このキーワード
友達に教える
URLをコピー

渡邉博幸とは?

渡邉 博幸
中日コーチ時代
2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
神奈川県横浜市
【生年月日】
(1970-06-29) 1970年6月29日(48歳)
【身長
体重】
183 cm
87 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
内野手外野手
【プロ入り】
1995年 ドラフト4位
【初出場】
1996年9月28日
【最終出場】
2007年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴

  • 中日ドラゴンズ (2009 - 2018)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


渡邉 博幸(わたなべ ひろゆき、1970年6月29日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手(内野手外野手)。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 現役時代
    • 1.2 引退後
  • 2 人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 表彰
    • 3.3 記録
    • 3.4 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

現役時代

日大藤沢高から日本大学へ進学。東都大学1部リーグ通算49試合出場、170打数47安打、打率.276、6本塁打、32打点。三菱自動車川崎を経て、1995年のドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。

入団当初は主に代打で起用され、1999年には優勝を争っていた巨人戦でサヨナラ安打を放つ。その後も内外野どこでも守れるユーティリティープレーヤーとしての地位を確立し、地味ながらチームを支える働きを見せた。

山田久志が監督に就任した2002年からは更に出場機会を増やすと、2004年シーズンには「守りの野球」を標榜する落合博満新監督がその守備力を高く評価して、積極的に一塁手として起用。シーズン序盤は打撃不振に陥り、8番などの下位打線に回ったものの、中盤から打撃が向上していった。森野将彦オマール・リナレスと定位置を争う形になったが、安定した守備でこれに応え、自身初のタイトルとなるゴールデングラブ賞を受賞する活躍を見せるなど、チームの優勝に貢献した。また、シーズン終盤は打撃好調のリナレスを一塁で起用し、渡邉をレフトで起用するパターンも増え、同年の日本シリーズにもレフトでスタメン出場している。

2005年は同じ一塁手の大砲であるタイロン・ウッズが加入したことにより、スタメンでの出場は激減。しかし、守備に難のあるウッズを守備固め要員としてカバーし、特に試合終盤に活躍を見せた。2006年も同じ起用法が続いたが、交流戦ではスタメンで三塁手としても活躍した。2002年から2006年までの間、規定打席には一度も届かなかったものの、5年連続で100試合以上に出場している。

2007年は出場機会が減り、オフに戦力外通告を受けて現役を引退。

引退後

2008年からは中日の球団職員となり、動作解析室の一員として戦力分析などを行っていたが、同年限りで同室が廃止されることになり、2009年からは育成コーチに就任。

2010年からは二軍内野守備走塁コーチに転任した。同年6月4日に12球団ワーストの失策数を記録していたチームの守備のテコ入れとして、風岡尚幸と入れ替わる形で一軍担当となった。

2011年は野手コーチとなり、2012年からは一軍内野守備走塁コーチを務める。開幕時は一塁ベースコーチを務めていたが、2012年5月19日の対埼玉西武ライオンズ戦から上田佳範と入れ替わりで二軍に降格となった平野謙の代役として三塁ベースコーチに配置転換となった。しかし、27日の福岡ソフトバンクホークス戦の試合中に上田と交代し再び一塁ベースコーチを担当することになり、平野の一軍復帰後はベンチへと回ることになった。

2013年シーズン終了後のフェニックスリーグでは、2軍監督の鈴木孝政が解任されたため、監督代行として同行している。

2014年からは二軍内野守備走塁コーチを務めた。

2016年は一軍内野守備コーチに異動となり、一塁ベースコーチも担当していたが、谷繁元信監督の休養以降は再び二軍の守備コーチを務めている。

2017年は二軍内野守備走塁コーチを担当する。奈良原浩がチームを離れている間は代役の一軍三塁コーチャーを勤めていた。

人物

日大藤沢高時代の同級生に山本昌の実弟山本秀明(後に日大藤沢高野球部監督)、大学時代の野球部同期生に山本と真中満がいた。

大学は一般入学だったが、レギュラーの三塁手がケガをしたのをきっかけにレギュラーを獲得した。野球より学業に熱心な生真面目な学生で知られ、1年先輩落合英二の単位修得にも貢献した。

大学時代は推定体重で100kgをかなり超えていた。社会人時代に「体を絞らないと使わない」と言われて必死に減量した

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1996 | 中日 | 4 | 4 | 4 | 1 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | .250 | .250 | .250 | .500
1997 | 34 | 65 | 52 | 6 | 18 | 5 | 2 | 0 | 27 | 4 | 0 | 1 | 0 | 0 | 11 | 0 | 2 | 8 | 2 | .346 | .477 | .519 | .996
1998 | 3 | 3 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | .000 | .000 | .000 | .000
1999 | 81 | 103 | 89 | 11 | 25 | 9 | 0 | 1 | 37 | 16 | 2 | 2 | 2 | 0 | 11 | 2 | 1 | 16 | 3 | .281 | .366 | .416 | .782
2000 | 76 | 116 | 102 | 6 | 26 | 7 | 0 | 0 | 33 | 16 | 0 | 2 | 3 | 1 | 9 | 0 | 1 | 20 | 3 | .255 | .319 | .324 | .643
2001 | 53 | 66 | 55 | 8 | 11 | 1 | 0 | 0 | 12 | 3 | 0 | 0 | 1 | 0 | 8 | 0 | 2 | 8 | 3 | .200 | .323 | .218 | .541
2002 | 110 | 190 | 167 | 20 | 45 | 8 | 0 | 4 | 65 | 17 | 0 | 1 | 8 | 2 | 12 | 1 | 1 | 27 | 2 | .269 | .319 | .389 | .708
2003 | 114 | 211 | 188 | 18 | 51 | 7 | 0 | 2 | 64 | 17 | 1 | 0 | 7 | 2 | 12 | 0 | 2 | 30 | 5 | .271 | .319 | .340 | .659
2004 | 124 | 320 | 290 | 30 | 83 | 8 | 0 | 2 | 97 | 22 | 1 | 0 | 6 | 2 | 19 | 0 | 3 | 44 | 10 | .286 | .334 | .334 | .669
2005 | 104 | 88 | 81 | 7 | 22 | 4 | 0 | 1 | 29 | 10 | 1 | 0 | 2 | 0 | 4 | 0 | 1 | 19 | 1 | .272 | .314 | .358 | .672
2006 | 103 | 122 | 111 | 14 | 28 | 6 | 0 | 1 | 37 | 16 | 0 | 1 | 4 | 1 | 4 | 0 | 2 | 21 | 3 | .252 | .288 | .333 | .621
2007 | 53 | 27 | 23 | 4 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 7 | 0 | .130 | .167 | .130 | .297
NPB:12年 859 | 1315 | 1165 | 125 | 313 | 55 | 2 | 11 | 405 | 123 | 5 | 7 | 36 | 8 | 90 | 3 | 16 | 202 | 33 | .269 | .328 | .348 | .675

表彰

記録

背番号

脚注

  1. ^ 一塁手部門で規定打席に到達していない選手が受賞した初の例となった。
  2. ^ コーチ登録人員の関係で、スコアラー登録の上ベンチ入り。そのためユニフォームではなくウインドブレーカーを着ていた(ベンチ内ではベンチ入り選手・監督・コーチのみユニフォームを着用できる)
  3. ^ 来季のコーチングスタッフについて”. 中日ドラゴンズ (2011年11月21日). 2011年11月21日閲覧。
  4. ^ 谷繁監督が休養”. 中日ドラゴンズ (2016年8月9日). 2016年8月9日閲覧。
  5. ^ 月刊ドラゴンズ2009年6月号の落合英二の連載より。

関連項目

外部リンク


中日ドラゴンズ 2018 - 2019
監督 | 

一軍コーチ | 
  • 91 伊東勤(ヘッド)
  • 85 村上隆行(打撃)
  • 71 波留敏夫(打撃)
  • 76 阿波野秀幸(投手)
  • 81 赤堀元之(投手)
  • 80 中村武志(バッテリー)
  • 83 奈良原浩(内野守備走塁)
  • 78 工藤隆人(外野守備走塁)

  • 二軍監督・コーチ | 
  • 82 小笠原道大(監督)
  • 79 石井昭男(打撃)
  • 75 森野将彦(打撃)
  • 87 門倉健(投手)
  • 86 小笠原孝(投手)
  • 81 浅尾拓也(投手)
  • 72 田村藤夫(バッテリー)
  • 88 荒木雅博(内野守備走塁)
  • 89 英智(外野守備走塁)
  • 90 立石充男(巡回野手)

  • 一軍・二軍コンディショニングコーチ | 
  • 92 勝崎耕世
  • 93 宮前岳巳
  • 95 塚本洋

  • 投手 | 
  • 11 小笠原慎之介
  • 12 田島慎二
  • 13 岩瀬仁紀
  • 14 谷元圭介
  • 16 又吉克樹
  • 17 柳裕也
  • 18 鈴木翔太
  • 19 吉見一起
  • 21 岡田俊哉
  • 22 大野雄大
  • 24 福谷浩司
  • 25 佐藤優
  • 28 丸山泰資
  • 29 山井大介
  • 30 阿知羅拓馬
  • 33 祖父江大輔
  • 34 福敬登
  • 40 石川翔
  • 43 三ツ間卓也
  • 46 鈴木博志
  • 47 笠原祥太郎
  • 50 清水達也
  • 54 藤嶋健人
  • 57 ロドリゲス
  • 59 山本拓実
  • 60 ジー
  • 61 若松駿太
  • 64 小熊凌祐
  • 65 伊藤準規
  • 70 ガルシア
  • 97 R・マルティネス
  • 98 木下雄介
  • 99 松坂大輔

  • 捕手 | 
  • 27 大野奨太
  • 35 木下拓哉
  • 38 松井雅人
  • 39 武山真吾
  • 45 杉山翔大
  • 52 加藤匠馬
  • 68 桂依央利

  • 内野手 | 
  • 0 高松渡
  • 3 高橋周平
  • 5 阿部寿樹
  • 9 石川駿
  • 23 遠藤一星
  • 31 野本圭
  • 32 石垣雅海
  • 36 石岡諒太
  • 37 三ツ俣大樹
  • 48 溝脇隼人
  • 51 京田陽太
  • 53 亀澤恭平
  • 55 福田永将
  • 58 谷哲也
  • 63 堂上直倫
  • 66 ビシエド

  • 外野手 | 
  • 1 友永翔太
  • 4 藤井淳志
  • 6 平田良介
  • 8 大島洋平
  • 26 井領雅貴
  • 42 アルモンテ
  • 44 モヤ
  • 49 伊藤康祐
  • 56 松井佑介
  • 67 近藤弘基

  • 育成選手 | 
  • 206 大藏彰人(投手)
  • 209 石田健人マルク(投手)
  • 210 A・マルティネス(捕手)
  • 212 渡辺勝(外野手)


  • セントラル・リーグ ゴールデングラブ賞(一塁手)
    1970年代 | 

    1980年代 | 
  • 1980 王貞治
  • 1981 藤田平
  • 1982 中畑清
  • 1983 中畑清
  • 1984 中畑清
  • 1985 中畑清
  • 1986 中畑清
  • 1987 中畑清
  • 1988 中畑清
  • 1989 駒田徳広

  • 1990年代 | 
  • 1990 駒田徳広
  • 1991 駒田徳広
  • 1992 J.パチョレック
  • 1993 駒田徳広
  • 1994 駒田徳広
  • 1995 駒田徳広
  • 1996 駒田徳広
  • 1997 駒田徳広
  • 1998 駒田徳広
  • 1999 駒田徳広

  • 2000年代 | 
  • 2000 R.ペタジーニ
  • 2001 R.ペタジーニ
  • 2002 R.ペタジーニ
  • 2003 G.アリアス
  • 2004 渡邉博幸
  • 2005 A.シーツ
  • 2006 A.シーツ
  • 2007 A.シーツ
  • 2008 新井貴浩, 栗原健太
  • 2009 栗原健太

  • 2010年代 | 
  • 2010 (該当者なし)
  • 2011 栗原健太
  • 2012 畠山和洋
  • 2013 J.ロペス
  • 2014 森野将彦
  • 2015 畠山和洋
  • 2016 J.ロペス
  • 2017 J.ロペス
  • 2018 J.ロペス

  • 1972年から1985年まではダイヤモンドグラブ賞

    中日ドラゴンズ 1995年ドラフト指名選手

    1位:荒木雅博 / 2位:門倉健 / 3位:藤井優志 / 4位:渡辺博幸 / 5位:大塔正明 / 6位:益田大介 / 7位:日笠雅人


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/11/29 22:09

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「渡邉博幸」の意味を投稿しよう
    「渡邉博幸」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    渡邉博幸スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「渡邉博幸」のスレッドを作成する
    渡邉博幸の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail