このキーワード
友達に教える
URLをコピー

熊本朝日放送とは?

熊本朝日放送株式会社
Kumamoto Asahi Broadcasting Co., Ltd.

社屋 (2006年10月撮影)

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【略称】
KAB
【本社所在地】
日本
860-8516
熊本県熊本市西区二本木一丁目5番12号
【設立】
1988年(昭和63年)12月16日
業種
情報・通信業
法人番号
5330001001331
【事業内容】
民間テレビジョン放送
【代表者】
代表取締役社長 磯松浩滋
【資本金】
10億円
【売上高】
50億0869万1000円(2019年03月31日時点)
【営業利益】
1億8381万7000円(2019年03月31日時点)
【経常利益】
2億3242万3000円(2019年03月31日時点)
【純利益】
1億4276万8000円(2019年03月31日時点)
【純資産】
50億8404万4000円(2019年03月31日時点)
【総資産】
68億7815万円(2019年03月31日時点)
【従業員数】
69人(男53人・女16人)※2008年11月末現在、役員・派遣社員を除く
【決算期】
3月
【主要株主】
朝日新聞社 22.7%
テレビ朝日ホールディングス 19.0%
電波新聞社 15.4%
(2019年4月1日時点)
【外部リンク】
https://www.kab.co.jp/
【熊本朝日放送】

【英名】
Kumamoto Asahi
Broadcasting Co., Ltd.

放送対象地域
熊本県
ニュース系列
ANN
番組供給系列
テレビ朝日ネットワーク
【略称】
KAB
愛称
KAB
呼出符号
JOZI-DTV
呼出名称
くまもとあさひデジタルテレビ
【開局日】
1989年10月1日
本社
〒860-8516
熊本県熊本市西区二本木一丁目5番12号
演奏所
本社と同じ
リモコンキーID
5
デジタル親局 熊本(金峰山) 49ch
アナログ親局 熊本(金峰山) ※16ch
ガイドチャンネル
※16ch
【主なデジタル中継局】

【主なアナログ中継局】

ほか
【公式サイト】
https://www.kab.co.jp/
特記事項:
平成初の新規開局
アナログ放送は2011年7月24日停波時点の情報
テレビ朝日系列のリモコンキーID地図

熊本朝日放送株式会社(くまもとあさひほうそう、: Kumamoto Asahi Broadcasting Co., Ltd.)は、熊本県放送対象地域としてテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。 略称はKAB

目次

  • 1 概要
  • 2 本社・支社
  • 3 沿革
  • 4 ネットワークの移り変わり
  • 5 ロゴ・シンボルマーク
  • 6 資本構成
    • 6.1 2015年3月31日
    • 6.2 過去の資本構成
  • 7 中継局
    • 7.1 デジタル放送
    • 7.2 アナログ放送
  • 8 ケーブルテレビ再送信局
  • 9 主なテレビ番組
    • 9.1 自社制作番組
    • 9.2 テレビ朝日系時差ネット番組
    • 9.3 系列外の番組
  • 10 終了した番組
  • 11 開局時に移行した番組
    • 11.1 熊本放送から移行した番組
    • 11.2 テレビ熊本から移行した番組
    • 11.3 くまもと県民テレビから移行した番組
  • 12 番組編成
  • 13 アナウンサー
    • 13.1 男性
    • 13.2 女性
    • 13.3 元アナウンサー
      • 13.3.1 男性
      • 13.3.2 女性
  • 14 備考
  • 15 歴代キャッチフレーズ
  • 16 関連施設
  • 17 脚注
  • 18 参考文献
  • 19 関連項目
  • 20 外部リンク

概要

コールサインはJOZI-DTVで、ANN系列に属するテレビ局である。いわゆる「平成新局」のトップバッターのひとつとして、熊本県では4番目にできた民放テレビ局。以後、平成期に開局したテレビ朝日系列の新局は『○○朝日放送』(または『○○朝日テレビ』)の社名で開局している。九州のテレビ朝日系列では、九州朝日放送鹿児島放送に次いで3番目に開局した局である。

キャラクターに、「ケービィー」を2004年(開局15周年)以降採用している。局のキャッチコピーは「Look」だが、開局25周年を迎えた2014年4月からは「GO×GO25th KAB」となっている。

送信所・中継局の大半は日本テレビ系列熊本県民テレビと共同使用している。

本社・支社

かつて本社があった熊本テクノプラザ (2004年撮影)
本社・演奏所
支社

沿革

1984年11月16日に熊本に民間テレビ局第4波が長野県第4波と同時に割り当てられ、その直後に国が民放テレビ全国四波化を打ち出した。テレビ朝日側は当初「ネット局は増やさない」方針であったが、「一流の放送局となるには全国をカバーする必要がある」と一転方針に乗ることとなった。

第4波に対しては482件の事業申請があった。1986年9月29日より県が調整会議を進め、2年後の1988年10月5日に最終調整が完了し、同年11月15日に予備免許交付、12月15日に創立総会の開催となった。KABがテレビ朝日系列となるのは、熊本の民放第3局(KKT熊本県民テレビ)が日本テレビ系列であったことや、TKUがテレビ朝日系クロスネット局であったもののフジテレビ系を主体としていたことから当然の成り行きでもあった。社名に「朝日」が含まれているのは「熊本で(テレビ朝日系列であることが)わかるように」との朝日新聞サイドからの強い要望によるものである。

熊本テクノプラザ内の社屋は1989年7月15日に竣工。8月15日に試験電波を発射し、9月22日に免許交付、9月23日よりサービス放送を開始し、10月1日、いわゆる平成新局として、そして人口200万人以下の県で最初の民放第4局目の放送局として開局した。

社屋移転については1995年より20か所以上の候補地の選定を進め、二本木の熊本鉄道病院跡地に決定された。設計は日建設計、施工は戸田建設。2004年3月6日-2005年5月31日の工期で建設を進め、2005年6月より移転作業を進めた。そして2005年10月1日に新社屋からの本放送を開始した。同時に地上デジタル放送に対応したマスター(テレビ朝日系列共通、系列局で最初に導入)も稼動しており、新社屋移転はKAB「第二の開局」となった。

地上デジタル放送の開始にあたって最大の問題となったのは有明海に面する4県の電波の混信、いわゆる「有明問題」であった。デジタル放送のためのチャンネル確保の作業、アナ・アナ変換は難航し、KABが設置している中継局全69局のうち49局が対象となった。

親局送信所は、くまもと県民テレビのアナログ送信所施設内に設置。

ネットワークの移り変わり

ロゴ・シンボルマーク

シンボルマーク選定方法は数通りのデザイン案を一般に公表し、県民の支持が一番多かったものに決定した。それが今のマークである「朝日」をイメージしたマークで、現在でも使用されているが、2005年に社屋が移転した頃からマスコットキャラクターのケービィーに取って代わられ、使用される機会はめっきり減っている。ただし、2016年の熊本地震直後の一時はホームページで表示される機会があった。(現在では地上デジタル放送受信機表示アイコンと本社社屋と社旗社章で使用されている程度。)

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

2015年3月31日

【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
10億円 | 20,000株 | 35
【株主】
【株式数】
比率
テレビ朝日ホールディングス | 3,800株 | 19.00%
電波新聞社 | 3,080株 | 15.40%
朝日新聞社 | 2,990株 | 14.95%
九州産交ツーリズム | 1,420株 | 07.10%
フジ・メディア・ホールディングス | 1,000株 | 05.00%
熊本日日新聞社 | 0,930株 | 04.65%
熊本銀行 | 0,800株 | 04.00%
肥後銀行 | 0,800株 | 04.00%

過去の資本構成

1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
10億円 | 40億円 | 5万円 | 20,000株 | 50
【株主】
【株式数】
比率
朝日新聞社 | 1,000株 | 5.00%
九州産業交通 | 1,000株 | 5.00%
熊本日産自動車 | 0,830株 | 4.15%
肥後銀行 | 0,800株 | 4.00%
菊田宗廣 | 0,800株 | 4.00%
吉村浩平 | 0,800株 | 4.00%
平山秀雄 | 0,800株 | 4.00%
水野勝英 | 0,800株 | 4.00%
福田稠 | 0,680株 | 3.40%
十時正人 | 0,620株 | 3.10%
熊本日日新聞社 | 0,600株 | 3.00%
林田正恒 | 0,600株 | 3.00%
城野楯夫 | 0,600株 | 3.00%
2003年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
10億円 | 20,000株 | 34
【株主】
【株式数】
比率
全国朝日放送 | 3,800株 | 19.00%
電波新聞社 | 2,280株 | 11.40%
朝日新聞社 | 2,160株 | 10.80%
九州産業交通 | 1,420株 | 07.10%
熊本日日新聞社 | 0,930株 | 04.65%
熊本ファミリー銀行 | 0,800株 | 04.00%
肥後銀行 | 0,800株 | 04.00%
平山哲雄 | 0,800株 | 04.00%

中継局

デジタル放送

放送局・中継局
【局】
【チャンネル】
空中線電力
熊本 | 49ch | 1kW
水俣 | 31ch | 100W
人吉 | 21ch | 10W
牛深 | 28ch | 300mW
阿蘇 | 48ch | 1W
南阿蘇 | 27ch
阿蘇北 | 21ch
肥後小国 | 21ch
矢部 | 27ch
蘇陽 | 49ch
三加和 | 49ch
清和 | 48ch
砥用 | 39ch
菊水 | 48ch
三角 | 48ch
芦北 | 15ch
立田山 | 15ch
湯浦 | 49ch
波野 | 50ch
熊本託麻 | 30ch
玉名 | 49ch
玉東 | 49ch
牛深魚貫 | 29ch
新和 | 31ch
河浦 | 15ch
崎津 | 35ch
苓北 | 49ch
天草 | 26ch
水上 | 32ch
本渡北 | 50ch
鹿北 | 17ch
本渡 | 50ch
有明上津浦 | 49ch
倉岳 | 49ch
栖本 | 15ch
御所浦 | 15ch
泉 | 15ch
小川海東 | 31ch
松島教良木 | 45ch
御所浦嵐口 | 32ch
熊本春日 | 48ch
熊本西 | 50ch
津奈木 | 15ch
大矢野北 | 40ch
二瀬本 | 33ch
樋島 | 21ch
牛深内の原 | 45ch
牛深真浦 | 39ch
牛深須口 | 39ch
水俣西 | 25ch
大矢野湯島 | 48ch
牛深深海 | 39ch
牛深浅海 | 39ch
南関 | 50ch
牛深山の浦 | 25ch
宮田 | 49ch
本渡本町 | 15ch
本渡下河内 | 15ch
大矢野南 | 40ch
水俣東 | 15ch
牛深茂串 | 49ch
津奈木赤崎 | 48ch
松合 | 50ch
小島 | 49ch
松尾西 | 43ch

アナログ放送

バブル期に開局した平成新局ではあるが、アナログ放送時代は中継局数は69局とUHF局として県内最先発のテレビ熊本より若干少ないものの、この局より7年先に開局した熊本県民テレビと同数の中継局を保有していた。

2011年7月24日停波地点

など

ケーブルテレビ再送信局

以下のケーブルテレビではテレビが再送信されている。
太字は2011年7月24日正午以降も再送信を実施している局

主なテレビ番組

自社制作番組

JAグループくまもとの広報番組。2012年4月20日放送開始。
熊本県玉名市にある蓮華院誕生寺の貫主・川原英照出演の宗教番組(御法話)。
2007年4月7日より『サタブラPlus』から改称。

テレビ朝日系時差ネット番組

制作局の表記のないものはテレビ朝日制作。

系列外の番組

テレビ東京系番組

制作局の表記のないものはテレビ東京制作。

終了した番組

前身となったのは1999年のくまもと国体時に放送された『人、光る、にゅ〜す』。一般住民がディレクターとして番組制作に携わっている。
地元ローカルタレント藤本一精が司会を務めていた毎週土曜放送の深夜番組。『SmaSTATION!!』の放送開始に伴い番組終了となった。
熊本県の行政情報を含めた、県政番組
毎月1回土曜に放送されていた自社制作の深夜番組、2009年3月終了。
熊本県の広報番組
熊本県の広報番組。2013年4月25日放送開始。2014年3月20日放送終了。
テレビ東京系番組
その他

開局時に移行した番組

熊本放送から移行した番組

2010Happy Mail