このキーワード
友達に教える
URLをコピー

町村信孝とは?

町村 信孝
まちむら のぶたか

【生年月日】
(1944-10-17) 1944年10月17日
【出生地】
日本 静岡県沼津市
【没年月日】
(2015-06-01) 2015年6月1日(70歳没)
【死没地】
日本 東京都
【出身校】
東京大学経済学部卒業
【前職】
資源エネルギー庁
石油部石油企画官
【所属政党】
自由民主党(清和政策研究会)
【称号】
経済学士(東京大学・1969年)
従二位桐花大綬章(2015年)
【親族】
町村金弥(祖父)
桑田熊蔵(祖父)
町村金五()
町村敬貴(伯父)
河合良成(義叔父)
和田義明(娘婿)
第75代 衆議院議長

【在任期間】
2014年12月24日 - 2015年4月21日
【天皇】
上皇(平成の天皇)
第75代 内閣官房長官

【内閣】
福田康夫内閣
福田康夫改造内閣
【在任期間】
2007年9月26日 - 2008年9月24日
第121代 外務大臣

【内閣】
第1次安倍改造内閣
【在任期間】
2007年8月27日 - 2007年9月26日
第117代-118代 外務大臣

【内閣】
第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
【在任期間】
2004年9月27日 - 2005年10月31日
初代 文部科学大臣

【内閣】
第2次森改造内閣
【在任期間】
2001年1月6日 - 2001年4月26日
その他の職歴

第129代 文部大臣
第62代 科学技術庁長官

(2000年12月5日 - 2001年1月6日)
内閣総理大臣補佐官
(教育改革担当)

(2000年3月1日 - 2000年7月4日)
第124代 文部大臣
(1997年9月11日 - 1998年7月30日)
衆議院議員
(1983年12月19日 - 2015年6月1日)

町村 信孝(まちむら のぶたか、1944年昭和19年〉10月17日 - 2015年平成27年〉6月1日)は、日本政治家

衆議院議員(当選12回)、文部大臣(第124129代)、内閣総理大臣補佐官(教育改革担当)、科学技術庁長官(第62代)、原子力委員会委員長(第62代)、文部科学大臣(初代)、外務大臣(第136137140代)、内閣官房長官(第75代)、拉致問題担当大臣(福田康夫内閣)、衆議院議長(第75代)などを歴任した。

なお、名前の表記についてはこちらを参照のこと。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 政治家として
  • 2 発言・活動
    • 2.1 名前の表記について
    • 2.2 表現規制推進
    • 2.3 道路特定財源問題
    • 2.4 公務員制度改革に対する姿勢
    • 2.5 竹島問題
    • 2.6 司法制度改革
    • 2.7 たばこ増税
    • 2.8 学校制度
    • 2.9 大学入学予定者の自衛隊入隊を提案
    • 2.10 コメ減反見直し発言
    • 2.11 企業・団体献金の全面禁止について
    • 2.12 国会議員の世襲制限について
    • 2.13 政治団体による不動産の購入について
    • 2.14 民法改正
    • 2.15 発言
  • 3 他議員との関係
  • 4 年譜
  • 5 主な所属団体・議員連盟
  • 6 政治資金
  • 7 人物
  • 8 系譜
  • 9 家族・親族
  • 10 著書
  • 11 脚注
  • 12 参考文献
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

経歴

生い立ち

静岡県沼津市に内務官僚・町村金五の次男として生まれた。町村家は、父・金五が静岡県水産課長時代からの縁で、沼津市郊外にあった静岡県原町漁業組合長植松与三郎の別宅に疎開していた。

東京学芸大学附属世田谷中学校東京都立日比谷高等学校を経て東京大学経済学部卒業。

体格は、小学4年生の時点で身長1m60cm・体重60kgあり、相撲大会で優勝したこともあって、相撲部屋から勧誘されたことがある。高校ではラグビー部に入り、早稲田、慶應から勧誘された。

町村の東大在学中は東大紛争の真っ只中であり、ノンポリ学生のリーダーの一人として、東大紛争終結のための学生運動を率いた。

大学3年時に、サンケイ新聞社奨学金を受けて米国コネティカット州ウェズリアン大学に留学。

1968年(昭和43年)11月、東大経済学部ストライキ実行委員会の一人としておよそ1ヶ月のストライキを打っている。1969年(昭和44年)1月秩父宮ラグビー場にて東大7学部の学生・教職員9千人が参加した“大衆団交”では議長役を務め、大学自治の議定書である「東大確認書」には経済学部代表として署名している。大学でもラグビー部に所属していた。

1969年(昭和44年)東大を卒業し、通商産業省(現・経済産業省)に入省。昭和44年入省同期組らで、「44」(しし)と高倉健の歌である「唐獅子牡丹」に掛けて、「獅子の会」なる集まりを結成し、エネルギー問題などに関して血判状(連判状)を作って大臣、事務次官らを突き上げたこともあった。その後、米国ジェトロ出向経験を経て、1982年(昭和57年)4月に通商産業省を退官する。

政治家として

政界入りを父・金五に大反対され、夫人には何回落選しても付き合ってほしいと懇願する中で1983年(昭和58年)の第37回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選。以降10期連続当選(当選同期に田中直紀熊谷弘二階俊博野呂田芳成額賀福志郎衛藤征士郎田中秀征尾身幸次北川正恭伊吹文明自見庄三郎中川昭一大島理森野呂昭彦鈴木宗男甘利明など)。1991年北海道知事選挙では現職横路孝弘の圧倒的な強さの前に鳩山由紀夫舛添要一と共に当時の選挙区でのライバルで落選中の佐藤静雄を支援したが惨敗。

4年後の1995年北海道知事選挙では、自民党などが推薦する伊東秀子を支援したが、日本社会党などが推薦する前副知事堀達也に敗北。小選挙区比例代表並立制導入に伴い、当初は国政復帰を目指す横路が出馬する北海道1区での擁立が検討されたが、選挙区調整により先祖代々営むまちむら農場の在る北海道5区から出馬し、新進党の党首小沢一郎の甥である新人・小野健太郎に圧勝し初の小選挙区を制した。

1997年(平成9年)の第2次橋本改造内閣文部大臣に就任し、初入閣。小渕内閣では大臣経験者ながら高村正彦外務大臣の下、外務政務次官を務める。2000年第42回衆議院議員総選挙でも民主党小林千代美小沢自由党の小野が出馬して野党の票が割れた恩恵もあり小選挙区で勝利、第2次森改造内閣では文部大臣、科学技術庁長官原子力委員会委員長を務め、中央省庁再編により初代文部科学大臣となった。

小泉政権では自民党総務局長自民党幹事長代理を務め、2003年北海道知事選挙では通商産業省の後輩である高橋はるみを擁立し、北海道史上初の女性知事誕生に貢献した。同年の札幌市市長再選挙では北海道放送キャスター経験者の石崎岳を支援したが横路後援会が支援した上田文雄に敗北。

2004年10月7日、アメリカ合衆国国務長官コリン・パウエルと記者会見に臨む町村

2004年(平成16年)の第2次小泉改造内閣では外務大臣に就任した。町村の外相起用を強く働きかけたのは、同じ派閥の後輩にあたる安倍晋三で、9月22日に安倍が小泉と会談した際に起用が決まったとされる。外相としては対中ODA廃止や尖閣諸島の灯台管理などを行い、第3次小泉内閣まで務めた。政治家の年金未納問題が注目された際には年金の未納が発覚している。

民由合併北海道5区でも候補者が小林に一本化された事で2003年第43回衆議院議員総選挙2005年郵政選挙で町村は小選挙区の勝利が厳しいとの予測もされたが、結果的に連立政権を構築する公明党の全面支援もあり小選挙区で連勝(小林は2003年が比例復活、2005年は落選。)しかし、郵政選挙の際は全国的に自民党が圧勝する中、北海道では苦戦を強いられた。

2006年自由民主党総裁選挙では同選挙へ立候補した安倍の選対本部長代理として、安倍の総裁選出馬に奔走、総裁選後に発足した第1次安倍内閣では要職への就任が有力視されたが実現しなかった。その後、元首相森喜朗に代わり、清和政策研究会会長に就任し、町村派を率いる。

2007年9月22日、アメリカ合衆国国務長官コンドリーザ・ライスと会談する町村

2007年(平成19年)8月27日第1次安倍改造内閣で外務大臣に就任。当初は内閣官房長官への就任が確実視されていたが、安倍と麻生太郎の最終的な話し合いで、土壇場で与謝野馨の名が浮上し、町村は2度目の外相就任となった。外相再登板後は、麻生が提起した「北方領土面積二等分論」を強く批判。従来の方針通り「4島一括返還論」を主張する立場に回帰した。

安倍の退陣表明を受けて行われた2007年自由民主党総裁選挙では立候補に意欲を示したが、同派閥の福田康夫の立候補表明を受け福田を支持。自身の立候補は見送った。

2007年(平成19年)9月25日福田康夫内閣の発足に伴い外相から内閣官房長官に横滑りした。派閥の領袖が官房長官を務めるのは初めてのことである。なお官房長官に就任したため町村は閥務に時間が割けなくなり、町村派は会長職を廃止して町村、中川秀直谷川秀善の3人を代表世話人とする集団指導体制となった。福田康夫改造内閣でも内閣官房長官に留任。福田改造内閣発足後初の閣僚記者会見において、会見場に掲揚された国旗に登壇・降壇する時共に敬礼したのが町村ただ一人であったため、後に潮匡人が福田首相をはじめ、町村を除く全ての福田改造内閣の閣僚を批判している。

2009年(平成21年)2月5日、町村派内で依然として強い影響力を持っていた前会長の森は、麻生総理に批判的言動をとる中川の派内での影響力を削ぐために、町村を会長に復帰させた。森同様に町村自身も、中川との関係は非常に悪く、町村派の会合などで「町村派の中には確か広島県選出の議員はいらっしゃらなかった……ああ、中川先生がいらっしゃいましたか」などと皮肉とも取れる言動が見られた。

同年の第45回衆議院議員総選挙では小選挙区で民主党元職の小林に3万票余りの差をつけられ敗北。重複立候補した比例北海道ブロックで自民党が獲得した2議席に対し、名簿順位1位内の惜敗率で武部勤(北海道12区)に次ぎ2番目となり、復活当選で9選。10月15日には衆議院予算委員会の筆頭理事に就任。

その後、小林は選対幹部の公職選挙法違反での公訴提起北海道教職員組合からの不正な政治献金の問題が発覚し2010年(平成22年)6月に議員辞職に追い込まれた。これに伴う補選に出馬するため10月に議員辞職する。補選ではJ-NSCの会員の支援も受け自身の長女の札幌南高校の同級生だった民主党の新人中前茂之に勝利し、10選(投票率は過去最低の54.34%で、同選挙区の過去最低だった1996年の60.53%を大きく下回った)。

2012年9月16日自由民主党総裁選挙の街頭演説にて

2012年(平成24年)9月14日2012年自由民主党総裁選挙に立候補するも、9月18日に体調不良を訴えて入院する。9月26日の投開票では34票を獲得するに留まった。その後も入院生活を継続し、11月22日には脳梗塞が見つかった。

2014年(平成26年)12月24日衆議院議長に就任したが、2015年4月21日、再び軽い脳梗塞を発症したため辞任した。

2015年(平成27年)6月1日午後2時15分、東京都内の病院で脳梗塞のため死去。70歳没。6月3日、町村に対して従二位への追叙ならびに桐花大綬章が没後叙勲にて授けられることが日本政府の持ち回り閣議にて決定された。

2016年4月24日、町村の死去に伴い実施された北海道5区補欠選挙で、自民党公認で娘婿の和田義明が接戦の末、無所属の池田真紀(民進党日本共産党社民党生活の党と山本太郎となかまたちの4党推薦)を1万2000票差で破り、初当選した。墓所は本駒込吉祥寺 (文京区)武生(越前市)の龍門寺

発言・活動

名前の表記について

町村自身は、自身の名前の正しい字は旁の「言」の字最上部が「二」ではなく「なべぶた」である()と主張している。しかし、戸籍統一文字にそのような異体字は登録されてないため、戸籍においても同様の扱いであると判断できる。手書きにおける表記揺れの範囲内にすぎない。

表現規制推進

道路特定財源問題

「もし道路予算を一般財源化するなら、その一部を(整備新幹線に)つぎ込めないか。いろんな可能性を模索している。財務省などと真剣な話し合いをしている」と述べ、道路特定財源北海道新幹線を建設すべきとの見解を示した。

公務員制度改革に対する姿勢

内閣府特命担当大臣(規制改革担当)兼国・地方行政改革担当大臣渡辺喜美が進めていた公務員制度改革について、国家公務員制度改革基本法案の内容にある「内閣人事庁」の創設を「閣僚の人事権が弱まるのではないか」として反対した。国会議員公務員の接触を制限する「政官接触制限」についても反対するなど慎重な姿勢を貫き、渡辺と激しく対立した。

竹島問題

米国政府機関が竹島の帰属先を再度「韓国」に戻したことについて、「米政府の1機関がやることに、あまり過度に反応することはない」との見解を示した。福田首相が抗議を行う可能性については「ない。なぜ必要なのか」と述べた。

一方、2010年(平成22年)2月に起きた、民主党小林千代美陣営に北教組が選挙資金を違法に提供したとされる事件の際は、北教組について「日教組本部も驚くような団体だ」と指摘し、「研修資料に『竹島は韓国の領土だという、韓国の主張が正しいと教えましょう』と(書いている)。これが日本北海道の先生だ」と述べ、竹島を韓国領だと教育する北教組の教師を批判している。

司法制度改革

2008年(平成20年)7月18日政府が掲げる司法制度改革の法曹人口3000人の実現に異議を唱えた、日弁連の法曹増加の見直しを求める提言に対し、身内である弁護士報酬の低下という業界の利益を優先させていると指摘、「日弁連の見識を疑うものであります」と批判した。

たばこ増税

たばこ1箱を1000円にするたばこ増税について、「私個人は大変面白い提案だと思っている」と述べている。

学校制度

日本の学校制度について「十歳の大学生がいてもいいし、二十歳の中学生がいてもいい。年齢で学年が変わることは行き過ぎた平等だ」と、年齢主義を批判した。

大学入学予定者の自衛隊入隊を提案

大学への九月入学を一般化すべきだとしており、高校卒業後の半年は自衛隊へ入隊させて奉仕活動するのもいい、と述べている。

コメ減反見直し発言

減反政策の見直しを「食糧不足や価格高騰が起きている。日本だけの問題ではなく、世界の食糧不足という文脈で考えなければならない」として突然表明し、自民党内から「何の根回しもない」と強く批判された。農林水産大臣経験者である谷津義男は「減反をやめれば農家が大赤字になる。差額補償など約8000億円の補助金が必要だが、できるわけがない」と反論した。

企業・団体献金の全面禁止について

2009年(平成21年)3月19日民主党代表小沢一郎が提議した「企業・団体からの献金全面禁止」について、同日の派閥総会にて「まさに盗っ人猛々しい話だ」「(小沢氏の)目くらまし発言に乗せられないようにしてほしい」と批判した(ただし、町村自身は下記項目の政治資金で記されているように、政治資金規正法で禁止された地方公共団体を初め多数の企業・団体献金を受け取っている)。

国会議員の世襲制限について

菅義偉が国政選挙における世襲候補の立候補制限を唱えていることについて「こんな取るに足らないことをあたかも大ごとのように取り上げる政治家も政治家だし、マスコミもマスコミだ」「有権者の選択眼を信じない人が『世襲禁止』と言う」と批判した。一方で小泉純一郎が引退にあたり自らの次男を後継者に指名したことについては「率直に言って小泉さんらしからぬ行動だった」とコメントし、自身の2人の娘についても「継がせるつもりはない」としている。また、同時に「候補者を公募するシステムを充実させるべき」という考えも示している。 なお、町村の死去に伴う衆議院北海道第5区補欠選挙では、娘婿・和田義明(次女の夫 町村札幌事務所副所長)が立候補した。

政治団体による不動産の購入について

民主党小沢一郎が、政治資金団体不動産を購入したことについて、テレビ朝日の番組で、「自分のお金で自分の名前で登記すればいいんですよ。何で政治資金団体というものをわざわざ通すのか」と発言した。町村が代表者を務める政治団体「信友会」の政治資金収支報告書(2007年3月19日提出分)によれば、信友会は、2001年(平成13年)7月23日江別市内の不動産を1,000万円で取得している。(詳しくは#政治資金を参照)

民法改正

選択的夫婦別姓制度の導入に賛成。ただし、2010年に民主党の同法案に対しては反対を表明した。

発言

他議員との関係

町村は、2014年9月の内閣改造の際に地方創生相になった石破茂について「このポストが良い、嫌だと言い出したら自民党の人事はできない。あの男は一体何者だ。来年の総裁選に出たいなんて冗談じゃない」「(地方創生相なんて)極端なことを言えば素人でもやれるんじゃないか」「私の中ではあの男の評価は最低」などと名指しで辛辣に批判した。

年譜

2005年7月12日外務省にて
出典:wikipedia
2019/09/19 19:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「町村信孝」の意味を投稿しよう
「町村信孝」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

町村信孝スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「町村信孝」のスレッドを作成する
町村信孝の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail