このキーワード
友達に教える
URLをコピー

清とは?

大淸
ᡩᠠᡳ᠌ᠴᡳᠩ
ᡤᡠᡵᡠᠨ
 | 1616年 - 1912年 | 

(黄龍旗)
国歌: 鞏金甌

清の最大領域(1820年)。金色の部分は旧領で漢民族居住地である省と直隷、黄色の部分は旗地(つまり満洲)とモンゴル東トルキスタンチベット等の同君連合地域。以上は清国という国の全土。 オレンジ色の部分は冊封国、ピンク色の部分はネルチンスク条約で外交紛争のある地域、赤点線は中華人民共和国の今の領土だが、他国との係争地も含む。
公用語 満州語
モンゴル語
漢語
首都 盛京(ムクデン)(1616年-1644年)
北京(1644年-1912年)
皇帝
1616年 - 1626年 ヌルハチ
1908年 - 1912年 宣統帝
内閣総理大臣
1911年 - 1911年 慶親王奕
1911年 - 1912年 袁世凱
面積
【】
約1380万km²
人口
1776年
311,500,000人
1898年
319,720,000人
変遷
後金成立 1616年2月17日
【国号を清と改称】
1636年5月15日
【北京遷都】
1644年10月30日
辛亥革命
1911年10月10日
モンゴルが独立を宣言 1911年12月29日
【滅亡】
1912年2月12日

通貨
銀両
【現在】
中華人民共和国
中華民国
ロシア
モンゴル
カザフスタン
キルギス
先代
次代
後金
北元

南明

西
明鄭
ジュンガル | 香港政庁
マカオ政庁
大日本帝国領台湾
中華民国
モンゴル国
遜清皇室小朝廷
ロシア帝国
大日本帝国領遼東半島
ロシア帝国大連租借地
大日本帝国租借地関東州
チベット

(しん)は、清朝大清清国大清帝国清王朝ともいい、1616年満洲において建国され、1644年から1912年まで中国モンゴルを支配した最後の統一王朝である。首都は盛京(瀋陽)、後に北京に置かれた。満洲族愛新覚羅氏(アイシンギョロ氏)が建てた征服王朝で、満洲語ᡩᠠᡳ᠌ᠴᡳᠩ
ᡤᡠᡵᡠᠨ
(ラテン文字転写:daicing gurun、カタカナ転写:ダイチン・グルン、漢語訳:大清国)といい、中国語では大清(拼音: Dàqīng、カタカナ転写:ダァチン)と号した。

目次

  • 1 国号・読み方
  • 2 歴史
    • 2.1 清の勃興
    • 2.2 清の中国支配
    • 2.3 清の最盛期
    • 2.4 西欧列強の進出と内乱
    • 2.5 半植民地化・滅亡
  • 3 政治
    • 3.1 清の皇帝
      • 3.1.1 帝室の姓氏
      • 3.1.2 歴代皇帝
    • 3.2 官制
      • 3.2.1 満漢偶数官制
    • 3.3 兵制
  • 4 清の経済
    • 4.1 農業の発展と人口爆発
    • 4.2 税制
    • 4.3 商業
  • 5 文化
    • 5.1 思想
    • 5.2 中国文学
    • 5.3 美術
  • 6 国際関係
    • 6.1 前期
    • 6.2 後期
  • 7 清の后妃
  • 8 元号
  • 9 清朝を題材にした作品
    • 9.1 小説
    • 9.2 漫画
    • 9.3 映像
  • 10 脚注
  • 11 参考文献
    • 11.1 関連文献(近年刊行)
  • 12 関連項目
  • 13 外部リンク

国号・読み方

「清」と言う漢字で国号を選んだ理由:

  1. 漢民族女真族によって南方に追われたことがあったため、に「後金」という国号を警戒されることを恐れて、金と同音異字の「清」としたという説。
  2. 五行説にもとづくという説。明が「火徳」であることから、それにかわる「水徳」を表す「」と、『周礼』でを象徴する色とされる「青」を組み合わせ、中原進出の意味を込めたというもの。
  3. 「大清」という国号はモンゴル語「daicin」からの転写である。大+清という国名ではない。「daicin」という言葉は「戦士」を意味していたので、「大清国」は「戦士の国」とする説がある。

「しん」という発音が日本語の清王朝の読み方になった理由:

今の北京官話発音の「ちん」と異なることは長崎や明の遺民を通じて伝えられていたものの、そのことは知識人らの残した文書などに見られる程度である。ラテン文字転写としてウェード式では清を「Ch'ing」と綴る。1958年ピンイン制定後は「Qing」と綴る。清末に締結された条約の欧文では、直接に中国の意味の「China」という国号が用いられていることが多い。

歴史

中国の歴史

元謀藍田北京原人
神話伝説(三皇五帝)
黄河長江遼河文明


 | 西周
東周 | 春秋
戦国

 | 前漢

後漢
三国 |  |  | 
 | 西晋
東晋 | 十六国
南北朝 |  | 北魏

 | 西魏 | 東魏
 | 北周 | 北斉

 | 


五代十国
 | 北宋 |  | 西夏
南宋 | 

 | 北元
後金 | 


満洲 | 中華民国

中華人民共和国 | 中華民国
(台湾)
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国

清の勃興

17世紀初頭に冊封下で、満洲に住む女直(jušen、以下「女真族」)の統一を進めたヌルハチ(満州語: ᠨᡠᡵᡤᠠᠴᡳ転写: nurgaci、努爾哈赤、太祖)が、1616年に建国した後金(amaga aisin gurun)が清の前身である。この後金国の建国と前後して、ヌルハチは満洲文字(無圏点文字)を制定し、八旗制を創始するなど、女真人が発展するための基礎を築いていた。1619年、ヌルハチがサルフの戦いで明軍を破ると、後金国の勢力圏は遼河の東方全域に及ぶに至った。その子のホンタイジ(hong taiji、皇太極、太宗)は山海関以北の明の領土と南モンゴルを征服し、1636年に女真族、モンゴル人漢人の代表が瀋陽に集まり大会議を開き、そこでの末裔であるモンゴルリンダン・ハーンの遺子から元の玉璽「制誥之宝」(本来は大官任命の文書に押される印璽である上、後に作られた偽物である可能性が高い)と護法尊マハーカーラ像を譲られ、皇帝として即位するとともに、女真の民族名を満洲(manju)に改めた。

清の中国支配

順治帝のとき、中国では李自成の乱によって北京が攻略されて明が滅んだ。清は明の遺臣で山海関の守将であった呉三桂の要請に応じ、万里の長城を越えて李自成を破った。こうして1644年に清は首都を北京(満州語:beging、gemun hecen=京城)に遷し、中国支配を開始した(「清の入関」)。しかし、中国南部には明の残党勢力(南明)が興り、特に鄭成功台湾に拠って頑強な抵抗を繰り広げた。清は、初め摂政王ドルゴン(dorgon、ヌルハチの子)によって、のち成長した順治帝の親政によって、中国南部を平定し明の制度を取り入れて国制を整備した。

少数派の異民族である満洲族の支配を、中国文明圏で圧倒的大多数を占める漢民族が比較的容易に受け入れた背景には、清が武力によって明の皇室に取って代わったとの姿勢をとらず、明を滅ぼした李自成を逆賊として討伐したという大義名分を得たことがあげられる。自殺に追いやられた崇禎帝の陵墓を整備し、科挙などの明の制度を存続させるなど、あくまで明の衣鉢を継ぐ正当(正統)な中華帝国であることを前面に出していた事が考えられる。

清の最盛期

康熙帝の時代の領土拡張
18世紀の清

順治帝に続く、康熙帝雍正帝乾隆帝の3代に清は最盛期を迎えた。

康熙帝は、即位後に起こった三藩の乱を鎮圧し、鄭氏の降伏を受け入れて台湾を併合し福建省に編入、清の中国支配を最終的に確立させた。対外的にはロシアネルチンスク条約を結んで東北部の国境を確定させ、北モンゴルを服属させ、チベットを保護下に入れた。

また、この頃東トルキスタンを根拠地としてオイラト系のジュンガル(準噶爾)部が勃興していたが、康熙帝は北モンゴルに侵入したジュンガル部のガルダンを破った。のち乾隆帝はジュンガル部を滅ぼし、バルハシ湖にまでおよぶ東トルキスタンを支配下に置き、この地を新疆(ice jecen イチェ・ジェチェン)と名付けた(清・ジュンガル戦争)。

これによって黒竜江から新疆、チベットに及ぶ現代の中国の領土がほぼ確定した。

こうして、少数の満洲族が圧倒的に多い漢民族を始めとする多民族と広大な領土を支配することとなった清は、一人の君主が複数の政治的共同体を統治する同君連合となり、中華を支配した王朝の中でも特有の制度を築いた。省と呼ばれた旧明領は皇帝直轄領として明の制度が維持され、藩部と呼ばれた南北モンゴル・チベット・東トルキスタンではそれぞれモンゴル王侯、ダライ・ラマが長であるガンデンポタンベグといった土着の支配者が取り立てられて間接統治が敷かれ、理藩院に管轄された。満洲族は八旗に編成され、軍事力を担った。また、皇帝が行幸で直轄する地域を訪れる際には漢民族の支配者として、藩部の支配地域に行く際にはゲルに寝泊りを行いモンゴル服を着用するなど、ハーンとして振舞うことで関係を維持した。重要な官職には漢族と同数の満洲族が採用されてバランスを取った。雍正帝の時代には皇帝直属の最高諮問機関軍機処が置かれ、皇帝独裁の完成をみた。

清が繁栄を極めたこの時代には文化事業も盛んで、特に康熙帝の康熙字典、雍正帝の古今図書集成、乾隆帝の四庫全書の編纂は名高い。一方で満洲族の髪型である辮髪を漢民族にも強制し(ただしモンゴルは元々辮髪の風習を持ち、新疆では逆に禁止している)、文字の獄や禁書の制定を繰り返して異民族支配に反抗する人々を徹底的に弾圧する一方、科挙の存続等の様々な懐柔政策を行っている。

しかし、乾隆帝の60年に及ぶ治世が終わりに近づくと、乾隆帝の奢侈と十度に及ぶ大遠征の結果残された財政赤字が拡大し、官僚の腐敗も進んで清の繁栄にも陰りが見え始めた。乾隆帝、嘉慶帝の二帝に仕えた軍機大臣のヘシェン(hešen、和珅)は、清朝で最も堕落した官僚の一人で、ヘシェンによる厳しい取り立てに住民が蜂起した白蓮教徒の乱が起こったが、乾隆帝の崩御後、親政を行おうとする嘉慶帝により自殺に追い込まれた。このとき鎮圧に動員された郷勇と呼ばれる義勇兵と団練と呼ばれる自衛武装集団が、太平天国の乱湘軍に組織化されて曽国藩李鴻章左宗棠のもとで軍閥化していくと共に、不満を持つ将兵は哥老会などに流れて三合会などと辛亥革命を支える組織になっていった。

西欧列強の進出と内乱

19世紀の中国は、清の支配が衰え、繁栄が翳った時代である。清朝は、大規模な社会動乱、経済停滞、食糧の供給を逼迫させる人口の爆発的増加などに苦しんでいた。これらの理由に関しては様々な説明がなされるが、基本的な見解は、清は、この世紀の間ずっと、従来の官僚組織、経済システムでは対処しきれない人口問題と自然災害に直面したということである。

 |  |  |  |  |  |  |  | 
満州の歴史
箕子朝鮮 | 東胡 | 濊貊
沃沮 | 粛慎
 | 遼西郡 | 遼東郡 | 
 | 遼西郡 | 遼東郡
前漢 | 遼西郡 | 遼東郡 | 衛氏朝鮮 | 匈奴
漢四郡 |  | 夫余
後漢 | 遼西郡 | 烏桓 | 鮮卑 | 挹婁
遼東郡 | 高句麗
玄菟郡 |  | 
 | 昌黎郡 | 公孫度
遼東郡
玄菟郡
西晋 | 平州 | 
慕容部 | 宇文部
前燕 | 平州
前秦 | 平州
後燕 | 平州
北燕
北魏 | 営州 | 契丹 | 庫莫奚 | 室韋 |  | 
東魏 | 営州 | 勿吉
北斉 | 営州
北周 | 営州
 | 柳城郡 | 靺鞨
燕郡
遼西郡
 | 営州 | 松漠都督府 | 饒楽都督府 | 室韋都督府 | 安東都護府 | 渤海国 | 黒水都督府
五代十国 | 営州 | 契丹 | 渤海国
 | 上京道 |  | 東丹 | 女真
中京道 | 定安
東京道 | 
 | 東京路
上京路
東遼 |  | 大真国
 | 遼陽行省
 | 遼東都司 | 奴児干都指揮使司
建州女真 | 海西女真 | 野人女真
 | 満州


東三省 | ロマノフ朝
中華民国
(東三省) | ソ連
(極東)
満州国
中華人民共和国
(中国東北部) | ロシア連邦
(極東連邦管区/極東ロシア)
中国朝鮮関係史
Portal:中国

19世紀の中国にとっての主要な問題の一つはどのようにして外国と付き合うかということであった。伝統的に、中国は東アジアにおいて覇権を握っており、中華思想に基づいて、歴代王朝の皇帝が『天下』を支配し、冊封体制の下で東アジアの国際秩序を維持するものと考えていた。しかし、18世紀後半になると、西欧諸国が産業革命と海運業によりアジアに進出していった。イギリス商人は18世紀末に西欧の対中国貿易競争に勝ち残って、中国の開港地広州貿易を推進した。また、アメリカも独立戦争後の1784年にアメリカの商船エンプレス・オブ・チャイナ号広州で米清貿易を開始した。米清貿易により清は金属オタネニンジン毛皮を、米国は綿漆器陶磁器家具を得た。

1793年、イギリスは広州一港に限られていた貿易の拡大を交渉するため、ジョージ3世が乾隆帝80歳を祝う使節団としてジョージ・マカートニーを派遣した。使節団は工業製品や芸術品を皇帝に献上したが、商品価値を持つイギリスの製品は無く、ジョージ3世は自由に皇帝に敬意を表してよいという返答を得たのみであった。こうして対中輸出拡大を望むイギリスの試みは失敗に終わった。

この清の対応の結果、イギリスと清の貿易では、清の商人はでの支払いのみを認めることとなった。当時のイギリスは、茶、陶磁器、絹を清から大量に輸入していたが、中国に輸出する商品を欠いており、毎年大幅な貿易赤字となっていた。これに対し、イギリスはアメリカ独立戦争の戦費調達や産業革命の資本蓄積のため、銀の国外流出を抑制する必要があり、インドの植民地で栽培した麻薬アヘンを中国に輸出することで三角貿易を成立させた。清は1796年にアヘンの輸入を禁止したが、アヘン密貿易は年々拡大し、中国社会でのアヘンの蔓延は清朝政府にとって無視できないほどになった。また、17世紀以降の国内の人口の爆発的増加に伴い、民度が低下し、自暴自棄の下層民が増加したこともアヘンの蔓延を助長させた。このため、1839年林則徐欽差大臣に任命してアヘン密貿易の取り締まりを強化した。

林則徐は広州でイギリス商人からアヘンを没収して処分する施策を執ったが、アヘン密輸によって莫大な利益を得ていたイギリスは、この機会に武力でアヘン密輸の維持と沿岸都市での治外法権獲得を策して、翌1840年清国沿岸に侵攻しアヘン戦争を始めた。強力な近代兵器を持つイギリス軍に対し、林則徐ら阿片厳禁派とムジャンガら阿片弛緩論派との間で国論が二分されて十分な戦力を整えられなかった清軍が敗北し、1842年イギリスと不平等な南京条約(およびそれに付随する虎門寨追加条約、五口通商章程)を締結した。主な内容は、香港島の割譲や上海ら5港の開港、領事裁判権の承認、関税自主権の喪失、清がイギリス以外の国と締結した条約の内容がイギリスに結んだ条約の内容よりも有利ならば、イギリスに対してもその内容を与えることとする片務的最恵国待遇の承認であった(その後、1844年フランス黄埔条約を、アメリカ望厦条約を締結した)。

天津条約の調印の様子

アヘンの対中密輸が伸び悩んだので、イギリスは1856年清の官憲が自称イギリス船アロー号の水夫を逮捕したのを口実として、1857年、第二次アヘン戦争(アロー戦争)を起こした。イギリスは、宣教師が逮捕に遭った事を口実として出兵したフランスと共に、広州・天津を制圧し、1858年にアヘンの輸入公認・公使の北京駐在・キリスト教布教の承認・内地河川の航行の承認・賠償、さらに「夷」字不使用などを認めさせる天津条約を締結した。条約の批准が拒否されると北京を占領し、批准のみならず天津ら11港の開港・イギリスに対する九龍半島南部の割譲を清に認めさせる北京条約を結んだ(1860年)。これによりアヘン以外の商品の中国市場流入も進んだが、アヘンを除けば貿易赤字が続いた。また、このときロシアにより、まずアイグン条約(1858年)で黒竜江将軍管轄区と吉林将軍管轄区のうちアムール川左岸を、さらに北京条約(1860年)で吉林将軍管轄区のうちウスリー川右岸を割譲させられ、ロシアはそこをアムール州沿海州として編入し、プリアムール総督府を設置した(外満洲)。これは現在の国境線を形作るものである。なお新疆についても1864年タルバガタイ条約が結ばれイシク・クルザイサン湖以西を失った。

同時期には、国内でも洪秀全率いるキリシタン集団・太平天国による太平天国の乱(1851年 - 1864年)、捻軍の反乱(1853年 - 1868年)、ムスリム(回族)によるパンゼーの乱(1856年 - 1873年)や 回民蜂起(1862年 - 1877年)、ミャオ族による咸同起義などが起こり、清朝の支配は危機に瀕した。穆彰阿の「穆党」の中から曽国藩が頭角を現し、李鴻章左宗棠湘軍を率いて鎮圧にあたった。1861年同治帝が即位すると穆彰阿は失脚し、皇母西太后による垂簾朝政下で曽国藩・李鴻章ら太平天国の鎮圧に活躍した「穆党」の漢人官僚が力を得て北洋艦隊などの軍閥を形成していった。また、政治・行政面では積弊を露呈していた清朝の旧体制を放置したまま、先ずは産業技術に於いて西欧の技術を導入する洋務運動を開始した。

半植民地化・滅亡

北西部の新疆(現・新疆ウイグル自治区)では、ヤクブ・ベクが清朝領内に自治権を持つ領主を蜂起させ新疆へ侵攻、同地を占領した(ヤクブ・ベクの乱)。ロシアも1871年、新疆に派兵し ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/11/06 14:39

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「清」の意味を投稿しよう
「清」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

清スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「清」のスレッドを作成する
の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail