このキーワード
友達に教える
URLをコピー

淫行条例とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年12月)
 | この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

淫行条例(いんこうじょうれい)は、日本地方自治体の定める青少年保護育成条例の中にある、青少年(既婚者を除く18歳未満の男女)との「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」「みだらな性交」また「前項の行為(=「淫行」など)を教え・見せる行為」などを規制する条文(淫行処罰規定)の通称である(正式な名称ではない)。

目次

  • 1 性質
  • 2 概説
  • 3 児童福祉法34条1項6号「児童に淫行を“させる”行為」禁止規定や少年法との関連
  • 4 事例
  • 5 制定の経緯・歴史
  • 6 反対意見
  • 7 諸外国との比較
  • 8 関連する判例
  • 9 各都道府県の淫行処罰規定
  • 10 脚注
  • 11 関連書籍
  • 12 関連項目
  • 13 外部リンク

性質

「淫行」の処罰を条例に委任する法令の規定がないため、自主条例の位置づけとなる。また、法令は淫行条例制定の主体を都道府県に限定していないため、都道府県条例が存在しない場合、それに代わって市町村が淫行条例を制定することも可能である。

概説

最高裁判所判例によると、淫行条例により規制される「淫行」とは以下のことである。

…本条例(福岡県青少年保護育成条例)一〇条一項(当時)の規定にいう『「淫行」とは、広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきでなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為』をいうものと解するのが相当である。

ただし、右の「淫行」を広く青少年に対する性行為一般を指すものと解するときは、「淫らな」性行為を指す「淫行」の用語自体の意義に添わないばかりでなく、例えば婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある青少年との間で行われる性行為等、社会通念上およそ処罰の対象として考え難いものを含むこととなつて、その解釈は広きに失することが明らかであり、また、前記「淫行」を目にして単に反倫理的あるいは不純な性行為と解するのでは、犯罪の構成要件として不明確であるとの批判を免れないのであつて、前記の規定の文理から合理的に導き出され得る解釈の範囲内で、前叙のように限定して解するのを相当とする。… — 1985年(昭和60年)10月23日、最高裁大法廷


ただし当事者双方が「『真摯な交際関係』の上で性行為があった」と考えていても、「淫行」に当たると判断され逮捕されるケースもある。このような場合、青少年の親権者が告発し、それに基づき逮捕されるケースが多い。

2016年3月31日時点の警視庁ホームページでは「淫行」処罰規定に以下の除外条件が記載されている。

「なお、婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれます。」


違反行為について親告罪としている淫行条例は2006年現在存在しない。2005年の時点では、兵庫県青少年愛護条例のみがこれを親告罪としていた。

また淫行条例の多くは「淫行の行為者が青少年であった場合には罰則を適用しない」としているが、これは「罰則が適用されない」だけであり、青少年同士の「淫行」でも条例違反(違法)と見なされることに変わりはなく、補導などの対象になる。例えば東京都青少年の健全な育成に関する条例30条では、「この条例に違反した者が青少年であるときは、この条例の罰則は、当該青少年の違反行為については、これを適用しない」と、違反だが罰しないと明言している。違反対象ではないとはしていない。 多くの自治体で、最高刑を地方自治法14条の許す限度の上限である懲役2年に定めている。

児童福祉法34条1項6号「児童に淫行を“させる”行為」禁止規定や少年法との関連

淫行条例と、児童福祉法第34条1項6号「何人も、次に掲げる行為をしてはならない。…児童に淫行をさせる行為」との規定との線引きが曖昧になっており、「児童に淫行をさせる行為」は「児童をして自分自身と淫行させる行為」つまり「児童と淫行する行為」を含むことがある。なお、児童福祉法に言う児童も青少年と同じ18歳未満の男女を意味する。

東京高等裁判所の判例によると児童福祉法による淫行させる行為とは以下のことである。

…「児童に淫行をさせる行為」は、文理上は、淫行をさせる行為をした者(以下「行為者」という。)が児童をして行為者以外の第三者と淫行をさせる行為と行為者が児童をして行為者自身と淫行をさせる行為の両者を含むと読むことができる。…
…児童福祉法34条1項6号にいう淫行を「させる行為」とは、児童に淫行を強制する行為のみならず、児童に対し、直接であると間接であると物的であると精神的であるとを問わず、事実上の影響力を及ぼして児童が淫行することに原因を与えあるいはこれを助長する行為をも包含するものと解される。…

淫行をする行為に包摂される程度を超え、児童に対し、事実上の影響力を及ぼして淫行をするように働きかけ、その結果児童をして淫行をするに至らせることが必要であるものと解される。…」 — 1996年(平成8年)10月30日東京高裁

つまりその自治体の淫行条例が限定的である場合、その自治体の淫行条例では検挙されない行為もこの規定で検挙されることがある。

この規定は後述する「長野県児童福祉法違反事件」で判例の解釈が大幅に変わって上記のように解されることが多くなった。それ以前は、「自分以外の第三者と児童を淫行をさせる行為」のみが基本的に対象であった。

また、児童福祉法の淫行罪は、少年法第37条の削除により地方裁判所の管轄となったが、加害者が少年(20歳未満)であった場合は家庭裁判所に係属することで定着している。また、条例違反か児童福祉法違反かを問わず、児童淫行の加害少年(20歳未満)に関しては、少年法第61条の規定により実名報道は制限される。

事例

 | 
この節の加筆が望まれています。

福岡県青少年健全育成条例(旧称:福岡県青少年保護育成条例)
(いん行又はわいせつな行為の禁止)
第三十一条 何人も、青少年に対し、いん行又はわいせつな行為をしてはならない。
2 何人も、青少年に対し、前項の行為を教え、又は見せてはならない。
東京都青少年の健全な育成に関する条例
(青少年に対する反倫理的な性交等の禁止)
第十八条の六 何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。
なお警視庁は、東京都条例にいう「みだらな性交又は性交類似行為」について上述の福岡県事件の最高裁判例を参考にしたと思われる限定を行い、「青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいい、婚約中の青少年又はこれに準ずる真摯な交際関係にある場合は除かれる」としているが、不明確であるという批判もある。


「現在の条例では、淫行の適用を、憲法違反だとして排除できません。市民が望んだとして作られた条例ですので、もし変えるとしたら議会などで議論していくしかないでしょう」との見解を示している。つまり、真剣交際していれば条例対象外だが、交際相手のいる18歳未満と性的行為をしていた場合は条例が適用されると示している。

制定の経緯・歴史

反対意見

福岡県青少年保護育成条例違反被告事件の最高裁判決においては、3名の裁判官(伊藤正己判事・谷口正孝判事・島谷六郎判事)が「福岡県の淫行処罰規定は違憲であり、被告人は無罪である」という趣旨の反対意見(少数意見)を述べている。

たとえば谷口正孝判事(当時)は、「青少年の中でもたとえば16歳以上である年長者(民法で女子は16歳以上で婚姻が認められている)について両者の自由意思に基づく性的行為の一切を罰則を以て禁止することは、公権力を以てこれらの者の性的自由に対し不当な干渉を加えるものであって、とうてい適正な規定とはいえない」としている。また女子の場合、婚姻可能年齢との矛盾も抱えている。

学説上は、個人のプライバシーを侵害しかねず恣意的に解釈される、罪刑法定主義に反するなどの批判的な意見や、政府・国会が立法を懈怠して、その責任を地方自治体に丸投げし、条例制定権に委ねた結果、法定刑や構成要件に不均衡が生じていることや、地方自治法第14条第2項の罰則が限定的であり、厳罰化に対応できない点などの制度的欠陥から、国(政府)による法規制を求める意見もある。


なお、日本弁護士連合会は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律案」及び「刑法の一部を改定する法律案に対する意見書」(1998年5月1日)において、「親・教師などによる対償を伴わない性的虐待」を処罰するための法整備をすみやかに行い、淫行処罰規定は全面的に廃止する必要があるとしている。

青少年健全育成条例の規定をそのまま解釈すると、青少年については「淫行」を行っても処罰されない条例となってしまう。
「淫行」の定義については最高裁で以下の定義がなされている。(1985/10/23 最高裁判所 判例)
「青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、
青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為」
そのため、青少年が上記のような手段で「わいせつ」または、「みだらな」行為を行っても処罰除外対象となる。2006年3月24日に18歳未満の少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれのある性行為を補導の対象とする、「奈良県少年補導に関する条例(平成18年奈良県条例57号)」が奈良県議会で自民・公明などの賛成多数で可決・成立した。本条例には、性的自由を著しく制限するものであるの意見もあり、日本弁護士連合会にも反対の立場をとっている。

諸外国との比較

マサチューセッツ州では16歳未満との性行為を制限するものが存在する。もちろん、性行為に関する年齢制限すなわち性交同意年齢(=性的同意年齢=合意年齢=承諾年齢)は存在する。 この性交同意年齢が、性行為に関する実質的理解が可能か否かを基準の中心にして設定されているのに対し、淫行条例の多くは性行為に関する実質的理解ができても「みだらな」ものは違法であるという基準に基づいて設置されていると考えられる。この条例に違反した者が16歳未満だった場合は対象か、または違反した者が16歳以上だった場合に処罰されているかは定かではない。

これらは全て国家法(政府による法規制)であり、条例という形で地方自治体に立法責任を押し付けていない点で、日本と異なる。

関連する判例

各都道府県の淫行処罰規定

 | 
この節は更新が必要とされています。
この節には古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。反映後、このタグは除去してください。(2012年11月)

各条例の名称や制定年月日は青少年保護育成条例参照。

各都道府県の淫行処罰規定
【都道府県】
【児童淫行に対する罰則】
児童に淫行を教示し、
またはそれを見せることに対する罰則
01/北海道 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
02/青森県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
03/岩手県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
04/宮城県 | 2年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
05/秋田県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 20万円以下の罰金
06/山形県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
07/福島県 | 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
08/茨城県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金または科料
09/栃木県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 同左
10/群馬県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 同左
11/埼玉県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
12/千葉県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 規定なし
13/東京都 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 規定なし
14/神奈川県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
15/新潟県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
16/富山県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
17/石川県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
18/福井県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
19/山梨県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 50万円以下の罰金
20/長野県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 規定あり・罰則なし
21/岐阜県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 同左
22/静岡県 | 2年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
23/愛知県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
24/三重県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 10万円以下の罰金または科料
25/滋賀県 | 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金 | 同左
26/京都府 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 同左
27/大阪府 | 6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金 | 規定なし
28/兵庫県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金または科料
29/奈良県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
30/和歌山県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
31/鳥取県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 20万円以下の罰金
32/島根県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
33/岡山県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
34/広島県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 50万円以下の罰金
35/山口県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 規定あり・罰則なし
36/徳島県 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 30万円以下の罰金
37/香川県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 同左
38/愛媛県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 同左
39/高知県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
40/福岡県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
41/佐賀県 | 2年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または30万円以下の罰金
42/長崎県 | 2年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 同左
43/熊本県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
44/大分県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
45/宮崎県 | 2年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または30万円以下の罰金
46/鹿児島県 | 2年以下の懲役または100万円以下の罰金 | 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
47/沖縄県 | 2年以下の懲役または50万円以下の罰金 | 同左

脚注

  1. ^ 札幌家裁 昭和39年8月4日、神戸家裁 昭和53年5月26日
  2. ^ 警視庁 (2016年3月31日). “「淫行」処罰規定”. 2016年7月18日閲覧。
  3. ^ 「無理強いなく、金も払わず」でなぜ 大学生の淫行逮捕に疑問相次ぐ” (日本語). ライブドアニュース. 2019年4月26日閲覧。
  4. ^ 守山正・後藤弘子『ビギナーズ少年法 第2版』成文堂 2008年
  5. ^ 児童買春・ポルノ等禁止法日弁連意見書-エクパットジャパン関西のホームページ
  6. ^ 読売新聞 2010年2月6日
  7. ^ 産経新聞 2011年4月15日
  8. ^ 日刊スポーツ 2012年3月30日

関連書籍

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/21 22:01

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「淫行条例」の意味を投稿しよう
「淫行条例」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

淫行条例スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「淫行条例」のスレッドを作成する
淫行条例の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail