八代東高校では1964年夏の甲子園に四番打者、投手右翼手として出場。1回戦第1試合で掛川西高の山崎道夫(日本楽器)と投げ合い、延長18回0-0で引き分け(掛川西対八代東延長18回引き分け再試合)。1日後の再試合では2-6で敗退した。

巨人阪神のスカウト合戦の末、1965年阪神タイガースへ入団。1967年には中堅手の定位置を獲得、シーズン後半は二番打者に抜擢される。打撃面で伸び悩み一時低迷するが、徐々に力をつけ強肩好打の外野手として長く活躍した。1972年には初の規定打席に到達、打率.283(9位)の成績を残す。同年のオールスターゲーム第3戦では、決勝打を含む2安打を放ちMVPを獲得した。後述の1973年の巨人戦転倒の後も中心打者として起用され、1975年まで定位置を守るが、1976年にはラインバック東田正義の入団によって出場機会が減り、1978年限りで引退した。

サヨナラ本塁打を通算5本記録しており、1970年7月29日甲子園でのヤクルト戦で0-0の延長十三回裏の一死に先発の安木祥二から引き継いだ直後の松岡弘から史上3人目の代打サヨナラ満塁本塁打を放っている。同点からの代打サヨナラ満塁本塁打は史上初だった。「勝てば優勝」という条件で迎えた1973年10月20日中日球場での対中日最終26回戦(129試合目/全130試合)では1点ビハインドの四回表に星野仙一から一時同点となる二塁打を放ち(2-4で敗北)、その後も1975年には9月9日の甲子園での巨人戦で六回裏に高橋一三から逆転満塁ホームラン(6-1で勝利)、1976年広島市民でのカープとの開幕戦では1-0の四回表に外木場義郎から追加点となる3ランホームランを放つなど(4-4で引分)、しばしば大事な場面で長打を飛ばした。

引退後は球界を離れ、洋品店「ラッキーゾーン」を経営した。1986年のワールドシリーズで一塁ゴロをトンネルしてしまい、戦犯的存在となったボストン・レッドソックスビル・バックナー(英語版記事)の、「このエラーをこれからの人生の糧にしたい」という趣旨の発言を聞いて涙したという。2005年5月17日死去。59歳没。

世紀の落球

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年4月)

1973年シーズン、阪神は8連覇中の巨人と優勝争いを展開していた。8月5日の巨人戦で2-1と阪神がリードして迎えた9回表二死一・三塁、中堅の守備に就いていた池田は、江夏豊から巨人の黒江透修が放った飛球を追うも整備の悪いグラウンドの芝に足を取られて転倒。打球は外野を転々とし2人の走者が生還(記録は失策なしの三塁打)、逆転を許した阪神はそのまま2-3で負けを喫した。阪神は最終的に0.5ゲーム差で9年ぶりのリーグ優勝を逃すとともに、巨人の9連覇を許すこととなった。

シーズン終了後、このプレーは「あの試合に勝っておけば優勝できた」として、池田に全ての責任を負わすかのような世紀の落球(実際には落球ではなく転倒である)という話にまで発展し、池田は嫌がらせ行為に苦しむこととなった。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1965 | 阪神 | 11 | 24 | 23 | 1 | 4 | 1 | 0 | 0 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 10 | 0 | .174 | .208 | .217 | .426
1966 | 52 | 84 | 78 | 1 | 10 | 2 | 0 | 1 | 15 | 2 | 0 | 2 | 0 | 0 | 6 | 1 | 0 | 25 | 3 | .128 | .190 | .192 | .383
1967 | 116 | 350 | 333 | 31 | 78 | 13 | 1 | 9 | 120 | 23 | 4 | 1 | 1 | 2 | 12 | 1 | 2 | 52 | 6 | .234 | .264 | .360 | .624
1968 | 94 | 239 | 214 | 27 | 51 | 6 | 3 | 10 | 93 | 19 | 2 | 1 | 0 | 0 | 21 | 0 | 4 | 59 | 2 | .238 | .318 | .435 | .753
1969 | 99 | 237 | 215 | 15 | 39 | 7 | 0 | 3 | 55 | 13 | 4 | 2 | 5 | 0 | 16 | 1 | 1 | 47 | 7 | .181 | .241 | .256 | .497
1970 | 100 | 190 | 176 | 25 | 44 | 5 | 1 | 12 | 87 | 32 | 0 | 3 | 2 | 0 | 11 | 2 | 1 | 34 | 1 | .250 | .298 | .494 | .792
1971 | 91 | 211 | 201 | 24 | 48 | 4 | 0 | 11 | 85 | 24 | 0 | 1 | 0 | 1 | 9 | 0 | 0 | 45 | 4 | .239 | .270 | .423 | .693
1972 | 121 | 434 | 400 | 32 | 113 | 24 | 1 | 9 | 166 | 50 | 5 | 4 | 1 | 4 | 28 | 8 | 1 | 61 | 3 | .283 | .328 | .415 | .743
1973 | 120 | 475 | 441 | 43 | 114 | 23 | 1 | 11 | 172 | 52 | 3 | 3 | 2 | 1 | 30 | 4 | 1 | 76 | 8 | .259 | .307 | .390 | .697
1974 | 107 | 405 | 378 | 32 | 95 | 23 | 6 | 6 | 148 | 42 | 1 | 5 | 5 | 0 | 21 | 0 | 1 | 57 | 9 | .251 | .293 | .392 | .684
1975 | 118 | 343 | 309 | 25 | 77 | 11 | 4 | 6 | 114 | 28 | 3 | 6 | 2 | 2 | 29 | 1 | 1 | 29 | 11 | .249 | .314 | .369 | .683
1976 | 40 | 37 | 30 | 6 | 6 | 2 | 0 | 2 | 14 | 7 | 1 | 1 | 1 | 0 | 6 | 2 | 0 | 7 | 1 | .200 | .333 | .467 | .800
1978 | 23 | 44 | 44 | 1 | 7 | 0 | 0 | 0 | 7 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 12 | 0 | .159 | .159 | .159 | .318
通算:13年 1092 | 3073 | 2842 | 263 | 686 | 121 | 17 | 80 | 1081 | 295 | 23 | 29 | 19 | 10 | 189 | 20 | 13 | 514 | 55 | .241 | .291 | .380 | .671

表彰

記録

節目の記録
その他の記録

背番号

登録名

脚注

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、34ページ
  2. ^ 週刊ベースボールベースボール・マガジン社、2004年11月8日号、86頁。

関連項目

外部リンク

日本プロ野球オールスターゲームMVP
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 森下整鎮, 金田正一, 張本勲
  • 1961 広瀬叔功, 田宮謙次郎
  • 1962 ブルーム, 張本勲
  • 1963 近藤和彦, 王貞治, 古葉毅
  • 1964 金田正一, J.マーシャル, J.スタンカ
  • 1965 D.スペンサー, 高倉照幸, 江藤慎一
  • 1966 広瀬叔功, 榎本喜八, 古葉竹識
  • 1967 土井正博, 長池徳二, 大杉勝男
  • 1968 江藤慎一, 柴田勲, 小池兼司
  • 1969 土井正博, 船田和英

  • 1970年代 | 
  • 1970 長池徳二, 江夏豊, 遠井吾郎
  • 1971 江夏豊, 長池徳二, 加藤秀司
  • 1972 野村克也, 阪本敏三, 池田祥浩
  • 1973 若松勉, 福本豊, 山崎裕之
  • 1974 高井保弘, 福本豊, 張本勲
  • 1975 山本浩二, 松原誠, 土井正博
  • 1976 有藤道世, 門田博光, 吉田孝司
  • 1977 若松勉, 野村克也, 王貞治
  • 1978 A.ギャレット, 簑田浩二, 掛布雅之
  • 1979 王貞治, B.マルカーノ, 山本浩二

  • 1980年代 | 
  • 1980 岡田彰布, 平野光泰, 江夏豊
  • 1981 藤原満, 掛布雅之, 山倉和博
  • 1982 福本豊, 柏原純一, 掛布雅之
  • 1983 門田博光, 梨田昌崇, 落合博満
  • 1984 簑田浩二, ブーマー, 江川卓
  • 1985 高木豊, W.クロマティ, 松永浩美
  • 1986 山本和範, 清原和博, 吉村禎章
  • 1987 高沢秀昭, 石毛宏典, 清原和博
  • 1988 ブーマー, 岡田彰布, 正田耕三
  • 1989 村田兆治, 彦野利勝

  • 1990年代 | 
  • 1990 R.ブライアント, 清原和博
  • 1991 古田敦也, 広沢克己
  • 1992 石井浩郎, 古田敦也, 駒田徳広
  • 1993 清原和博, T.オマリー
  • 1994 秋山幸二, G.ブラッグス
  • 1995 落合博満, 松井秀喜
  • 1996 山本和範, 清原和博, 金本知憲
  • 1997 松井稼頭央, 清原和博
  • 1998 川上憲伸, 松井秀喜
  • 1999 松井秀喜, R.ローズ, 新庄剛志

  • 2000年代 | 
  • 2000 R.ペタジーニ, 山崎武司, 清原和博
  • 2001 松井稼頭央, R.ペタジーニ, 中村紀洋
  • 2002 G.アリアス, 的山哲也
  • 2003 高橋由伸, 金本知憲
  • 2004 松坂大輔, SHINJO
  • 2005 金城龍彦, 前田智徳
  • 2006 青木宣親, 藤本敦士
  • 2007 A.ラミレス, 阿部慎之助
  • 2008 山崎武司, 荒木雅博
  • 2009 青木宣親, 松中信彦

  • 2010年代 | 
  • 2010 阿部慎之助, 片岡易之
  • 2011 畠山和洋, 中村剛也, 稲葉篤紀
  • 2012 中村紀洋, 前田健太, 陽岱鋼
  • 2013 澤村拓一, 新井貴浩, 内川聖一
  • 2014 B.エルドレッド, 柳田悠岐
  • 2015 藤浪晋太郎, 會澤翼
  • 2016 筒香嘉智, 大谷翔平
  • 2017 内川聖一, A.デスパイネ
  • 2018 森友哉, 源田壮亮
  • 2019 森友哉, 近本光司


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/08/12 21:53

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「池田純一」の意味を投稿しよう
    「池田純一」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    池田純一スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「池田純一」のスレッドを作成する
    池田純一の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail