このキーワード
友達に教える
URLをコピー

田中耕太郎とは?

【田中耕太郎】

田中耕太郎(1961年)

【生年月日】
(1890-10-25) 1890年10月25日
【出生地】
大日本帝国鹿児島県鹿児島市
【没年月日】
(1974-03-01) 1974年3月1日(83歳没)
【死没地】
日本東京都
【出身校】
東京帝国大学法科大学
【所属政党】
緑風会
【称号】
正二位大勲位法学博士
【配偶者】
田中峰子
文部大臣

【内閣】
第1次吉田内閣
【在任期間】
1946年5月22日 - 1947年1月31日
貴族院議員

【在任期間】
1946年6月8日 - 1947年5月2日
参議院議員

【選挙区】
全国区選出
【在任期間】
1947年5月3日 - 1950年3月1日
最高裁判所長官

【内閣】
第3次吉田内閣
【在任期間】
1950年3月3日 - 1960年10月24日

田中 耕太郎(たなか こうたろう、1890年(明治23年)10月25日 - 1974年(昭和49年)3月1日)は、日本法学者法哲学者。東京帝国大学大学法学部長、第1次吉田内閣文部大臣、第2代最高裁判所長官国際司法裁判所判事日本学士院会員。日本法哲学会初代会長。文化勲章勲一等旭日桐花大綬章を受章。大勲位菊花大綬章を没後叙勲、正二位を追贈された。

目次

  • 1 生涯
  • 2 人物
  • 3 学説
  • 4 栄典
  • 5 主な著作・論文
    • 5.1 法学・法哲学
    • 5.2 随筆
    • 5.3 紀行文
    • 5.4 伝記
  • 6 脚注
  • 7 参考文献
  • 8 関連項目

生涯

裁判官・検察官であった田中秀夫の長男として鹿児島県鹿児島市に生まれる。父の出身地は佐賀県杵島郡北方村(現在の武雄市)。高等小学校2年次に岡山中学入学。次いで父の赴任に従って新潟中学を経て、福岡県立中学修猷館(後の修猷館高校)卒業。修猷館の同期には、青山学院院長、古坂嵓城がおり、親友であった。第一高等学校海軍兵学校の両方に合格し、父の勧めで第一高等学校へ進学。卒業後は東京帝國大學法科大学法律学科に進学。在学中の1914年(大正3年)には高等文官試験行政科に首席合格している。1915年(大正4年)、東大を首席で卒業し、恩賜の銀時計を授かる。同期には、唐沢俊樹らがいた。

内務省に勤務するが、1年半で退官。1917年(大正6年)に東京帝国大学助教授となる。この頃、修猷館・一高・東大の先輩である塚本虎二の紹介で、無教会主義キリスト教内村鑑三の門下生となっている。欧米留学後、1923年(大正12年)に東京帝国大学教授に就任、商法講座を担当した。1924年(大正13年)、商法講座の前任者であった松本烝治の娘峰子と結婚し、峰子の影響によりカトリック信仰の真理性を確信するようになり、1926年(大正15年)4月に岩下壮一代父として、上智大学初代学長ヘルマン・ホフマンより受洗している。田中はカトリックへの接近に伴って、それまで必要悪とみなしていた法や国家に積極的な意味を見出して研究に意欲を燃やし、そこから商法学における画期的な「商的色彩論」および大著『世界法の理論』をはじめとする豊かな成果が生み出された。1929年(昭和4年)、法学博士の学位を授与される。1937年(昭和12年)、東京帝国大学法学部長に就任する。1941年(昭和16年)5月、帝国学士院(日本学士院の前身)会員に選定される。

1945年10月には文部省学校教育局長に転ずる。1946年5月に第1次吉田内閣文部大臣として入閣。文相として日本国憲法に署名。6月に貴族院議員に就任。1947年参議院選挙に立候補し、第6位で当選。緑風会に属し、緑風会綱領の草案を作成。その後も文相として教育基本法制定に尽力した。

1950年参議院議員を辞職して、最高裁判所長官に就任。閣僚経験者が最高裁判所裁判官になった唯一の例である。長官在任期間は3889日で歴代1位。

1949年に三淵前長官時代に発生していた最高裁判所誤判事件については1950年6月24日に担当4判事を1万円の過料を科すことで決着させた。

1953年1月には法曹会の機関誌「法曹時報」に寄稿し、法廷の秩序維持を指摘し「法廷秩序の破壊を目的にした傍聴人の入廷は禁ずる。裁判官やその家族を脅迫する電報などは公務執行妨害や強要罪で処罰する。被告の氏名、住所の黙秘は権利として認められない」など具体例をあげて裁判の維新保持、審理妨害の排除を強調した。

最高裁長官時代の田中の発言として有名なものとして、後に「世紀の冤罪」として世間を賑わせた八海事件の際に、マスコミが検察側や判決に対して展開した批判や、弁護士正木ひろしが著書『裁判官 人の命は権力で奪えるものか』で述べた批判に対しての「雑音に惑わされるな」という発言や、松川事件の下級審判決を「木を見て森を見ざるもの」という発言などがある。最高裁判事に思想検事系列の池田克が起用されていたように、「治安維持の一翼」を積極的に担ってゆく方針の下、「公安事件」には厳しい判断を下していった。レッドパージ訴訟では最高裁大法廷の裁判長としてレッドパージを「GHQの指示による超憲法的な措置で解雇や免職は有効」と判決した。1952年の警察予備隊違憲訴訟では最高裁大法廷の裁判長として付随的違憲審査制を採ることを判決した。

砂川事件で政府の跳躍上告を受け入れ、合憲(統治行為論を採用)・下級審差し戻しの判決を下す(1959年12月16日)が、当時の駐日大使ダグラス・マッカーサー2世と外務大臣藤山愛一郎両名による“内密の話し合い”と称した、日米安全保障条約に配慮し優先案件として扱わせるなどの圧力があった事が2008年4月に機密解除となった公文書に、またマッカーサー大使には「伊達判決は全くの誤り」と述べ破棄を示唆した事が、2011年に機密解除になった公文書に記されている。果ては上告審の日程や結論方針をアメリカ側に漏らしていたことが、機密指定解除となったアメリカ側公文書で2013年4月に明らかになった。当該文書によれば、田中はウイリアム・K・レンハート駐日首席公使に対し、「結審後の評議は、実質的な全員一致を生み出し、世論を揺さぶるもとになる少数意見を回避するやり方で運ばれることを願っている」と話したとされ、最高裁大法廷が早期に全員一致で米軍基地の存在を「合憲」とする判決が出ることを望んでいたアメリカ側の意向に沿う発言をした。田中は砂川事件上告審判決において、「かりに(中略)それ(=駐留)が違憲であるとしても、とにかく駐留という事実が現に存在する以上は、その事実を尊重し、これに対し適当な保護の途を講ずることは、立法政策上十分是認できる」、あるいは「既定事実を尊重し法的安定性を保つのが法の建前である」との補足意見を述べている。

1956年2月25日は最高裁裁判官会議で「公権力の行使や国家意思の形成に携わる公務員には日本国籍が必要」との内閣法制局の見解を準用して、外国人を司法修習生に採用しないことを決定して司法修習生の国籍条項を設置した(1977年3月に司法修習生の国籍条項は残したまま「相当と認めるものに限り、採用する」との方針を示し、2009年に国籍条項が撤廃された)。

長官在任中に上告事件が急激に増えて事件処理が遅れた1957年頃には憲法問題のみを扱う最高裁と民事・刑事を扱う上告裁判所を設置する最高裁機構改革法案に意欲を見せていたが、最高裁機構改革法案は廃案となった。

1961年から1970年にかけて、国際司法裁判所(ICJ)判事を務めた。5つの事件と1つの勧告的意見に関わり、2つの個別的意見と2つの反対意見を残した。特に、1966年の「南西アフリカ事件」(第二段階)判決に付けた長文の反対意見は、有名であり、非常に権威のあるものとして、今日でもしばしば引用される。ジャーナリストの末浪靖司は、砂川事件差し戻しについて、判決翌年の1960年にアメリカ側にICJ判事選挙立候補を伝え、支持を取り付けている事から、アメリカの論功行賞狙いだったのだろうと見ている。

1974年聖母病院において死去。

人物

田中耕太郎

聖公会からカトリックに改宗していた妻・峰子の影響を受けて、無教会主義キリスト教からカトリックに改宗している。以後、カトリックの立場からの反共産主義を唱えた。なお、大学時代に「お月さまの妖精」と自ら呼んだ女性に恋い焦がれたエピソードもある。

第二次世界大戦末期には、南原繁高木八尺らと東京帝大の知米派教授グループによる対米終戦交渉、カトリック信者としての人脈を生かしてのローマ教皇庁を通じた対外和平工作にも関与した。敗戦まで16年獄中にいた日本共産党幹部の志賀義雄が一高の同窓生であることもあって、食料や本などの差し入れを続け、戦時中は軍部にとって要注意人物とされた。しかし、最高裁判所長官就任後に、「田中長官、共産主義の仮面を痛撃『目的は憲法の否定』」と報じられるなど、戦前も戦後も、一貫して反共主義者であった。しかも退官後に東京新聞へ寄稿した中で「独立を保障されている裁判所や裁判官は、政府や国会や与野党に気兼ねをする理由は全然ない」とまで述べたという。東京新聞はコラム『筆洗』で、砂川事件大法廷判決の背景を引き“厚顔とはこのような人物をいう”と評している。

1957年8月19日の、皇太子明仁親王正田美智子との軽井沢のテニスコートでの出会いは、田中耕太郎が、カトリック人脈である小泉信三吉田茂らと共に演出したとされており、田中もその出会いの場に立ち会っている。

松本烝治門下であり、門下生に鈴木竹雄西原寛一石井照久片山金章などがいる。

実弟に飯守重任(元鹿児島地方裁判所・家庭裁判所所長。長沼ナイキ事件のいわゆる「平賀書簡問題」では札幌地裁所長の平賀健太を擁護)がいる。

学説

専門は商法学であり、教育基本法をはじめとする各種立法にも参加したが、他方、トミズムに立脚した法哲学者としても広く知られ、『世界法の理論』全三巻(1932年-1934年)においては、法哲学・国際私法・法統一に関する論を展開した。商法学者として研究を始めた彼は、手形上の法律関係が、証券に結合された金銭支払いを目的とする抽象的債権が転転流通する性質から、売買等の通常の契約関係と異なることや、その強行法規性、技術法的性質、世界統一的性質を基礎づけたことで知られている。商取引の国際性・世界性に着目し、商法という実定法研究から、名著『世界法の理論』(朝日賞受賞)にいたるような法哲学研究にまで領域を広げていった。実質的意義の商法について「商的色彩論」を提唱した。

栄典

主な著作・論文

法学・法哲学

随筆

紀行文

伝記

脚注

  1. ^ 日本国憲法施行後、皇族内閣総理大臣経験者を除き、唯一の大勲位菊花大綬章受章者である。また、生前に勲一等旭日桐花大綬章文化勲章を受章したのは、田中と横田喜三郎のみである。なお、栄典制度改革後は井深大が生前に文化勲章、没後に勲一等旭日桐花大綬章を受けている。
  2. ^ 最高裁判所裁判官就任後に閣僚に就任した例は高辻正己1973年から1980年まで最高裁判所裁判官に在任し、1988年法務大臣に就任した例がある
  3. ^ 管賀江留郎「道徳感情はなぜ人を誤らせるのか」(洋泉社)368頁
  4. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)26頁
  5. ^ 『思想検事』(荻野富士夫、岩波新書、2000年9月) P194、P201
  6. ^ 『「米軍違憲」破棄へ米圧力 59年の砂川裁判 一審判決直後 解禁文書で判明 駐日大使 最高裁長官と密談』しんぶん赤旗
  7. ^ 『砂川裁判:米大使、最高裁長官と密談 破棄判決前に』毎日.jp 2008年4月30日
  8. ^ 最高裁長官「一審は誤り」 砂川事件、米大使に破棄を示唆 共同通信2013年1月17日
  9. ^ 砂川事件:米に公判日程漏らす 最高裁長官が上告審前(1/2) 毎日新聞2013年4月8日
  10. ^ 例として、不法に入国した外国人であっても、国内に在留する限りは生命・自由・財産等は保障されなければならないことを挙げている。
  11. ^ 最高裁昭和34年12月16日大法廷判決
  12. ^ 『憲法判例百選II[第5版]』210事件有斐閣
  13. ^ 山本祐司「最高裁物語(下)」(講談社a文庫)425頁
  14. ^ 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」(自由国民社)27頁
  15. ^ 砂川事件 再審請求 元被告ら「公平な裁判侵害」 東京新聞2014年6月17日
  16. ^ 「筆洗」2013年4月10日付け
  17. ^ 飯守重任』 - コトバンク

参考文献

関連項目


最高裁判所長官(1950年 - 1960年)

最高裁判所長官代行

  1. 細野長良1947

最高裁判所長官

  1. 三淵忠彦1947-1950
  2. 田中耕太郎1950-1960
  3. 横田喜三郎1960-1966
  4. 横田正俊1966-1969
  5. 石田和外1969-1973
  6. 村上朝一1973-1976
  7. 藤林益三1976-1977
  8. 岡原昌男1977-1979
  9. 服部高顯1979-1982
  10. 寺田治郎1982-1985
  11. 矢口洪一1985-1990
  12. 草場良八1990-1995
  13. 三好達1995-1997
  14. 山口繁1997-2002
  15. 町田顯2002-2006
  16. 島田仁郎2006-2008
  17. 竹崎博允2008-2014
  18. 寺田逸郎2014-2018
  19. 大谷直人2018 - 現職


文部大臣(1946年 - 1947年)
再編前 | 
文部大臣 | 
文部卿 | 

  • 森有礼
  • 榎本武揚
  • 芳川顕正
  • 大木喬任
  • 河野敏鎌
  • 井上毅
  • 西園寺公望
  • 蜂須賀茂韶
  • 濱尾新
  • 外山正一
  • 尾崎行雄
  • 犬養毅
  • 樺山資紀
  • 松田正久
  • 菊池大麓
  • 児玉源太郎
  • 久保田譲
  • 桂太郎
  • 牧野伸顕
  • 小松原英太郎
  • 長谷場純孝
  • 柴田家門
  • 奥田義人
  • 大岡育造
  • 一木喜徳郎
  • 高田早苗
  • 岡田良平
  • 中橋徳五郎
  • 鎌田栄吉
  • 犬養毅
  • 岡野敬次郎
  • 江木千之
  • 岡田良平
  • 三土忠造
  • 水野錬太郎
  • 勝田主計
  • 小橋一太
  • 田中隆三
  • 鳩山一郎
  • 斎藤実
  • 松田源治
  • 川崎卓吉
  • 潮恵之輔
  • 平生釟三郎
  • 林銑十郎
  • 安井英二
  • 木戸幸一
  • 荒木貞夫
  • 河原田稼吉
  • 松浦鎮次郎
  • 橋田邦彦
  • 東條英機
  • 岡部長景
  • 二宮治重
  • 兒玉秀雄
  • 太田耕造
  • 松村謙三
  • 前田多門
  • 安倍能成
  • 田中耕太郎
  • 高橋誠一郎
  • 森戸辰男
  • 下条康麿
  • 高瀬荘太郎
  • 天野貞祐
  • 岡野清豪
  • 大達茂雄
  • 安藤正純
  • 松村謙三
  • 清瀬一郎
  • 灘尾弘吉
  • 松永東
  • 灘尾弘吉
  • 橋本龍伍
  • 松田竹千代
  • 荒木万寿夫
  • 愛知揆一
  • 中村梅吉
  • 有田喜一
  • 剱木亨弘
  • 灘尾弘吉
  • 坂田道太
  • 高見三郎
  • 稲葉修
  • 奥野誠亮
  • 三原朝雄
  • 永井道雄
  • 海部俊樹
  • 砂田重民
  • 内藤誉三郎
  • 谷垣専一
  • 田中龍夫
  • 小川平二
  • 瀬戸山三男
  • 森喜朗
  • 松永光
  • 藤尾正行
  • 塩川正十郎
  • 中島源太郎
  • 西岡武夫
  • 石橋一弥
  • 保利耕輔
  • 井上裕
  • 鳩山邦夫
  • 森山眞弓
  • 赤松良子
  • 与謝野馨
  • 島村宜伸
  • 奥田幹生
  • 小杉隆
  • 町村信孝
  • 有馬朗人
  • 中曽根弘文
  • 大島理森
  • 町村信孝


  • 科学技術庁長官 | 
  • 正力松太郎
  • 宇田耕一
  • 正力松太郎
  • 三木武夫
  • 高碕達之助
  • 中曽根康弘
  • 荒木万寿夫
  • 池田正之輔
  • 近藤鶴代
  • 佐藤栄作
  • 愛知揆一
  • 上原正吉
  • 有田喜一
  • 二階堂進
  • 鍋島直紹
  • 木内四郎
  • 西田信一
  • 平泉渉
  • 木内四郎
  • 前田佳都男
  • 森山欽司
  • 足立篤郎
  • 佐々木義武
  • 前田正男
  • 宇野宗佑
  • 熊谷太三郎
  • 金子岩三
  • 長田裕二
  • 中川一郎
  • 安田隆明
  • 岩動道行
  • 竹内黎一
  • 河野洋平
  • 三ッ林弥太郎
  • 伊藤宗一郎
  • 宮崎茂一
  • 中村喜四郎
  • 斎藤栄三郎
  • 大島友治
  • 山東昭子
  • 谷川寛三
  • 中島衛
  • 渡辺省一
  • 江田五月
  • 近江巳記夫
  • 田中眞紀子
  • 浦野烋興
  • 中川秀直
  • 近岡理一郎
  • 谷垣禎一
  • 竹山裕
  • 有馬朗人
  • 中曽根弘文
  • 大島理森
  • 町村信孝


  • 再編後 | 
  • 町村信孝
  • 遠山敦子
  • 河村建夫
  • 中山成彬
  • 小坂憲次
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/11/13 15:32

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「田中耕太郎」の意味を投稿しよう
    「田中耕太郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    田中耕太郎スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「田中耕太郎」のスレッドを作成する
    田中耕太郎の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail