このキーワード
友達に教える
URLをコピー

田邊賢輔とは?

田邊 賢輔 【生誕】
(1963-01-26) 1963年1月26日(57歳)
大阪府
【出身校】
大阪芸術大学
【職業】
ゲームクリエイター
任天堂企画開発本部統括

田邊 賢輔(たなべ けんすけ、1963年1月26日 - )は、日本ゲームクリエイター任天堂企画開発本部統括。大阪府出身。血液型はA型。

略歴

映像関係の仕事に興味を持ち、大阪芸術大学芸術学部映像学科に入学。

大学卒業後の1986年、任天堂に入社。当初は情報開発部(後の情報開発本部)に所属し、宮本茂のもとでゲーム開発に携わる。最初に手がけたゲームは『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』(ファミコンディスクシステム)で、ゼルダの伝説シリーズにおいては、シナリオまで含めた演出を担当する。

その後、しばらく出社しない状況に陥った所、「外注作品を担当してみたらどうか」と持ちかけられ、以降は外注担当のクリエイターとして活動する。

2004年に新設された企画開発本部へ異動。第3グループで外注作品のプロデューサーを数多く務めている。
外注の担当は、レトロスタジオ(『メトロイドプライム』シリーズ)やネクストレベルゲームズ(『マリオストライカーズ』シリーズなど)など海外のメーカーや、スキップ(『ちびロボ!』シリーズなど)やバンプール(『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』とその系譜)など、癖の強い特殊なゲームソフトを作る会社の作品に携わることが多い。
田邊自身も、「外注作品で自社の大作に対して勝つことはできないので、それならば任天堂らしさよりも、それまで無かったような斬新さを売りにしたゲームを作っていこうと思っている」という旨の発言をしている。

企画から発売まで12年以上かかった『MOTHER3』には、糸井重里酒井省吾とともに企画開始当初から関わっており、任天堂側の中心人物としては唯一である。NINTENDO64からゲームボーイアドバンスにかけて開発元やスタッフが変更されたが、上記のように田邊は外注担当であるため企画開発本部第3グループの代表として参加し続けることとなり、開発の主導的役割を果たした。

人物

現在の仕事分野に興味を持たせたのは手塚治虫だと答えている。

ゲーム製作者でありながら、ゲームはほとんどしない。好きなものはギターと洋楽。

映像作品はヒーローものが好きで、『ちびロボ!』ではガッチャマンのオマージュとして「ギッチョマン」を作ってもらった、『キャプテン★レインボー』では主人公の変身ポーズを自身がプロデューズした、といったエピソードも存在する。

作品

脚注

  1. ^ N.O.M 2006年6月号 NO.98『もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド』開発スタッフインタビュー・よくこんな濃いゲーム作れたもんやなぁより。
  2. ^ N.O.M 2005年7月号 NO.84『ちびロボ!』開発スタッフインタビューより。
  3. ^ 電撃DS&Wii』Vol.2に掲載された『キャプテン★レインボー』開発スタッフへのインタビュー記事より。

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/30 03:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「田邊賢輔」の意味を投稿しよう
「田邊賢輔」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

田邊賢輔スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「田邊賢輔」のスレッドを作成する
田邊賢輔の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail