このキーワード
友達に教える
URLをコピー

深海_(アルバム)とは?

【『深海』】

Mr.Childrenスタジオ・アルバム
【リリース】

【録音】
WATERFRONTED STUDIOS
TOKYUFUN
HITOKUCHIZAKA STUDIOS
TOKYO HILTON HOTEL
ジャンル
ロック
プログレッシブ・ロック
【時間】

レーベル
トイズファクトリー
プロデュース
小林武史
【チャート最高順位】


ゴールドディスク

  • 3ミリオン(日本レコード協会)

  • Mr.Children アルバム 年表
    LAND IN ASIA
    (1996年) | 深海
    (1996年) | BOLERO
    (1997年)


    『深海』収録のシングル
    1. 名もなき詩
      リリース: 1996年2月5日
    2. 花 -Mémento-Mori-
      リリース: 1996年4月10日
    3. マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-
      リリース: 1996年8月8日

    深海』(しんかい)は、日本のロックバンドMr.Childrenの5枚目のオリジナルアルバムである。1996年6月24日トイズファクトリーより発売された。

    目次

    • 1 概要
    • 2 収録曲
    • 3 演奏
    • 4 脚注

    概要

    前作『Atomic Heart』から約1年10ヶ月ぶりのアルバムで、Mr.Children初のコンセプト・アルバム。制作はニューヨークのウォーター・フロント・スタジオで1995年12月下旬から96年4月上旬に行われた。アナログ・レコーディングにこだわり、全体的にバンドサウンドが前面に押し出されている。

    6thシングル「Tomorrow never knows」、7thシングル「everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-」、8thシングル「【es】 〜Theme of es〜」、9thシングル「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」は、本作のテーマにはそぐわないという理由で未収録となり、これらの曲は次作『BOLERO』に収録された。

    なお、本作の収録曲でミュージック・ビデオが製作されたのは「花 -Mémento-Mori-」の1曲のみである。

    累計売上は274.5万枚(オリコン調べ)で、前作より減少したが当時のアルバムチャートでは歴代1位の初週売り上げ153.6万枚を記録した。ちなみに発売の際、大量の初回ロットの不良(ケース中央の爪の破損)が発生した。

    発売前の雑誌には「青盤(『深海』)」と「赤盤(『BOLERO』)」による2枚組という情報も流れていた。桜井和寿は「『深海』は『BOLERO』の中の1曲として捉えている」と語っており、曲ごとにトラックで分けず全体で1トラックにすることも考えていた。そのため、全曲ほぼ曲間がなく、いくつかの曲はノンストップで繋いでいる。当初桜井はアルバムタイトルを『シーラカンス』にしようと考えその旨をメンバーに話したところ「深海?」と聞き返され、それが非常に強く印象に残ったため、最終的には『深海』というアルバムタイトルを採用した。

    アートディレクターは信藤三雄。ジャケットは、桜井がアンディー・ウォーホルの「電気椅子」のようなものを、とリクエストしたことによる。

    本作発売後にアルバムツアー『regress or progress '96-'97』とその追加公演『regress or progress '96-'97 tour FINAL』を開催。コンセプトは「OUT OF DEEP SEA (深海からの脱出)」で、中盤に本作をアレンジをほとんど加えずに曲順通り演奏するという演出が取られた。Mr.Childrenの他のライブツアーと比べると異質な雰囲気を漂わせており、その様子は映像作品『regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME』で観ることができる。

    後ろ向きな曲調・歌詞の楽曲が多く、「ROCKIN'ON JAPAN」 2009年1月号にて「不倫してんじゃんと突っ込まれる前にこのぐちゃぐちゃを吐き出してやろう」といった思いがあったことや、制作当時は自殺をほのめかす発言をしていたことを述べている。

    収録曲

    1. Dive [1:36]
      インストゥルメンタル。水へ飛び込むSEの後、チェロの演奏が入り、そのまま次曲に繋がる。
    2. シーラカンス [4:40]
      当時の桜井の心情が反映したような歌詞で、ベスト・アルバムのライナーノーツにてこのような歌詞はもう書かないだろうと語っている。
      本作発売の時のCMソングとして使用された楽曲。
    3. 手紙 [2:49]
      鈴木が「山口百恵に歌わせたい曲」とコメントしたことがある。
      中孝介が1stミニアルバム『なつかしゃのシマ』にてカバーしている。
    4. ありふれたLove Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜 [4:27]
      ある若い男女の恋愛の始まりから終わりまでを歌った曲。
    5. Mirror [2:58]
      後にベスト・アルバム『Mr.Children 1996-2000』にも収録された。
    6. Making Songs[1:07]
      インストゥルメンタル。数曲のデモ音源を断片的に繋いだトラック。最後に「名もなき詩」の弾き語りが収録され、次曲に繋がる。
    7. 名もなき詩 [5:28]
      10thシングル。
    8. So Let's Get Truth [1:48]
      アコースティック・ギターハーモニカによる弾き語りがメインだが、演奏前に足音やドアを閉める音が聞こえ、曲が終わると、サイレンの音と共に「臨時ニュース」へ移る。
    9. 臨時ニュース[0:15]
      インストゥルメンタル。国内外のニュースの音声などのテレビの音と、チャンネルを変える音で構成されているザッピングを模したトラックで、その中に「名もなき詩」のカップリング曲である「また会えるかな」が数秒のみ聴こえる。
      Mr.Childrenの全楽曲の中で最も収録時間が短い。
    10. マシンガンをぶっ放せ [4:26]
      後に12thシングル「マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-」としてシングルカットされた。
    11. ゆりかごのある丘から [8:52]
      演奏時間が8分52秒と本作最長の楽曲。
      アマチュア時代から存在する曲だが、スローテンポにアレンジされ和音がマイナーになっている。曲の冒頭と終盤にヘリコプターのプロペラのSEが入り、前後の楽曲と繋がっている。
    12. [4:17]
      Mr.Childrenでは数少ない一人称が「俺」の楽曲の一つ。
    13. 花 -Mémento-Mori- [4:42]
      11thシングル。
    14. 深海 [4:50]
      今作の表題曲。
      インストゥルメンタルの予定だったが、小林武史の発案で歌詞がつけられた。

    演奏

    脚注

    1. ^ 歌詞カードに記載されている時間は52分24秒
    2. ^ 問題作「深海」の発売も Mr.Childrenが経験した解散危機とは エキサイトニュース
    Mr.Children(カテゴリ)
    桜井和寿 - 田原健一 - 中川敬輔 - 鈴木英哉
    シングル | 
    CD | 
    1990年代 | 
    92年 | 
    1.君がいた夏 - 2.抱きしめたい

    93年 | 
    3.Replay - 4.CROSS ROAD

    94年 | 
    5.innocent world - 6.Tomorrow never knows - 7.everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-

    95年 | 
    8.【es】 〜Theme of es〜 - 9.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

    96年 | 
    10.名もなき詩 - 11.花 -Mémento-Mori- - 12.マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-

    97年 | 
    13.Everything (It's you)

    98年 | 
    14.ニシエヒガシエ - 15.終わりなき旅

    99年 | 
    16.光の射す方へ - 17.I'LL BE


    2000年代 | 
    00年 | 
    18.口笛 - 19.NOT FOUND

    01年 | 
    20.優しい歌 - 21.youthful days

    02年 | 
    22.君が好き - 23.Any - 24.HERO

    03年 | 
    25.掌/くるみ

    04年 | 
    26.Sign

    05年 | 
    27.四次元 Four Dimensions

    06年 | 
    28.箒星 - 29.しるし

    07年 | 
    30.フェイク - 31.旅立ちの唄

    08年 | 
    32.GIFT - 33.HANABI

    09年 | 
    -


    2010年代 | 
    10年 | 
    -

    11年 | 
    -

    12年 | 
    34.祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces

    13年 | 
    -

    14年 | 
    35.足音 〜Be Strong

    15年 | 
    -

    16年 | 
    -

    17年 | 
    36.ヒカリノアトリエ - 37.himawari


    コラボレーション | 
    奇跡の地球(桑田佳祐&Mr.Children)


    配信限定 | 
    花の匂い - fanfare - かぞえうた - hypnosis - REM - 放たれる - here comes my love


    アルバム | 
    CD | 
    オリジナル | 
    1.EVERYTHING - 2.Kind of Love - 3.Versus - 4.Atomic Heart - 5.深海 - 6.BOLERO - 7.DISCOVERY - 8.Q - 9.IT'S A WONDERFUL WORLD - 10.シフクノオト - 11.I U - 12.HOME -13.SUPERMARKET FANTASY - 14.SENSE - 15.[(an imitation) blood orange] - 16.REFLECTION - 17.重力と呼吸

    ベスト | 
    Mr.Children 1992-1995 - Mr.Children 1996-2000 - Mr.Children 2001-2005 - Mr.Children 2005-2010

    カップリング集 | 
    B-SIDE

    企画盤 | 
    LAND IN ASIA - 1/42


    配信限定 | 
    Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25 - Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25


    映像作品 | 
    ライヴ | 
    regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR '99 DISCOVERY - Mr.Children Concert Tour Q 2000-2001 - Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001 - wonederful world on DEC 21 - Mr.Children Tour 2004 シフクノオト - MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 - Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field- - Mr.Children Tour 2009 〜終末のコンフィデンスソングス〜 - Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME - Mr.Children TOUR 2011 "SENSE" - Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- - MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 - Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour - Mr.Children REFLECTION{Live&Film} - Mr.Children Stadium Tour 2015 未完 - Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25 - Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸

    ドキュメンタリー | 
    【es】 Mr.Children in FILM - regress or progress '96-'97 DOCUMENT - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

    ミュージック・ビデオ | 
    music clips ALIVE - Mr.Children MUSIC CLIPS 1992-2017 Thanksgiving 25


    映画 | 
    【es】 Mr.Children in FILM - Mr.Children / Split The Difference - Mr.Children REFLECTION

    書籍 | 
    【es】 Mr. Children in 370 DAYS - Mr.Children 詩集「優しい歌」

    関連項目 | 
    エンジン(烏龍舎) - トイズファクトリー - ロボット - ap bank - THE WALLS - Bank Band - Reborn-Art Session


    オリコン週間アルバムチャート第1位(1996年7月8日付)
    1月 | 

    2月 | 
  • 5日 ヘイ・マン(Mr.Big)
  • 12日 バンザイ(ウルフルズ)
  • 19日 BEAT out!(GLAY)
  • 26日 LOOKING BACK(小田和正)

  • 3月 | 
  • 4日 THE LIVE3(trf)
  • 11日・18日 King & Queen(布袋寅泰)
  • 25日 SINGLES COLLECTION+6(WANDS)

  • 4月 | 
  • 1日 大吟醸(中島みゆき)
  • 8日 globe(globe)
  • 15日 LOVE UNLIMITED∞(DREAMS COME TRUE)
  • 22日・29日 globe(globe)

  • 5月 | 
  • 6日 STYLE(LUNA SEA)
  • 13日・20日・27日 globe(globe)

  • 6月 | 
  • 3日 NEON GENESIS EVANGELION III(サウンドトラック)
  • 10日 FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜(黒夢)
  • 17日 LOVE BRACE(華原朋美)
  • 24日 Only Good Summer(TUBE)

  • 7月 | 
  • 1日 LOVE BRACE(華原朋美)
  • 8日 深海(Mr.Children)
  • 15日 Red(相川七瀬)
  • 22日 TODAY IS ANOTHER DAY(ZARD)
  • 29日 Young Love(サザンオールスターズ)

  • 8月 | 
  • 5日・12日 SWEET 19 BLUES(安室奈美恵)
  • 19日 SINCE 1995 〜 FOREVER(V6)
  • 26日 SMAP 009(SMAP)

  • 9月 | 
  • 2日・9日 SINGLES(T-BOLAN)
  • 16日 PSYENCE(hide)
  • 23日 by myself(hitomi)
  • 30日 MONTAGE(YEN TOWN BAND)

  • 10月 | 
  • 7日 MONTAGE(YEN TOWN BAND)
  • 14日 MISSING PIECE(氷室京介)
  • 21日 MTV UNPLUGGED LIVE(CHAGE&ASKA)
  • 28日 球体の奏でる音楽(小沢健二)

  • 11月 | 
  • 4日・11日 インディゴ地平線(スピッツ)
  • 18日 DAHLIA(X JAPAN)
  • 25日 青空の扉 〜THE DOOR FOR THE BLUE SKY〜(浜田省吾)

  • 12月 | 
  • 2日 BELOVED(GLAY)
  • 9日 FRIENDS II(B'z)
  • 16日 GREETING(V6)
  • 23日 MAXIMUM(MAX)
  • 30日 GOLDEN Q(シャ乱Q)



  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/09/10 06:43

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「深海_(アルバム)」の意味を投稿しよう
    「深海_(アルバム)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    深海_(アルバム)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「深海_(アルバム)」のスレッドを作成する
    深海_(アルバム)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail