このキーワード
友達に教える
URLをコピー

浅尾慶一郎とは?

浅尾 慶一郎
あさお けいいちろう
【生年月日】
(1964-02-11) 1964年2月11日(55歳)
【出生地】
東京都
【出身校】
東京大学法学部
スタンフォード大学経営大学院
【前職】
日本興業銀行従業員
参議院議員
みんなの党代表
【所属政党】
(新進党→)
(新党友愛→)
(民主党→)
(みんなの党→)
(神奈川みんなの改革→)
(無所属(自由民主党無所属の会)→)
自由民主党(二階派)
【称号】
法学士
MBA
【配偶者】

【親族】
曽祖父・浅尾長慶(衆議院議員)
曽祖父・樋口秀雄(衆議院議員)
【公式サイト】
あさお慶一郎ホームページ
衆議院議員

【選挙区】
(比例南関東ブロック→)
神奈川4区
【当選回数】
3回
【在任期間】
2009年8月30日 - 2017年9月28日
参議院議員

【選挙区】
神奈川県選挙区
【当選回数】
2回
【在任期間】
1998年7月 - 2009年8月18日

浅尾 慶一郎(あさお けいいちろう、1964年2月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(3期)。

みんなの党代表(第2代)、みんなの党幹事長(第2代)、みんなの党政策調査会長(初代)、参議院財政金融委員長参議院議員(2期)などを歴任した。

目次

  • 1 来歴
  • 2 政策・主張
    • 2.1 憲法
    • 2.2 外交・安全保障
    • 2.3 歴史認識
    • 2.4 政治制度
    • 2.5 税制
    • 2.6 経済
    • 2.7 エネルギー政策
    • 2.8 社会・教育
    • 2.9 地球温暖化対策
  • 3 人物
  • 4 所属団体・議員連盟
  • 5 親族
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

来歴

東京都出身。栄光学園高等学校東京大学法学部卒業。1987年、大学を卒業し日本興業銀行に入行。1992年アメリカ合衆国スタンフォード大学経営大学院を修了し、経営学修士号 (MBA) を取得した。1992年から1995年まで日本興業銀行本店プロジェクトファイナンス担当。1995年新進党が実施した候補者公募に応募し、合格したため日本興業銀行を退職した。

1996年第41回衆議院議員総選挙に新進党公認で神奈川4区から出馬し、旧民主党前職の中島章夫の得票は上回ったものの自由民主党公認の飯島忠義の後塵を拝し、次点で落選(新進党は一部の例外を除き、重複立候補を認めていなかったため比例復活はできなかった)。1997年、新進党の解党に伴い、新党友愛の結党に参加し、1998年民主党に合流した。

1998年第18回参議院議員通常選挙に民主党公認(公明党推薦)で神奈川県選挙区(定数3)から出馬し、得票数トップで初当選を果たした。2002年6月よりワットマン監査役を務める。2004年第20回参議院議員通常選挙で再選(得票数2位)。同年、参議院財政金融委員長に就任した。2005年9月から2006年3月まで、前原誠司民主党代表の下に設置された次の内閣でネクスト外務大臣を務める。

2009年第45回衆議院議員総選挙に際し、参院議員を辞職した上で衆議院神奈川4区から立候補したい意向を示していたが、民主党本部は元逗子市長の長島一由を公認。浅尾は神奈川8区からの立候補を党側から提案されたが、これを拒否し、7月24日に民主党に離党届を提出(離党届は受理されず、除籍処分が下った)した上で、再度神奈川4区からの出馬を明言した。8月8日みんなの党の結党に参加。同党公認で神奈川4区から出馬し、選挙区では民主党公認の長島一由に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活した(総選挙への立候補に伴い、公示日の8月18日に参院議員を自動失職)。当選後、みんなの党政策調査会長に就任。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、みんなの党公認で神奈川4区から出馬し、京都2区から国替えした自由民主党の山本朋広らを破り、再選。2013年4月より、みんなの党選挙対策委員長を兼任する。同年8月、党運営をめぐり更迭された江田憲司の後任のみんなの党幹事長に起用され、さらに翌2014年4月、党首であった渡辺喜美DHCから借用金8億円を受け取っていた問題を受け、立党以来就任していた代表職を辞任したことを受け同党代表選挙に立候補、他に立候補者がおらず無投票でみんなの党第2代党代表に就任することとなった。2014年11月、みんなの党の解党を決める。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、無所属で神奈川4区から出馬し、当選。

2015年1月、地域政党「神奈川みんなの改革」を結成し、代表に就任する。

2016年10月、自由民主党の衆議院院内会派に参加。2017年9月27日、自由民主党に入党。

2017年10月の総選挙では自民党は神奈川4区に山本朋広を公認したため、浅尾は無所属での出馬となり、自民党分裂選挙となった。10月22日投開票の結果、神奈川4区において立憲民主党早稲田夕季、山本に続く3位の得票数に終わり、落選。議席を失った。

日本国際フォーラム参与を務める。

政策・主張

憲法

外交・安全保障

歴史認識

政治制度

税制

経済

エネルギー政策

社会・教育

地球温暖化対策

人物

所属団体・議員連盟

親族

脚注

注釈

  1. ^ 当時、「田母神俊雄が執筆した論文」が村山談話の見解と異なるとされ、批判された。

出典

  1. ^ プロフィール
  2. ^ みんな、内紛がひとまず収束 浅尾氏が選対委員長に就任 日本経済新聞 2013年4月6日配信。
  3. ^ 浅尾慶一郎氏、みんなの党新代表に 無投票で当選 朝日新聞 2014年4月11日17時43分配信
  4. ^ [1]
  5. ^ “膨張する自民…旧みんな代表・浅尾慶一郎氏も会派入り 相次ぐ入党・復党に軋轢も”. 産経新聞. (2016年10月26日). http://www.sankei.com/politics/news/161026/plt1610260012-n1.html 2016年10月26日閲覧。
  6. ^ “浅尾慶一郎氏 自民党に入党”. 毎日新聞. (2017年9月30日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171001/k00/00m/010/046000c 2017年10月16日閲覧。
  7. ^ “自民候補332人に=安倍首相ら19人は小選挙区単独”. 時事ドットコムニュース. (2017年10月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100900676&g=pol 2017年10月19日閲覧。
  8. ^ http://www.ntv.co.jp/election2017/sokuho/kanagawa04.html
  9. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。
  10. ^ “朝日・東大谷口研究室共同調査:第46回総選挙”. 朝日新聞. (2012年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/asahitodai/ 2017年10月16日閲覧。
  11. ^ “朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選”. 朝日新聞. (2014年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2017年10月12日閲覧。
  12. ^ “2017衆院選 候補者アンケート”. 朝日新聞. (2017年). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/asahitodai/koho.html?k=ZZZZZ0ZH 2017年10月16日閲覧。
  13. ^ 山本一太、浅尾慶一郎「「北朝鮮兵器」日本企業リスト」『文藝春秋』第77巻第8号、文藝春秋、1999年8月、2011年6月27日閲覧。
  14. ^ 『毎日新聞』2009年6月1日
  15. ^ <新時代体感 民団新年会>本気で試そう韓日結束”. 民団新聞. 2011年1月12日閲覧。
  16. ^ 産経 2013年6月1日「侵略認めることが最低条件」みんな・浅尾氏が関係修復で維新に注文
  17. ^ 参議院 2008年11月11日第170回国会 外交防衛委員会 第6号の5番目の答弁
  18. ^ 産経2014年2月12日 みんな幹事長、NHK経営委員の百田尚樹氏について「説明できないなら辞任を」
  19. ^ ニコニコ動画
  20. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  21. ^ 「1000万人移民受け入れ構想」
  22. ^ 「人工光合成、夢のプロジェクト」 湘南の風 あさお慶一郎のブログ 2007年04月13日(金)
  23. ^ “田原総一朗のタブーに挑戦!(10.07.06)”. JFN. (2010年7月6日). http://www.ustream.tv/recorded/8105327
  24. ^ Independent Web Journal 2013年3月1日 環太平洋連携協定(TPP)交渉促進議員連盟 設立総会
  25. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  26. ^ “国際地政学研究所役員 | トップページ | 国際地政学研究所”. 国際地政学研究所. http://www.igij.org/top/people/ 2018年5月9日閲覧。

関連項目

外部リンク

議会
先代:
円より子 |  参議院財政金融委員長
2004年 - 2005年 | 次代:
山本孝史
党職
先代:
渡辺喜美 | みんなの党代表
第2代:2014年 | 次代:
解党
先代:
江田憲司 | みんなの党幹事長
第2代:2013年 - 2014年 | 次代:
水野賢一
先代:
結成 | みんなの党政策調査会長
初代:2009年 - 2013年
当初はパートナー(政策) | 次代:
水野賢一
みんなの党
歴代代表 | 
初代:渡辺喜美 - 第2代:浅尾慶一郎

前身政党 | 
自由民主党 - 民主党

派生した勢力 | 
結いの党(2013年離党者ら) - 日本を元気にする会(参議院後継会派) - 無所属クラブ (日本 2014-)(参議院後継会派) - 闘う改革の会(地方議員) - みんなの改革(地域政党) - 自由を守る会(地域政党) - みんなの党(政治団体)

その他・関連項目 | 
国民運動体 日本の夜明け

関連カテゴリ | 
みんなの党


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/27 03:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「浅尾慶一郎」の意味を投稿しよう
「浅尾慶一郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

浅尾慶一郎スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「浅尾慶一郎」のスレッドを作成する
浅尾慶一郎の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail