このキーワード
友達に教える
URLをコピー

池田親興とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


池田 親興(いけだ ちかふさ、1959年5月17日 - )は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手(投手)。

目次

  • 1 来歴・人物
  • 2 エピソード
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 記録
    • 3.3 背番号
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演番組
  • 5 関連項目
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

来歴・人物

高鍋高等学校入学時より野球を始める。1976年、2年生の時にエースとして夏の甲子園県予選準決勝に進出するが、日南高に敗退。翌年も県予選で敗れ、甲子園には出場できなかった。1977年のドラフト会議では阪神タイガースに4位指名されるが、進学を理由に入団拒否し、スポーツ推薦入学で法政大学に進学。2年上に住友一哉、2年下に和田護(日産自動車)と好投手がおり、東京六大学リーグでは4年次の秋季リーグで2勝するにとどまった。大学同期には川端順がいた。

卒業後日産自動車に入社(実際には日産自動車在籍中にも法大に在学していた)。1982年都市対抗に出場し、準決勝に進出するが、エース石井毅を擁する住友金属に敗退。翌1983年同大会では法大同期の川端が所属する東芝に補強され、チームの優勝に貢献する。同年はロサンゼルスオリンピック予選日本代表に選出され、代表決定戦台湾郭泰源と投げ合うが9回裏サヨナラ負け(しかし同五輪をボイコットしたキューバに代り日本が出場権を獲得)。1983年のドラフト会議で改めて阪神から2位指名され入団。

1984年にルーキーながら終盤まで9勝をマークし、2ケタをかけて中日最終戦(甲子園)に先発したが、同僚の掛布雅之と当日の対戦相手の宇野勝が本塁打争いをしていたため、必然的に宇野を歩かさなければならず、苦しいピッチングを強いられたが(4度歩かせ、2度は得点になっている)、2-2の7回裏に阪神が4点を勝ち越して、リードしたままマウンドを降りた。しかしながら後続が打たれて2ケタ勝利を逃す。参考までにこの時の中日の勝利投手は仁村徹であり、初登板初勝利であったと共に、翌年から打者転向した事により結果的に最後の勝利であった。1985年開幕投手に指名(翌1986年も務めた)された。2度の2軍落ちを経験するも、前年同様9勝を挙げてチームの優勝と日本一に貢献し、1985年の日本シリーズでは初登板で完封勝利を飾った。このとき、試合後に「今日に限って言えば(リーグ6位の)ヤクルトの方が怖かった」と発言したが、後の加藤哲郎のような形で取り上げられることはなかった。

若手時代、長めの髪(マッチカット)と風貌から“球界のマッチ(近藤真彦)”と言われていて、1985年の阪神タイガース優勝時のエースで、岡田彰布サンガリアのCMに出演していた。

1986年は当初は好調だったものの、怪我でシーズンの大半を棒に振った。それを境に相次ぐ故障や不調のために成績は下降線をたどっていく。1987年ヤクルトスワローズ戦(5月6日5回戦、神宮)でボブ・ホーナーに3打席連続ホームランを打たれるなど絶不調であり、1988年は負け越しながらも何とか先発ローテーションを守ったが、1989年1990年はどちらも2勝に終わる。1991年に日産からの同僚・大野久等と共に福岡ダイエーホークスに移籍。

移籍後は開幕から先発ローテーションに加わったもののチーム事情でシーズン途中にリリーフに転向しストッパーに抜擢され2年連続二桁セーブを記録するなど活躍した。1993年から監督が田淵幸一から根本陸夫に変わってからは起用法が変わり低迷し、1994年オフにダイエーを自由契約となり、1995年ヤクルトに移籍。同年、ヤクルトは日本一に輝いたが、右肘を痛め戦線離脱したため貢献することは出来ず。同年オフに現役引退。

1996年はダイエースカウトを務め、1997年からはダイエー守備走塁コーチとなった島田誠の後任としてテレビ西日本フジテレビ解説者に就任。西日本スポーツ野球解説者を務める。

愛称はチカドンチカさんチカ

エピソード

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1984 | 阪神 | 29 | 20 | 4 | 2 | 0 | 9 | 8 | 0 | -- | .529 | 644 | 152.1 | 142 | 16 | 73 | 3 | 5 | 96 | 3 | 0 | 78 | 66 | 3.90 | 1.41
1985 | 32 | 23 | 3 | 1 | 0 | 9 | 6 | 0 | -- | .600 | 668 | 151.2 | 153 | 18 | 69 | 4 | 5 | 82 | 2 | 0 | 79 | 75 | 4.45 | 1.46
1986 | 11 | 10 | 4 | 1 | 0 | 4 | 4 | 0 | -- | .500 | 293 | 68.0 | 72 | 6 | 25 | 1 | 1 | 47 | 2 | 0 | 32 | 24 | 3.18 | 1.43
1987 | 28 | 24 | 1 | 0 | 1 | 5 | 13 | 0 | -- | .278 | 574 | 124.0 | 167 | 19 | 46 | 6 | 2 | 75 | 1 | 0 | 96 | 84 | 6.10 | 1.72
1988 | 28 | 24 | 6 | 1 | 0 | 7 | 10 | 0 | -- | .412 | 615 | 139.0 | 152 | 16 | 61 | 2 | 3 | 71 | 3 | 2 | 71 | 62 | 4.01 | 1.53
1989 | 14 | 13 | 2 | 0 | 0 | 2 | 8 | 0 | -- | .200 | 279 | 61.2 | 77 | 8 | 24 | 1 | 3 | 48 | 2 | 0 | 46 | 46 | 6.71 | 1.64
1990 | 15 | 13 | 1 | 0 | 0 | 2 | 7 | 0 | -- | .222 | 321 | 73.0 | 69 | 3 | 36 | 2 | 4 | 46 | 2 | 0 | 40 | 33 | 4.07 | 1.44
1991 | ダイエー | 38 | 3 | 1 | 0 | 0 | 6 | 4 | 13 | -- | .600 | 364 | 83.2 | 81 | 6 | 39 | 7 | 1 | 49 | 1 | 0 | 36 | 34 | 3.66 | 1.43
1992 | 34 | 1 | 0 | 0 | 0 | 8 | 4 | 14 | -- | .667 | 256 | 59.1 | 61 | 7 | 27 | 5 | 2 | 25 | 2 | 1 | 28 | 27 | 4.10 | 1.48
1993 | 31 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | 3 | -- | .200 | 182 | 40.0 | 49 | 4 | 17 | 0 | 3 | 15 | 2 | 0 | 27 | 25 | 5.63 | 1.65
1994 | 4 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 18 | 3.0 | 8 | 2 | 1 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 8 | 7 | 21.00 | 3.00
1995 | ヤクルト | 13 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | .000 | 74 | 15.0 | 19 | 2 | 8 | 0 | 1 | 14 | 1 | 0 | 13 | 11 | 6.60 | 1.80
通算:12年 277 | 131 | 22 | 5 | 1 | 53 | 69 | 30 | -- | .434 | 4288 | 970.2 | 1050 | 107 | 426 | 31 | 30 | 570 | 21 | 3 | 554 | 494 | 4.58 | 1.52

記録

投手記録
打撃記録

背番号

関連情報

出演番組

関連項目

脚注

  1. ^ ちなみに1位指名並みの条件だった(同年のドラフト1位は中西清起)。
  2. ^ このトレードは4対5の大型トレードで、阪神からは池田、大野の他に渡真利克則岩切英司がダイエーに移籍。ダイエーからは藤本修二吉田博之西川佳明右田雅彦近田豊年が阪神に移籍。

外部リンク

業績
阪神タイガース開幕投手
1930年代 | 

1940年代 | 
  • 1940 木下勇
  • 1941 若林忠志
  • 1942 若林忠志
  • 1943 三輪八郎
  • 1944 若林忠志
  • 1946 渡辺誠太郎
  • 1947 若林忠志
  • 1948 御園生崇男
  • 1949 若林忠志

  • 1950年代 | 
  • 1950 内山清
  • 1951 内山清
  • 1952 三船正俊
  • 1953 藤村隆男
  • 1954 小山正明
  • 1955 西村一孔
  • 1956 小山正明
  • 1957 西尾慈高
  • 1958 渡辺省三
  • 1959 小山正明

  • 1960年代 | 
  • 1960 村山実
  • 1961 小山正明
  • 1962 小山正明
  • 1963 小山正明
  • 1964 村山実
  • 1965 G.バッキー
  • 1966 村山実
  • 1967 村山実
  • 1968 村山実
  • 1969 江夏豊

  • 1970年代 | 
  • 1970 江夏豊
  • 1971 江夏豊
  • 1972 古沢憲司
  • 1973 江夏豊
  • 1974 江夏豊
  • 1975 江夏豊
  • 1976 古沢憲司
  • 1977 江本孟紀
  • 1978 江本孟紀
  • 1979 江本孟紀

  • 1980年代 | 
  • 1980 小林繁
  • 1981 小林繁
  • 1982 小林繁
  • 1983 小林繁
  • 1984 野村収
  • 1985 池田親興
  • 1986 池田親興
  • 1987 M.キーオ
  • 1988 仲田幸司
  • 1989 仲田幸司

  • 1990年代 | 
  • 1990 中西清起
  • 1991 野田浩司
  • 1992 葛西稔
  • 1993 仲田幸司
  • 1994 湯舟敏郎
  • 1995 湯舟敏郎
  • 1996 藪恵壹
  • 1997 川尻哲郎
  • 1998 藪恵壹
  • 1999 藪恵壹

  • 2000年代 | 
  • 2000 星野伸之
  • 2001 星野伸之
  • 2002 井川慶
  • 2003 井川慶
  • 2004 井川慶
  • 2005 井川慶
  • 2006 井川慶
  • 2007 下柳剛
  • 2008 安藤優也
  • 2009 安藤優也

  • 2010年代 | 
  • 2010 安藤優也
  • 2011 能見篤史
  • 2012 能見篤史
  • 2013 R.メッセンジャー
  • 2014 能見篤史
  • 2015 R.メッセンジャー
  • 2016 R.メッセンジャー
  • 2017 R.メッセンジャー
  • 2018 R.メッセンジャー


  • 日本シリーズにおけるセントラル・リーグ出場チーム第1戦先発投手
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 鈴木隆
  • 1961 中村稔
  • 1962 小山正明
  • 1963 伊藤芳明
  • 1964 村山実
  • 1965 金田正一
  • 1966 城之内邦雄
  • 1967 金田正一
  • 1968 金田正一
  • 1969 堀内恒夫

  • 1970年代 | 
  • 1970 堀内恒夫
  • 1971 堀内恒夫
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 高橋一三
  • 1974 松本幸行
  • 1975 外木場義郎
  • 1976 堀内恒夫
  • 1977 小林繁
  • 1978 安田猛
  • 1979 北別府学

  • 1980年代 | 
  • 1980 山根和夫
  • 1981 江川卓
  • 1982 小松辰雄
  • 1983 江川卓
  • 1984 山根和夫
  • 1985 池田親興
  • 1986 北別府学
  • 1987 桑田真澄
  • 1988 小野和幸
  • 1989 斎藤雅樹

  • 1990年代 | 
  • 1990 槙原寛己
  • 1991 佐々岡真司
  • 1992 岡林洋一
  • 1993 荒木大輔
  • 1994 桑田真澄
  • 1995 T.ブロス
  • 1996 斎藤雅樹
  • 1997 石井一久
  • 1998 野村弘樹
  • 1999 野口茂樹

  • 2000年代 | 
  • 2000 工藤公康
  • 2001 石井一久
  • 2002 上原浩治
  • 2003 井川慶
  • 2004 川上憲伸
  • 2005 井川慶
  • 2006 川上憲伸
  • 2007 川上憲伸
  • 2008 上原浩治
  • 2009 D.ゴンザレス

  • 2010年代 | 
  • 2010 吉見一起
  • 2011 チェン
  • 2012 内海哲也
  • 2013 内海哲也
  • 2014 R.メッセンジャー
  • 2015 石川雅規
  • 2016 K.ジョンソン
  • 2017 井納翔一
  • 2018 大瀬良大地



  • 阪神タイガース 1983年ドラフト指名選手

    1位:中西清起 / 2位:池田親興 / 3位:仲田幸司 / 4位:川原新治 / 5位:吉川弘幸 / 6位:岩切英司


    阪神タイガース 1977年ドラフト指名選手

    1位:伊藤弘利 / 2位:植松精一 / 3位:清家政和 / 4位:池田親興(入団拒否) / 5位:飯田正男 / 6位:豊原経久


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/17 23:01

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「池田親興」の意味を投稿しよう
    「池田親興」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    池田親興スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「池田親興」のスレッドを作成する
    池田親興の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail