このキーワード
友達に教える
URLをコピー

河村たかしとは?

日本政治家
河村 たかし
かわむら たかし

愛知県知立市にて

【生年月日】
(1948-11-03) 1948年11月3日(69歳)
【出生地】
愛知県名古屋市
【出身校】
一橋大学商学部
【前職】
衆議院議員秘書
河村商事専務取締役
【所属政党】
(民社党→)
(自由民主党→)
(日本新党→)
(新進党→)
(自由党→)
(無所属→)
(民主党→)
(無所属→)
減税日本
【称号】
商学士
【公式サイト】
名古屋市長河村たかし
第32-33代 名古屋市長

【当選回数】
4回
【在任期間】
2009年4月28日 - 現職
衆議院議員

【選挙区】
(旧愛知1区→)
愛知1区
【当選回数】
5回
【在任期間】
1993年7月19日 - 2009年4月7日

河村 たかし(かわむら たかし、1948年(昭和23年)11月3日 - )は、日本政治家。第32・33代名古屋市長地域政党減税日本代表。

衆議院議員(5期)、裁判官訴追委員会第二代理委員長、総務省顧問等を歴任した。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 生い立ち
      • 1.1.1 大学卒業後、家業に従事
      • 1.1.2 司法試験で挫折
    • 1.2 政界入り
    • 1.3 名古屋市長
  • 2 家族
  • 3 人物
  • 4 政策、政治活動
    • 4.1 民主党代表選
    • 4.2 名古屋市長選
      • 4.2.1 小沢一郎を支持する一新会からの裏金授受疑惑
  • 5 河村名古屋市政について
    • 5.1 名古屋市議会との対立(市長就任からリコール成立後の市議会選挙まで)
    • 5.2 河村市長の施策と論点
      • 5.2.1 議員報酬半減について
      • 5.2.2 減税について
      • 5.2.3 その他の施策(地域委員会、市職員人件費カット等)
    • 5.3 市議会リコールと減税日本の躍進
      • 5.3.1 市議会リコール
      • 5.3.2 愛知県知事選と名古屋市長選及びリコール住民投票のトリプル投票
      • 5.3.3 2011年名古屋市議会議員選挙
    • 5.4 リコール後の河村市政
      • 5.4.1 減税日本名古屋市議団の動き
      • 5.4.2 大村秀章知事との対立と中京都構想
      • 5.4.3 国政復帰断念と名古屋市長三選
    • 5.5 河村市政の評価
  • 6 河村シスターズ
  • 7 弾劾裁判(司法作用)における活動
  • 8 太陽の党との合流問題
  • 9 国会議員時代に所属していた団体・議員連盟
  • 10 出演番組
  • 11 著書
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

経歴

生い立ち

大学卒業後、家業に従事

司法試験で挫折

政界入り

名古屋市長

詳細は「#名古屋市長選」および「#河村名古屋市政について」を参照

家族

人物

政策、政治活動

地方議員はボランティアであるべきとし、議員報酬を廃止し、保護司民生委員らと同じく無給とすべきと主張。

民主党代表選

名古屋市長選

1985年(昭和60年)2月22日に当時、市助役の西尾武喜(後に第19代名古屋市長)の対抗馬として名古屋市長選に出馬しようとしていた時がある。当時、河村は、高校時代からの当時の友人達と「500円集めて作ろう庶民の名古屋の会(略称500円庶民の会)」を結成し、「庶民による、庶民のための、庶民の政治」、「500円集めて作ろう庶民の名古屋」、「市長には庶民派の民間人を」などを揚げ、市助役を市長に推すのは官選と変わりない。批判を実行に移す為、市長選の出馬を決意したと表明している。しかし、市長選出馬の表明をするも、同年3月18日に急遽、市長選出馬を断念している。河村は市長選出馬の断念の理由を「民社党からの除名問題で候補者として爽やかなイメージが失われ支援者に迷惑をかける」と説明し、「1万株用意した額面500円の株も1割しか売れず、資金的にも無理だと分かった。読みが甘かった」と話した。

民主党愛知県連は、2009年(平成21年)4月27日に任期満了を迎える名古屋市長選(4月26日投開票)に、過去3回のような主要政党相乗り候補ではなく独自候補を擁立することを早くから目指し、名古屋市教育委員会の山田哲郎教育次長に白羽の矢を立てていた。しかし、1月3日までに山田から固辞されたため、民主党愛知県連の候補者選びは白紙の状態に戻った。

1月25日、河村は、名古屋市内で民主党愛知県連代表の伴野豊衆議院議員と面談し、民主党の推薦を得て名古屋市長選に出馬したい旨および「不退転の決意」である旨を申し出た。この際、「36年間の政治生活を経て、名古屋の皆さんに恩返ししたい」と述べたと伝えられる。

1月26日夜、民主党愛知県連の幹事会にて、河村は住民税の10%減税や議員のボランティア化など自らの基本政策を説明したが、積極的支持を得られず、幹事会は、周知先行していた元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦(「邦」は、正しくは こちら。以下同様)を名古屋市長選の民主党愛知県連推薦候補とすることを全会一致で了承した。このため、河村は、党除名覚悟で出馬するかどうか、という瀬戸際に追い込まれることになった。

1月27日午前、民主党本部の常任幹事会にて、愛知県選出国会議員団長の佐藤泰介参議院議員が、名古屋市長候補者として民主党愛知県連が伊藤邦彦を全会一致で推薦候補としたことを報告し、党本部の最終判断を仰いだが、党本部常任幹事会は河村の出馬による民主支持層の分裂を懸念し、最終判断を見送った。記者団に対し、常任幹事会に出席していた輿石東参院議員会長は「県連でもっとまとめてほしい」、民主党愛知県連幹部は「正規の手続きを経て、党本部に上申した結果が覆されることはない」、河村は「不退転の決意は全く変わらない」と述べる状態であった。

1月29日午後、河村は、代表質問が行われている衆議院本会議場を退席して同じく退席している小沢一郎民主党代表と会い、「(市長選を)ぜひともやりたい。(党推薦を)お願いしたい」と直談判したが、「県連の関係者に一度お願いして回って来い」と突き返された。この日、民主党名古屋市議団は議員総会を開いて元愛知県弁護士会副会長の伊藤邦彦の推薦を再確認するなどしており、全国的に著名な河村といえども地元民主党議員たちの支持を得られる状況にはなかった。

2月6日民主党幹事長鳩山由紀夫が記者会見で名古屋市長選の候補者推薦について「時間がかかってもしっかりと落着させることが大事だ」と言明したことにより、前月26日の愛知県連全会一致での伊藤邦彦に対する推薦決定にもかかわらず、党本部の最終判断は更に大幅に先送りされることとなった

3月20日、河村は、名古屋市長候補として民主党名古屋市議団の議員総会に出席し、マニフェスト案を提示して市議団側からおおむね了承された。このため、これを民主党愛知県連が民主党本部に報告すれば河村たかしが正式に名古屋市長選の民主党推薦候補となる見通しとなった。

3月24日午前、民主党本部は常任幹事会を開き、名古屋市長選に河村を推薦することを全会一致で正式決定した。河村は、この常任幹事会の冒頭で「何とか当選して(党に)ご恩返ししたい。庶民の政党・民主党の応援団になれればと思っています。しっかりやります」と挨拶し、記者には「本当にありがたい話で、庶民革命を実現させたい」と抱負を語った。

3月25日午後、河村は、名古屋市内で記者会見し、名古屋市長選に無所属・民主党推薦で立候補することを正式表明した。同時に、それまでに名古屋市議団との政策交渉で了承を得ていたマニフェストの基本方針「庶民革命」「市民税10%減税」「ボランティア委員会(地域委員会Neighbourhood council)」「ナゴヤを日本一税金の安い街にする」等を発表した。席上、河村は、「楽市楽座で庶民にも商売できるようにした織田信長のような『庶民革命』をやりたい」「世の中の人は税金を払うのにどえらい苦労をしている。税金で食っている人が極楽というのは正さにゃいかん」「議員とか役人とかはパブリックサーバント、公僕だ。そういう政治の原点を訴えたい」と熱く訴えかけた。

4月1日、前述のように、民主党名古屋市議団から民主党本部までの推薦を得ていたものの、民主党を支持するはずの「自治労名古屋市労働組合」が河村を推薦せず、自主投票とすることを決定した。また、連合愛知も同様に、結局、最後まで河村を推薦しなかった。これらは河村の「人件費の総額10%削減」という公約に対する組合員の警戒心が大変強かったためであり、「税金を払う方(市民)が地獄なのに税金で食っている方(市職員や議員)は極楽」などと繰り返す河村たかし候補に対して「自分たちを家来としか見ず給料を下げると豪語している。河村氏を推すなら組合を辞める」という声すら出ていたためである。

4月4日夜、河村は、名古屋市役所で記者会見し、市民税10%減税、ボランティアによる地域委員会(仮称)の創設、経済対策の3つを柱とするマニフェスト『河村たかしの名古屋政策』を発表した。同日、自身のHPでも解説資料『河村たかしの名古屋政策』を発表した。

4月6日、名古屋市長選出馬予定の3名、河村たかし(60、民主党推薦)、細川昌彦(54、自民党・公明党の県組織支持)、太田義郎(65、共産党などの推薦)が初めて一堂に会して公開討論会を戦った。

4月7日、4月3日に河野洋平衆議院議長に提出されていた河村の議員辞職願が衆議院本会議で受理された。

4月26日夜、「庶民革命」を訴えながら1日35キロを自転車で走破するという「庶民派」選挙戦を展開した河村が他の3候補を圧倒的に引き離して次期名古屋市長に当選した。河村への得票数は、1977年に本山政雄が獲得した46万余票を超える過去最高の51万4514票となり、次点の細川昌彦候補をも23万票も引き離すという圧勝であった。また得票率も、過去2番目に低かった前回の27.50%を23.04ポイントも上回って50.54%であった。

小沢一郎を支持する一新会からの裏金授受疑惑

小沢一郎の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐり、裏金を受領したとして衆議院議員石川知裕政治資金規正法違反の罪に問われた問題に関連して秘書の金沢敬より裏金が名古屋市長選での河村たかしへの選挙資金に流れていた疑惑がある。 石川の元秘書である金沢敬が2009年の名古屋市長選で、民主党衆議院議員で小沢一郎幹事長を支持するグループ「一新会」で「力があるMさん」が、河村たかし市長の選挙対策関係者に「裏の方」で200万円を渡していたと説明。金沢は「(河村側は)『190万円しかかからなかった。10万円の黒字になった』と話していた」と述べた。 河村は「個人献金の年間上限額の150万円を超え200万円もの裏金をもらった事実はない。記録はあり証明できる。名誉棄損に当た

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/20 13:44

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「河村たかし」の意味を投稿しよう
「河村たかし」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

河村たかしスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「河村たかし」のスレッドを作成する
河村たかしの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail