このキーワード
友達に教える
URLをコピー

皇族とは?

皇族旗(親王旗・親王妃旗・内親王旗・旗・王妃旗・女王旗)

皇族(こうぞく、:Imperial Family)は、皇帝の一族、あるいは皇室典範における天皇親族のうち、既婚女子を除く男系嫡出血族およびその配偶者の総称。すなわち、「三后(皇后太皇太后皇太后)・親王親王妃内親王王妃女王」、および天皇退位特例法の定めるところの「上皇上皇后」の総称であり、天皇は含まれない。天皇を含む場合は皇室という。

宮家」も参照

目次

  • 1 概要
    • 1.1 皇族の身分の離脱
  • 2 皇族一覧
    • 2.1 現在の皇族
    • 2.2 系図
    • 2.3 皇族の呼称
  • 3 規模の推移
  • 4 皇位継承
  • 5 摂政・国事行為臨時代行
  • 6 特有事項
  • 7 宮家
  • 8 皇室会議
    • 8.1 婚姻関係
    • 8.2 皇籍離脱関係
    • 8.3 議員
  • 9 役職
    • 9.1 現在
    • 9.2 戦前
  • 10 前近代:狭義の皇族「皇親」と広義の皇族「王氏」
  • 11 大日本帝国憲法下での皇族
    • 11.1 皇族会議
    • 11.2 枢密院
    • 11.3 貴族院
    • 11.4 叙勲
    • 11.5 任官
    • 11.6 皇族の裁判
      • 11.6.1 民事訴訟
      • 11.6.2 刑事訴訟
    • 11.7 皇族の特有事項
    • 11.8 皇族の班位
  • 12 旧皇族
    • 12.1 旧皇族系図
  • 13 脚注
  • 14 関連項目
  • 15 外部リンク

概要

日本国憲法第二条
皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
皇室典範第五条
皇后太皇太后皇太后親王親王妃内親王王妃及び女王を皇族とする。
同・第六条
嫡出の皇子及び嫡男系嫡出の皇孫は、男を親王、女を内親王とし、三世以下の嫡男系嫡出の子孫は、男を王、女を女王とする。
天皇の退位等に関する皇室典範特例法第三条第一項
前条の規定により退位した天皇は、上皇とする。
同・第四条第一項
上皇の后は、上皇后とする。

現在は、法律たる皇室典範によってその範囲を定められた、皇統に属する天皇の一族を皇族とする。皇族には天皇のみ含めず、天皇と皇族をあわせた全体を皇室という。

この内、皇后・皇太后・皇太子・皇太子妃などとその独立していない子女の「内廷」に属する皇族は内廷皇族と呼ばれ、内廷から独立した宮家に属する皇族は宮家皇族と呼ばれる。

非嫡出子は皇族とされない。天皇の母方の血族や姻族に関しては特別の規定がなく、民法の規定により、天皇の外戚の内、皇后から3親等内の者が天皇の姻族となる。天皇の姻族は皇族ではないが民法上は天皇の親族である。このように皇族=天皇の親族・血族というわけではない。皇族以外の親族には下記「一般国民と皇族の差異」は当てはまらないが、近親婚の禁止等の規制等は適用される。

天皇又は親王・王の嫡出の子女として生まれた者以外が皇族となることができるのは、女子が天皇・親王・王のいずれかと結婚する場合(すなわち皇后・親王妃・王妃になる場合)のみに限られる(皇室典範15条)。

皇后(こうごう)
天皇の后。皇室典範に定められた敬称は「陛下」(23条)。内廷皇族摂政に就任しうるものとされる(第17条)。崩御後はに葬られる(27条)。立后には皇室会議の議を経ることが必要である(10条)が、すでに皇位継承者の妃である場合、夫の即位に伴って皇后となる。崩御した際には、「○○皇后」と追号されるのが慣例となっている。
生まれた皇子は男を親王、女を内親王とする(6条)。
上皇(じょうこう)
退位した天皇(天皇退位特例法第3条第1項)。敬称は「陛下」を用い(同第3条第2項)、喪儀は天皇の例に倣う。
上皇后(じょうこうごう)
上皇の后(同第4条第1項)。皇太后の例に倣うため、敬称は「陛下」を用い、摂政に就任することもできる。
太皇太后(たいこうたいごう)
先々代の天皇の皇后。摂政に就任しうるものとされる(皇室典範第17条)。また敬称は「陛下」を用い(第23条)、太皇太后を葬るところは陵と称する(第27条)。
皇太后(こうたいごう)
先代の天皇の皇后。敬称は「陛下」を用い(皇室典範第23条)、皇太后を葬るところは陵と称する(第27条)。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。
親王(しんのう)
天皇の嫡出皇子(正妻の皇子)および天皇の嫡男系嫡出の皇孫男子(第6条)、又は天皇の皇兄・皇弟(7条)。敬称は「殿下」。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。また王が皇位を継承したときは、その兄弟たる王を親王とする(7条)。
親王妃(しんのうひ)
親王の妃。皇太子妃も含まれる。敬称は「殿下」。親王妃は夫たる親王が皇位を継承するに伴い、皇后になる。親王妃が成婚前より内親王又は女王であった場合は、成婚後も皇后となるまでは、引き続き元来の身位(内親王又は女王)を併存(保持)する。
内親王(ないしんのう)
天皇の嫡出の皇女および天皇の嫡男系嫡出の皇孫女子(6条)、又は天皇の皇姉妹。敬称は「殿下」。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。天皇・皇太子の娘である場合、さらに「○宮」の御称号が与えられる。親王又は王と結婚した場合は、成婚後も皇后となるまでは、引き続き元来の身位を併存(保持)する。また王が皇位を継承したときは、その姉妹たる女王を内親王とする。
(おう)
天皇の嫡男系嫡出で三親等以上(曽孫以下)離れた皇族男子(傍系でなく直系尊属の天皇から数える)。敬称は「殿下」。摂政に就任しうるものとされる(第17条)。王は次の2つのどちらかに当てはまる場合、王から親王に身位が変更される。皇位の継承によって嫡出の皇子または嫡男系嫡出の皇孫となった場合。(皇室典範第6条)王の兄弟たる王が皇位を継承した場合。(皇室典範第7条)
王妃(おうひ)
王の妃。敬称は「殿下」。王妃は夫たる王が親王に身位が変更された場合は親王妃に、皇位を継承した場合は皇后になる。王妃が成婚前より内親王又は女王であった場合は、成婚後も皇后となるまでは、引き続き元来の身位(内親王又は女王)を併存(保持)する。
女王(じょおう)
天皇の嫡男系嫡出で三親等以上(曽孫以下)離れた皇族女子。敬称は「殿下」。摂政に就任しうるものとされる。親王又は王と結婚した場合は、成婚後も皇后となるまでは、引き続き元来の身位を併存(保持)する。女王は次の2つのどちらかに当てはまる場合、内親王に身位が変更される。皇位の継承によって嫡出の皇子または嫡男系嫡出の皇孫となった場合。女王の兄弟たる王が皇位を継承した場合。

皇族の身分の離脱

詳細は「臣籍降下」を参照

皇族一覧

詳細は「男性皇族一覧」を参照

現在の皇族

2019年(令和元年)5月1日現在の皇族は、以下の17名である。班位は、戦前の皇族身位令に準じる。ただし、兄弟姉妹間では出生の順による。

【班位】
名 【読み】
身位 続柄 世数敬称
宮号
称号
生年 【年齢】
皇位継
摂政勲等勲章
【】
【】
【】
【】
【】
【】
【】
【】
【】
【】
【】
承順位
【任順位】
【】

1 | 雅子 | まさこ | 1皇后 | 親等98/妻 |  | 陛下 |  |  |  (1963-12-09) 1963年12月9日 | 55 |  | 第03位 | 勲一等宝冠章 | 内廷皇族
2 | 明仁 | あきひと | 4上皇 | 親等1/父 |  | 陛下 |  | 継宮 |  (1933-12-23) 1933年12月23日 | 85 |  |  | 大勲位菊花章頸飾 | 内廷皇族
3 | 美智子 | みちこ | 1上皇后 | 親等97/母 |  | 陛下 |  |  |  (1934-10-20) 1934年10月20日 | 85 |  | 第04位 | 勲一等宝冠章 | 内廷皇族
4 | 愛子 | あいこ | 5内親王 | 親等1/皇女 | 1一世 | 殿下 |  | 敬宮 |  (2001-12-01) 2001年12月1日 | 17 |  | (未成年) |  | 内廷皇族
5 | 文仁 | ふみひと | 4親王 | 親等2/皇弟 | 1一世 | 殿下 | 秋篠宮 | 礼宮 |  (1965-11-30) 1965年11月30日 | 53 | 第1位 | 第01位 | 大勲位菊花大綬章 | 宮家皇族
6 | 紀子 | きこ | 8親王妃 | 親等99/文仁親王妃 |  | 殿下 | (秋篠宮) |  |  (1966-09-11) 1966年9月11日 | 53 |  |  | 勲一等宝冠章 | 宮家皇族
7 | 眞子 | まこ | 5内親王 | 親等3/皇姪 | 2二世 | 殿下 | (秋篠宮) |  |  (1991-10-23) 1991年10月23日 | 28 |  | 第5位 | 宝冠大綬章 | 宮家皇族
8 | 佳子 | かこ | 5内親王 | 親等3/皇姪 | 2二世 | 殿下 | (秋篠宮) |  |  (1994-12-29) 1994年12月29日 | 24 |  | 第06位 | 宝冠大綬章 | 宮家皇族
9 | 悠仁 | ひさひと | 4親王 | 親等3/皇甥 | 2二世 | 殿下 | (秋篠宮) |  |  (2006-09-06) 2006年9月6日 | 13 | 第2位 | (未成年) |  | 宮家皇族
10 | 正仁 | まさひと | 4親王 | 親等3/皇叔父 | 1一世 | 殿下 | 常陸宮 | 義宮 |  (1935-11-28) 1935年11月28日 | 83 | 第3位 | 第02位 | 大勲位菊花大綬章 | 宮家皇族
11 | 華子 | はなこ | 8親王妃 | 親等99/正仁親王妃 |  | 殿下 | (常陸宮) |  |  (1940-07-19) 1940年7月19日 | 79 |  |  | 勲一等宝冠章 | 宮家皇族
12 | 百合子 | ゆりこ | 8親王妃 | 親等99/崇仁親王妃 |  | 殿下 | (三笠宮) |  |  (1923-06-04) 1923年6月4日 | 96 |  |  | 勲一等宝冠章 | 宮家皇族
13 | 信子 | のぶこ | 8親王妃 | 親等99/寬仁親王妃 |  | 殿下 | (三笠宮) |  |  (1955-04-09) 1955年4月9日 | 64 |  |  | 勲一等宝冠章 | 宮家皇族
14 | 彬子 | あきこ | 7女王 | 親等6/皇再従妹 | 3三世 | 殿下 | (三笠宮) |  |  (1981-12-20) 1981年12月20日 | 37 |  | 第07位 | 勲二等宝冠章 | 宮家皇族
15 | 瑶子 | ようこ | 7女王 | 親等6/皇再従妹 | 3三世 | 殿下 | (三笠宮) |  |  (1983-10-25) 1983年10月25日 | 36 |  | 第08位 | 勲二等宝冠章 | 宮家皇族
16 | 久子 | ひさこ | 8親王妃 | 親等99/憲仁親王妃 |  | 殿下 | (高円宮) |  |  (1953-07-10) 1953年7月10日 | 66 |  |  | 勲一等宝冠章 | 宮家皇族
17 | 承子 | つぐこ | 7女王 | 親等6/皇再従妹 | 3三世 | 殿下 | (高円宮) |  |  (1986-03-08) 1986年3月8日 | 33 |  | 第09位 | 宝冠牡丹章 | 宮家皇族

皇統譜には宮号と称号は登録されない(宮内庁告示の形式によって官報で公表はされる)。なお、宮号は天皇がその親王個人に下し本人のみが称するものであり、当該親王の妃や子女等が自らの宮号としてこれを称することはない(たとえば、眞子内親王は宮号を賜っていない)。ただし、上表では妃や子女等についても便宜のため括弧書きしている。

系図

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 現在の天皇 | 
 | 現在の皇族 | 
 | 皇籍を離脱し生存する者 | 
 | 崩御・薨去した天皇・皇族 | 
 | 皇籍離脱後、逝去した者 | 
 | 
 | 


 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

大正天皇 | 
 | 貞明皇后 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

昭和天皇 | 
 | 香淳皇后 | 
 | 秩父宮
雍仁親王
 | 
 | 勢津子 | 
 | 高松宮
宣仁親王
 | 
 | 喜久子 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 三笠宮
崇仁親王
 | 
 | 百合子 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

東久邇成子
(照宮)
 | 
 | 久宮
祐子内親王
 | 
 | 鷹司和子
(孝宮)
 | 
 | 池田厚子
(順宮)
 | 
 | 明仁
(上皇) | 
 | 美智子 | 
 | 常陸宮
正仁親王
 | 
 | 華子 | 
 | 島津貴子
(清宮)
 | 
 | 近衞甯子 | 
 | 寬仁親王 | 
 | 信子 | 
 | 桂宮
宜仁親王
 | 
 | 千容子 | 
 | 高円宮
憲仁親王
 | 
 | 久子 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

徳仁
(今上天皇) | 
 | 雅子 | 
 | 秋篠宮
文仁親王
 | 
 | 紀子 | 
 | 黒田清子
(紀宮)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 彬子女王 | 
 | 瑶子女王 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 承子女王 | 
 | 千家典子 | 
 | 守谷絢子 | 
 | 

 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 敬宮
愛子内親王
 | 
 | 
 | 
 | 眞子内親王 | 
 | 佳子内親王 | 
 | 悠仁親王 | 
 | 
 | 
 | 
 | 


皇族の呼称

皇族の称呼は、内閣告示宮内庁告示や官報の皇室事項欄では、歌会始などの特別な場合を除き、次のようになっている。宮号や称号が表記されないことに注意が必要である。

宮内庁のウェブサイトや尊皇関係の書物においての呼称は以下様になっている。(上記と多少異なる)

皇族の班位は、ほぼ戦前の皇族身位令に準じるものとなっているが、兄弟姉妹間では、女よりも男を優先する場合と、男女関係なく出生順による場合とが見られる。前者の例として、昭和41年(1966年)の歌会始において寬仁親王(弟) → 甯子内親王(姉)の席次順となっている。後者の例としては、昭和52、53年(1977年1978年)の歌会始において、同じく容子内親王(姉) → 憲仁親王 (弟)の席次順となっている。昭和58年(1983年)の容子内親王降嫁後は、成年皇族間で順位の逆転が発生したこと自体がないため、近年の取り扱いは不明である。

上皇后美智子
秋篠宮文仁親王

規模の推移

上述の通り、人数は天皇を除いたものを記載する。

【日時】
【名】
【概要】
【増減】
人数
1947年10月14日 | 11宮家 | 皇籍離脱 | -51 | 15人
1948年02月11日 | 宜仁親王 | 誕生 | +1 | 16人
1951年05月17日 | 貞明皇后 | 崩御 | -1 | 15人
1950年05月21日 | 和子内親王 | 皇籍離脱 | -1 | 14人
1951年10月23日 | 容子内親王 | 誕生 | +1 | 15人
1952年10月10日 | 厚子内親王 | 皇籍離脱 | -1 | 14人
1953年01月04日 | 秩父宮雍仁親王 | 薨去 | -1 | 13人
1954年12月29日 | 憲仁親王 | 誕生 | +1 | 14人
1959年04月10日 | 明仁親王妃美智子 | 婚姻 | +1 | 15人
1960年02月23日 | 徳仁親王 | 誕生 | +1 | 16人
1960年03月10日 | 貴子内親王 | 皇籍離脱 | -1 | 15人
1964年09月03日 | 正仁親王妃華子 | 婚姻 | +1 | 16人
1965年11月30日 | 文仁親王 | 誕生 | +1 | 17人
1966年12月18日 | 甯子内親王 | 皇籍離脱 | -1 | 16人
1969年04月18日 | 清子内親王 | 誕生 | +1 | 17人
1980年11月07日 | 寛仁親王妃信子 | 婚姻 | +1 | 18人
1981年12月20日 | 彬子女王 | 誕生 | +1 | 19人
1983年10月14日 | 容子内親王 | 皇籍離脱 | -1 | 18人
1983年10月25日 | 瑶子女王 | 誕生 | +1 | 19人
1984年12月06日 | 憲仁親王妃久子 | 婚姻 | +1 | 20人
1986年03月08日 | 承子女王 | 誕生 | +1 | 21人
1987年02月03日 | 高松宮宣仁親王 | 薨去 | -1 | 20人
1988年07月22日 | 典子女王 | 誕生 | +1 | 21人
1989年01月07日 | 明仁親王 | 即位 | -1 | 20人
1990年06月29日 | 文仁親王妃紀子 | 婚姻 | +1 | 21人
1990年09月15日 | 絢子女王 | 誕生 | +1 | 22人
1991年10月23日 | 眞子内親王 | 誕生 | +1 | 23人
1993年06月09日 | 徳仁親王妃雅子 | 婚姻 | +1 | 24人
1994年12月29日 | 佳子内親王 | 誕生 | +1 | 25人
1995年08月25日 | 雍仁親王妃勢津子 | 薨去 | -1 | 24人
2000年06月16日 | 香淳皇后 | 崩御 | -1 | 23人
2001年12月01日 | 愛子内親王 | 誕生 | +1 | 24人
2002年11月21日 | 高円宮憲仁親王 | 薨去 | -1 | 23人
2004年12月18日 |  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/11/18 23:57

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「皇族」の意味を投稿しよう
「皇族」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

皇族スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「皇族」のスレッドを作成する
皇族の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail