このキーワード
友達に教える
URLをコピー

濃人渉とは?


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


濃人 渉(のうにん わたる、1915年3月22日 - 1990年10月10日)は、昭和初期から後期(1930年代後半〜1970年代前半)のプロ野球選手内野手(主に遊撃手)。名古屋金鯱軍契約第1号選手。プロ野球監督。(1961年5月4日1962年に「濃人貴実(たかみ)」と一時改名)。広島県広島市生まれ。

目次

  • 1 来歴・人物
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 野球指導者として
  • 2 エピソード
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 監督としてのチーム成績
    • 3.3 背番号
  • 4 関連情報
    • 4.1 出演番組
  • 5 関連項目
  • 6 参考文献
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

来歴・人物

生い立ち

両親はハワイカウアイ島に暮らしていたが、母親が姉二人を連れて広島に残した父親の母を世話するため帰国。このとき母親は妊娠中で渉は広島で生まれた。船で太平洋を渡って帰ったから、名前が渉という。ところが、渉の誕生を知った父親がハワイで出生届を出したため、日本生まれでアメリカ国籍を併せもつという本来ありえない二重国籍者となった。父親はカウアイ島ワイメアで雑貨商と電気工事会社を経営、1925年創立のカウアイ(加哇)日本人野球リーグ生みの親となった。中学卒業まで母親と広島で育つ。

現役時代

1932年旧制広陵中(現・広陵高校)で春選抜に出場、名遊撃手として鳴らすが、チームは明石中の名投手・楠本保に先発全員三振を喫し完封負け初戦敗退。楠本はこの試合を含め合計3度の先発全員三振奪取を記録、他に2度記録した投手すらいない大記録である。夏選手権は広島予選決勝で藤村富美男の大正中(のち呉港中、現・呉港高等学校)に敗れた。

1933年卒業後、父親に呼ばれ無理にハワイへ行くが、「ハワイは暑くて嫌い」と日本に戻り、広陵中出身の先輩が多い明治大学への進学を準備中、やはり広陵野球部の先輩から引っ張られ広島専売局(現・JT広島支局)へ入社。広島専売はバレーボールの強豪(現・JTサンダーズ)で知られるが、当時は野球も強く濃人以外にも数人のプロ野球選手を輩出した他、1932年に来日した米ニグロリーグのロイヤル・ジャイアンツ相手に、日本の単独チームとして初めてアメリカのプロ野球チームに黒星をつけたことで、日米野球史にその名を残している。

1935年名古屋新聞社が野球会社設立の準備を始めると同年5月頃、岩本義行を介して岡田源三郎から誘われ、11月1日監督に決定した岡田に続き、契約第1号選手としてチーム創設に参加。背番号8。この会社が翌1936年1月にチーム編成を完了する名古屋金鯱軍で、その母体となる≪株式会社・名古屋野球クラブ≫の設立が同年2月28日となる。同年2月9日鳴海球場巨人との日本初のプロ球団同士の試合(現在のプロ野球組織に属する球団同士の初試合)にも8番ショートとして先発出場。強肩の名ショートとして活躍。プレイングマネージャー中堅手だった島秀之助が肩を痛めたため、島の近くまで行ってトスを獲り、バックホームしてランナーを刺した。

1937年シーズン途中の7月に召集され、中国戦線に参加。1938年秋、広東の虎門要塞攻略戦に加わり、決死隊7人中、左半身に砲弾の破片を浴びながらただ一人生き残る。

1940年帰還し金鯱に復帰。同年石本秀一が監督に迎えられ師弟関係となる。この頃国籍の二者択一を迫られ日本を選ぶ。チームは翼軍に吸収合併され、大洋軍・西鉄軍と変わるがそのまま在籍し、戦時下の1943年までプレー。1942年5月24日対・名古屋戦、トップリーグに於ける世界最長試合・延長28回のショート・2番打者としてフル出場、9打数1安打、4失策。1943年の西鉄軍の解散で、広島へ帰郷し開戦前に帰国していた父の経営する製材所を手伝う。製材所は広島市皆実町二丁目(現南区)にあり、1945年8月6日広島への原爆投下により、爆心地から約2キロの同所材木置き場で被爆。材木の下敷きになったが無傷だったといわれる。ちなみに、プロ野球界で直接の被爆により被爆者健康手帳を持っている(持っていた)のは、張本勲と濃人のみである(原爆投下後に被爆地に入った「入市被爆者」では岩本義行が交付を受けている)。広島での原爆体験はあまり語らず、医療費などが無料となる被爆者健康手帳も「他に困っている人がたくさんいる」と懐へ忍ばせたまま使わなかったという。

戦後は1946年、広島の社会人野球チーム・鯉城園の選手として第17回都市対抗野球大会出場。職業野球経験者をずらりと揃えながら、初戦で優勝した大日本土木に惨敗した。この後、阪急ブレーブス村上実代表に誘われるが父親の製材所を継ぐために断る。しかし今度は広陵の後輩・倉本信護(濃人より年長者)と田部輝男らがしつこく誘うため、門前眞佐人らと国民野球に参加した。農業をしていた石本秀一を監督として口説きグリーンバーグ結城ブレーブス(茨城県結城市)でプレー。主将・トップバッターとしてチームを牽引、また資金難から地方巡業から帰ると焼け跡の東京を歩きまわり金策にも奔走した。国民リーグで一番のスター選手だった濃人は巨人から勧誘された。巨人球団代表市岡忠男の使い鈴木龍二(のちセ・リーグ会長)から「巨人が君を欲しがっている。千葉茂とコンビを組んだらもっとスターになれるよ」と言われたが、石本に相談すると一喝された。国民リーグは多くの問題を抱え1年で消滅。

1948年金星スターズに石本監督と共に復帰。選手過剰のため、2軍の金星リトル・スターズに在籍し同年現役引退。

野球指導者として

1949年、国民リーグで一緒だった真野春美が在籍していた日鉄二瀬(福岡県嘉穂郡日鉄鉱業二瀬鉱業所)野球部に引っ張られ同チームの監督に就き、厳しい指導で無名選手を鍛え上げ強豪チームにする。1951年第22回都市対抗野球大会のチーム初出場、翌第23回大会選手兼任監督1番遊撃手としてチームを牽引、準優勝に導く。1954年から監督専任、江藤愼一古葉竹識寺田陽介吉田勝豊らを育て「濃人学校」と呼ばれ教祖的な人気を得て九州の野球のレベルアップにも貢献。第29回大会(1958年)で再び準優勝に導くなど11年指揮をとった。スポーツジャーナリスト越智正典1954年のサン大会(現在のスポニチ大会)で逞しく鍛えられた日鉄二瀬の魅力につかまり、何度も筑豊に足を運んだと話している。1959年退任(石炭不況が原因で1962年秋チーム解散)。古葉竹識は「濃人から教わったことが、自身の野球人生の礎で全てだと思う」と話している。広島の監督時代にベンチの端から顔を半分出して試合を見る姿が有名になったが、あれは濃人のマネだという。

1960年金鯱時代の知り合いで当時、中日の代表だった平岩治郎に誘われ、同チームの二軍監督としてプロ球界復帰。翌1961年一軍監督に就任。「天知カラー」の一掃を図り、井上登吉沢岳男森徹伊奈努大矢根博臣岡嶋博治ら、生え抜きトレードを敢行しチームを改革。これにより中日は1949年から固められた天知俊一体制から完全に決別した。師匠・石本秀一をヘッドコーチに招き、「天知-杉下ライン」に代わる「石本-濃人ライン」を敷いて、与那嶺要らを入団させ、新人権藤博の大車輪の活躍で、巨人より1勝多い72勝をしたにも関わらず引き分けの差で2位に甘んじる。>、ユニフォームを変更し(1962年中日ユニフォーム)この時代では斬新だったカラフルユニフォームは話題を呼び、翌年も3位と健闘したが、親会社(中日新聞社)の「六大学出身の監督が欲しい」という理不尽な理由で解任され、球団技術顧問という閑職へ追いやられる。解任の背景には当時、中日新聞社が、中日の前身・名古屋軍の親会社だった新愛知と、名古屋金鯱の親会社だった名古屋新聞の合併会社であり、両社の出身者が持ち回りで球団オーナーを務める取り決めから、1962年までは名古屋新聞系のオーナーで、翌1963年からは新愛知系のオーナーが就任する事が決まっていた、という事情があった。それに加えて、自身のノンプロからの子飼いの選手を入団させた一方、生え抜きの選手を多く放出した事に対し地元名古屋で総スカンを食らった。ただ森徹らを放出したことで、高木守道ら若手が抜擢されたという部分もある(その一方で権藤博を酷使してその選手生命を縮めさせた監督としても知られる)。濃人の後任として監督に就任したのが、中日OBで地元出身、さらにフロントの希望していた六大学のひとつ・明治大学出身の杉浦清(1度監督経験があるので、厳密には復帰)である。そしてドラゴンズブルーのユニフォームがはじめて登場する事になったのも、1963年の事である。

メジャーリーグ視察後の1963年秋、東京オリオンズからヘッドコーチに招かれる。1967年、成績不振で解任された戸倉勝城監督に代わり永田雅一オーナーに請われ、8月途中から監督昇格。同年のドラフト会議で、植村義信投手コーチの進言で村田兆治を1位指名。1969年近藤貞雄を再び投手コーチに招聘、有藤通世をルーキー年から三塁手のレギュラーに抜擢、「ミサイル打線」復活を目指し、与那嶺を再び打撃コーチとして招き、球団名がロッテに変わった2年目の1970年、投の成田文男木樽正明小山正明、打の江藤愼一アルトマン榎本喜八山崎裕之有藤道世らを率いてパ・リーグ独走優勝。しかし日本シリーズは巨人に1勝4敗で敗れた。飯島秀雄在籍時の監督でもあった。

1971年7月13日阪急戦、日本プロ野球史最後の放棄試合(フォーフィテッドゲーム)を起こし(後述)シーズン途中に二軍監督に降格、シーズン終了後にスカウトに転出し、並行して広島テレビ野球解説者も務めた。濃人に代わって一軍監督に昇格したのが大沢啓二1975年ドラフト会議では、スカウト部長として「使いものにならなかったら腹を切る」と啖呵を切って田中由郎を全体1位で強行指名。結局、田中は物にならず、約束通り濃人は1978年退団。このため田中には「人斬り」というあだ名が付いた。退団後の1979年からは、スカウト時代から活動していた広島テレビの野球解説者に専念し、後の余生は平穏に送った。広島が優勝を決めた1979年10月6日の阪神戦で教え子の古葉が胴上げされている時一緒に解説を務めていた村山実と共に泣いていた(濃人は愛弟子の古葉の、村山はかつての弟分、江夏豊の晴れ姿にそれぞれ感極まったのだった)。1990年10月10日死去。75歳没。

帝国ホテル大阪前総支配人・現顧問を務める濃人賢二は実子。 孫は濃人一仁

エピソード

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2011年6月)

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S

1936春夏 | 金鯱 | 3 | 13 | 11 | 1 | 5 | 0 | 0 | 0 | 5 | 1 | 4 | -- | 0 | -- | 2 | -- | 0 | 1 | -- | .455 | .538 | .455 | .993
1936秋 | 26 | 114 | 94 | 12 | 13 | 1 | 1 | 0 | 16 | 8 | 3 | -- | 4 | -- | 16 | -- | 0 | 10 | -- | .138 | .264 | .170 | .434
1937春 | 54 | 237 | 211 | 26 | 47 | 3 | 2 | 0 | 54 | 14 | 11 | -- | 8 | -- | 17 | -- | 1 | 10 | -- | .223 | .284 | .256 | .540
1939 | 51 | 222 | 178 | 27 | 44 | 9 | 1 | 1 | 58 | 17 | 8 | -- | 8 | 1 | 33 | -- | 2 | 13 | -- | .247 | .371 | .326 | .697
1940 | 100 | 450 | 378 | 39 | 89 | 16 | 5 | 4 | 127 | 45 | 13 | -- | 16 | 3 | 51 | -- | 2 | 41 | -- | .235 | .329 | .336 | .665
1941 | 大洋軍
西鉄軍
 | 87 | 391 | 320 | 20 | 69 | 8 | 0 | 0 | 77 | 23 | 13 | -- | 7 | -- | 64 | -- | 0 | 24 | -- | .216 | .346 | .241 | .587
1942 | 105 | 472 | 396 | 23 | 82 | 8 | 2 | 3 | 103 | 19 | 10 | 3 | 15 | -- | 60 | -- | 1 | 33 | -- | .207 | .313 | .260 | .573
1943 | 84 | 379 | 308 | 43 | 60 | 10 | 1 | 1 | 75 | 19 | 6 | 4 | 8 | -- | 63 | -- | 0 | 27 | -- | .195 | .332 | .244 | .575
1948 | 金星 | 61 | 194 | 163 | 21 | 27 | 5 | 0 | 2 | 38 | 17 | 5 | 3 | 1 | -- | 29 | -- | 1 | 15 | -- | .166 | .295 | .233 | .528
【通算:8年】
571 | 2472 | 2059 | 212 | 436 | 60 | 12 | 11 | 553 | 163 | 73 | 10 | 67 | 4 | 335 | -- | 7 | 174 | -- | .212 | .324 | .269 | .593

監督としてのチーム成績

【年度】
【年度】
【順位】
【試合数】
【勝利】
【敗戦】
【引分】
【勝率】
【ゲーム差】
チーム
本塁打 チーム
打率 チーム
防御率 【年齢】
【球団】

1961年 | 昭和36年 | 2位 | 130 | 72 | 56 | 2 | .562 | 1 | 79 | .241 | 2.48 | 45歳 | 中日
1962年 | 昭和37年 | 3位 | 133 | 70 | 60 | 3 | .538 | 5 | 107 | .249 | 2.68 | 46歳
1967年 | 昭和42年 | 5位 | 137 | 61 | 69 | 7 | .469 | 14 | 87 | .240 | 3.01 | 51歳 | 東京・ロッテ
1968年 | 昭和43年 | 3位 | 139 | 67 | 63 | 9 | .515 | 13 | 155 | .262 | 3.32 | 52歳
1969年 | 昭和44年 | 3位 | 130 | 69 | 54 | 7 | .561 | 5.5 | 142 | .260 | 3.11 | 53歳
1970年 | 昭和45年 | 1位 | 130 | 80 | 47 | 3 | .630 | ― | 166 | .263 | 3.23 | 54歳
1971年 | 昭和46年 | 2位 | 130 | 80 | 46 | 4 | .635 | 3.5 | 193 | .270 | 3.77 | 55歳
 | 通算 |  | 813 | 442 | 343 | 28 | .563 | 


: ※1 1961年から1962年、1967年から1996年までは130試合制

: ※2 1965年、東京本堂安次監督の病気休養の6月17日から7月1日まで指揮(10試合5勝5敗)

: ※3 1967年、戸倉勝城監督休養の6月20日から7月30日、復帰した戸倉監督解任後の8月15日から閉幕まで指揮(67試合34勝31敗2分)

: ※4 1971年、7月23日に解任(74試合45勝27敗2分)

: ※5 通算成績は実際に指揮した試合

背番号

関連情報

出演番組

関連項目

参考文献

脚注

  1. ^ “【焦土からのプレーボール 濃人渉物語(1)】 広島で原爆に遭遇 閃光と爆風”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年8月10日). オリジナル2015年8月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150815012420/http://www.sankei.com/premium/news/150810/prm1508100015-n1.html 2016年10月14日閲覧。
  2. ^ 永田陽一『ベースボールの社会史―ジミー堀尾と日米野球』p250、251
  3. ^ 『プロ野球史再発掘(7)』151-189頁
  4. ^ 日米野球の歴史 〜メジャーリーガー来日の歴史〜
  5. ^ 批判的・日本プロ野球史 鈴木武樹三一書房、1971年12月、38頁。
  6. ^ 批判的・日本プロ野球史、38頁。
  7. ^ ボクの思い出STADIUM 鳴海&洲崎球場:中日スポーツ(CHUNICHI Web) - 中日新聞
  8. ^ 日本プロ野球はこの一戦から本格的に始まった。80年前の歴史的試合を当時の新聞から振り返る
  9. ^ プロ野球を創った名選手・異色選手400人、新宮正春著、1999年5月、講談社
  10. ^ 『歴史への招待 22 昭和編』日本放送出版協会、1982年、93-113頁 「歴史への招待」(NHK総合テレビ1981年7月11日放送、 <延長28回 進め一億火の玉だ 昭和17年>)
  11. ^ “【焦土からのプレーボール 濃人渉物語(5)】放棄試合…2軍監督へ降格 帰郷、古葉カープ見守る”. 産経ニュース. (2015年8月14日). http://www.sankei.com/premium/news/150814/prm1508140009-n1.html 2015年8月14日閲覧。
  12. ^ “【焦土からのプレーボール 濃人渉物語(2)】終戦の翌年、都市対抗出場 51年から「濃人学校」でプロを育てる”. 産経ニュース. (2015年8月11日). http://www.sankei.com/sports/news/150811/spo1508110001-n1.html 2016年10月14日閲覧。
  13. ^ 闘将火と燃えて、江藤愼一、1975年、鷹書房、52-57頁
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/06/22 00:03

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「濃人渉」の意味を投稿しよう
    「濃人渉」のコンテンツはまだ投稿されていません。

    濃人渉スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「濃人渉」のスレッドを作成する
    濃人渉の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
2010Happy Mail