このキーワード
友達に教える
URLをコピー

無形文化遺産とは?

移動先: 案内検索
無形文化遺産のロゴ

無形文化遺産(むけいぶんかいさん、Intangible Cultural Heritage)は、民族文化財、フォークロア、口承伝統などの無形文化財を保護対象とした、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の事業の一つ。2006年に発効した無形文化遺産の保護に関する条約に基づく。無形文化遺産に対して、ユネスコの世界遺産は建築物など有形文化財を対象とする。関係して2001年から3回行われた傑作宣言による90件を引き継いて含まれる。

これまでに対象とされた無形文化遺産は、各国の音楽、舞踏、祭り、儀式のほか、インドのヨーガ(2016年)、日本の和紙(2014年)、和食(2013年)など伝統習慣、工芸など多岐にわたる。

目次

  • 1 定義
  • 2 表記
  • 3 経緯
  • 4 代表一覧表
  • 5 分野
  • 6 人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言
  • 7 登録されている無形文化遺産の一覧
  • 8 脚注
    • 8.1 出典
    • 8.2 注釈
  • 9 参考文献
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

定義

無形文化遺産の保護に関する条約は、2003年の第32回ユネスコ総会で採択された。第2条で定義されており「無形文化遺産とは、慣習、描写、表現、知識及び技術並びにそれらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、社会、集団及び場合によっては個人が自己の文化遺産の一部として認めるものをいう」。

同条約においては、無形文化遺産の重要性についての意識を向上させるために、ユネスコ内に設置された無形文化遺産保護に関する政府間委員会によって、「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」(Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity)を作成することとされている(第16条)。また、条約採択前に人類の口承及び無形遺産の傑作(Masterpieces of the Oral and Intangible Heritage of Humanity)として宣言されたものは、一覧表に記載されることになっている(第31条)。

表記

一般に、この一覧表に掲載される無形文化遺産を、世界無形遺産世界無形文化遺産のように「世界」冠した俗称もあるが、日本での条約承認手続きにおける表記は無形文化遺産であり、条約本文においてもworldは冠せらていない。

経緯

無形文化遺産は、芸能(民族音楽ダンスなど)、伝承、社会的慣習、儀式、祭礼、伝統工芸技術、文化空間などが対象である。有形の文化遺産については既に1972年に採択された世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)により、世界遺産を一覧にするなど保護の枠組みが整えられていたが、無形文化遺産についてはその枠組みで保護することが難しいため、新たな枠組みが作られた。無形文化遺産の保護に関する条約は、締約国が30か国に達した時点から3か月後に発効する規定となっており、採択されてから約3年後の2006年4月20日に発効した。

ユネスコでは、無形文化遺産の保護に関する条約の発効に先立ち、隔年で「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」(傑作宣言)として発表していた。隔年で3回行われ(2001年、2003年、2005年)、計90件が傑作宣言された。これらは無形文化遺産の保護に関する条約の発効後に代表一覧表に統合され、その後の宣言は行われない。

2007年9月には、代表一覧表や「緊急に保護する必要のある無形文化遺産の一覧表(危機一覧表)」などの作成について協議する、ユネスコの第2回政府間委員会が日本で開催された。この委員会では、第1回の一覧表作成を、2009年9月に行うことで各国政府代表が合意した。2008年6月に開催されたユネスコ総会で正式に決定された。なお、代表一覧表への各締約国の提案提出期限については、第1回は2008年9月末となっている。ちなみに、危機一覧表は2009年3月15日である。第2回目以降は、代表一覧表への提出期限は毎年8月末とされている。

代表一覧表

2008年6月に開催された締約国総会で採択された運用指示書に、代表一覧表に記載される基準やタイムテーブルが示されている。それによれば、2009年9月に開催予定の政府間委員会で第1回の代表一覧表が作成され、その後毎年更新されていく予定である。代表一覧表は、各締約国から提出される個別提案案件を、政府間委員会に設けられる補助機関が審査し、その後、政府間委員会が最終的に評価・決定することによって作成され、世界遺産の評価体制とは異なる。

条約第16条、17条に基づいて作成される無形文化遺産の国際的保護を行うために作成される一覧表は、関係締約国からの提案または要請に基づき、締約国から選出される政府間委員会が作成する。一覧表は、

  • 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」(代表一覧表)
  • 「緊急に保護する必要がある無形文化遺産の一覧表」(危機一覧表)

の2種類がある。

なお、世界遺産と同様に登録国に偏りがみられるほか、歴史的・民俗的共通性をもつ遺産であるにもかかわらず、複数国家が別々に登録申請を行い、さらにその過程で自国の固有性を主張しあう国際紛争に至るケースもある。例えば、2005年に登録された韓国の「江陵端午祭」について中国政府は抗議し、韓国の一地域での慣習であるとの定義を求めた。のちに同国は、「端午節」の登録(2009年)を果たした。登録名称が、英語では[dragon boat]、中国語では[端午节]と異なるのは、[江陵端午祭]と対比して、文化間の対話と尊重を促進する地域的、国家的および国際的レベルでの含意を明確にしようと、中国政府が意図したためである

分野

無形文化遺産の保護に関する条約第2条第2項では、下記の5つの分野(Domain)を挙げている。

  • 口承による伝統及び表現(無形文化遺産の伝達手段としての言語を含む)
  • 芸能
  • 社会的慣習、儀式及び祭礼行事
  • 自然及び万物に関する知識及び慣習
  • 伝統工芸技術

この分野は、各国がユネスコに推薦する際の推薦書のフォーム上に記載することとなっている。2009年代表一覧表の掲載案件について、日本からの推薦は1件につき該当分野を1つにしているが、複数分野に該当するものとして推薦・登録される例も多く存在する。代表一覧表に記載されたものの中には、該当分野が記載されていないものもある。

人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言

人類の口承及び無形遺産の傑作の分布

無形文化遺産の保護に関する条約の発効以前は、法的に無形文化遺産として登録できないので、ユネスコとして、たぐいない価値を有する世界各地の口承伝統や無形遺産を讃えるとともに、政府NGO地方公共団体に対して口承及び無形遺産の継承と発展を図ることを奨励し、独自の文化的特性を保持することを目的として、基準を満たすものを、「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」(傑作宣言)として公表した。第1回の宣言は2001年5月18日に、第2回の宣言は2003年11月7日に、第3回の宣言は2005年11月25日に行なわれ、それぞれ19件、28件、43件が傑作宣言されている。2006年に無形文化遺産の保護に関する条約が発効し、これらのものについては2009年に代表一覧表に正式登録され、統合された。

傑作宣言では、「選考基準」のいずれかの条件を満たすものについて、「考慮基準」を考慮のうえ選考された。

選考基準
  • たぐいない価値を有する無形文化遺産が集約されていること
  • 歴史芸術民族学社会学人類学言語学または文学の観点から、たぐいない価値を有する民衆の伝統的な文化の表現形式であること
考慮基準
  • 人類の創造的才能の傑作としての卓越した価値
  • 共同体の伝統的・歴史的ツール
  • 民族・共同体を体現する役割
  • 技巧の卓越性
  • 生活文化の伝統の独特の証明としての価値
  • 消滅の危険性

登録されている無形文化遺産の一覧

2006年に無形文化遺産の保護に関する条約が発効した。これにより、条約発効前にユネスコにより実施していた「人類の口承及び無形遺産に関する傑作の宣言」に登録されていたものは、2008年11月に本条約の代表一覧表に統合された。なお、背景が橙色()のものは「緊急保護リスト」に登録されているもの、水色()のものは「ベスト・プラクティス」、それ以外は「代表リスト」に登録されているものである。

【提案・申請国】
【掲載年】
【名称】
【備考】

アルジェリア | 2005(2008) | グララ地域のアヘリル | 
エジプト | 2003(2008) | 叙事詩アル・シラー・アル・ヒラリヤ | 
アルバニア | 2005(2008) | アルバニア民衆の同音多声音楽(アイソポリフォニー) | 
ボリビア | 2003(2008) | カリャワヤアンデス宇宙観 | 
キルギス | 2003(2008) | キルギス叙事詩の語り部、アキンズの技芸 | 
トルコ | 2003(2008) | 大衆講談師 メッダの技芸 | 
アゼルバイジャン | 2003(2008) | アゼルバイジャンのムガム音楽 | 
エストニア
ラトビア
リトアニア | 2003(2008) | バルト地方歌謡舞踏フェスティバル | 
ウガンダ | 2005(2008) | ウガンダのバーククロスの製作 | 
バングラデシュ | 2005(2008) | バウル | 
ブルガリア | 2005(2008) | ショプロウク地域の古来のポリフォニー舞踏儀式 | 
ルーマニア | 2005(2008) | チャルシュの伝統 | 
イタリア | 2005(2008) | テノール風の口承伝承:サルデーニャ牧羊文化の無形遺産としての表現 | 
コロンビア | 2003(2008) | バランキージャカーニバル | 
ベルギー | 2003(2008) | バンシュカーニバル | 
ボリビア | 2001(2008) | オルロカーニバル | 
モザンビーク | 2005(2008) | チョピ族ティンビラ | 
ドミニカ共和国 | 2005(2008) | ココロ舞踊劇の伝統 | 
リトアニア | 2001(2008) | リトアニアの十字架手工芸とその象徴 | 
ロシア | 2001(2008) | セメイスキ文化的空間口承文化 | 
ウズベキスタン | 2001(2008) | ボイスン地域の文化的空間 | 
モロッコ | 2001(2008) | ジャマ・エル・フナ広場文化的空間 | 
コロンビア | 2005(2008) | パレンケ・デ・サン・バシリオ文化的空間 | 
ギニア | 2001(2008) | ニアガッソラソソバラ文化的空間 | 
ヨルダン | 2005(2008) | ペトラワディ・ラムベドゥ文化的空間 | 
ドミニカ共和国 | 2001(2008) | ヴィラ・メラコンゴ族聖霊の集団の文化的空間 | 
マリ | 2005(2008) | ヤーラルデガル文化的空間 | 
フィリピン | 2005(2008) | ラナオ湖マラナオ民族のダランゲン叙事詩 | 
アルメニア | 2005(2008) | ドゥドゥーク音楽 | 
ニカラグア | 2005(2008) | エル・グエグエンセ | 
スロバキア | 2005(2008) | フヤラ:楽器とその音楽 | 
大韓民国 | 2005(2008) | 江陵端午祭 | 
コートジボワール | 2001(2008) | アファウンカハグボフェダバナ社会の横吹きラッパの音楽」 | 
ジョージア | 2001(2008) | グルジアの多声音楽の歌謡 | 
マラウイ
モザンビーク
ザンビア | 2005(2008) | グレワムクル | 
中華人民共和国 | 2003(2008) | 「古琴」とその音楽 | 
フィリピン | 2001(2008) | イフガオ族ハドハド | 
ナイジェリア | 2005(2008) | ナイジェリアにおけるイファ占い制度 | 
メキシコ | 2003(2008) | 死者に捧げる原住民の祭礼 | 
インドネシア | 2005(2008) | インドネシアのクリス | 
イラク | 2003(2008) | イラクのマカーム | 
日本 | 2005(2008) | 歌舞伎 | 
ガンビア
セネガル | 2005(2008) | カンクラング(マンディンカ族成年の儀式) | 
エストニア | 2003(2008) | キフヌ島文化的空間 | 
中華人民共和国 | 2001(2008) | 崑曲 | 
インド | 2001(2008) | クッティヤタムサンスクリット | 
キューバ | 2003(2008) | トゥンバ・フランセーサ | 
トンガ | 2003(2008) | ラカラカ舞踏歌唱 | 
ベリーズ
グアテマラ
ホンジュラス
ニカラグア | 2001(2008) | ガリフナ言語舞踏および音楽 | 
マレーシア | 2005(2008) | マヨン舞踊劇 | 
ザンビア | 2005(2008) | マキシ仮装 | 
ジャマイカ | 2003(2008) | ムーアタウン逃亡奴隷 マルーンの遺産 | 
ブータン | 2005(2008) | ドゥラミツェ太鼓仮面舞踏(チャム) | 
ジンバブエ | 2005(2008) | ムベンデ/ジェルサレマ踊り | 
トルコ | 2005(2008) | メヴレヴィー教団セマ儀式 | 
モロッコ | 2005(2008) | タンタンムッセム | 
スペイン | 2001(2008) | エルチェ神秘劇 | 
ベトナム | 2003(2008) | ベトナムの宮廷音楽、ニャ・ニャック | 
日本 | 2003(2008) | 人形浄瑠璃文楽 | 
日本 | 2001(2008) | 能楽 | 
ロシア | 2005(2008) | ヤクート英雄叙事詩オロンホ」 | 
イタリア | 2001(2008) | シチリア人形劇 | 
ブラジル | 2003(2008) | ワジャピ族口承及び絵画による表現 | 
エクアドル
ペルー | 2001(2008) | サパラの人びとの口承遺産と文化的表現 | 
ベナン
ナイジェリア
トーゴ | 2001(2008) | ゲレデ口承遺産 | 
コスタリカ | 2005(2008) | コスタリカの飼いと牛車の伝統 | 
パレスチナ | 2005(2008) | パレスチナのヒカイェ | 
大韓民国 | 2003(2008) | パンソリの詠唱 | 
スペイン | 2005(2008) | ベルガの民衆祭りパトゥム」 | 
中央アフリカ共和国 | 2003(2008) | 中央アフリカのアカ・ピグミー族口承伝統 | 
ベルギー
フランス | 2005(2008) | ベルギーとフランスの巨人とドラゴンの行列 | 
グアテマラ | 2005(2008) | ラヴィナル・アチバレエ | 
インド | 2005(2008) | ラーマーヤナの伝統演劇 | 
大韓民国 | 2001(2008) | 宗廟先祖のための儀礼および祭礼音楽 | 
カンボジア | 2003(2008) | カンボジアの宮廷舞踊 | 
ブラジル | 2005(2008) | レコンカボ・デ・バイーアサンバ・デ・ローダ | 
カンボジア | 2005(2008) | クメール影絵劇スベク・トム」 | 
ウズベキスタン
タジキスタン | 2003(2008) | シャシュマカーム | 
チェコ | 2005(2008) | スロバキア地方のヴェルブンク(新兵の踊り) | 
イエメン | 2003(2008) | サナア | 
ベトナム | 2005(2008) | ベトナム中央高原におけるゴングの文化的空間 | 
ペルー | 2005(2008) | タキーレとその織物技術 | 
インド | 2003(2008) | ヴェーダ詠唱の伝統 | 
モンゴル | 2003(2008) | 馬頭琴(モリンホール)伝統音楽 | 
モンゴル
中華人民共和国 | 2005(2008) | オルティンドー:モンゴル民族の伝統的な「長い歌」 | 
中華人民共和国 | 2005(2008) | 新疆ウイグル大曲(ムカム)芸術 | 
バヌアツ | 2003(2008) | バヌアツの砂絵 | 
マラウイ | 2005(2008) | 治療のための踊りヴィンブザ | 
インドネシア | 2003(2008) | ワヤン人形劇 | 
マダガスカル | 2003(2008) | ザフィマニリ木彫知識 | 
ベトナム | 2009 | カー・チュー歌唱 | 
フランス | 2009 | コルシカ島世俗的かつ儀礼口承伝統、パディエッラ風の歌謡 | 
モンゴル | 2009 | モンゴルの伝統的民族舞踊、モンゴル・ビエルゲー | 
モンゴル | 2009 | モンゴルの叙事詩、モンゴル・トゥーリ | 
中華人民共和国 | 2009 | チャン族新年祭り | 
ベラルーシ | 2009 | カルヤディ・ツァーリ儀式クリスマスツァーリ | 
マリ | 2009 | サンケの集団漁撈儀式サンケ・モン | 
ラトビア | 2009 | スイティ文化的空間 | 
中華人民共和国 | 2009 | 中国の木造アーチ橋建造における伝統的デザインと技術 | 
中華人民共和国 | 2009 | リー族の伝統的織物技術:紡績染色、製織、刺繍 | 
モンゴル | 2009 | ツール伝統音楽 | 
ケニア | 2009 | ミジケンダ族の聖なる森林の中のカヤに関する伝統と慣習 | 
日本 | 2009 | 秋保の田植踊 | 
クロアチア | 2009 | カスタヴ地域の毎年のカーニバルを鳴らす人のパジェント | 
アゼルバイジャン | 2009 | アゼルバイジャンのアシクの芸術 | 
中華人民共和国 | 2009 | 中国の印章彫刻技術 | 
トルコ | 2009 | アーシュクルク(吟遊詩人)の伝統 | 
フランス | 2009 | オービュッソンタペストリー | 
ハンガリー | 2009 | モハーチブショー祭り:仮面をつけたの終わりの祭りの慣習 | 
ウルグアイ | 2009 | カンドンベとその社会的・文化的空間:共同体の慣習 | 
コロンビア | 2009 | 黒と白のカーニバル | 
日本 | 2009 | チャッキラコ | 
大韓民国 | 2009 | 処容舞 | 
中華人民共和国 | 2009 | 中国の活版印刷技術 | 
中華人民共和国 | 2009 | 中国の書道 | 
中華人民共和国 | 2009 | 中国の剪紙 | 
中華人民共和国 | 2009 | 木造建築における中国伝統建築の職人技術 | 
中華人民共和国 | 2009 | 南京雲錦織の職人技術 | 
日本 | 2009 | 題目立 | 
日本 | 2009 | 大日堂舞楽 | 
ルーマニア | 2009 | ドイナ | 
中華人民共和国 | 2009 | ドラゴンボート祭り | 
中華人民共和国 | 2009 | 中国朝鮮族農民舞踊 | 
クロアチア | 2009 | ドゥブロヴニク守護聖人ブラシウス祝祭 | 
日本 | 2009 | 雅楽 | 
大韓民国 | 2009 | カンガンスルレ | 
中華人民共和国 | 2009 | ケサル王伝口承 | 
中華人民共和国 | 2009 | トン族大歌 | 
日本 | 2009 | 早池峰神楽 | 
コロンビア | 2009 | ポパヤン聖週行列 | 
中華人民共和国 | 2009 | 花児 | 
ナイジェリア | 2009 | イジェレ仮装 | 
インドネシア | 2009 | インドネシアのバティック | 
スペイン | 2009 | スペイン地中海岸の灌漑法廷:ムルシア平原の賢人裁定、バレンシア平原の水法廷 | 
大韓民国 | 2009 | 済州チルモリダンの霊灯グッ | 
トルコ | 2009 | カラギョズ | 
ウズベキスタン | 2009 | カッタ・アシュラ | 
日本 | 2009 | 甑島のトシドン | 
クロアチア | 2009 | クロアチアのレース編み | 
キプロス | 2009 | レフカラレース(レフカリティカ) | 
フランス | 2009 | マロヤ | 
中華人民共和国 | 2009 | マナス | 
マリ | 2009 | クルカン・フーガで宣誓したマンデン憲章 | 
中華人民共和国 | 2009 | 媽祖信仰と習慣 | 
中華人民共和国 | 2009 | モンゴル民族歌唱芸術、ホーミー | 
大韓民国 | 2009 | 男寺党ノリ | 
中華人民共和国 | 2009 | 南音 | 
ブルガリア | 2009 | ネスティナルストフォ、過去からのメッセージ:ブルガリア村落の ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/04/16 22:25

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「無形文化遺産」の意味を投稿しよう
「無形文化遺産」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

無形文化遺産スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「無形文化遺産」のスレッドを作成する
無形文化遺産の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail