このキーワード
友達に教える
URLをコピー

沢松和子とは?

沢松 和子(さわまつ かずこ、1951年1月5日 - )は、兵庫県西宮市出身の元女子テニス選手。現・日本テニス協会副会長。神戸松蔭女子学院大学卒業。身長174cm、体重61kg、右利き。日本人初のプロテニス選手。

1975年ウィンブルドン女子ダブルス部門で、日系人選手のアン清村とペアを組んで優勝し、日本人女子テニス選手として史上初の4大大会タイトルを獲得した名選手である。シングルスでは日本人女子初のグランドスラムベスト4進出を果たした。

姉の沢松順子もテニス選手で、沢松奈生子は姪(順子の娘)にあたる。

選手経歴

沢松家は、和子から見れば祖父の時代からのテニス名門一家だった。西宮市にあるテニスコートつきの家で、和子と順子の2人姉妹は自然にテニスに親しんでいった。和子は1967年、16歳の時に第42回全日本テニス選手権と全日本室内テニス選手権で優勝し、同年にジュニアテニス選手の登竜門と言われる「オレンジボウル選手権」の女子シングルスでも優勝を果たす。それ以後、1967年から1975年までの足掛け8年間で、彼女は日本国内の試合で「192連勝」の記録を樹立する。それから2年後、18歳になった1969年には全仏オープンウィンブルドンの女子ジュニア部門で優勝し、4大大会のジュニア2大会連続優勝を飾った。当時の日本テニス界には「アマチュア」も「プロフェッショナル」もなかったが、その中で沢松和子は日本人テニス選手として史上初の「プロ選手」になった。1970年から1975年まで、女子テニス国別対抗戦・フェデレーションカップの日本代表選手を務める。

1968年全仏オープンから、沢松和子の世界挑戦が始まる。それから5年後、1973年1月の全豪オープンで、沢松は準々決勝でイギリスバージニア・ウェードを 0-6, 6-1, 6-4 の逆転で破ったが、続く準決勝でオーストラリアイボンヌ・グーラゴングに 4-6, 3-6 で敗れた。グーラゴングには1975年全豪オープン準々決勝と、最後の4大大会出場となった全米オープンでも敗れている。

1975年ウィンブルドンで、沢松和子はシングルスの3回戦で第1シードのクリス・エバートに 2-6, 2-6 で敗れたが、日系3世選手であるアン清村とペアを組んだ女子ダブルスで快進撃を見せた。決勝戦の相手はフランソワーズ・デュール(フランス)&ベティ・ストーブ(オランダ)組に決まった。大会最終日、男子シングルス決勝戦の終了後、沢松は日本人女子選手として初めてウィンブルドンのセンター・コートに足を踏み入れ、7-5, 1-6, 7-5 のスコアで強豪ペアを倒した。当時は衛星中継が始まって間もない時期であり、この試合の模様が録画でテレビ放映されたため、日本人女性初の快挙は全国に大反響を及ぼし、テニスブームが空前の規模で広がった。ウィンブルドンの前後にはシングルスでも好成績を出し、全仏オープンではクリス・エバートとの準々決勝まで進み(スコア:2-6, 2-6)、全米オープンでも準々決勝に進出したが、イボンヌ・グーラゴングに 6-7, 5-7 で惜敗した。これを最後に、沢松和子はテニス界から引退した。日本プロスポーツ大賞殊勲賞受賞。

現役選手引退後は、吉田宗弘(現・吉田記念テニス研修センター理事長)との結婚により「吉田和子」の名前に変わる。現在は千葉県柏市に在住し、自宅の敷地で吉田記念テニス研修センターを運営している。

2019年度より日本テニス協会副会長に就任した。

脚注

  1. ^ “吉田和子さん、日本テニス協会副会長に 四大大会Vの「レジェンド」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年5月28日). https://www.sanspo.com/sports/news/20190528/ten19052818290009-n1.html 2019年7月14日閲覧。

外部リンク

ウィンブルドン(オープン化以後)女子ダブルス優勝者



全日本テニス選手権女子シングルス優勝者

女単 | 男複 ・ 女複 ・ 混複

全日本テニス選手権女子ダブルス優勝者
20・30年代 | 
  • (1924年)鴨井一枝&小林春子
  • (1925年・26年)羽山住江&安宅登美子
  • (1927年・28年)滝口澪子&飯村敏子
  • (1929年)朝吹磯子&小林知子
  • (1930年)戸田定代&増田登志江
  • (1931年)滝口澪子&小林知子
  • (1932年)中村千賀&棚橋糸子
  • (1933年)立花文子&林美喜子
  • (1934年・35年)岡田早苗&山岸久子
  • (1936年)佐々倉久美&原田美智子
  • (1937年)戸田定代&マリー・ホーン
  • (1938年)大浦直子&原久子
  • (1939年)木全豊子&沢田佳

40・50年代 | 
  • (1940年)加茂幸子&加茂純子
  • 1941年 大会開催なし
  • (1942年)加茂幸子&大浦直子
  • 1943年-45年 大会開催なし
  • (1946年)井上早苗&大浦直子
  • (1947年)井上早苗&山川道子
  • (1948年・49年)加茂幸子&朝長慶子
  • (1950年)加茂幸子&中牟田純子
  • (1951年-55年)宮城黎子&朝長慶子
  • (1956年)宮城黎子&井上早苗
  • (1957年)宮城黎子&中浴靖子
  • (1958年)保田多美子&有田雅子
  • (1959年)宮城黎子&井上早苗

  • 60・70年代 | 
  • (1960年-62年)宮城黎子&福井昭子
  • (1963年)小幡陽子&空野桂子
  • (1964年)ヘルガ・シュルツェ&マーゴット・シュルツェ
  • (1965年)太田智恵子&風呂本操
  • (1966年・67年)小幡陽子&後神澄江
  • (1968年)畠中君代&飯田藍
  • (1969年)畠中君代&村上智佳子
  • (1970年)キャスリーン・ハーター&エヴァ・ルンドクイスト
  • (1971年・72年)畠中君代&村上智佳子
  • (1973年)沢松和子&福岡加余子
  • (1974年)飯田藍&野村貴洋子
  • (1975年)楊正順&雀景美
  • (1976年)佐藤直子&中川清美
  • (1977年)塚本国代&中川清美
  • (1978年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1979年)塚本国代&中川清美

  • 80・90年代 | 
  • (1980年)畠中君代&米沢そのえ
  • (1981年)古橋富美子&柳昌子
  • (1982年)古橋富美子&野村貴洋子
  • (1983年)塚本国代&中川清美
  • (1984年)佐藤直子&柳昌子
  • (1985年)井上悦子&柳昌子
  • (1986年)佐藤直子&岡本久美子
  • (1987年)飯田栄&西谷明美
  • (1988年)佐藤直子&木戸脇真也
  • (1989年)伊達公子&木戸脇真也
  • (1990年・91年)平木理化&遠藤愛
  • (1992年・93年)平木理化&宮城ナナ
  • (1994年)雉子牟田直子&田中由夏
  • (1995年)浅越しのぶ&松田愛子
  • (1996年)雉子牟田直子&神尾米
  • (1997年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (1998年)石田恵子&永冨恵子
  • (1999年)浅越しのぶ&久松志保

  • 00・10年代 | 
  • (2000年)井上青香&井上摩衣子
  • (2001年)平木理化&藤原里華
  • (2002年)杉山愛&藤原里華
  • (2003年)佐伯美穂&吉田友佳
  • (2004年)金恵美&田口景子
  • (2005年)岡本聖子&高瀬礼美
  • (2006年)飯島久美子&波形純理
  • (2007年)新井麻葵&米村知子
  • (2008年)クルム伊達公子&藤原里華
  • (2009年)浜村夏美&米村知子
  • (2010年)浜村夏美&藤原里華
  • (2011年)青山修子&高畑寿弥
  • (2012年・13年)青山修子&波形純理
  • (2014年)二宮真琴&田中真梨
  • (2015年)久見香奈恵&高畑寿弥
  • (2016年)今西美晴&大前綾希子

  • 男単 ・女単 | 男複 ・ 混複

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/06 07:50

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「沢松和子」の意味を投稿しよう
    「沢松和子」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    沢松和子スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「沢松和子」のスレッドを作成する
    沢松和子の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail