このキーワード
友達に教える
URLをコピー

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律とは?

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
【特定電子メールの送信の適正化等に関する法律】


日本の法令
【通称・略称】
特定電子メール法・特定電子メール送信適正化法・迷惑メール防止法
法令番号
平成14年4月17日法律第26号
【効力】
現行法
【種類】
経済法
【主な内容】
特定電子メールの送信の適正化のための措置等を定める。
【関連法令】
特定商取引に関する法律
【条文リンク】
e-Gov法令検索
ウィキソース原文

特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(とくていでんしメールのそうしんのてきせいかとうにかんするほうりつ)は、無差別かつ大量に短時間の内に送信される広告などといった迷惑メールチェーンメールなどを規制し、インターネットなどを良好な環境に保つ為に施行された、日本における法律

目次

  • 1 概要
  • 2 構成
  • 3 規制対象
  • 4 送信者の表示義務
  • 5 行政処分・罰則
    • 5.1 その他の処置
  • 6 公布・改正・施行
  • 7 脚注
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

概要

一般的に用いられる略称は「特定電子メール法」又は「特定電子メール送信適正化法」、俗称は迷惑メール防止法である。なお通信業界関係者では特定商取引に関する法律の略称の「特商法」に対して「特電法」と呼ばれ、あわせて迷惑メール防止二法ということも多い。

制定は2002年(平成14年)4月11日、公布は同年4月17日、施行は同年7月1日である。

平成17年 (2005年) の改正により、送信者情報を偽装した広告・宣伝メールの送信(いわゆる「スパム」の大半が送信者情報を偽装しているのは周知の事実である。)については、刑事罰規定が設けられ、スパマー規制の道が開かれた。この改正による一定の成果はみられたものの、日本国外発のメールは規制の対象外であったため、依然として迷惑メールは増加傾向を示していた。また国内から発信されている場合であっても、ボットネットからの送信の場合、本当のスパマーを摘発するのは極めて困難である。

平成19年 (2007年) 度から開催している第三次研究会の結論を受け、平成20年 (2008年) 1月召集の第169回通常国会において、

などを盛り込んだ法律改正案が提出され、平成20年 (2008年) 5月30日に成立、6月6日に公布された。改正法の附則第1条及びこれに基づく特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(平成20年10月22日政令第322号)により、12月1日から施行されている。

なお、附則に3年以内の見直しが明記されており、これにより総務省では識者による「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」を定期的に開催したが、結局法改正はされていない。

構成

規制対象

営利団体や個人事業者が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信するメールを「特定電子メール」と定義している(2条2号)。これには日本国内からの送信だけでなく、国内への送信のすべてを含むため、国外発国内着のメールであっても規制の対象になりうる。

なお、特定商取引に関する法律(特商法)でも、電子メール広告の提供に対する規制がある。特商法では取引形態や商品などの限定がある一方で電子メール広告内容に対する子細な規制がある。本法律は取引形態や商品などの限定が無い分適用範囲は広がる一方で、特定電子メールに対する規制は比較的子細ではない。

以下の者以外に対して特定電子メールを送信することは禁止される(3条1項)。

上記の例外に該当する場合であっても、受信者が送信の停止を求めた場合は、その意思に反して特定電子メールを送信することは原則禁止される。

なお、法における規制対象の電子メールは、次の通信方式によるものである(同法施行規則)

送信者の表示義務

特定電子メールを送信する者は、受信者の端末上で次の項目が正しく表示されるようにしなければならない(第4条)。

自己または他人の営業を目的とした「架空電子メールアドレス」への多数メール送信は禁止(第6条)されている。

行政処分・罰則

以下、主なものを挙げる。なお、平成20年法改正により、一部の違反につき法人に対する罰金が大幅に引き上げられた。

その他の処置

公布・改正・施行

脚注

  1. ^ http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/pdf/080828_8_bt2.pdf (PDF)
  2. ^ http://www.soumu.go.jp/menu_04/k_houan.html

関連項目

外部リンク


通信放送に関する制度(通信と放送の融合)
事業形態 | 
放送法(右3法を吸収統合:有線テレビジョン放送法 - 有線ラジオ放送法 - 電気通信役務利用放送法) - 電波法 - 有線放送電話法 - 電気通信事業法 - 放送大学学園法

伝送インフラ | 
電波法(無線) - 有線電気通信法(有線)

コンテンツ | 
通信の秘密(守秘義務) - 著作権(公衆送信権) - プロバイダ責任制限法 - 特定電子メール法 - 青少年ネット利用環境整備法

セキュリティ | 
サイバーセキュリティ基本法 - 不正アクセス禁止法

関連規制 | 
無線従事者(無線従事者免許証無線局免許状) - 基幹放送普及計画 - 基幹放送用周波数使用計画 - 基幹放送局根本基準 - マスメディア集中排除原則

法案 | 
情報通信法案

主な機関 | 
総務省(国際戦略局 - 情報流通行政局 - 総合通信基盤局 - 情報通信政策研究所 - 総合通信局 )- 情報通信研究機構 - 放送倫理・番組向上機構(BPO)

放送局 | 
ラジオ放送局 - テレビジョン放送局

放送事業者 | 
日本放送協会 - 放送大学学園 - 基幹放送事業者(特定地上基幹放送事業者) - 一般放送事業者

他の事業者 | 
基幹放送局提供事業者 - 電気通信事業者 - 認定放送持株会社 - 有料放送管理事業者 - 放送番組センター

Category:通信に関する制度 - Category:放送に関する制度 - ラジオ - テレビ - 日本における衛星放送

日本のサイバー犯罪対策

行政機関
内閣官房 | 

総務省 | 
  • u-Japan
  • 情報流通行政局情報流通振興課情報セキュリティ対策室
  • 地方公共団体情報システム機構
  • サイバークリーンセンター(総務省・経産省共同事業)

  • 経済産業省 | 
  • 商務情報政策局情報経済課情報セキュリティ政策室
  • サイバークリーンセンター(総務省・経産省共同事業)

  • 防衛省 | 
    共同の部隊 | 

    陸上自衛隊 | 
  • システム防護隊(西部方面システム通信群)
  • 中央警務隊


  • 警察 | 
    警察組織全体 | 

    警察庁 | 
  • @police
  • 総合セキュリティ対策会議
  • ナショナルセンター(情報通信局情報技術解析課)
  • サイバーフォースセンター(サイバーテロ対策技術室)
  • 生活安全局情報技術犯罪対策課
  • バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会
  • インターネット・ホットラインセンター(業務委託機関)

  • 都道府県警察 | 
  • サイバー犯罪対策室
  • 警視庁サイバー犯罪対策課
  • 警視庁コンピュータ犯罪捜査官
  • 警視庁ハイテク犯罪テクニカルオフィサー


  • 省庁所管法人 | 
    総務省所管 | 

    経産省所管 | 
  • IPAセキュリティセンター
  • 産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター
  • 日本産業協会
  • 日本通信販売協会通販110番

  • 文科省所管 | 
  • コンピュータソフトウェア著作権協会
  • 著作権情報センター
  • 情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会
  • 電子情報通信学会情報セキュリティ研究会

  • 金融庁所管 | 
  • 金融情報システムセンター

  • 消費者庁所管 | 
  • 国民生活センター

  • 共同所管 | 
  • 日本情報処理開発協会情報セキュリティ対策室(総務省・経産省)
  • 日本ネットワークインフォメーションセンター(総務省・経産省・文科省)





  • 主な適用法令 | 
    法律 | 

    権利 | 
  • 知的財産権
  • 著作権
  • 著作隣接権
  • 公衆送信権
  • 送信可能化権

  • 条例 | 
  • 東京都インターネット端末利用営業の規制に関する条例


  • 主な適用犯罪 | 
  • 詐欺罪
  • コンピュータ詐欺罪
  • 器物損壊罪
  • 電子計算機損壊等業務妨害罪
  • 信用毀損罪・業務妨害罪
  • 名誉毀損罪
  • 脅迫罪
  • 不正指令電磁的記録に関する罪
  • 電磁的記録不正作出及び供用の罪
  • わいせつ物頒布罪
  • 文書偽造の罪

  • その他の適用 | 
  • 日本の法律一覧
  • 特別刑法
  • 日本の刑法犯罪一覧
  • 日本の犯罪類型一覧
  • 幇助



  • 団体・関連項目
    団体 | 
    セキュリティ全般 | 

    司法 | 
  • 法テラス・コールセンター
  • 日本弁護士連合会

  • 警察関連 | 
  • 財団法人インターネット協会
  • NPO法人日本ガーディアン・エンジェルス

  • 児童・青少年 | 
  • e-ネットキャラバン
  • ネット社会と子どもたち協議会
  • 安心ネットづくり促進協議会
  • 児童ポルノ流通防止協議会
  • 子どもたちのインターネット利用について考える研究会
  • インターネットコンテンツセーフティ協会

  • 金融 | 
  • 日本銀行金融研究所情報技術研究センター

  • 産業 | 
  • 社団法人情報サービス産業協会セキュリティ情報ネットワーク
  • 一般社団法人ユニオン・デ・ファブリカン東京事務所(通販トラブル)

  • その他 | 
  • 予告.in(犯罪予告の情報と通報)
  • CRYPTREC(暗号事業)


  • 関連項目 | 
  • 日本の情報・通信企業一覧
  • 日本の有害サイトアクセス制限
  • 日本のアンチウイルスソフトウェア市場
  • コンピュータ・ネットワーク・セキュリティの一覧




  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/07/23 13:52

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「特定電子メールの送信…」の意味を投稿しよう
    「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    特定電子メールの送信の適正化等に関する法律スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」のスレッドを作成する
    特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail