このキーワード
友達に教える
URLをコピー

生瀬勝久とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2016年11月)
なませ かつひさ
生瀬 勝久
【本名】
生瀬 勝久
【別名義】
槍魔栗 三助(旧芸名)
【生年月日】
(1960-10-13) 1960年10月13日(58歳)
【出生地】
日本 兵庫県西宮市
【身長】
178 cm
【血液型】
O型
【職業】
俳優
【ジャンル】
映画テレビドラマ舞台
【活動期間】
1979年 -
【所属劇団】
そとばこまち(1983年 - 2001年)
【事務所】
リコモーション
【公式サイト】
生瀬勝久プロフィール
【主な作品】


生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本俳優タレント司会者。本名、同じ。旧芸名、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)。

兵庫県西宮市出身。同志社大学卒業。リコモーション所属。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り

目次

  • 1 略歴
    • 1.1 芸名改名のきっかけ
  • 2 人物
  • 3 出演
    • 3.1 テレビドラマ
    • 3.2 映画
    • 3.3 舞台
    • 3.4 オリジナルビデオ
    • 3.5 バラエティ・情報番組
    • 3.6 CM
    • 3.7 テレビアニメ
    • 3.8 劇場版アニメ
    • 3.9 ゲーム
    • 3.10 吹き替え
    • 3.11 ラジオパーソナリティ
    • 3.12 ラジオドラマ
    • 3.13 DVD
    • 3.14 その他
  • 4 音楽
    • 4.1 シングル
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 外部リンク

略歴

1980年同志社大学文学部社会学科(現在の社会学部社会学科)に入学、同志社大学の劇団「第三劇場」に所属していた1982年京都大学系の劇団「劇団そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトされ、1983年に「そとばこまち」に入団、同年の『猿飛佐助』で初舞台を踏む。学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があった。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。1986年に大学を卒業。大学卒業時に企業から内定を得ていたにもかかわらず、それを蹴って演劇界に進む。1988年には「そとばこまち」の4代目座長に就任し、劇作家、演出家も務める。

1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家ひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では槍魔栗 三助として探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕升毅牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。

1988年NHK連続テレビ小説純ちゃんの応援歌』へのレギュラー出演を機に本名の生瀬 勝久へと改名する。詳しくは後述。

1990年代半ばより全国区のテレビドラマに本格的に進出し、役者としての活動の場を関西から全国に広げるため2001年に劇団「そとばこまち」を退団。シリアスからコミカルまで様々な役柄を変幻自在に演じて主役を引き立て、時にクセのあるキャラクターを演じて作品のアクセントとなるなど、名脇役の一人としてテレビドラマ、映画、舞台など多くの作品で引っ張りだことなる。一方で、『トリック』(テレビ朝日)のスピンオフ作品となる2010年4月期の連続ドラマ『警部補 矢部謙三』で連続ドラマ初主演、2012年公開の『スープ〜生まれ変わりの物語〜』で映画単独初主演も果たしている。

芸名改名のきっかけ

1988年度下半期(1988年10月 - 1989年3月)放送のNHK連ドラ『純ちゃんの応援歌』でNHKに初出演することになったが、槍魔栗三助の芸名ではNHKの放送にふさわしいとはいえないという理由があり、芸名を本名に変更したという経緯がある。その後も槍魔栗三助として活動していたが、本格的なテレビ活動・全国進出を意識し1990年10月に本名の生瀬勝久に完全改名した。

人物

個性的な演技で、映画テレビラジオ舞台で幅広く活動している。脇役が多い。また、独特のキャラクターを生かしてバラエティ番組にも活躍の幅を広げる。

トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』、『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)。

TPOに応じ、共通語関西弁を臨機応変に使い分けている。バラエティでは、共演者や番組の内容によって共通語と関西弁を使い分ける。関西を舞台とするドラマ作品に出演する場合や、関西出身者を演じる場合には関西弁を用いる。

私生活ではクレーマーだとTVで話した。掃除機マニアで10台以上の掃除機を所有する。ヘッド部分が壊れた時には家電量販店にまで足を運んで店員と口論になった。

2013年、第32回ベスト・ファーザー イエローリボン賞を受賞した。

出演

太字は主演。

テレビドラマ

映画

舞台

2010Happy Mail