このキーワード
友達に教える
URLをコピー

浦和レッドダイヤモンズとは?

この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2018年10月)
【浦和レッドダイヤモンズ】

【原語表記】
浦和レッドダイヤモンズ
【呼称】
浦和レッズ
【愛称】
レッズ・赤い悪魔
【クラブカラー】
レッド
【創設年】
1950年
【所属リーグ】
日本プロサッカーリーグ
【所属ディビジョン】
J1リーグ
【クラブライセンス】
J1
【ホームタウン】
埼玉県さいたま市
【ホームスタジアム】
埼玉スタジアム2002
(画像は2009年J1第12節)
【収容人数】
62,010
【運営法人】
浦和レッドダイヤモンズ株式会社
【代表者】
淵田敬三
【監督】
オズワルド・オリヴェイラ
【公式サイト】
公式サイト

ホームカラー
 | 
アウェイカラー


今シーズン

■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、Urawa Red Diamonds)は、日本埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)である。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 運営会社
    • 1.2 クラブの経営状況
    • 1.3 地域への貢献
    • 1.4 国際交流
  • 2 歴史
    • 2.1 浦和レッドダイヤモンズ発足まで
    • 2.2 1990年代
      • 2.2.1 1992年 - 1994年
      • 2.2.2 1995年 - 1998年
      • 2.2.3 1999年
    • 2.3 2000年代
      • 2.3.1 2000年
      • 2.3.2 2001年
      • 2.3.3 2002年
      • 2.3.4 2003年
      • 2.3.5 2004年
      • 2.3.6 2005年
      • 2.3.7 2006年
      • 2.3.8 2007年
      • 2.3.9 2008年
      • 2.3.10 2009年
    • 2.4 2010年代
      • 2.4.1 2010年
      • 2.4.2 2011年
      • 2.4.3 2012年
      • 2.4.4 2013年
      • 2.4.5 2014年
      • 2.4.6 2015年
      • 2.4.7 2016年
      • 2.4.8 2017年
      • 2.4.9 2018年
  • 3 成績
  • 4 タイトル・表彰
    • 4.1 国内タイトル
    • 4.2 国際タイトル
    • 4.3 その他タイトル
    • 4.4 表彰
    • 4.5 その他表彰
  • 5 クラブ記録
    • 5.1 最多得点試合
    • 5.2 最多失点試合
    • 5.3 最多失点勝利試合
    • 5.4 最多得点敗戦試合
    • 5.5 最多得点(失点)引分試合
    • 5.6 最多連続無敗試合
    • 5.7 最多連勝
    • 5.8 最多連敗
    • 5.9 同一カード最多連勝
    • 5.10 同一カード最多連敗
  • 6 個人記録
    • 6.1 通算最多試合出場
    • 6.2 最多連続試合出場
    • 6.3 最年少試合出場
    • 6.4 最年長試合出場
    • 6.5 シーズンフルタイム出場
    • 6.6 通算最多得点
    • 6.7 最多連続得点試合
    • 6.8 シーズン最多得点
    • 6.9 1試合最多得点
    • 6.10 GK通算最多得点
    • 6.11 最年少得点
    • 6.12 最年長得点
    • 6.13 ハットトリック
    • 6.14 その他記録
  • 7 スタジアム
    • 7.1 ホームスタジアム
    • 7.2 年度別観客動員記録
    • 7.3 カップ戦(Jリーグ杯・ACL)での主催試合使用スタジアム
    • 7.4 最多観客動員試合
      • 7.4.1 J1
      • 7.4.2 J2
    • 7.5 最少観客動員試合
      • 7.5.1 J1
      • 7.5.2 J2
  • 8 ユニフォーム
    • 8.1 チームカラー
    • 8.2 ユニフォームスポンサー
    • 8.3 練習着(プラクティスウェア)スポンサー
    • 8.4 ユニフォームサプライの遍歴
    • 8.5 歴代ユニフォーム
    • 8.6 歴代ユニフォームスポンサー年表
  • 9 パートナー(スポンサー)
  • 10 アカデミー
    • 10.1 ユース
    • 10.2 ジュニアユース
    • 10.3 ジュニア
    • 10.4 出身選手
    • 10.5 ハートフルスクール
  • 11 マスコット
  • 12 エンブレム
  • 13 入場曲・ 公式ソング
  • 14 サポーター
  • 15 メディア
  • 16 ホームタウン浦和
  • 17 決算
    • 17.1 損益
    • 17.2 資産
  • 18 脚注・出典
    • 18.1 注記
    • 18.2 出典
  • 19 関連項目
  • 20 外部リンク

概要

三菱自動車工業サッカー部(1950年創部)を前身とするサッカークラブで、1991年にJリーグ加盟した10チーム(オリジナル10)の一つ。ホームタウン埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002、練習グラウンドはさいたま市大原サッカー場である。チーム名は「ダイヤモンド」の最高の輝き、固い結束力に由来し、クラブカラーである「レッド」 と組合わせたものである。

国内三大タイトル(J1リーグJリーグカップ天皇杯全日本サッカー選手権大会)を全て獲得しているクラブの一つであり、Jリーグクラブで初めてAFCチャンピオンズリーグで複数回優勝を成し遂げたクラブである。また、観客動員と営業収入においては、長年Jリーグ加盟クラブ中最高の成績を維持し続けている(当項目を参照のこと)。

運営会社

浦和レッドダイヤモンズ株式会社
URAWA Red Diamonds Co., Ltd.
種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【本社所在地】
日本
336-8505
埼玉県さいたま市緑区美園2-1
【設立】
1992年7月17日
業種
サービス業
法人番号
9030001008072
【事業内容】
サッカークラブの運営他
【代表者】
淵田敬三
【資本金】
2億7,300万円(2018年1月現在
【発行済株式総数】
4,000株
【売上高】
79億7,100万円 (2018年1月期)
【営業利益】
5億5,600万円 (2018年1月期)
【経常利益】
5億3,600万円 (2018年1月期)
【純利益】
3億3,000万円 (2018年1月期)
【純資産】
15億1,800万円 (2018年1月期)
【総資産】
31億3,600万円 (2018年1月期)
【決算期】
1月期
【主要株主】
ダイヤモンドF.C.パートナーズ 50.75%
さいたま市 4.00%
埼玉県 4.00%他
【外部リンク】
http://www.urawa-reds.co.jp
特記事項:1992年から2012年5月までの社名は、「株式会社三菱自動車フットボールクラブ」。

運営会社は「浦和レッドダイヤモンズ株式会社」。埼玉県さいたま市緑区の埼玉スタジアム2002内に本社を置く。

三菱自動車工業(三菱自工)の全額出資により設立された(設立当初の商号は「株式会社三菱自動車フットボールクラブ」)。1996年の増資時に埼玉県と浦和市の出資を受けた。更に2000年に埼玉県内の複数の企業および三菱グループ他社など計27社から出資を受け、三菱自工は引き続き株式の過半数(50.625%)を保有する筆頭株主であった。

しかし2016年、三菱自工が燃費試験の不正問題に起因する経営難から再建を図る際に日産自動車(日産)が株式を34%保有する単独筆頭株主となったため、日産が株式の約75%を保有する横浜F・マリノスとの間で、Jリーグクラブの親会社が他クラブの親会社の株式の保有を禁じるJリーグ規約第25条(5)の規定に抵触する可能性が生じた。これについて、Jリーグチェアマン村井満が2016年6月の臨時理事会後に「クラブライセンス交付第1審機関 (FIB) が(レッズが日産及び三菱自の子会社・関連会社に該当するかを)認定するためJリーグ側では認定できない」とした上で「現状ではJリーグの規約に抵触する可能性が高い」との見解を表明した。

三菱自工およびクラブ側で株式の委譲などを検討した結果、2016年10月31日に、三菱自工が三菱重工業と共同出資して持株会社ダイヤモンドF.C.パートナーズ株式会社」を設立し、同社にクラブの全株式を譲渡することを発表。これにより三菱自工の間接出資比率が19.8%となったことで問題を解消した。

2017年1月に1億1280万円の第三者割当増資を実施し、新たに15社が株主に加わり、株主数は43社・2団体となった。なお、ダイヤモンドF.C.パートナーズも増資を引き受け(410株)、同社が過半の株式を保有する状況に変わりは無い。

クラブの経営状況

 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2013年3月)

Jリーグトップの営業収益を上げる背景には以下の点が挙げられる。

地域への貢献

浦和区にあるオフィシャルショップ「RED VOLTAGE」(2015年)
 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2013年3月)

国際交流

 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2018年1月)

歴史

 | 

この節には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年1月)
  • 大言壮語的な記述になっています。(2017年1月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年1月)
  • 雑多な内容が羅列されています。(2017年1月)

浦和レッドダイヤモンズ発足まで

詳細は「三菱重工業サッカー部」を参照

浦和市(当時)は当初、日本サッカーリーグ(JSL)1部所属の本田技研サッカー部を誘致し、本田技研狭山サッカー部と統合した新たなサッカークラブ作りを構想していた。しかし本田技研本社がJリーグ不参加を表明したために、JSL2部所属のNTT関東サッカー部(現大宮アルディージャ)の誘致を試みたがJリーグ不参加を理由に断られた。埼玉県にはJSLに所属し大きな資金協力の見込める大企業のサッカー部が他になかったため、当時プロリーグ検討委員会委員長だった川淵三郎に相談したところ、三菱自工森孝慈を紹介された。森は当時、三菱自工内でサッカー部のプロ化に奔走していた。

三菱自工はサッカー部の活動の中心であり、本社と三菱養和SCが所在する東京都を本拠とする予定であったが、Jリーグが国立霞ヶ丘陸上競技場をホームスタジアムとして認定しない方針を打ち出していたことや、江戸川区陸上競技場の客席増設や同競技場近辺の練習場確保が困難であったことからJリーグ加盟の要件を満たせず、代替候補地の選定を急いでいた。フジタ(現湘南ベルマーレ)が大神練習場を使用し活動していた神奈川県平塚市や、三菱重工サッカー部の初期の活動中心地だった兵庫県神戸市とも交渉したが、いずれも自治体から満足な協力を引き出すまでに至らなかった。

こうした浦和と三菱自工両者の経緯から生じた縁談は、堅実なチームを作っていこうという両者ビジョンの一致を軸に折り合い良く話が進み、時間を待たずに浦和レッズ誕生へと結実した。1991年、浦和レッズはJリーグ参加10団体(オリジナル10)の一つに選出された。

1990年代

1992年 - 1994年

浦和駒場スタジアム(メインスタンド)

1995年 - 1998年

ギド・ブッフバルト。レッズOBで後にレッズの監督も務めた。

1999年

2000年代

2000年

2001年

レッズのメインホームスタジアム・埼玉スタジアム2002

2002年

2003年

チームスローガン:GO ON SAILING

2004年

チー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/12/11 04:35

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「浦和レッドダイヤモンズ」の意味を投稿しよう
「浦和レッドダイヤモンズ」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

浦和レッドダイヤモンズスレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「浦和レッドダイヤモンズ」のスレッドを作成する
浦和レッドダイヤモンズの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail