このキーワード
友達に教える
URLをコピー

清水隆行とは?

 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2014年10月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2014年10月)

清水 隆行
U15野球日本代表 監督

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
東京都足立区
【生年月日】
(1973-10-23) 1973年10月23日(44歳)
【身長
体重】
183 cm
83 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
外野手
【プロ入り】
1995年 ドラフト3位
【初出場】
1996年4月6日
【最終出場】
2009年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴

  • 読売ジャイアンツ (2011 - 2015)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


清水 隆行(しみず たかゆき、1973年10月23日 - )は、東京都足立区出身の元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。

2009年から2012年までの登録名清水 崇行(読み同じ)。

目次

  • 1 略歴
    • 1.1 学生時代
    • 1.2 プロ入り後
    • 1.3 巨人時代
    • 1.4 西武時代
    • 1.5 引退後
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別守備成績
    • 3.3 タイトル
    • 3.4 表彰
    • 3.5 記録
    • 3.6 背番号
    • 3.7 登録名
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演番組
  • 5 出典
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

略歴

学生時代

浦和学院高等学校から東洋大学へ進学。高校では鷹野史寿とチームメイト、大学時代の同期生には、後に巨人で共にプレーすることになる川中基嗣がいる。東都大学リーグ通算78試合出場、253打数71安打、打率.281、6本塁打、46打点。ベストナイン4度受賞。4年時には福岡で開催されたユニバーシアード日本代表にも選ばれ銅メダル獲得。1995年度ドラフト会議にて読売ジャイアンツから3位指名を受けて入団。

プロ入り後

巨人時代

1996年、ルーキーながら安定した打率を叩き出し、主に6番・7番打者として外野手のレギュラーに定着。リーグ優勝にも貢献した。また、同期入団の仁志敏久も新人ながら内野手レギュラーの座を掴んでおり、新人選手二人がレギュラーに定着するという年になった。

1997年、前年は左翼手中堅手を兼任していたが、この年より松井秀喜の中堅手コンバートに伴い左翼に定着。1番打者としての起用も増え、初の規定打席到達且つ打率3割を記録した。

1998年、当時監督だった長嶋茂雄の「バントと併殺が少ない攻撃型の2番打者」という構想から2番打者としての起用がメインになる。1番仁志・2番清水という長らくチームを支える上位打線を形成し、2年連続で打率3割を記録。またこの年は高橋由伸が入団し、中堅手の松井とともに不動の外野布陣の一員となる。

1999年は打撃3部門全てで成績を下げ、打率.295で3割も逃した。

2000年も2番打者としてレギュラー出場し、当時NPB史上10人目となる規定打席到達且つ併殺打0という記録を達成。チーム3年ぶりのリーグ優勝と6年ぶりの日本一に貢献した。

2001年は規定打席不足に終わったが、打率.324と高打率を記録。なお長嶋監督がこの年限りで勇退した。

2002年、新監督の原辰徳の構想で1番打者として起用を明言され、シーズン200本安打を目標に掲げた。年間通して1番打者に定着、2年ぶりに規定打席に到達し、惜しくも200本安打には届かなかったものの最多安打のタイトルを獲得するなどキャリアハイの成績を残し、リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。

2003年3月28日中日ドラゴンズとの開幕戦で前年巨人相手にノーヒットノーランを達成した川上憲伸から先頭打者本塁打を放ち幸先のいいスタートを切ったが(巨人では1956年与那嶺要以来)、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井の穴を埋める中堅手の守備練習や開幕早々の肉離れなどの故障などが重なり打率.240、14本塁打の成績に終わり、規定打席にも到達しなかった。

2004年、監督就任した堀内恒夫の方針により再び2番打者としての出場になる。開幕前には同じ外野手の斉藤宜之の成長もあり一塁手の練習を提案されたものの、開幕するとシーズンのほとんどで2番・左翼手としてスタメン出場を果たした。2年振りの打率3割をマーク、自己最多の16本塁打を記録。

2005年、前年中堅手を守ったタフィ・ローズが左翼手として起用されることになり、また中堅手としてにゲーブ・キャプラーが入団。清水は再び一塁手の練習に本格的に取り組んだが、一塁手も清原和博で埋まっていた為、開幕スタメンを勝ち取れず、4月は控えに回される。しかし中堅手のキャプラーは打撃・守備共に精彩を欠き、4月後半にはキャプラーと左翼を併用され、5月には定位置に復帰している。5月の西武ライオンズ戦では先発の西口文也が9回2アウトまでノーヒットノーランの投球を見せたが、最後の打者として回ってきた清水がノーヒットノーランだけでなく完封試合も阻止するソロホームランを放つという試合もあった。その後も好調を維持し、終わってみれば正左翼手として2年連続で打率3割を記録した。

2006年、原辰徳が監督に復帰。前年より台頭した矢野謙次鈴木尚広、シーズン途中に移籍してきた木村拓也小関竜也などとの外野のポジション争いが熾烈を極めていたが、原は「清水・由伸は格が違う」と発言、左翼のスタメンを確約される。秋季キャンプ広岡達朗の指導で課題のスローイングの修正に取り組み、万全の体制でシーズンを開幕したかに思われた。6月3日の西武戦では左打者キラーの星野智樹からサヨナラ本塁打を放ち、翌日4日は初回に相手先発の西口から先頭打者ホームランを放ち、同点の9回にはサヨナラ犠飛を放ち、2試合連続でのサヨナラ打となった。しかし、その後は打撃が低迷し続け、打率2割近辺を上下するほどの打撃不振から抜け出せなくなってしまう。7月26日にはプロ入り11年目にして初めての二軍での調整試合を経験。再昇格後はセンターやライトでの出場も多くなる。打率.216、6本塁打という過去最低の打撃成績となり、大幅減俸を受け入れる。生え抜き野手最年長であった仁志の移籍により、当時の生え抜き野手最年長となった。この年規定打席に到達した外野手は1人もおらず、高橋由と清水は出場機会を確保したものの、矢野や鈴木の台頭によりこの年後半以降は不動のレギュラーを剥奪される。

2007年豊田清と一足早く自主トレに入り、鈴木や移籍してきた谷とともに「1番候補の一人」として春季キャンプを迎えた。だが怪我により開幕一軍からは外れ、前半戦は不調に苦しみ、一軍と二軍を往復。後半戦に入り徐々に調子を上げていき、スタメンでの出場機会も増えていった。特に9月以降は目覚しい活躍をみせ、少ない打席数ながらシーズン打率.339を挙げた。また、低めだった出塁率もこの年は4割を超えた。10月2日の対ヤクルト戦ではチームを5年ぶりのリーグ優勝を導く内野安打を放ち、中日とのクライマックスシリーズでも7番・センターでスタメン出場、左腕小笠原孝からヒットを放ちチャンスメイク。第2戦・第3戦は高橋由伸の腰痛による離脱で1番に入り、全3戦にスタメン出場した。

2008年オープン戦は再び感覚の狂いに苦しみ、また隠善智也の台頭などもあり2年続けての開幕二軍スタートとなった。二軍で結果を出したことや、一軍での故障者が続出したこともあり5月1日に一軍登録され、その日の対広島戦(東京ドーム)の6回裏に代打で登場。シーズン初打席でレフト前ヒットを放った。その後も主に代打要員として起用されるが、打率は1割台に低迷するなど不振から抜け出せず、後半戦は一軍出場がなかった。本塁打が0に終わったシーズンは入団後初めてであった。11月15日、自ら志願し、金銭トレードで埼玉西武ライオンズへ移籍。背番号は4

西武時代

2009年1月8日、登録名を清水 崇行に変更した。同年の4月3日の開幕戦千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)では7番指名打者で先発出場すると3打数3安打と起用に応えた。開幕から4試合連続でスタメン出場するなど序盤は好調で4月9日のオリックス・バファローズ戦(西武ドーム)での試合では3安打で再び猛打賞を記録した。しかし、次第に成績を落としていった。最終的に44試合の出場で1本塁打、打率.208と力を発揮できず、この年限りで現役を引退。なお引退試合は開催されていない。

引退後

2010年より日本テレビ(同年限りで引退した立浪和義赤星憲広とともに)・RFラジオ日本の野球解説者、スポーツ報知の野球評論家を1年間務める。2011年からは古巣・読売ジャイアンツ二軍打撃コーチを務める。2014年からは一軍打撃コーチを務める。2015年はチーム打率・安打数がリーグ最下位に低迷し、10月22日に退団することが決まった。 2016年より日本テレビの野球解説者、スポーツ報知の野球評論家に復帰。2017年からはラジオ日本の野球解説者に復帰の他、BS-TBSのパ・リーグ中継の解説者にも出演。

人物

2004年シーズンから、安打1本につき1万円を盲導犬育成のために募金していた。2006年は68安打だったが「キリが良いから」と100万円を寄付した。

巨人に入団した年に1996年のメークドラマを経験し、西武へ移籍する前年には2008年のメークレジェンドを経験。両方を経験した唯一の人物である。なお、1996年は広島、2008年は阪神に所属していた金本知憲は、敗者側として、双方を経験した唯一の人物である。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1996 | 巨人 | 107 | 307 | 287 | 37 | 84 | 14 | 4 | 11 | 139 | 38 | 9 | 5 | 1 | 0 | 13 | 1 | 6 | 41 | 2 | .293 | .337 | .484 | .821
1997 | 118 | 422 | 381 | 50 | 116 | 12 | 3 | 12 | 170 | 36 | 7 | 5 | 2 | 4 | 28 | 2 | 7 | 48 | 2 | .304 | .360 | .446 | .806
1998 | 129 | 535 | 492 | 79 | 148 | 17 | 2 | 13 | 208 | 52 | 16 | 6 | 9 | 4 | 22 | 1 | 8 | 64 | 9 | .301 | .338 | .423 | .761
1999 | 116 | 465 | 424 | 71 | 125 | 23 | 1 | 8 | 174 | 32 | 15 | 5 | 11 | 2 | 24 | 0 | 4 | 49 | 7 | .295 | .337 | .410 | .747
2000 | 115 | 431 | 388 | 65 | 105 | 25 | 1 | 11 | 165 | 46 | 11 | 10 | 18 | 2 | 21 | 0 | 2 | 52 | 0 | .271 | .310 | .425 | .735
2001 | 126 | 384 | 333 | 49 | 108 | 10 | 1 | 7 | 141 | 29 | 8 | 7 | 13 | 2 | 33 | 3 | 3 | 39 | 4 | .324 | .388 | .423 | .812
2002 | 139 | 646 | 609 | 92 | 191 | 26 | 5 | 14 | 269 | 58 | 12 | 6 | 2 | 3 | 31 | 6 | 1 | 69 | 3 | .314 | .346 | .442 | .788
2003 | 101 | 379 | 366 | 48 | 88 | 17 | 0 | 14 | 147 | 44 | 1 | 2 | 1 | 1 | 9 | 0 | 2 | 34 | 2 | .240 | .262 | .402 | .664
2004 | 135 | 607 | 578 | 86 | 178 | 39 | 0 | 16 | 265 | 60 | 4 | 2 | 1 | 1 | 22 | 0 | 5 | 65 | 9 | .308 | .338 | .458 | .797
2005 | 127 | 531 | 490 | 76 | 147 | 24 | 3 | 15 | 222 | 50 | 4 | 3 | 5 | 3 | 32 | 1 | 1 | 44 | 5 | .300 | .342 | .453 | .795
2006 | 121 | 343 | 315 | 36 | 68 | 9 | 0 | 6 | 95 | 20 | 3 | 3 | 1 | 1 | 25 | 4 | 1 | 34 | 5 | .216 | .275 | .302 | .576
2007 | 66 | 129 | 112 | 17 | 38 | 3 | 0 | 3 | 50 | 14 | 0 | 0 | 2 | 0 | 14 | 2 | 1 | 13 | 3 | .339 | .417 | .446 | .864
2008 | 41 | 51 | 42 | 3 | 6 | 0 | 0 | 0 | 6 | 2 | 0 | 0 | 1 | 1 | 7 | 1 | 0 | 10 | 1 | .143 | .260 | .143 | .403
2009 | 西武 | 44 | 134 | 125 | 9 | 26 | 4 | 1 | 1 | 35 | 7 | 0 | 1 | 0 | 0 | 8 | 0 | 1 | 19 | 1 | .208 | .261 | .280 | .541
通算:14年 1485 | 5364 | 4942 | 718 | 1428 | 223 | 21 | 131 | 2086 | 488 | 90 | 55 | 67 | 24 | 289 | 21 | 42 | 581 | 53 | .289 | .332 | .422 | .754

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
外野
【試

合】















1996 | 巨人 | 94 | 147 | 4 | 3 | 1 | .981
1997 | 109 | 166 | 6 | 2 | 1 | .989
1998 | 126 | 192 | 3 | 2 | 0 | .990
1999 | 111 | 199 | 3 | 1 | 1 | .995
2000 | 108 | 170 | 4 | 2 | 0 | .989
2001 | 116 | 159 | 5 | 1 | 1 | .994
2002 | 138 | 230 | 6 | 1 | 1 | .996
2003 | 88 | 129 | 4 | 2 | 1 | .985
2004 | 135 | 218 | 2 | 2 | 0 | .991
2005 | 110 | 170 | 4 | 1 | 0 | .994
2006 | 87 | 113 | 4 | 1 | 0 | .992
2007 | 43 | 35 | 0 | 0 | 0 | 1.000
2008 | 8 | 4 | 0 | 1 | 0 | .800
2009 | 西武 | 3 | 3 | 1 | 0 | 0 | 1.000
通算:14年 1276 | 1935 | 46 | 19 | 6 | .991

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

登録名

関連情報

出演番組

出典

  1. ^ http://sta-men.jp/1996giants.html
  2. ^ 【6月4日】2006年(平18) 清水隆行、珍記録は“自作自演”から始まった.Sponichi.Annex
  3. ^ 清水、立浪、赤星の3氏が日テレ解説者入り - スポーツニッポン(2010年1月27日 19:16配信、2015年12月5日閲覧)
  4. ^ 森脇浩司、清水崇行、小関竜也の3氏が二軍コーチに就任
  5. ^ 2015年度 セントラル・リーグチーム打撃成績
  6. ^ コーチ退団について
  7. ^ 2002年は中堅手・松井秀喜、右翼手・福留孝介に次ぐ3位

関連項目

外部リンク

業績
セントラル・リーグ最多安打
1990年代 | 

2000年代 | 
  • 2000 R.ローズ
  • 2001 石井琢朗
  • 2002 清水隆行
  • 2003 A.ラミレス
  • 2004 嶋重宣
  • 2005 青木宣親
  • 2006 青木宣親
  • 2007 A.ラミレス
  • 2008 内川聖一
  • 2009 A.ラミレス

  • 2010年代 | 
  • 2010 M.マートン
  • 2011 M.マートン
  • 2012 坂本勇人, 長野久義
  • 2013 M.マートン
  • 2014 山田哲人
  • 2015 川端慎吾
  • 2016 菊池涼介
  • 2017 丸佳浩, J.ロペス


  • セントラル・リーグ ベストナイン(外野手)
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 中利夫, 並木輝男, 森徹
  • 1961 江藤慎一, 近藤和彦, 森永勝治
  • 1962 近藤和彦, 並木輝男, 森永勝治
  • 1963 江藤慎一, 近藤和彦, 藤井栄治
  • 1964 江藤慎一, 近藤和彦, 重松省三
  • 1965 江藤慎一, 近藤和彦, 中暁生
  • 1966 江藤慎一, 中暁生, 山本一義
  • 1967 近藤和彦, 柴田勲, 中暁生
  • 1968 江藤慎一, D.ロバーツ, 山内一弘
  • 1969 高田繁, D.ロバーツ, 山本一義

  • 1970年代 | 
  • 1970 江尻亮, 高田繁, 中暁生
  • 1971 柴田勲, 高田繁, 水谷実雄
  • 1972 柴田勲, 高田繁, 若松勉
  • 1973 江尻亮, 柴田勲, 若松勉
  • 1974 G.マーチン, 末次利光, 若松勉
  • 1975 井上弘昭, 山本浩二, ロジャー
  • 1976 張本勲, 谷沢健一, 若松勉
  • 1977 張本勲, 山本浩二, 若松勉
  • 1978 C.マニエル, 山本浩二, 若松勉
  • 1979 M.ラインバック, 山本浩二, 若松勉

  • 1980年代 | 
  • 1980 杉浦亨, 山本浩二, 若松勉
  • 1981 J.ライトル, 田尾安志, 山本浩二
  • 1982 田尾安志, 長崎啓二, 山本浩二
  • 1983 田尾安志, 松本匡史, 山本浩二
  • 1984 山崎隆造, 山本浩二, 若松勉
  • 1985 杉浦享, 真弓明信, 山崎隆造
  • 1986 W.クロマティ, 山本浩二, 吉村禎章
  • 1987 W.クロマティ, C.ポンセ, 吉村禎章
  • 1988 C.ポンセ, J.パチョレック, 広沢克己
  • 1989 W.クロマティ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/10/06 13:51

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「清水隆行」の意味を投稿しよう
    「清水隆行」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    清水隆行スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「清水隆行」のスレッドを作成する
    清水隆行の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail