このキーワード
友達に教える
URLをコピー

渡辺周とは?

渡辺 周
わたなべ しゅう
2012年6月2日シンガポールにて

【生年月日】
(1961-12-11) 1961年12月11日(56歳)
【出生地】
静岡県沼津市
【出身校】
早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
【前職】
読売新聞社従業員
【現職】
副代表
安全保障調査会長
【所属政党】
(民社党→)
(無所属→)
(旧民主党→)
(民主党→)
(民進党→)
(希望の党(前原G)→)
国民民主党
【称号】
経済学士(早稲田大学・1987年)
【親族】
父・渡辺朗(元衆議院議員沼津市長)
【公式サイト】
わたなべ周 オフィシャルサイト
衆議院議員

【選挙区】
静岡6区
【当選回数】
8回
【在任期間】
1996年10月21日 - 現職
静岡県議会議員

【選挙区】
沼津市選挙区
【当選回数】
2回
【在任期間】
1991年 - 1996年

渡辺 周(わたなべ しゅう、1961年(昭和36年)12月11日 - )は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(8期)、国民民主党副代表・安全保障調査会長。

総務副大臣(鳩山由紀夫内閣菅内閣)、防衛副大臣(野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、民主党選挙対策委員長・国民運動委員長・幹事長代行静岡県議会議員(2期)等を歴任した。

目次

  • 1 来歴
  • 2 政策・主張
  • 3 発言
  • 4 家族・親族
  • 5 略歴
  • 6 人物
  • 7 所属団体・議員連盟
  • 8 脚注
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

来歴

静岡県沼津市生まれ。沼津第二小学校、沼津市立第一中学校、静岡県立沼津東高等学校早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。早大卒業後の1987年読売新聞社に入社するも、1990年11月、読売新聞社を退社。

1991年4月、静岡県議会議員選挙に民社党公認で出馬し、初当選。民社党解党後の1995年無所属で再選されるが、翌1996年に2期目の任期途中で辞職。旧民主党結党に参加し、第41回衆議院議員総選挙に同党公認で静岡6区から出馬し初当選。以後、静岡6区で連続7選。2009年9月に発足した鳩山由紀夫内閣総務副大臣に任命され、菅内閣まで務める。2010年9月の菅第1次改造内閣発足に伴い退任し、民主党選挙対策委員長に就任。2011年1月の党役員人事により選挙対策委員長を退任し、民主党国民運動委員長に就任。あわせて衆議院厚生労働委員会で筆頭理事を務める。

2011年民主党代表選挙では、前原誠司の推薦人に名を連ねるが、民主党代表には野田佳彦が選出された。同年9月、野田内閣防衛副大臣に就任。2012年1月の野田第1次改造内閣発足に際しては、前年に参議院問責決議が可決された防衛大臣一川保夫の後任に名前が挙がったが、後任には田中直紀が任命され、渡辺は防衛副大臣に留任した。2012年6月に発足した野田第2次改造内閣でも、初の民間人閣僚たる防衛大臣・森本敏の下、防衛副大臣に留任した。2012年10月、野田第3次改造内閣の発足に伴い、防衛副大臣を退任した。同年12月の第46回衆議院議員総選挙後、衆議院議院運営委員会野党側筆頭理事に就任。

2014年1月、民主党幹事長代行に起用され、同年9月に幹事長代行職が廃止されるまで務めた。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で出馬し、8選。総選挙後の特別国会では非議員(東京都知事)の小池百合子代表にかわり党の首班指名選挙の候補者となる(衆議院51票、参議院3票。指名されたのは両院ともに自民党総裁安倍晋三)。11月の希望の党共同代表選挙後の党役員人事では外交・安全保障調査会長に就任した。

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加、同党の副代表に就任した。

政策・主張

2012年9月2日静岡空港にて陸上自衛隊陸上幕僚長君塚栄治(手前中央)、静岡県知事川勝平太(手前右)らと「静岡県総合防災訓練」に参加
思想・信条
慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会の会長を務める。選出選挙区である静岡6区では、民主党に逆風が吹いた2005年2012年の総選挙でも、得票数で自由民主党の候補を上回るなど、安定した地盤を持っている。
憲法改正
憲法改正や、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成している。自身が所属する凌雲会会長の前原誠司が主宰する防衛研究会に参加した。
原子力発電所
2030年までに稼働する原子力発電所の全廃を目指す政府の方針に賛成し、停止中の原発の再稼働反対及び廃炉を主張している。
慰安婦問題
慰安婦に対する日本政府の謝罪を求めた米下院121号決議の全面撤回を求める7月13日付けのアメリカ合衆国大使館への抗議書(チャンネル桜主導)の賛同者に名を連ねた。
外国人参政権
永住外国人への地方選挙権付与に反対している。小沢一郎鳩山由紀夫菅直人岡田克也前原誠司ら、外国人参政権に賛成している党幹部、歴代党代表に対抗するため、民主党内の保守系議員約30名を集め、党内の保守派の重鎮である渡部恒三西岡武夫、中堅・若手の保守派の代表格である松原仁笠浩史松野頼久らと共に永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会を結成した。
選択的夫婦別姓

選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている。

静岡空港
静岡空港の建設に反対し、署名運動に名を連ねていた。
所属グループ
民進党内では凌雲会(前原グループ)に所属しており、前原がかつて次の内閣でネクスト安全保障大臣であった当時、渡辺が副大臣を務めた。なお前原の父親、渡辺の父親は共に鳥取県境港市の出身である。

発言

東日本大震災
2011年3月20日の『新報道2001』(フジテレビ系)において、東北地方太平洋沖地震福島第一原子力発電所放射線漏れ事故のデマによる風評被害に関連して「自衛隊が到着したときには医者が避難して重篤な患者だけが取り残されている怪しからん例があった」と発言。3月17日にそのような報道があったのは事実だが、翌日に自衛隊が到着したときには院長を含むスタッフが現地にいたとの訂正報道がなされている。
拉致問題

2017年3月末の救う会家族会の結成20周年の集会に参加して各地方自治体が毎年朝鮮学校に約3億円の補助金を与え続けていることは北朝鮮への誤ったメッセージを送っているとして、日本独自の北朝鮮への制裁を強化することが必要だと訴えた。

家族・親族

略歴

2012年6月2日、アジア安全保障会議にてアメリカ合衆国国防長官レオン・パネッタ(中央)、オーストラリア国防大臣ステファン・スミス(右)と

人物

所属団体・議員連盟

脚注

  1. ^ プロフィール
  2. ^ 江畑康二郎 (2015年8月9日). “義父・渡辺衆院議員、マインツ武藤にエール&結婚裏話「早く1点」”. スポーツ報知. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ “渡辺周氏、民主幹事長代行に 前原グループ”. 産経新聞. (2014年1月21日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140121/stt14012121170004-n1.htm 2014年3月2日閲覧。
  4. ^ “希望、共同代表は空席…首相指名は渡辺周氏に”. 読売新聞. (2017年10月27日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171027-OYT1T50076.html
  5. ^ “特別国会首相指名選挙 希望・渡辺氏に54票「実績評価、光栄」”. 伊豆新聞. (2017年11月2日). http://izu-np.co.jp/ito/news/20171102iz0000000021000c.html
  6. ^ “希望の党 幹事長に古川氏 新執行部が発足”. NHK. (2017年11月14日). オリジナル2017年11月14日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ZECjE
  7. ^ “政策立案要職に静岡県内議員起用 希望の党役員人事”. 静岡新聞. (2017年11月15日). http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/426825.html
  8. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月23日閲覧。
  9. ^ “民民主党設立大会 綱領・規約・人事等を決定”. 国民民主党. (2018年5月7日). https://www.dpfp.or.jp/2018/05/07/国民民主党設立大会%e3%80%80綱領・規約・人事等を決定/ 2018年5月24日閲覧。
  10. ^ “2012衆院選 静岡6区 渡辺周”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A22006001001 2014年4月7日閲覧。
  11. ^ “橋下氏にバッサリ切られた海江田氏 “野党第一党死守”も足元バラバラ”. 産経新聞. (2014年6月7日). http://sankei.jp.msn.com/politics/photos/140607/stt14060700550002-p1.htm 2014年6月10日閲覧。
  12. ^ “前原氏ら集団的自衛権を限定容認…海江田おろし”. 読売新聞. (2014年6月5日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00050031-yom-pol 2014年6月10日閲覧。
  13. ^ 抗議書賛同者一覧
  14. ^ 週刊文春 2010年1月21日号 「地方参政権問題」の背後に民主党と「民団」の蜜月関係
  15. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  16. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望
  17. ^ “「避難時に院長いた」=福島県が訂正発表”. 時事通信社. (2011年3月18日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031800030 2011年3月23日閲覧。
  18. ^ [1]「25日で結成20年 家族会と「救う会」などが都内で集会」,産経ニュース
  19. ^ 義父・渡辺衆院議員、マインツ武藤にエール&結婚裏話「早く1点」 - ウェイバックマシン(2015年8月9日アーカイブ分)スポーツ報知 (2015年8月9日)
  20. ^ 『境港市史(下巻)』(昭和61年、563頁)
  21. ^ 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  22. ^ 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

関連項目

外部リンク

議会
先代:
古川元久 |  衆議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2016年 - 2017年 | 次代:
鈴木克昌
公職
先代:
小川勝也 |  防衛副大臣
2011年 - 2012年 | 次代:
長島昭久
先代:
石崎岳
倉田雅年 |  総務副大臣
内藤正光と共同

2009年 - 2010年 | 次代:
鈴木克昌
平岡秀夫
党職
先代:
中川正春
羽田雄一郎
長妻昭
菊田真紀子 | 民主党幹事長代行
中川正春羽田雄一郎長妻昭菊田真紀子と共同

2014年 | 次代:
(廃止)
先代:
安住淳 | 民主党選挙対策委員長
第12代:2010年 - 2011年 | 次代:
石井一
衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長
出典:wikipedia
2018/07/23 07:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「渡辺周」の意味を投稿しよう
「渡辺周」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

渡辺周スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「渡辺周」のスレッドを作成する
渡辺周の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail