このキーワード
友達に教える
URLをコピー

渡辺秀武とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


渡辺 秀武(わたなべ ひでたけ、1941年9月16日 - 2007年8月25日)は、静岡県富士市出身の元プロ野球選手(投手)・スカウト。通称メリーちゃん」。

目次

  • 1 経歴
  • 2 ノーヒットノーランに関する記録
  • 3 プレースタイル
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別投手成績
    • 4.2 記録
    • 4.3 背番号
  • 5 著書
  • 6 参考文献
  • 7 脚注
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

経歴

富士高校を卒業後、本州製紙を経て日本軽金属に移籍。1963年第34回都市対抗野球大会河合楽器に補強され出場。大会では電電四国との1回戦で好リリーフを見せ、勝利投手となるなど活躍。チームの準決勝進出に貢献するが、積水化学に敗退した。この時のチームメートに一枝修平がいる。大会終了後に読売ジャイアンツへ入団。

最初の3年間はわずか3勝と低迷し、マウンド上での気の弱さも相まってメリーちゃんのあだ名で呼ばれた(当時の寮長であった武宮敏明が、バャリースオレンヂのテレビCMに出ていたチンパンジーの「メリーちゃん」を「渡辺に似ている」と言った事が始まり)。4年目の1966年のオープン戦中に、杉浦忠を真似てアンダースローで投げたところ、伸びのある直球が行く。これを見つけた投手コーチの藤田元司の勧めで下手投げに転向してから頭角を現し、同年に13勝、防御率2.34(リーグ8位)を挙げる。以降、堀内恒夫高橋一三と並んで、V9時代の巨人の主戦投手として活躍し、1972年までの7シーズンで6度の二桁勝利を記録した。この間の1970年には23勝(リーグ2位)とチームトップの勝ち星を挙げるとともに、5月18日の広島戦でノーヒットノーランを達成する。また、翌1971年8月4日には大洋相手に三者連続三球三振の記録を達成している。

1973年高橋善正との交換トレードで日拓ホームフライヤーズに移籍。同年チームトップの34試合に先発登板し11勝を挙げる。しかし、翌1974年に4勝に終わると以降成績は低迷する。この間、1976年坂井勝二との交換トレードで大洋ホエールズへ、1978年田中由郎との交換トレードで奥江英幸と共にロッテオリオンズへ移籍するなど、チームを転々とした。1978年には、以前在籍していた日本ハムに対して勝ち星を挙げれば、当時達成者のいなかった『全12球団からの勝利投手』になるとの話題があった。実際に日本ハム戦にも登板機会はあったものの達成できず、翌1979年望月卓也平田英之劔持節雄との交換トレードで、金田留広と共に広島に移籍したため、記録達成は不可能となった。

古葉竹識に熱心に誘われた広島では、抑えの江夏豊へつなぐ中継ぎ投手として、1979年・1980年日本シリーズ連覇に貢献した。

1982年に当時の通算与死球日本タイ記録保持者だった渡辺は、引退試合に与死球日本新記録を狙うことを決意、監督の古葉にその心中を打ち明けた。古葉は最初は戸惑ったが、渡辺の熱意と、決して怪我をさせるようなことはしないという言葉を信じて挑戦を許した。そして10月16日の対阪神タイガース戦で、1イニングの予定でマウンドに上がった渡辺は、わざと緩い球を内角に投げ続けたがことごとく避けられ、2アウトまで来たが、左バッターの吉竹春樹に対し得意のスライダーをインコースに投げて成功し、ベンチに戻ると古葉から祝福の言葉をかけられたという。成功した時は「殺人鬼のような記録だ」との声もあったが、自身は後に「狙わなかったらプロとして失格」と語っている。なお、記録は後に東尾修に塗り替えられている。

引退後は、23年間に亘って広島の東京駐在スカウトとして活動、川端順長冨浩志山内泰幸澤崎俊和新井貴浩栗原健太らを獲得した。1998年ドラフトで広島に入団した新井貴浩は、当時守備でエラーばかりしていたため、渡辺が「プロでは無理」と断った。ところが新井に「契約金はいらないから入団したい」と言われ、また当時監督に就任した達川晃豊らに「指名してやってくれ」と頼まれたことから、やむなく6位で指名した。新井は長く伸び悩んだが、のちに広島の4番となり、本塁打王(2005年)、打点王(2011年※阪神時代)を獲得し、通算2000安打を達成する強打者となった。2006年、スカウトを勇退。

2007年8月25日肺炎のため浜松市の病院で死去。65歳没。

ノーヒットノーランに関する記録

1970年 5月18日に対広島東洋カープ戦(後楽園)において達成している。スコアは2対0、四死球2、奪三振6という内容だった

二軍でも1968年にノーヒットノーランを達成しており、両方で達成したのは2012年シーズン終了現在、渡辺が唯一である。

1971年のオールスターゲームでも先発の江夏豊の9連続三振の後を受けて2番手で登板し、2イニングを二塁手の失策による出塁だけに抑えて無安打に抑え、この後、高橋一三水谷寿伸小谷正勝と繋いで全セは継投によるノーヒットノーランを達成している

プレースタイル

アンダースローからの重い速球を武器に、しばしば思い切りよく内角を攻めた。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1964 | 巨人 | 15 | 11 | 2 | 1 | 0 | 2 | 5 | -- | -- | .286 | 260 | 61.1 | 66 | 10 | 22 | 0 | 0 | 23 | 1 | 0 | 36 | 35 | 5.16 | 1.43
1965 | 5 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | -- | 1.000 | 41 | 10.1 | 10 | 1 | 1 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 2 | 2 | 1.80 | 1.06
1966 | 42 | 14 | 6 | 1 | 2 | 13 | 6 | -- | -- | .684 | 599 | 154.1 | 124 | 14 | 20 | 4 | 7 | 66 | 0 | 0 | 42 | 40 | 2.34 | 0.93
1967 | 34 | 18 | 10 | 1 | 1 | 13 | 6 | -- | -- | .684 | 656 | 159.1 | 153 | 11 | 30 | 4 | 12 | 72 | 3 | 1 | 54 | 45 | 2.55 | 1.15
1968 | 21 | 6 | 0 | 0 | 0 | 1 | 3 | -- | -- | .250 | 214 | 50.2 | 59 | 9 | 8 | 1 | 3 | 26 | 1 | 0 | 27 | 25 | 4.41 | 1.32
1969 | 30 | 16 | 6 | 1 | 1 | 10 | 8 | -- | -- | .556 | 541 | 134.1 | 123 | 17 | 26 | 3 | 6 | 87 | 1 | 1 | 56 | 50 | 3.36 | 1.11
1970 | 42 | 31 | 18 | 7 | 3 | 23 | 8 | -- | -- | .742 | 1011 | 260.1 | 200 | 20 | 39 | 9 | 14 | 183 | 3 | 0 | 75 | 73 | 2.53 | 0.92
1971 | 38 | 27 | 9 | 2 | 2 | 10 | 12 | -- | -- | .455 | 830 | 207.0 | 178 | 21 | 30 | 6 | 13 | 120 | 1 | 0 | 87 | 75 | 3.26 | 1.00
1972 | 39 | 23 | 9 | 1 | 3 | 10 | 11 | -- | -- | .476 | 806 | 196.1 | 179 | 16 | 37 | 1 | 13 | 106 | 3 | 1 | 74 | 69 | 3.17 | 1.10
1973 | 日拓
日本ハム
 | 43 | 34 | 10 | 3 | 4 | 11 | 14 | -- | -- | .440 | 890 | 214.0 | 220 | 25 | 39 | 1 | 12 | 85 | 1 | 4 | 98 | 86 | 3.62 | 1.21
1974 | 42 | 17 | 4 | 1 | 0 | 4 | 6 | 1 | -- | .400 | 551 | 130.2 | 138 | 15 | 28 | 2 | 9 | 66 | 1 | 3 | 61 | 57 | 3.92 | 1.27
1975 | 31 | 11 | 0 | 0 | 0 | 5 | 8 | 0 | -- | .385 | 452 | 100.0 | 118 | 9 | 25 | 2 | 17 | 27 | 3 | 0 | 57 | 49 | 4.41 | 1.43
1976 | 大洋 | 41 | 10 | 1 | 0 | 0 | 3 | 7 | 1 | -- | .300 | 435 | 102.1 | 107 | 14 | 27 | 4 | 8 | 40 | 0 | 0 | 54 | 50 | 4.41 | 1.31
1977 | 12 | 2 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | -- | 1.000 | 95 | 18.2 | 33 | 6 | 2 | 0 | 5 | 12 | 0 | 0 | 22 | 22 | 10.42 | 1.88
1978 | ロッテ | 36 | 3 | 1 | 0 | 1 | 5 | 3 | 2 | -- | .625 | 395 | 93.0 | 98 | 7 | 21 | 5 | 8 | 44 | 1 | 0 | 48 | 43 | 4.16 | 1.28
1979 | 広島 | 47 | 1 | 0 | 0 | 0 | 2 | 1 | 2 | -- | .667 | 295 | 73.0 | 66 | 3 | 18 | 3 | 2 | 35 | 3 | 0 | 19 | 18 | 2.22 | 1.15
1980 | 42 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | 2 | -- | .750 | 264 | 62.1 | 59 | 2 | 19 | 6 | 8 | 21 | 0 | 0 | 23 | 20 | 2.90 | 1.25
1981 | 43 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | -- | .500 | 218 | 53.1 | 44 | 5 | 12 | 6 | 5 | 22 | 1 | 0 | 20 | 17 | 2.89 | 1.05
1982 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 10 | 2.1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 0.43
通算:19年 606 | 225 | 76 | 18 | 17 | 118 | 100 | 8 | -- | .541 | 8563 | 2083.2 | 1976 | 205 | 404 | 57 | 144 | 1041 | 23 | 10 | 855 | 776 | 3.35 | 1.14

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

著書

参考文献

脚注

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 『引退 そのドラマ』45頁
  3. ^ “楽天松井裕樹が記録した3者連続3球三振を過去に達成しているのは?”. BBCrix. (2017年5月6日). https://bbcrix.com/articles/60669/original 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ 当時セパ交流戦はなかった。
  5. ^ 『引退 そのドラマ』42-44頁。
  6. ^ 野球小僧、2006年12号
  7. ^ 無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)NPB公式サイト
  8. ^ ベースボール・マガジン2012年11月号72ページ
  9. ^ 1971年度オールスター・ゲーム 試合結果(第1戦)NPB公式サイト
  10. ^ 『ジャイアンツ栄光の70年』60頁

関連項目

外部リンク

業績
日本プロ野球 ノーヒットノーラン投手
1930年代 | 

1940年代 | 
  • 亀田忠
  • 浅野勝三郎
  • 沢村栄治
  • 三輪八郎
  • 石田光彦
  • 亀田忠
  • 中尾輝三
  • 森弘太郎
  • 西沢道夫
  • 天保義夫
  • 藤本英雄
  • 別所昭
  • 石丸進一
  • 呉昌征
  • 梶岡忠義
  • 真田重男

  • 1950年代 | 
  • 金田正一
  • 林義一
  • 真田重蔵
  • 大友工
  • 山下登
  • 杉下茂
  • 大津守
  • 大脇照夫
  • 大矢根博臣

  • 1960年代 | 
  • 井上善夫
  • 中山義朗
  • G.バッキー
  • 外木場義郎
  • 清俊彦
  • 若生忠男
  • 堀内恒夫
  • 城之内邦雄
  • 鈴木啓示
  • 成田文男

  • 1970年代 | 
  • 渡辺秀武
  • 鬼頭洋
  • 藤本和宏
  • 鈴木啓示
  • 外木場義郎
  • 高橋直樹
  • 江夏豊
  • 神部年男
  • 加藤初
  • 戸田善紀

  • 1980年代 | 
  • 郭泰源
  • 田中幸雄
  • 近藤真一

  • 1990年代 | 
  • 柴田保光
  • 湯舟敏郎
  • 西崎幸広
  • 佐藤義則
  • T.ブロス
  • 渡辺久信
  • 野口茂樹
  • 石井一久
  • 川尻哲郎
  • 佐々岡真司

  • 2000年代 | 
  • M.バンチ
  • N.エルビラ
  • 川上憲伸
  • 井川慶
  • R.ガトームソン
  • 山本昌

  • 2010年代 | 
  • 前田健太
  • 杉内俊哉
  • 西勇輝
  • 山井大介
  • 岸孝之
  • 山口俊
  • 菅野智之

  • 脚注

    ノーヒットノーラン達成投手のみ記載。
    完全試合達成投手についてはTemplate:日本プロ野球完全試合達成者を参照。



    大洋ホエールズ開幕投手
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 幸田優
  • 1961 秋山登
  • 1962 島田源太郎
  • 1963 稲川誠
  • 1964 稲川誠
  • 1965 稲川誠
  • 1966 秋山登
  • 1967 森中千香良
  • 1968 森中千香良
  • 1969 平岡一郎

  • 1970年代 | 
  • 1970 平松政次
  • 1971 平松政次
  • 1972 山下律夫
  • 1973 平松政次
  • 1974 平松政次
  • 1975 平松政次
  • 1976 平松政次
  • 1977 渡辺秀武
  • 1978 平松政次
  • 1979 平松政次

  • 1980年代 | 
  • 1980 平松政次
  • 1981 斉藤明雄
  • 1982 斉藤明夫
  • 1983 遠藤一彦
  • 1984 遠藤一彦
  • 1985 遠藤一彦
  • 1986 遠藤一彦
  • 1987 遠藤一彦
  • 1988 欠端光則
  • 1989 斉藤明夫

  • 1990年代 | 
  • 1990 中山裕章
  • 1991 中山裕章
  • 1992 野村弘樹
  • 1993 有働克也
  • 1994 有働克也
  • 1995 野村弘樹
  • 1996 盛田幸希
  • 1997 盛田幸希
  • 1998 川村丈夫
  • 1999 三浦大輔

  • 2000年代 | 
  • 2000 川村丈夫
  • 2001 小宮山悟
  • 2002 三浦大輔
  • 2003 吉見祐治
  • 2004 三浦大輔
  • 2005 三浦大輔
  • 2006 三浦大輔
  • 2007 三浦大輔
  • 2008 寺原隼人
  • 2009 三浦大輔

  • 2010年代 | 
  • 2010 S.ランドルフ
  • 2011 山本省吾
  • 2012 高崎健太郎
  • 2013 藤井秀悟
  • 2014 三嶋一輝
  • 2015 久保康友
  • 2016 井納翔一
  • 2017 石田健大
  • 2018 石田健大
  • 2019 今永昇太


  • 日本ハムファイターズ開幕投手
    1940年代 | 

    1950年代 | 
  • 1950 白木義一郎
  • 1951 米川泰夫
  • 1952 寺川昭二
  • 1953 米川泰夫
  • 1954 米川泰夫
  • 1955 米川泰夫
  • 1956 牧野伸
  • 1957 米川泰夫
  • 1958 牧野伸
  • 1959 土橋正幸

  • 1960年代 | 
  • 1960 土橋正幸
  • 1961 久保田治
  • 1962 富永格郎
  • 1963 土橋正幸
  • 1964 久保田治
  • 1965 久保田治
  • 1966 尾崎行雄
  • 1967 森安敏明
  • 1968 森安敏明
  • 1969 高橋善正

  • 1970年代 | 
  • 1970 森安敏明
  • 1971 金田留広
  • 1972 藤原真
  • 1973 金田留広
  • 1974 渡辺秀武
  • 1975 高橋直樹
  • 1976 高橋直樹
  • 1977 高橋直樹
  • 1978 佐伯和司
  • 1979 高橋直樹

  • 1980年代 | 
  • 1980 高橋直樹
  • 1981 高橋一三
  • 1982 高橋一三
  • 1983 工藤幹夫
  • 1984 田中幸雄
  • 1985 津野浩
  • 1986 津野浩
  • 1987 津野浩
  • 1988 西崎幸広
  • 1989 西崎幸広

  • 1990年代 | 
  • 1990 西崎幸広
  • 1991 西崎幸広
  • 1992 柴田保光
  • 1993 西崎幸広
  • 1994 西崎幸広
  • 1995 西崎幸広
  • 1996 岩本勉
  • 1997 西崎幸広
  • 1998 岩本勉
  • 1999 岩本ツトム

  • 2000年代 | 
  • 2000 岩本ツトム
  • 2001 金村曉
  • 2002 岩本勉
  • 2003 C.ミラバル
  • 2004 金村曉
  • 2005 C.ミラバル
  • 2006 金村曉
  • 2007 ダルビッシュ有
  • 2008 ダルビッシュ有
  • 2009 ダルビッシュ有

  • 2010年代 | 
  • 2010 ダルビッシュ有
  • 2011 ダルビッシュ有
  • 2012 斎藤佑樹
  • 2013 武田勝
  • 2014 吉川光夫
  • 2015 大谷翔平
  • 2016 大谷翔平
  • 2017 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/06/13 12:25

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「渡辺秀武」の意味を投稿しよう
    「渡辺秀武」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    渡辺秀武スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「渡辺秀武」のスレッドを作成する
    渡辺秀武の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail