このキーワード
友達に教える
URLをコピー

独立行政法人とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 古い情報を更新する必要があります。(2015年4月)
  • 正確性に疑問が呈されています。(2009年1月)
 | 
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじん)は、法人のうち、日本独立行政法人通則法第2条第1項に規定される「国民生活及び社会経済の安定等の公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業であって、国が自ら主体となって直接に実施する必要のないもののうち、民間の主体にゆだねた場合には必ずしも実施されないおそれがあるもの又は一の主体に独占して行わせることが必要であるものを効率的かつ効果的に行わせることを目的として、この法律及び個別法の定めるところにより設立される法人」をいう。

日本の行政機関である省庁から独立した法人組織であって、かつ行政の一端を担い公共の見地から事務や国家の事業を実施し、国民生活の安定と社会および経済の健全な発展に役立つもの。省庁から独立していると言っても、主務官庁が独立行政法人の中長期計画策定や業務運営チェックに携わる。国立大学法人となった国立大学も広義の独立行政法人とみなされる。

1990年代後半の橋本龍太郎内閣行政改革の一環で設立された。イギリスサッチャリズムで考案されたエグゼクティブ・エージェンシーが手本となった。

目次

  • 1 特殊法人との違い
  • 2 関係機関
  • 3 分類
    • 3.1 中期目標管理法人
    • 3.2 国立研究開発法人
    • 3.3 行政執行法人
  • 4 情報公開
  • 5 事業仕分け
  • 6 略称
  • 7 2015年3月までの旧制度
    • 7.1 分類
      • 7.1.1 特定独立行政法人
      • 7.1.2 非特定独立行政法人
    • 7.2 目標・評価の仕組み
  • 8 脚注
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

特殊法人との違い

1990年代後半の橋本龍太郎内閣における行政改革の一環として中央省庁から現業・サービス部門を切り離す目的でこの制度を規定したが、近年の行政改革では主に特殊法人をこの形態に改組する例が多くなってきている。

特殊法人と異なる点は、資金調達に国の保証が得られないこと(民間企業と同じ)、法人所得税固定資産税など公租公課の納税義務が生じることなどであるが、全ての独立行政法人が納税しているわけでもない。

行政監視委員会調査室によれば、制度の設置が開始された1998年度から2004年度までの6年間に設立された108法人については、2004年度の行政サービス実施コスト(法人の業務運営に関して納税者たる国民の負担に帰せられるコスト)の合計は2兆950億円であった。

関係機関

総務省に置かれ、主務大臣が行う独立行政法人の目標策定や業績評価をチェックする。
独立行政法人の組織・業務の見直しに関して意見を述べる。
独法制度の企画立案や、独立行政法人評価制度委員会の事務局機能を担う。

分類

独立行政法人は、中期目標管理法人国立研究開発法人行政執行法人の3つに分類される。

詳細は「独立行政法人一覧」を参照

中期目標管理法人

中期目標管理法人は、「公共上の事務等のうち、その特性に照らし、一定の自主性及び自律性を発揮しつつ、中期的な視点に立って執行することが求められるものを国が中期的な期間について定める業務運営に関する目標を達成するための計画に基づき行うことにより、国民の需要に的確に対応した多様で良質なサービスの提供を通じた公共の利益の増進を推進すること」(法第2条第2項)を目的としている。

中期目標管理法人については、主務大臣が3 - 5年ごとに中期目標を策定し(法第29条)、それに基づく中期計画を法人が作成し主務大臣の認可を受け(法第30条)、中期計画に基づく年度計画を定めて主務大臣に届け出る(法第31条)こととされている。

国立研究開発法人

詳細は「国立研究開発法人」を参照

国立研究開発法人は、「公共上の事務等のうち、その特性に照らし、一定の自主性及び自律性を発揮しつつ、中長期的な視点に立って執行することが求められる科学技術に関する試験、研究又は開発に係るものを主要な業務として国が中長期的な期間について定める業務運営に関する目標を達成するための計画に基づき行うことにより、我が国における科学技術の水準の向上を通じた国民経済の健全な発展その他の公益に資するため研究開発の最大限の成果を確保すること」(法第2条第3項)を目的としている。

国立研究開発法人については、主務大臣が5 - 7年ごとに中長期目標を策定し(法第35条の4)、それに基づく中長期計画を法人が作成し主務大臣の認可を受ける(法第35条の5)こととされている。

なお、国立研究開発法人の名称中には、「独立行政法人」ではなく「国立研究開発法人」の文字を使用することとされている(法第4条第2項)。

行政執行法人

行政執行法人は、「公共上の事務等のうち、その特性に照らし、国の行政事務と密接に関連して行われる国の指示その他の国の相当な関与の下に確実に執行することが求められるものを国が事業年度ごとに定める業務運営に関する目標を達成するための計画に基づき行うことにより、その公共上の事務等を正確かつ確実に執行すること」(法第2条第4項)を目的としている。

行政執行法人については、主務大臣が年度ごとに年度目標を策定し(法第35条の9)、それに基づく事業計画を法人が作成し主務大臣の認可を受ける(法第35条の10)こととされている。

なお、行政執行法人の役職員は、国家公務員とされている(法第51条)。

2015年現在、行政執行法人は次の7法人である。

情報公開

独立行政法人は原則的に「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律(平成13年法律第140号)」に基づく情報開示義務を持っているため、市民でも安価に情報開示請求ができ、通常の日本式ビジネス文書を書ける社会人であれば、制度の利用は難しくない。ただし、細かい運用は法人ごとに違いがあり、例えばメールで事前に開示請求の書面チェックを受けつけるか、事前書面チェックが終わり開示請求書の文面が完成した時に開示請求者にそれを通知するか否か、開示情報のデータ量が少ない場合にPDFファイルの電子メールへの添付という配送手段を選択できるか、それとも全て窓口での閲覧か郵送かでしか受けつけないか等は、それぞれの法人しだいである。

いったん受理された情報開示請求に対しては、原則として1月以内に開示・非開示決定の通知が行われる。事前書面チェックに応じるものの開示請求書が完成したことを通知しないスタイルの法人の場合、作業を淡々と内部で進め、開示請求者から問い合わせをしないと、いつ開示請求書が完成し、いつまでに開示・非開示決定がなされるのか分からないことになる。

なお、総務省行政管理局より、全ての独立行政法人に対して監督省庁を通じ、統一フォーマットで平成18年度と19年度の間での随意契約の件数・金額ベースでの見直し状況を公表するよう命令が出ており、この情報を開示しない独立行政法人があれば、監督省庁からの指令への違反である。

事業仕分け

略称

そのまま表記すると6文字となるため、短縮する必要がある場合は独法独行法人等と表記する。また、各独立行政法人を短縮表記する場合には独法独行法のように表記することが多い。株式会社の(株)や財団法人の(財)に倣って、(独)という表記も用いられる。口語では「独法(どっぽう)」などということがある。銀行の振込先や電報・テレックスなどでのカナ表記はドク)(「ド」だと合同会社になる)となる。

2015年3月までの旧制度

2015年4月1日に「独立行政法人通則法の一部を改正する法律」が施行され、2001年4月の創設以来の制度が大きく変更された。以下に、2015年3月までの旧制度について記載する。

分類

独立行政法人は特定独立行政法人特定独立行政法人以外の独立行政法人(非特定独法)の2つに分類されていた。

特定独立行政法人

特定独立行政法人(国家公務員型独法ともいう)は、「業務の停滞が国民生活又は社会経済の安定に直接かつ著しい支障を及ぼすと認められるもの」(法第2条第2項)であり、この独法の役職員は、国家公務員の身分が残されていた。

2015年当時、特定独立行政法人は次の7法人であった。

非特定独立行政法人

非特定独法(非公務員型独法ともいう)については、役員及び職員の身分の扱いが異なる。雇用保険が掛かるなど民間と同じ扱いになり、国家公務員が出向する際には退職扱いとなった。ただし、元の府省への復帰が前提の出向の場合には、国家公務員退職手当法第7条の2第4項本文に基づき退職手当は支給されないことがあった。

目標・評価の仕組み

全ての独立行政法人について、主務大臣が、3 - 5年ごとに中期目標を策定することが義務付けられていた。

脚注

  1. ^ 独立行政法人通則法、第一条(要約)
  2. ^ 森田 朗 「行政改革」 法社会学 Vol.2001, No.55(2001) pp.71-85,248 (J-STAGE)
  3. ^ 西澤利夫『独立行政法人制度の現状と課題~制度発足から6年を振り返る~』、2007年4月20日。行政監視委員会調査室、参議院。2016年4月4日閲覧。
  4. ^ 大臣等記者会見、枝野大臣記者会見要旨”. 内閣府・行政刷新会議 (2010年2月26日). 2010年3月4日閲覧。
  5. ^ 読売新聞2010年2月26日夕刊3版1面

関連項目

外部リンク

独立行政法人
内閣府 | 

消費者庁 | 
  • 国民生活センター

  • 総務省 | 
  • 情報通信研究機構
  • 統計センター
  • 郵便貯金・簡易生命保険管理機構

  • 外務省 | 
  • 国際協力機構
  • 国際交流基金

  • 財務省 | 
  • 酒類総合研究所
  • 造幣局
  • 国立印刷局

  • 文部科学省 | 
  • 国立特別支援教育総合研究所
  • 大学入試センター
  • 国立青少年教育振興機構
  • 国立女性教育会館
  • 国立科学博物館
  • 物質・材料研究機構
  • 防災科学技術研究所
  • 量子科学技術研究開発機構(放射線医学総合研究所)
  • 国立美術館
  • 国立文化財機構
  • 教職員支援機構
  • 科学技術振興機構
  • 日本学術振興会
  • 理化学研究所
  • 宇宙航空研究開発機構
  • 日本スポーツ振興センター
  • 日本芸術文化振興会
  • 日本学生支援機構
  • 海洋研究開発機構
  • 国立高等専門学校機構
  • 大学改革支援・学位授与機構
  • 日本原子力研究開発機構

  • 厚生労働省 | 
  • 医薬基盤・健康・栄養研究所
  • 勤労者退職金共済機構
  • 高齢・障害・求職者雇用支援機構
  • 福祉医療機構
  • 国立重度知的障害者総合施設のぞみの園
  • 労働政策研究・研修機構
  • 労働者健康安全機構(労働安全衛生総合研究所)
  • 国立病院機構
  • 医薬品医療機器総合機構
  • 地域医療機能推進機構
  • 年金積立金管理運用独立行政法人
  • 国立がん研究センター
  • 国立循環器病研究センター
  • 国立精神・神経医療研究センター
  • 国立国際医療研究センター
  • 国立成育医療研究センター
  • 国立長寿医療研究センター

  • 農林水産省 | 
  • 農林水産消費安全技術センター
  • 家畜改良センター
  • 農業・食品産業技術総合研究機構(種苗管理センター農業生物資源研究所農業環境技術研究所)
  • 国際農林水産業研究センター
  • 森林研究・整備機構
  • 水産研究・教育機構(水産大学校水産総合研究センター)
  • 農畜産業振興機構
  • 農業者年金基金
  • 農林漁業信用基金

  • 経済産業省 | 
  • 経済産業研究所
  • 工業所有権情報・研修館
  • 産業技術総合研究所
  • 製品評価技術基盤機構
  • 新エネルギー・産業技術総合開発機構
  • 日本貿易振興機構
  • 情報処理推進機構
  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構
  • 中小企業基盤整備機構

  • 国土交通省 | 
  • 土木研究所
  • 建築研究所
  • 海上・港湾・航空技術研究所(海上技術安全研究所港湾空港技術研究所電子航法研究所)
  • 海技教育機構(航海訓練所)
  • 航空大学校
  • 自動車技術総合機構(自動車検査・交通安全環境研究所)
  • 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • 国際観光振興機構
  • 水資源機構
  • 自動車事故対策機構
  • 空港周辺整備機構
  • 都市再生機構
  • 奄美群島振興開発基金
  • 日本高速道路保有・債務返済機構
  • 住宅金融支援機構

  • 環境省 | 
  • 国立環境研究所
  • 環境再生保全機構

  • 防衛省 | 
  • 駐留軍等労働者労務管理機構

  • 関連項目 | 
  • 独立行政法人一覧
  • 独立行政法人通則法
  • 行政改革
  • 行政刷新会議
  • 事業仕分け
  • 外郭団体
  • 独立行政法人評価委員会

  • 全87法人 太字下線:行政執行法人(7法人) 太字:国立研究開発法人(27法人) 他:中期目標管理法人(53法人)

    日本の法人
    営利 | 
    会社(会社法) | 
    株式会社(特例有限会社 - 第三セクター) - 持分会社(合同会社 - 合資会社 - 合名会社)

    士業 | 

    監査法人 - 特許業務法人 - 弁護士法人 - 税理士法人 - 土地家屋調査士法人 - 司法書士法人 - 社会保険労務士法人 - 行政書士法人

    その他 | 

    特定目的会社 - 特殊会社 - 投資法人 - 地方共同法人


    非営利 | 
    税制優遇
    なし | 
    一般社団法人 - 一般財団法人 - 相互会社

    税制優遇
    あり
     | 

    生活衛生同業組合連合会 - 生活衛生同業小組合 - 共済水産業協同組合連合会 - 漁協連合会 - 漁業生産組合 - 商工組合連合会 - 商店街振興組合連合会 - 消費生活協同組合連合会 - 信用金庫連合会 - 森林組合連合会 - 水産加工業協同組合連合会 - 生産森林組合 - 船主相互保険組合 - たばこ耕作組合 - 中小企業等協同組合(事業協同組合連合会 - 事業協同小組合連合会 - 信用協同組合連合会)- 内航海運組合連合会 - 農協連合会 - 農事組合法人 - 農林中金 - 輸出組合 - 輸出水産業組合 - 輸入組合 - 労働金庫連合会

    非収益事業
    は非課税
     | 
    NPO法人 - 認定NPO法人★ - 一般社団法人(非営利型) - 一般財団法人(非営利型) - 公益社団法人★ - 公益財団法人★ - 学校法人★ - 医療法人 - 宗教法人 - 社会福祉法人★ - 貸金業協会 - 委託者保護基金 - 管理組合法人 - 企業年金基金連合会 - 危険物保安技術協会 - 行政書士会連合会 - 漁業共済組合連合会 - 漁業信用基金協会 - 漁船保険組合中央会 - 勤労者財産形成基金 - 軽自動車検査協会 - 健康保険組合連合会 - 原賠支援機構 - 原発環境整備機構 - 高圧ガス保安協会 - 広域臨海環境整備センター - 厚生年金基金 - 更生保護法人★ - 小型船舶検査機構 - 国家公務員共済組合連合会 - 国民健康保険組合連合会 - 国民年金基金連合会 - 市街地再開発組合 - 自転車競技会 - 自動車安全運転センター★ - 司法書士会連合会 - 社会保険労務士会連合会 - 住宅街区整備組合 - 酒造組合中央会連合会 - 酒販組合中央会連合会 - 商工会連合会 - 商工会議所日本商工会議所 - 商工組合連合会 - 商品先物取引協会 - 消防団員等公務災害補償等共済基金 - 職員団体 - 職業訓練法人 - 信用保証協会 - 生活衛生同業組合連合会 - 政党 - 税理士会日税連 - 石炭鉱業年金基金 - 全国健康保険協会 - 船員災害防止協会 - 全国市町村職員共済組合連合会 - 全国農業会議所<
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/10/18 04:58

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「独立行政法人」の意味を投稿しよう
    「独立行政法人」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    独立行政法人スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「独立行政法人」のスレッドを作成する
    独立行政法人の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail