このキーワード
友達に教える
URLをコピー

火曜サスペンス劇場とは?

火曜サスペンス劇場』(かようサスペンスげきじょう)は、1981年9月29日から2005年9月27日にかけて、日本テレビで毎週火曜日に放送された2時間ドラマ枠。略称は“火サス”。

なお、放送枠が終了した現在でも、一部の地上波局や有料CS放送などでかなり後年になっての遅れネットまたは再放送が行われている。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 放送時間の変遷
  • 2 歴代スタッフ
    • 2.1 企画
    • 2.2 プロデューサー
    • 2.3 チーフプロデューサー(1998年より表示)
    • 2.4 制作プロダクション
  • 3 音楽
    • 3.1 オープニングテーマ
    • 3.2 主題歌
      • 3.2.1 歴代主題歌
  • 4 事前ミニ番組
    • 4.1 火曜サスペンスクイズ
    • 4.2 今夜のサスペンス
  • 5 シリーズ作品
  • 6 放送局
    • 6.1 番組終了時までに離脱した元ネット局
    • 6.2 遅れネット・再放送枠など
  • 7 パチンコ・パチスロ
  • 8 CD
  • 9 注釈
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

原則として21:00 - 22:54(JST)に毎週1話完結(極稀に前後編形式の作品もある)のサスペンスドラマを放送していた番組タイトルの通り、サスペンスドラマ専門の放送枠である。また初期にはホラー系の作品も放送していた。

第1回放送は、島田陽子主演の「球形の荒野」(松本清張原作)。1980年代は、松本清張作品などの日本の推理作家や海外ミステリーなどを原作として、ベテランのスタッフが映像化する重厚な作品が多く、全盛期には視聴率もしばしば25%を超える人気を誇った。日本テレビにとっては、1980年に放映の始まったよみうりテレビ制作の『木曜ゴールデンドラマ』に次ぐ2時間ドラマ枠であり、1988年からはさらに『水曜グランドロマン』を設けるなど、日本テレビ系列では2時間ドラマ枠が多くなったが、『火曜サスペンス劇場』はその中核であり、最も息の長い枠となった。1990年代以降は、主に50歳代から60歳代の女性を視聴者に絞り定番シリーズを放送する安定路線が敷かれた

この番組の開始によって、『木曜ゴールデンドラマ』が、毎回、読売テレビの制作に変更された(それまでは、日本テレビと読売テレビが交互に制作していた)。ただし、札幌テレビ放送テレビ岩手福岡放送といった系列局が制作することがあったり、系列局の地元の“お国自慢”などに絡んだ作品が制作されたこともある。

また、大林宣彦神代辰巳鈴木清順実相寺昭雄ら劇場映画で名声を博している旬の監督たちを起用して演出家主導の意欲作を撮らせる試みもしばしば行われた。

1981年の放送開始から24年間に渡って放送され一時期は視聴率が20%を超えることもあったが、2000年代に入ってからは視聴率低下に歯止めがかからず、2005年9月27日の放送をもって放送を終了した。最終回の放送内容は火サス最多出演俳優の水谷豊主演の『事件記者・三上雄太III 逃走援助』で、放送時刻は19時からの3時間特番により通常より1時間遅い22時00分 - 23時54分であった。

後継番組枠は『DRAMA COMPLEX -ドラマ・コンプレックス-』(2005年11月1日 - 2006年10月17日)のちに『火曜ドラマゴールド』(2006年10月31日 - 2007年3月27日)。これらの番組枠を含め『火曜サスペンス劇場』より継続して副音声による解説放送(作品によりステレオ放送の場合もある)と字幕放送も行われた。

放送終了から5年を迎える2010年9月27日、平日昼の情報番組DON!』の「きょうは何の日」のコーナーで、「『火曜サスペンス劇場』が終了した日」として、本放送枠が取り上げられ、船越英一郎のインタビューや、最多出演俳優(1位は水谷豊)・女優(1位は浜木綿子)、犯人役として出演した最多俳優(女優)(藤真利子)などを放送した。

放送時間の変遷

【放送期間】
放送時間(JST)
1981年9月 - 1986年3月 | 火曜 21:02 - 22:54(112分)
1986年4月 - 1988年3月 | 火曜 21:02 - 22:51(109分)
1988年4月 - 1989年3月 | 火曜 21:02 - 22:52(110分)
1989年4月 - 1993年9月 | 火曜 21:03 - 22:52(109分)
1993年10月 - 1994年3月 | 火曜 21:03 - 22:54(111分)
1994年4月 - 1994年9月 | 火曜 21:03 - 22:55(112分)
1994年10月 - 2005年3月 | 火曜 21:03 - 22:54(111分)
2005年4月 - 2005年9月 | 火曜 21:00 - 22:54(114分)

歴代スタッフ

企画

チーフプロデューサー、総括責任者(EDやチーフディレクターが担当することもある)

プロデューサー

プロデューサーは番組発足後約1年間は長富忠裕山口剛加賀義二高橋靖二小杉義夫伊藤祥二(作品によってディレクターも兼任)の各人が中心となってローテーションを組み、そこに時折清水欣也が参加する形だった。特に山口、高橋、加賀の3人はこの『火曜サスペンス劇場』の大元となったドラマシリーズである『火曜日の女シリーズ』時代からチーフ・プロデューサーの小坂敬の元で活躍しており、ミステリー・ファンとしても筋金入りとして知られていた。1982年以降はシリーズ初期よりディレクターとして参加している日本テレビのベテランディレクターである野末和夫嶋村正敏、そして、下請け子会社に転出した川原康彦が加わった。後年は、退社した元チーフプロデューサーの加藤教夫やプロデューサーの山口剛がプロデュースすることもあった。最終期には、チーフプロデューサーの服部比佐夫も多くプロデューサーとして携わった。また、系列の中京テレビやテレビ岩手が日本テレビともに制作することもあった。

チーフプロデューサー(1998年より表示)

当時、企画欄に表示されているチーフプロデューサーを中心としたプロデュースチームは編成局の所属であったため、連ドラ総括の編成局チーフプロデューサーが表示されていた。おそらく実制作への関与は少ないと思われる。

制作プロダクション

制作プロダクションは、大手から小規模まで様々な会社が担当した。

エンドロールの表記は、初期は「日本テレビ+制作会社」と表記されていたが、1986年10月以降、エンドロールの最初に「制作:日本テレビ」と流し、最後に「制作著作:制作会社」と表示していた(例:東映制作の場合、「制作 日本テレビ(日テレ)」 - 「製作著作 東映株式会社」となる。ただし、自社制作の場合やNTV映像センター制作などの作品は除く)。

音楽

オープニングテーマ

オープニングテーマは番組冒頭で使用され、オープニングテーマの最後の部分は各期の主題歌のサビ部分に接続されていた。ただし、2005年の放送(8代目オープニング)からは番組冒頭ではオープニングテーマのみとなり主題歌のサビ部分へは接続しなくなった。次回予告用のアレンジが異なるバージョンも制作されている。

  1. 「夢のセレナードミッドナイトクライシス」(1981年9月29日 - 1983年4月26日) - 副題「火曜サスペンス劇場オープニングテーマ'81」
    米映画『ファイナル・カウントダウン』のBGMが原曲。
    編曲にあたっては、100%忠実なカバーではなく、原曲の主旋律等を若干構成し直していたり、
    二代目以降にも流用されるイントロ部分と主旋律の終盤部分を補作している。
    このため編曲者の木森敏之が共同作曲者としてクレジットされることもある。
    JASRACの作品データベースでは木森敏之単独の作曲の作品とされている。
  2. 「火曜サスペンス劇場フラッシュバックテーマ」(1983年5月3日 - 1989年5月30日)
    • 作曲・編曲:木森敏之
  3. 「火曜サスペンス劇場フラッシュバックテーマ」(1989年6月6日 - 2005年9月27日) - 二代目のアレンジ
    • 作曲:木森敏之
    一部の音色を変えるなど、少し不思議なオープニングテーマになっている。音調はホ短調である。

主題歌

主題歌(テーマ曲)はオープニング及びエンディングで使用され、オープニングではオープニングテーマの最後の部分にサビ部分を接続する形で用いられていたが、2005年の放送(8代目オープニング)からは番組冒頭ではオープニングテーマのみとなり主題歌のサビ部分へは接続しなくなった。2時間ドラマでは最初に歌手を使ったテーマ曲を作った事でも知られている。

最初の主題歌「聖母(マドンナ)たちのララバイ」は、番組のエンディングだけで使用する目的で制作され1コーラス分の長さしか録音されておらず、レコード化の予定もなかった。だが視聴者の要望が多く番組内で使用されているマスターテープを元にカセットに録音した物を制作し、一般応募による視聴者抽選プレゼントにしたところ、200本のプレゼントに35万通の応募はがきが殺到した。それを受け、1982年5月21日に歌唱者の岩崎宏美が当時所属していたビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)から正式なレコードとして発売され大ヒット。同年の日本歌謡大賞を受賞した。その後も岩崎は主題歌を通算6曲歌い(初婚時の「益田宏美」名義含む)、1986年10月21日に当枠で放送された『誰かが見ている』でドラマ初出演(主演)もしている。

1998年11月には主題歌15曲を収録したアルバムがビクターから発売された。

中盤の提供交換・制作だより・後提供及びエンドカード用のアレンジ版が別途制作されている。

歴代主題歌

【#】
【歌手】
【主題歌】
【期間】
【作詞者】
【作曲者】
編曲者
1 岩崎宏美 | 聖母たちのララバイ | 1981年9月29日 - 1983年4月26日 | 山川啓介 | 木森敏之
ジョン・スコット | 木森敏之
2 家路 | 1983年5月3日 - 1984年6月26日 | 木森敏之
3  | 1984年7月3日 - 1985年6月25日
4 25時の愛の歌 | 1985年7月2日 - 1986年9月30日
5 夜のてのひら | 1986年10月7日 - 1987年11月24日 | 来生えつこ | 筒美京平 | 武部聡志
6 杉山清貴 | 風のLONELY WAY | 1987年12月1日 - 1988年12月20日 | 田口俊 | 杉山清貴 | 林哲司
7 柏原芳恵 | 化石の森 | 1988年12月27日 - 1989年5月30日 | 荒木とよひさ | 筒美京平 | 武部聡志
8 竹内まりや | シングル・アゲイン | 1989年6月6日 - 1990年9月18日 | 竹内まりや | 山下達郎
9 告白 | 1990年9月25日 - 1991年10月1日
10 真璃子 | あなたの海になりたい | 1991年10月8日 - 1992年9月22日 | 山口岩男 | 船山基紀
11 益田宏美 | 愛という名の勇気 | 1992年10月13日 - 1993年9月28日 | 大津あきら | 安部恭弘 | 萩田光男
12 中村彩花 | 遥かな時を越えて | 1993年10月12日 - 1994年3月29日 | 小田佳奈子 | 川島だりあ | 池田大介
13 白井貴子 | 名前のない愛でもいい | 1994年4月12日 - 1995年1月31日 | 秋元康 | 白井貴子 | 十川知司
白井貴子
14 沢田知可子 | Day by day | 1995年2月7日 - 1996年3月26日 | 沢田知可子 | 小野沢篤
服部克久(ストリングス・アレンジ)
15 高橋真梨子 | ごめんね… | 1996年4月2日 - 1997年5月27日 | 高橋真梨子 | 水島康宏 | 十川知司
16 石井明美 | バラード | 1997年6月3日 - 1998年4月7日 | ジョー・リノイエ | ジョー・リノイエ、鈴川真樹
島健 with ジョー・リノイエ
(ストリングス・アレンジ)
17 酒井法子 | 横顔 | 1998年4月14日 - 9月22日 | 辛島美登里 | 十川知司
18 Paradise Lost | 体温 | 1998年10月13日 - 1999年4月27日 | 康珍化 | 梶原秀剛 | 鈴木雅也
井上鑑(ストリングス・アレンジ)
19 中村雅俊 | 哀しい人 | 1999年5月4日 - 2000年3月14日 | 山田ひろし | 都志見隆 | 十川知司
20 高橋真梨子 | 幸せのかたち | 2000年4月4日 - 9月26日 | 高橋真梨子 | 住吉中
21 工藤静香 | 深紅の花 | 2000年10月3日 - 2001年10月16日 | 橘朋実 | YOSHIKI | YOSHIKI
22 ANRI | Tears in Crystal | 2001年10月23日 - 2002年5月28日 | 吉元由美 | ANRI | Jochem van der Saag
23 安全地帯 | 出逢い | 2002年6月4日 - 2003年12月9日 | 松井五郎
玉置浩二 | 玉置浩二
安藤さと子 | 安全地帯
星勝
24 一青窈 | ハナミズキ | 2004年1月6日 - 12月14日 | 一青窈 | マシコタツロウ | 武部聡志
25 中村雅俊 | 空蝉 | 2005年1月11日 - 5月31日 | 河野伸
26 森山直太朗 | 小さな恋の夕間暮れ
 | 2005年6月7日 - 9月27日 | 森山直太朗
御徒町凧 | 渡辺善太郎

事前ミニ番組

火曜サスペンスクイズ

1998年10月から2005年3月まで(21時03分 - 22時54分枠時代)、直前の21時00分 - 21時03分には事前番組として作品のごく一部にあたるクイズに答えると3万円分の商品券が当たるという『火曜サスペンスクイズ』が放送されていた(ナレーションは来宮良子STVytvは、同様の内容で独自のクイズを出題していた時期がある。)。クイズの問題は、ドラマ中のシーンに関するもので、犯人、事件の手掛かり、地名などを当てさせるものだった。どの場面に関するものか分からないため、正解しようとすると必然的に最初から最後まで見ることになるため、番組の最後に出演者が「答えはこの後すぐ」のコールを行っていた。ここでも副音声では応募のあて先を読み上げるなど違う音声が流れていたが、インターネットでのエントリーも可能だった。

今夜のサスペンス

1998年9月以前はスタジオから日本テレビの女性アナが内容のさわりを紹介する『今夜のサスペンス』が放送されていた。なお一部の地方のNNN系列局はニュースや天気予報などのに差し替えていた。

シリーズ作品

火曜サスペンス劇場の放映作品一覧 (放送日順)」および「火曜サスペンス劇場の放映作品一覧 (五十音順)」を参照

以下、五十音順

火曜サスペンス劇場シリーズ作品放映時期
【1982】
【1983】
【1984】
【1985】
【1986】
【1987】
【1988】
【1989】
【1990】
【1991】
【1992】
【1993】
【1994】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
2005
【名無しの探偵シリーズ】

【】
【女検事・霞夕子】
【新・女検事
霞夕子】
【女検事霞夕子】
検事霞夕子
【】
監察医・室生亜季子
【】
弁護士・高林鮎子
【】
【六月の花嫁】
【】
6月の花嫁
【】
【浅見光彦ミステリー】
【朝比奈周平
ミステリー】
【地方記者・立花陽介】
事件記者
三上雄太
【】
弁護士・朝日岳之助
【】
【小京都ミステリー】

【】
【フルムーン
旅情ミステリー】
【四季旅情
ミステリー】

【】
【山岳ミステリー】

【】
【わが町】

【】
刑事鬼貫八郎
【】
【盲人探偵・松永礼太郎】

【】
【九門法律相談所】

【】
【取調室】

【】
【検事霧島三郎】

【】
【犯罪心理分析官】

【】
【当番弁護士】

【】
警部補 佃次郎
【】
【警視庁
鑑識課】
警視庁鑑識班
【】
【身辺警護】

【】
軽井沢ミステリー
【1982】
【1983】
【1984】
【1985】
【1986】
【1987】
【1988】
【1989】
【1990】
【1991】
【1992】
【1993】
【1994】
【1995】
【1996】
【1997】
【1998】
【1999】
【2000】
【2001】
【2002】
【2003】
【2004】
2005

放送局

基本的に日本テレビ系列で放送されていたが、一部の放送局では番組編成上の都合で他の曜日に放送していたため、『土曜サスペンス劇場』などの異なるタイトルで放送されていた(詳細については備考を参照)。

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 備考
関東広域圏 | 日本テレビ(NTV) | 日本テレビ系列 | 火曜
21時00分 - 22時54分 | 番組制作局
北海道 | 札幌テレビ(STV) | 
青森県 | 青森放送(RAB) | 
岩手県 | テレビ岩手(TVI) | 
宮城県 | ミヤギテレビ(mm34→MMT) | 
秋田県 | 秋田放送(ABS) | 
山形県 | 山形放送(YBC) | 
福島県 | 福島中央テレビ(FCT) | 
山梨県 | 山梨放送(YBS) | 
新潟県 | テレビ新潟(TNN→TeNY) | 
長野県 | テレビ信州(TSB) | 
静岡県 | 静岡第一テレビ(SDT) | 
中京広域圏 | 中京テレビ(CTV) | 
富山県 | 北日本放送(KNB) | 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/06/18 16:30

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「火曜サスペンス劇場」の意味を投稿しよう
「火曜サスペンス劇場」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

火曜サスペンス劇場スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「火曜サスペンス劇場」のスレッドを作成する
火曜サスペンス劇場の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail