このキーワード
友達に教える
URLをコピー

田中健_(俳優)とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2018年8月)
たなか けん
田中 健
【本名】
田中 研一(たなか けんいち)
【別名義】
あおい 健(あおい けん)
ケニー・テイラーJr
【生年月日】
(1951-03-06) 1951年3月6日(67歳)
【出生地】
日本福岡県筑後市
【身長】
173cm
【血液型】
O型
【職業】
俳優タレントケーナ奏者
【ジャンル】
映画テレビドラマ
【活動期間】
1972年 - 現在
【活動内容】
1972年:あおい健の芸名で歌手デビュー
1974年:現在の芸名に変えて『春のもつれ』(日テレ)で俳優デビュー
同年:『サンダカン八番娼館 望郷』で映画デビュー
1975年:『青春の門』、『鴎よ、きらめく海を見たか・めぐり逢い』、『たんぽぽ』、『俺たちの旅
1976年:『遺書・白い少女』
1977年:『花神』、『青春の門・自立篇』、『明日の刑事
1978年:『江戸の鷹 御用部屋犯科帖
1979年:『衝動殺人 息子よ
1984年:『ゴジラ
1993年:『望郷』、『素晴らしきかな人生
【配偶者】
古手川祐子(1986年 - 1999年)
加賀千景(2000年 - )
【著名な家族】
(古手川との間に)長女
(加賀との間に)次女
【事務所】
オスカープロモーション
【公式サイト】
田中健・オフィシャルブログ
【主な作品】


受賞
製作者協会新人賞(1975年度)
エランドール賞新人賞(1976年)
毎日映画コンクール
第48回(1993年)男優助演賞
望郷
報知映画賞
第18回(1993年)主演男優賞
『望郷』
日刊スポーツ映画大賞
第6回(1993年)助演男優賞
『望郷』
日本映画批評家大賞
第3回(1993年度)男優賞

【備考】

誕生年については1953年説もあり。

田中 健(たなか けん、本名:田中 研一(たなか けんいち)、1951年3月6日 - )は、日本俳優タレントケーナ奏者。なお誕生年については1953年説もある。

目次

  • 1 経歴
  • 2 出演
    • 2.1 映画
    • 2.2 テレビドラマ
    • 2.3 オリジナルビデオ
    • 2.4 CM
  • 3 ディスコグラフィー
    • 3.1 あおい健時代
      • 3.1.1 シングル
      • 3.1.2 オリジナル・アルバム
    • 3.2 田中健時代
      • 3.2.1 シングル
      • 3.2.2 オリジナル・アルバム
      • 3.2.3 ライブ・アルバム
    • 3.3 楽曲参加
  • 4 脚注・出典
  • 5 外部リンク

経歴

福岡県筑後市生まれ。福岡県立八女高等学校卒業後、1972年に「あおい健」として歌手デビューする。

代表作の一つである『俺たちの旅』は1975年にスタート以来、好評につき、シリーズ化された。

1990年からはケーナ奏者としても活動していることでも知られ、『絆 -きずな-』の劇中でもケーナを演奏している。なお、田中が使うケーナは平泉成が製作している。

また、「ケニー・テイラーJr」の名前で音楽活動を行っていたこともある。

女優の古手川祐子と長らく結婚生活を送ったが、古手川の実家に住んでいたこともあり、各マスコミから「マスオ」と呼ばれていたこともあった。古手川と離婚後、女優で加賀まりこの姪の加賀千景と再婚した。

NHK大河ドラマでは2度佐久間信盛役を演じ、それまで老優が演じることが多かった信盛役を文人肌といわれた一面を垣間見せながら演じきった。代表作『信長 KING OF ZIPANGU』では、周囲が美しい笛の音に感動する中、主人公の織田信長だけが怒りを露わにするというエピソードがあり、次第に信長の真意と行動をつかみかねてゆく描写の一つとして挿入された。

2001年1月25日放送のどっちの料理ショーで鴨南そばVSフカヒレそばの対決でフカヒレそばで食べきった。

出演

映画

テレビドラマ

オリジナルビデオ

CM

ディスコグラフィー

あおい健時代

シングル

  1. 純愛時代(1972年11月10日、日本コロムビア、LL-10202-J)
    • 作詞:阿久悠 / 作曲:ぺぺよしひろ
    (c/w 花はどこまで)
  2. 君こそ奇跡(1973年5月、日本コロムビア、LL-10214-J)
    (c/w 今はなにも言わない)
  3. 恋は一度限り(1973年10月、日本コロムビア、P-313)
    (c/w 恋人よ帰れ)

オリジナル・アルバム

  1. あおい健ファースト/僕の純愛時代(1973年、日本コロムビア、YS-10142-J)


 | 
この節の加筆が望まれています。

田中健時代

シングル

  1. ひとりぼっちのあなたに(1975年6月、日本コロムビア、P-410)
    (c/w 弟妹(はらから)よ)
    • 日本テレビ系ドラマ『たんぽぽ』主題歌
  2. 生きる(1976年3月1日、日本コロムビア、P-452)
    • 作詞:山川啓介 / 作曲:いずみたく / 編曲:大柿隆
    • 日本テレビ系ドラマ『俺たちの旅』挿入歌
      第21話「親父さんも男なのです」挿入歌
      第29話「生きるのがへたな男もいるのです」挿入歌
    (c/w 木もれ陽)
  3. 透きとおった夜明け(1977年、日本コロムビア、PK-43)
    (c/w 贈り物はなあに)
  4. 幸福と涙のあと(1977年6月、日本コロムビア、PK-59)
    (c/w 白い波紋)
  5. ラヴ・イズ・ミュージック(1979年、日本コロムビア、PK-179)
    (c/w 幸福禁止)
  6. 女たちよ(1980年、CBSソニー、06SH-800)
    (c/w 甘えて来いよ)
  7. 裸のピエロ(1981年、CBSソニー、07SH-943)
    (c/w 夏の枯葉)
  8. 愛のめざめ(1983年、ビクター、VIHX-1603)
    (c/w 眠らせて)
  9. 夜まかせ(1995年11月1日、ソニー、BVDL-1026)※共演:市原悦子
    (c/w そよ風に乾杯)※歌唱:市原悦子
  10. あなたがいるから(2012年4月4日、テイチク、TECA-12335)
    • 作詞:小林篁次 / 作曲:若草恵 / 編曲:若草恵
    (c/w 夢)

オリジナル・アルバム

  1. 愛の詩はつくったけれど(1976年11月10日、日本コロムビア、PX-7019)
  2. フラッシュバック(1978年9月25日、日本コロムビア、PX-7062)※プロデュース:大野雄二
  3. Amazing(1983年、ビクター、VIH-28126)
  4. SPACE(1990年9月5日、東芝、TOCT-5815)※ケーナ作品
  5. HEART TO HEART(1991年12月11日、東芝、TOCT-6360)※ケーナ作品
  6. 呼吸瞑想(1995年10月1日、ビワレコード、BW-N003)※ケーナ作品
  7. ユーラシア(1997年9月21日、テイチク、TECW-28599)※ケーナ作品
  8. ひととせ 春夏秋冬(1998年9月23日、テイチク、TECW-28768)※ケーナ作品

ライブ・アルバム

  1. CRYSTAL LOVE STAGE(1978年11月、日本コロムビア、PX-7070)

楽曲参加

脚注・出典

  1. ^ 第3作・第6作は春成正浩。
  2. ^ 田中 健「あなたがいるから」”. テイチク. 2018年8月29日閲覧。

外部リンク

オスカープロモーション
代表取締役社長:古賀誠一
女性タレント・モデル・スポーツ選手 | 
出典:wikipedia
2018/12/17 04:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「田中健_(俳優)」の意味を投稿しよう
「田中健_(俳優)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

田中健_(俳優)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「田中健_(俳優)」のスレッドを作成する
田中健_(俳優)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail