このキーワード
友達に教える
URLをコピー

消費者保護基本法とは?

(消費者保護基本法から転送)
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
【消費者基本法】


日本の法令
法令番号
昭和43年5月30日法律第78号
【種類】
消費者法
【効力】
現行法
【所管】
消費者庁
【主な内容】
消費者の権利尊重及び自立支援など
【条文リンク】
e-Gov法令検索

消費者基本法(しょうひしゃきほんほう、昭和43年5月30日法律第78号)は、消費者事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力等の格差にかんがみ、消費者の利益の擁護及び増進に関し、消費者の権利の尊重及びその自立の支援その他の基本理念を定め、国、地方公共団体及び事業者の責務等を明らかにするとともに、その施策の基本となる事項を定めることにより、消費者の利益の擁護及び増進に関する総合的な施策の推進を図り、もって国民の消費生活の安定及び向上を確保することを目的とする日本法律(第1条)。所管官庁は、消費者庁である。

概説

高度経済成長下において顕在化した消費者問題に対応するため、1968年(昭和43年)に消費者を保護するための「消費者保護基本法」が制定された。

その後の社会状況の変化(規制緩和、高度情報通信社会)等にも対応するため、2004年(平成16年)に、消費者がより自立するための支援をする目的に改正され「消費者基本法」となった。消費者の権利、事業主の責務、行政機関の責務等を規定している。

構成

関連法令

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/04/10 11:15

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「消費者保護基本法」の意味を投稿しよう
「消費者保護基本法」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

消費者保護基本法スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「消費者保護基本法」のスレッドを作成する
消費者保護基本法の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail