このキーワード
友達に教える
URLをコピー

田中眞紀子とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2012年12月)
日本政治家
田中 眞紀子
たなか まきこ

2001年9月9日(57歳)

【生年月日】
(1944-01-14) 1944年1月14日(74歳)
【出生地】
東京都文京区
【出身校】
早稲田大学商学部卒業
【現職】
越後交通取締役会長
【所属政党】
(無所属→)
(自由民主党→)
(無所属→)
(民主党→)
民進党
【称号】
商学士
【配偶者】
夫・田中直紀
【親族】
父・田中角榮
第17代 文部科学大臣

【内閣】
野田第3次改造内閣
【在任期間】
2012年10月1日 - 2012年12月26日
第132代 外務大臣

【内閣】
第1次小泉内閣
【在任期間】
2001年4月26日 - 2002年1月30日
第52代 科学技術庁長官

【内閣】
村山内閣
【在任期間】
1994年6月30日 - 1995年8月8日
衆議院議員

【選挙区】
(旧新潟3区→)
新潟5区
【当選回数】
6回
【在任期間】
1993年7月18日 - 2002年8月9日
2003年11月10日 - 2012年11月16日

田中 眞紀子(たなか まきこ、1944年(昭和19年)1月14日 - )は、日本の元政治家。通常は田中真紀子と表記される場合が多い。

父は第6465内閣総理大臣田中角栄。1969年に田中直紀(後に自由民主党衆議院議員、民主党参議院議員)と結婚した。

衆議院議員(6期)、科学技術庁長官(第52代)、外務大臣(第132代)、衆議院文部科学委員長衆議院外務委員長文部科学大臣(第17代)等を歴任した。

目次

  • 1 来歴・人物
    • 1.1 議員となる前
    • 1.2 自民党時代
    • 1.3 外相更迭と議員辞職
    • 1.4 民主党入り
    • 1.5 落選
  • 2 評価
  • 3 政治家としてのエピソード
    • 3.1 「凡人」「軍人」「変人」
    • 3.2 「パックン首相」
    • 3.3 お陀仏発言
    • 3.4 外務大臣として
      • 3.4.1 日本の内閣の方針と合わない言葉を公言
      • 3.4.2 外国要人との会談を直前に中止
      • 3.4.3 金正男の身柄拘束後の対応
      • 3.4.4 アメリカ合衆国の機密情報を漏洩
      • 3.4.5 指輪騒動
      • 3.4.6 小泉首相の靖国神社参拝を批判
      • 3.4.7 「触らないで下さいよ!」
      • 3.4.8 「外務省は伏魔殿」
      • 3.4.9 更迭と外相辞任
      • 3.4.10 秘書給与流用疑惑と議員辞職
    • 3.5 民主党への入党
      • 3.5.1 角友会の解散
      • 3.5.2 北朝鮮による拉致被害者
      • 3.5.3 記事出版差し止め
    • 3.6 文部科学大臣として
  • 4 エピソード
  • 5 テレビ・ラジオ出演
  • 6 発言
  • 7 一族
    • 7.1 家庭・親族
    • 7.2 系譜
  • 8 出典・注釈
    • 8.1 出典
    • 8.2 注釈
  • 9 参考文献
  • 10 関連文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

来歴・人物

議員となる前

東京都文京区に父・田中角栄、母・はなの長女として生まれる。本籍地新潟県柏崎市。千代田区立富士見小学校、日本女子大学附属中学校・高等学校を卒業し、早稲田大学商学部へ進学。早大在学中は演劇サークル劇団木霊に所属し、同期には久米宏長塚京三がいた。大学卒業後は劇団雲に所属し、女優として舞台に出演するが、結婚を機に引退。母が病弱であったことや、高校時代のアメリカ留学経験もあり、父・角栄が首相在任中は事実上のファーストレディの役目を担った。ただし子供の頃や政界入りする前は角栄と対立する事も多く、進学先や田中直紀(旧姓:鈴木)との結婚などは角栄の反対を押し切り決めたという。

自民党時代

1993年の衆院選で初当選、翌1994年に1年生議員ながら村山内閣科学技術庁長官として初入閣して話題を呼んだ。その後も国民的な人気を保ったが、与党内野党的な自由な立場からの奔放な発言が人気の源泉であり、政治家として目立った実績を残したわけではなかった。教育実習ボランティア活動を義務化させる提案をし実現させ物議を醸した事もある。しかし2001年の小泉内閣誕生に際しては総裁選での応援を買って出るなど大きく寄与、自ら外相に就任して異例の高支持率を獲得。実務においては様々なトラブルを引き起こし外交が機能不全に陥るほどだったが、人気は衰えなかった。

外相更迭と議員辞職

ターニングポイントとなったのが2002年の事務方との対立に起因する外相更迭であり、当時は世論の圧倒的多数が更迭に反対して田中を支持、小泉内閣の支持率が一時的に急落するほどであった(読売新聞では下げ幅が30.7%に及んだ)。しかし直後に自らの秘書給与問題が浮上し、議員辞職に追い込まれる。2003年衆院選で復帰し、院内会派民主党・無所属クラブ」に加入。今度は以前に所属していた自民党に対して厳しい批判を繰り返すようになった。

民主党入り

衆院選を目前に控えた2009年8月15日、新潟県長岡市内で記者会見し、夫の田中直紀参議院議員とともに民主党入りを表明。民主党入りの理由について「確実に二大政党(の時代)になる。有権者に約束してきたことを実現するためには、組織に所属しなければならない」と述べ、選挙後の入党という選択肢については「それでは有権者に対して失礼」と否定した。鳩山由紀夫民主党代表は「夫婦そろっての民主党入党を心から歓迎する」と述べた。

同年9月の鳩山由紀夫内閣の成立に伴い、衆議院文部科学委員長に就任。2011年6月の菅内閣不信任決議案(菅おろし)で党議拘束に違反して棄権したため、民主党執行部から3ヶ月の党員資格停止処分が下された。なお、国会の役職については解任しない旨が民主党執行部から通達されたため、衆院文部科学委員長の職には留まった。党員資格が停止されたため、2011年民主党代表選挙では投票権が与えられなかった(野田佳彦財務大臣が当選)。同年9月の野田内閣の成立に伴い、衆議院外務委員長に就任。

2012年6月26日消費税増税法案には、小沢一郎鳩山由紀夫らが反対票を投じ、小沢は自身のグループに所属する議員の大半を率いて離党、国民の生活が第一を結党したのに対し、田中は賛成票を投じ、造反の動きに同調しなかった。以前から田中は「反・野田」のスタンスに軸足を置いていたが、2012年9月民主党代表選挙では一転して野田首相の再選を支持し、野田陣営に参加している。同年10月、野田第3次改造内閣文部科学大臣に任命され、2001年に発足した第1次小泉内閣以来、約11年ぶりに3度目の入閣を果たした。

同年11月、2013年春に新規開校を予定していた大学3校の不認可を示唆。3大学は、文部科学省の諮問機関である大学設置・学校法人審議会の認可を受けており、文部科学大臣が審議会の判断を覆すのは極めて異例で、田中は不認可の理由について「大学が多すぎ、質が低下している」と説明したことから、関係各所を巻き込んだ騒動に発展。この3校以外に同時期に認可の申請が出された既設大学の16学部、13の大学院を認可したことに続き、結局、文部科学省は11月8日、新規3校についても正式に認可した。

落選

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で、父の時代からの強固な地盤だった新潟5区では自民候補の長島忠美に3万票近い差をつけられ次点で落選し、比例復活もならず議席を失った。父・角栄の死去から丁度19年になる命日での出来事であった。「この地域に責任がある」と発言し政界引退は否定したが、その後の衆議院議員総選挙は出馬を見送っている。

評価

田中の発言は他の政治家に比べて単なる「悪口」や人格への「中傷」が際立って多く、批判が多い。

新潟県中越地方の企業越後交通グループのオーナーでもある。眞紀子の選挙においては、バス会社である越後交通の各営業所は、選挙の情報収集や票固めと言った役割を果たすことになる。これらは父の角栄が築いたものであり眞紀子はそれを継承した。なお、同社では角栄を「大先生」と呼んでおり、営業所に写真も掲げられているという。

詳細は「越山会#概要」を参照

眞紀子の人の好き嫌いは、父の角栄の存在の影響が非常に大きく、父を裏切った竹下登の旧経世会に連なる人間を憎んでいるとされる。無所属時代に統一会派を組み、現在は在籍している民主党の議員に対してすら、攻撃することがある。

父との関係が比較的悪くなかった小沢一郎には好意的で、小沢が民主党代表だった時は「小沢氏を首相にする」と支援姿勢を鮮明にしていた。2010年9月の民主党代表選挙でも小沢への支持を公言し、積極的に支援している。しかし2012年7月、小沢が民主党を離党して新党「国民の生活が第一」を結成した際には、党首への就任含みで参加するよう誘われたものの、眞紀子は民主党にとどまった。

また、父・角栄が大蔵大臣時代からの秘書だった早坂茂三や「田中角栄の金庫番」と言われた佐藤昭子とも折り合いが悪く、角栄が脳梗塞で入院した際「(縁のある)東京逓信病院に入院させましょう」と発言した早坂に対して、眞紀子は「病院の看護婦や医師は創価学会員や共産党員が多いから、病状が公明党や日本共産党へ(父の病状が)漏れる可能性もある」と違う病院へ入院させるよう要請し、受け入れられず東京逓信病院への入院を許した眞紀子は、数日後早坂と佐藤を田中事務所から解雇した。

自民党時代に外務大臣在任中、小泉内閣及び田中外相の方針に抵抗する外務省の官僚を更迭するため省内の人事異動に介入しようとしたものの、大臣には人事権がなく、省内の反発を受け頓挫した。

作家の曽野綾子は、田中を「マスコミにもてはやされる才能を持ち、夫に対しても献身的なようだが、政治家には向いていない」と評した。

政治家としてのエピソード

えひめ丸曳航作業を視察する外務大臣田中眞紀子

「凡人」「軍人」「変人」

1998年7月の自由民主党総裁選挙に立候補した小渕恵三を「凡人」、梶山静六を「軍人」、小泉純一郎を「変人」と彼女が評した。梶山は旧陸軍航空士官学校出身。小泉は自民党の支持基盤の1つを解体すると目されていた「郵政民営化」を自身の政策の根幹に据えていたため、「自民党の異端児」と評されていた。そして小渕は官房長官当時に「平成」の改元を発表した「平成おじさん」の印象程度しかなく、国民からの認知度が低かったため。これは同年の流行語ともなった。

小渕恵三#小渕内閣の実績」、「梶山静六#エピソード」、および「小泉純一郎#総裁選への挑戦」も参照

「パックン首相」

これまで処理できなかった法案(ガイドライン法案、国旗国歌法案、改正住民基本台帳法案、年金制度改正法案など)を、内閣総理大臣小渕恵三(小渕内閣)が、次々呑み込んで法案成立させてしまった様子を指して「パックン首相」と呼んだ。また、金融再生関連法案の立法過程に関して、野党・民主党の案をほぼ丸呑みしたこと、公明党の主張した地域振興券法案の実施なども含まれている。

お陀仏発言

小渕恵三#突然の発病と死」も参照

2000年5月14日に死去した小渕恵三について、2001年4月14日、自民党総裁選に立候補した小泉純一郎の応援演説の際に「小渕の恵ちゃんなんか、『僕は一年間で借金百兆円作った、ガハハ』なんてカブ上げて喜んで頭がパチッと切れて、オブチさんがオダブツさんになっちゃったんですからね。これも自業自得なんですよ」と発言した。この発言は後にマスコミや世間から「お陀仏発言」と呼ばれた。

翌日の4月15日、渋谷駅街頭演説をしたときも、「小渕の恵三さんという人は、『私は一年間で百兆円の借金を作った、日本一の借金王だ』とカブを持ち上げたら、コロッと死んだじゃないですか。あれをお陀仏さんと言うんですよ、オダブツさん」と発言した。

2001年4月17日付の古賀誠自民党幹事長に送った手紙の中で「14日以降は一度もその発言はしておりません」と書いたが、事実とは異なっていた。4月18日、再び手紙を送り謹慎に入ることを宣言した。しかし、翌19日の記者会見で「謹慎してもダメなものはダメと判決が下っている。だから活動を再開します」と言って、活動を再開した。

小泉内閣の外務大臣就任後、2001年5月14日に開かれた衆議院予算委員会において、この「お陀仏発言」について質問され、眞紀子は「結果として言葉が走りましたことは認めます。そして、今日は小渕元総理の御命日であるということも承知いたしておりますので、御温容をしのびながら、以後、反省をいたします」と答弁した。

外務大臣として

日本の内閣の方針と合わない言葉を公言

2001年4月26日に外相に就任。日本政府の閣議でミサイル防衛構想について反対の立場を決めたことはないのにも関わらず、眞紀子はアメリカ合衆国アーミテージ副長官との会談でミサイル防衛構想への批判を公言した。

外国要人との会談を直前に中止

外相在任中、アメリカのパウエル長官との電話で、アーミテージ副長官が来られることは楽しみにしていると語った。しかし、2001年4月に、アーミテージ副長官が日本に来て小泉首相に会うための日程を決めようとした時、彼女は直前にこれをキャンセルした。

金正男の身柄拘束後の対応

2001年5月1日北朝鮮金正日の長男、金正男出入国管理法違反により新東京国際空港内で東京入国管理局に身柄拘束されたことについて、田中が「そんな人間を日本に置いておいて、北朝鮮からミサイルが飛んで来たら大変なことになる。すぐ帰さないとだめだ。すぐに追い出すように」という趣旨の発言をしたとされたことについて、鈴木宗男が衆議院で質問したが、そのような発言の記録は見当たらないと町村信孝が答弁した。

アメリカ合衆国の機密情報を漏洩

アメリカ同時多発テロ事件の直後、眞紀子は機密情報であるアメリカ大統領の避難先を記者会見でしゃべってしまった。当時国民の間で圧倒的な人気を誇る眞紀子の外相罷免を避けた小泉首相は、とりわけ対米外交において外相の頭越しに外交を行わせるようになる。

指輪騒動

2001年11月1日、田中眞紀子は指輪を紛失したことを上月豊久秘書官の責任にして、指輪を買いに行かせ、その結果イランハラジ外相との会談に遅刻した。

小泉首相の靖国神社参拝を批判

2001年5月に唐家璇(中国外相)と会談したとき、唐に「小泉首相に靖国神社参拝をやめなさいとゲンメイ(言明または厳命)しました」と言われた。眞紀子は、小泉首相の靖国神社参拝に強く反対した。小泉首相の靖国神社参拝に関して、「今の中国を見てください。株やって儲けて、ロールス・ロイスベンツに乗っている若い人がいる一方で、年収数千円という貧しい人がいる。そうやって国内の不満が爆発しそうなところに、小泉さんが靖国神社へ参拝するからデモが起こるんです。あの人は、日本の国益とか世界平和なんて考えていないのです」と批判した。また、「小泉さんが、煮干しの出がらしみたいな顔して『俺は靖国行く』っていうからおかしくなった。あの人はホントにタチが悪い」と批判した。

「触らないで下さいよ!」

2001年7月に、群馬県で参議院選挙に立候補した吉川真由美を応援するための演説をするはずであったが、田中が応援演説の予定の午後4時よりも1時間以上前に群馬県庁前に到着し、応援すべき候補者が来るのを待たずに勝手に演説を始めた。このため吉川は別の場所で演説していたが、これを中断して群馬県庁前へ急行、田中と一緒に演説を始めた。田中は「これから新潟に行って外務省の用事があるもんですから、あと4分だけで終わりにしますが、候補者、どの人か知りません。駅についてチラシをもらうまで男か女かも知りませんでした。名誉のため、市議や県議をやったから国会に行ってみようとか、政治家の娘だから国会に行ってみようというのは税金の無駄遣いなんです。」と駅前で演説した(吉川は元群馬県議会議員であり、元衆議院議員熊川次男の娘。「政治家の娘」云々は群馬県を選挙区とする小渕優子のことかと思われるが、もちろん田中自身も政治家の娘である)。吉川が田中の批判的な発言をなだめるために、にこやかに「そんなぁ」と言いながら、田中の肩へ手を回したが、田中は「この候補者、なんておっしゃるんですか。知らないから触らないでください。知らない人に触られたくありません。では地元に用事がありますし、外務省に用事がありますのでこの辺で失礼します」と駅前の大衆に向かって演説した後、すぐに帰った。報道によれば外務省での公用などなく、地元の用事とは、新潟でのクラシックコンサートを見ることだったとされている。田中眞紀子の事務所には、事前に吉川についての資料が送られていた。結局吉川は落選した。田中は党紀委員会にかけられたが、小泉首相側はこれを擁護した。

「外務省は伏魔殿」

外務省を「伏魔殿」と呼んで、外務省・外務官僚の閉鎖的な様子を鋭く表現し、外務省機密費流用事件や自身の進めようとした外務省改革・人事で外務省と対立した。

更迭と外相辞任

鈴木宗男事件#概要」および「鈴木宗男#疑惑・逮捕・落選」も参照

外務大臣在任中、北方領土返還をめぐる方針や外務省改革などを巡り、当時の衆議院議院運営委員長で、外務省に強い影響力を持っていた鈴木宗男との抗争や官僚との軋轢が報じられていた。ごく短期間に事務方の秘書が4人交代し、中には体調を崩して病院に入院する者も出ていた。

決定となったのは2002年1月、アフガニスタン復興会議へのNGOピースウィンズ・ジャパン出席取り消し事件について、田中は「事務方は『鈴木議員からの圧力があった』と自分にいった」と発言したことである。この点は28日の予算委員会で追及され、田中は具体的な幹部職員名を上げ「言った、間違いない」、事務方は「そのようなことは言っていない」と答弁し、答弁の食い違いに委員会は大紛糾した。その日の夕方に野上義二外務事務次官参考人招致が実施され(事務次官の参考人招致は前代未聞)、次官は「私の口からは鈴木議員云々とは一切言っていない」と証言し、対立は一層深刻化した。

29日、小泉純一郎は田中大臣と野上次官を総理大臣官邸に呼び、喧嘩両成敗として2人を更迭、鈴木宗男に衆議院議院運営委員長の辞任を求めて辞任した。田中は「一生懸命やってきたつもりだったんですけどね」とカメラの前でを流した。圧倒的な人気を誇る彼女を更迭したことで、小泉内閣の支持率は30%程度急落した。

秘書給与流用疑惑と議員辞職

秘書給与横領で元秘書より詐欺罪で告発され、自民党の党員資格を停止され、議員辞職となる。東京地検特捜部の捜査の結果、告発対象の秘書については「バス会社越後交通からの出向であるが、秘書としての勤務実態はあった」「秘書給与は同社に入れる一方、会社給与等の形で秘書給与額をやや上回る額が秘書に給与され、流用が確認できない」「出向扱いにしていたのは、社員としての身分保障の継続を求めた秘書側の希望」などが判明し、詐欺罪の公訴時効にかからない1996年以降の公設秘書10人も捜査された結果、犯罪性はないとされて2003年9月30日に嫌疑なしの不起訴処分となった。

その後、第43回衆議院議員総選挙で当選し、民主党会派(民主党・無所属クラブ)に入会した。以降、選挙の際に民主党公認の立候補者の選挙支援に重用される。ただし、当時は民主党員ではなく、あくまで無所属であった。従来どおり自由民主党公認候補である夫の支援も行っていたが、その後、夫を離党させた。

父角栄からの相続税の脱税が指摘され、目白邸の一部を分納したことがある。角栄の死去に伴い眞紀子は角栄遺産について1994年7月、小石川税務署に相続税の申告を行なった。その際に申告した遺産総額(課税対象額)は約120億円。しかし、1995年12月、その申告には78億円以上の申告漏れがあると東京国税局に指摘された。非上場の同族企業つまりペーパーカンパニーに持たせていた資産にメスが入れられたのである。申告すべき実際の遺産額は約200億円だった。この結果、納税すべき相続税額も約55億円増えた。このため、眞紀子や夫の直紀が相続した目白御殿と呼ばれていた角栄自宅の一部や軽井沢別荘の一部が、納税に充てるために物納された。

民主党への入党

角友会の解散

父の古くからの支持者との軋轢の一つに、2004年から2005年にかけて起こったJR浦佐駅前に立つ銅像を巡って発生した管理団体との対立が挙げられる。この銅像に屋根をつけるべき(地元は豪雪地帯のため、「雪が積もってお父ちゃんが可哀想」と発言したとも)と2004年11月に管理団体「角友会」(会長・須佐昭三、越山会元幹事長)に申し入れるも難色を示されたため、2005年2月に「田中角栄記念館」を通じて六日町簡易裁判所に調停を申し立てた。話し合いの末、像の管理は田中家がすることとなり「角友会」は解散。銅像そのものは、支持者が角栄の地元発展への尽力に感謝し、約2億円をかけて1985年に建立したもの。また、2005年には銅像に屋根が掛けられた。

第45回総選挙では、民主党候補の支援の他、選挙区によっては平沼グループの支援も行っている。

北朝鮮による拉致被害者

2003年10月31日、佐渡において行った藤島正之候補の応援演説で、「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか? その辺のところを蓮池何とか(=、被害者のさんの兄)さんはよく考えてください」と発言し、 北朝鮮による拉致被害者家族連絡会北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会を批判した。また、「(被害者に)耳触りのいいことを言うべきではない」、「(帰国した5人の拉致被害者の)家族の国籍は国際法上は北朝鮮籍。外務省も知っているはず。(日本帰国は)難しいとはっきり言うべき」と発言した。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会は田中真紀子事務所に抗議したが、一切回答していない。

記事出版差し止め

詳細は「田中真紀子長女記事出版差し止め事件」を参照

2004年3月、長女の記事に関し、長女がプライバシー侵害を理由に記事の差し止めの仮処分を申請し認められた。仮処分は後に東京高裁で取り消された。

文部科学大臣として

2012年(平成24年)11月1日に、大学設置・学校法人審議会が新設大学の認可を文部科学省に答申したが、翌2日に田中眞紀子文部科学大臣が3つの大学を不認可とすることを公表した。これに対する世論マスコミの反発は大きく、6日後の同月8日に撤回した。田中自身は、就任間もない大臣(前月10月1日就任)が大学の認可・不認可という重要事項を自分の一存で決められるものではなく、事務方の意向に沿っただけのものであるとした。

新国立競技場の建設について田中は毎日新聞に意見を読者投稿し、2015年8月22日付の「みんなの広場」(11面)に掲載された(「新国立」政治家は責任取れ)。既に支出された約62億円について「東日本大震災の被災者の方々のために役立てられたらと思うと、心から残念だ」などという内容。7月に白紙となったザハ案は、2012年11月、田中が文科相を務めていた時期(衆院解散の前日)に決まったものだった。

エピソード

テレビ・ラジオ出演

発言

2010Happy Mail