このキーワード
友達に教える
URLをコピー

渡辺典子とは?

 | 
この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります
出典検索: "渡辺典子"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2015年2月)

わたなべ のりこ
渡辺 典子
【本名】
渡辺典子
【生年月日】
(1965-07-22) 1965年7月22日(55歳)
【出生地】
日本福岡県北九州市
【出身地】
日本大分県大分市
【身長】
153cm
【血液型】
A型
【職業】
女優、歌手
【ジャンル】
映画テレビドラマ
【活動期間】
1982年 -
【公式サイト】
プロフィール
【主な作品】


受賞
日本アカデミー賞

第7回 新人俳優賞
積木くずし
【その他の賞】

角川映画大型新人女優募集 グランプリ
伊賀忍法帖
第8回 ヨコハマ映画祭 助演女優賞
彼のオートバイ、彼女の島

渡辺 典子(わたなべ のりこ、1965年7月22日 - )は、日本女優、歌手。福岡県北九州市出生、大分県大分市出身。

来歴

1965年7月22日福岡県北九州市八幡西区の病院にて誕生。2歳の時に建設省職員の父の転勤に伴い大野川中流域の大分県大分市に転居する。その後も9年間に三重町(現在の豊後大野市)など大野川流域を2回転居して大分市に戻る。

1981年、第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの九州地区代表に選ばれ、決勝まで進出し、河合奈保子の「スマイル・フォー・ミー」を歌ったが合格とはならず、審査員奨励賞を受賞。1982年3月、高校生だった渡辺は『週刊朝日』の表紙(撮影:篠山紀信)を飾る。

1982年4月、齋藤光正監督の映画『伊賀忍法帖』のヒロインオーディションを兼ねたポスト薬師丸ひろ子を決める「角川映画大型新人女優募集」で九州代表となり、応募総数57,480名から勝ち残った16名での本選(決勝)の中からグランプリを受賞し、芸能界デビュー。以後、薬師丸ひろ子と特別賞の原田知世と共に「角川三人娘」と呼ばれるようになり、1980年代の角川映画を担う存在となる。この時、通っていた大分高校から、日出女子学園高校へ編入。

1983年、齋藤監督の『積木くずし』にて当初はテレビドラマ版と同じ娘役として高部知子が演じることになっていたが、ニャンニャン事件によって降板したため、急遽代役として起用された。当時のアイドルにありがちな優等生のような振る舞いの演技から脱却し、赤裸々な演技によって急速に頭角を現し、第7回(1983年度)日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。

1984年には前年大ヒットした同名の角川映画を、高橋伴明監督によってドラマ化された『探偵物語』でテレビドラマ初主演を飾る。また、「花の色/少年ケニヤ」で歌手としてもデビュー。その後も同じ赤川次郎原作の映画「晴れ、ときどき殺人」に連続で主演、当映画主題歌の「晴れ、ときどき殺人」も担当し好印象を残す。

1987年大林宣彦監督『彼のオートバイ、彼女の島』でヨコハマ映画祭の助演女優賞を受賞。また、大林監督の「少年ケニヤ」、りんたろう監督の「カムイの剣」、「火の鳥・鳳凰編」など、角川アニメの主題歌を多数担当し、透明でのびやかな美声を高らかに披露。両A面シングルの「花の色/少年ケニヤ」でオリコンベスト10入りを果たしている。

1986年に映画『恋人たちの時刻』の主演が決定されていたが、きわどいヌードシーンがあるということで辞退。同じ頃、デビュー以来所属していた角川春樹事務所から独立し、角川映画を離れることになる。

その後は、読売テレビ京一輪』、NHK 大河ドラマ『翔ぶが如く』、TBS『とっても母娘』、中部日本放送のんちゃんのり弁』、テレビ東京『刑事追う!』などのテレビドラマや映画で膨大な数の作品に参加している。

略年譜

出演

太字は主演。

映画

テレビドラマ

2010Happy Mail