このキーワード
友達に教える
URLをコピー

盛田幸妃とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


盛田 幸妃(もりた こうき、1969年11月21日 - 2015年10月16日)は、北海道茅部郡鹿部町出身のプロ野球選手(投手)。1994年から1997年までの登録名盛田 幸希

現役時代に脳腫瘍に罹患しながら、リハビリにより復活を遂げた。だが、脳腫瘍は以後も付きまとい、2015年に45歳で死去した。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 現役時代
    • 1.2 引退後
  • 2 選手としての特徴
  • 3 人物
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別投手成績
    • 4.2 タイトル
    • 4.3 表彰
    • 4.4 記録
    • 4.5 背番号
    • 4.6 登録名
  • 5 関連情報
    • 5.1 作品
    • 5.2 書籍
    • 5.3 出演
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

現役時代

鹿部中学時代は山本鉄弥の指導を受けた。函館有斗高校在学時に3度の甲子園出場を経験した。3年時の1987年に開催された第69回選手権大会では、1回戦で上原晃を擁する沖縄水産高校に敗退した。同年秋のプロ野球ドラフト会議横浜大洋ホエールズから1位指名を受け、契約金4800万円、年俸420万円(金額は推定)で入団した。

ルーキーイヤーの1988年5月21日中日ドラゴンズ戦で一軍デビュー。1992年、途中休養の須藤豊に代わり監督に就いた江尻亮によって5月下旬に先発から中継ぎに転向し、中継ぎとして登板した出場がほとんど(この年は52試合中46試合)でありながら規定投球回に達し、最優秀防御率のタイトルを獲得し自己最多チーム最多の14勝を挙げた。オールスターゲームにも監督推薦で初出場。佐々木主浩とともに「ダブルストッパー」と呼ばれる。だが球団名が横浜ベイスターズに変更された翌1993年は、春季キャンプ前の自主トレ中に右ひざ靭帯を損傷し、22試合出場に終わる。

1994年登録名を「盛田 幸妃」から「盛田 幸希」(読みは同じ)に変更。同時に前年引退した斉藤明夫から背番号17を受け継ぐ。この年に開幕前に右ひじを手術した佐々木に代わり、前半戦のクローザーを務めた。1995年はリーグ最多登板、オールスターゲームに監督推薦で2度目の出場。

1996年に監督の大矢明彦による大規模コンバートの一環として先発投手に転向し、レギュラーシーズン開幕投手を務める。しかし、リリーフとの調整法の違いや先発投手転向に伴いフォームの変更をしたことにより制球に苦しむようになり、危険球で退場処分されたのを機に成績が落ち始める(特に7月13日の対ジャイアンツ戦に先発登板した試合は、内角球の死球により警告試合が宣告された後に逆球のボールが打者頭部近くにいったため、死球では無かったのにも関わらず退場になってしまった。この試合がこの年の最後の先発登板になった。)。

1997年、先発投手として前年のチームの勝ち頭だった斎藤隆が右肘の手術に伴い戦線離脱する(結局この年は登板なし)など投手不足のために先発陣に据え置かれ、オープン戦で好投したこともあり2年連続で開幕投手(中日戦)となるが、1回裏に立浪和義に先頭打者本塁打を打たれる。この試合はナゴヤドーム初の公式戦であり、同球場の第1号の被本塁打投手となった。7回表の攻撃で一軍初出場の代打多村仁と交代し降板。6回3失点で敗戦投手となり、盛田はナゴヤドームでの敗戦投手第1号ともなった。4月の1ヶ月ローテーションは入ったものの勝てない上に投球内容も悪かった事もあり二軍降格この年の一軍先発登板は4月以降は無かった。以後、肘の故障もありリリーフとしても登板試合数が減少、その間若手投手が台頭しチームは7年ぶりにAクラス入りした。閉幕後、外野手の波留敏夫プロ野球脱税事件関与の疑いで翌年開幕からの出場停止処分を下された横浜と、リリーフ投手の佐野重樹が肘の手術により来季絶望となった近鉄バファローズの思惑が一致し、中根仁との交換トレードで近鉄へ移籍。

1998年に登録名を「幸妃」に戻す。近鉄移籍後はリリーフ専任に戻り開幕から好投していたが、5月末頃から右足首の違和感や麻痺などが起こり次第に状態が悪化、8月13日に一軍登録抹消。検査の結果、ゴルフボール大の髄膜腫(良性の脳腫瘍)が見つかり、9月に摘出手術を受ける。このとき医師から「スポーツ脳に腫瘍があり、普通の生活に戻れても、野球選手としては諦めなければならないかもしれない」と通告されたという。手術後も右足に麻痺が残る後遺症があったがリハビリで克服。驚異的な回復力で翌1999年8月には二軍戦に登板できるようになり、同年シーズン最終戦で一軍復帰した。

2001年6月13日の福岡ダイエーホークス戦、同点の5回裏一死一,二塁で登板してピンチを抑え、7回表にチームが勝ち越して1082日ぶりの勝利投手となる。また、7月4日の対千葉ロッテ戦、同点の10回表無死満塁で登板してわずか2球(一邪飛、遊併殺)でピンチを抑え、その裏にチームがサヨナラ勝ちを収めて2勝目を挙げるなど、この年は34試合に登板して近鉄の12年振りのリーグ優勝に貢献する。オールスターゲームにも中継ぎ投手部門でファン投票1位で選ばれ、カムバック賞を受賞。2018年度シーズン終了時点で、パシフィック・リーグから同賞を贈られた最後の選手である。

2002年9月25日に、同年シーズン限りでの現役引退を表明。10月6日オリックス・ブルーウェーブ戦(大阪ドーム)で引退試合が行われ、5年振りに先発した。同年、球団職員として横浜に復帰した。

引退後

横浜球団職員を務めながら、TBSラジオ専属の野球解説者として活躍。TBSニュースバード北海道放送(HBC)のテレビ・ラジオ中継のゲスト解説者としても客演(HBCラジオ向けの裏送り中継によく登場した)。高校時代の在学地・函館で例年2日間開催される北海道日本ハムファイターズの主催試合では、両日共にHBCラジオで解説を務めた。キャッチコピーは「奇跡のリリーバー」。またライツ・スポーツネットワークの講師の一人としても活動していた。また、HBCラジオの中継リスナーの間でも人気があったこともあり、2010年から3年間、年末にHBCラジオ「ファイターズDEナイト!」とタッグを組んだ特別番組「盛田DEナイト!」を放送していた。

2005年の夏に脳腫瘍が再発するが、翌2006年2月に除去手術を受けて成功した。しかし2010年に脳腫瘍の転移した骨腫瘍が発生、2013年には脳腫瘍も再発、骨への転移と手術も繰り返すようになり、2014年の春には大腿骨を骨折していた。

2015年10月16日午前、転移性悪性腺腫のため死去。45歳没。

選手としての特徴

150km/h以上のストレートと高速シュートを持ち味とした。 厳しい内角攻めを多投することで知られ、落合博満が特に苦手にしていた投手であった。近鉄では変化球でゴロを打たせるスタイルにモデルチェンジし、それがカムバック賞に繋がったと小谷正勝コーチが後年振り返っている。

人物

父親は北海道で漁師をしていた。プロ入り前、父親が出漁中に虫垂炎にかかり大洋漁業の船に収容され一命を取りとめて、大洋にドラフト指名された後「今度は僕が助ける番」と恩返しを誓い、話題を呼んだ。

5歳のとき実弟をリンパ肉腫で亡くす。弟が遺したグラブ(おもちゃ)で遊ぶようになったのが、野球生活の原点という。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1988 | 大洋
横浜
 | 3 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 23 | 4.1 | 6 | 3 | 4 | 0 | 0 | 3 | 1 | 0 | 6 | 6 | 12.46 | 2.31
1990 | 7 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 87 | 19.0 | 21 | 7 | 10 | 0 | 1 | 11 | 2 | 0 | 17 | 17 | 8.05 | 1.63
1991 | 26 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 0 | -- | .500 | 188 | 43.0 | 49 | 10 | 15 | 0 | 3 | 37 | 0 | 0 | 27 | 24 | 5.02 | 1.49
1992 | 52 | 6 | 1 | 0 | 0 | 14 | 6 | 2 | -- | .700 | 539 | 131.2 | 100 | 9 | 51 | 4 | 6 | 80 | 4 | 0 | 37 | 30 | 2.05 | 1.15
1993 | 22 | 0 | 0 | 0 | 0 | 3 | 2 | 3 | -- | .600 | 201 | 43.2 | 57 | 7 | 18 | 1 | 4 | 30 | 1 | 0 | 35 | 31 | 6.39 | 1.72
1994 | 46 | 0 | 0 | 0 | 0 | 8 | 4 | 16 | -- | .667 | 290 | 72.2 | 56 | 4 | 19 | 0 | 5 | 59 | 1 | 0 | 22 | 20 | 2.48 | 1.03
1995 | 57 | 0 | 0 | 0 | 0 | 8 | 4 | 5 | -- | .667 | 311 | 73.0 | 65 | 4 | 27 | 2 | 8 | 60 | 2 | 0 | 25 | 16 | 1.97 | 1.26
1996 | 28 | 15 | 1 | 0 | 1 | 5 | 9 | 0 | -- | .357 | 479 | 107.2 | 126 | 13 | 32 | 1 | 7 | 77 | 4 | 0 | 70 | 65 | 5.43 | 1.47
1997 | 32 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1 | 7 | 2 | -- | .125 | 268 | 59.1 | 74 | 8 | 19 | 3 | 3 | 39 | 3 | 1 | 41 | 35 | 5.31 | 1.57
1998 | 近鉄 | 32 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 1 | 1 | -- | .833 | 149 | 34.0 | 30 | 3 | 20 | 2 | 2 | 19 | 1 | 0 | 13 | 11 | 2.91 | 1.47
1999 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 2 | 0.1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 3.00
2000 | 3 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 14 | 2.0 | 3 | 1 | 3 | 0 | 2 | 3 | 0 | 0 | 4 | 4 | 18.00 | 3.00
2001 | 34 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | -- | 1.000 | 104 | 21.2 | 25 | 3 | 11 | 1 | 5 | 14 | 0 | 1 | 18 | 17 | 7.06 | 1.66
2002 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 3 | 0.2 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 1.50
通算:14年 345 | 33 | 2 | 0 | 1 | 47 | 34 | 29 | -- | .580 | 2658 | 613.0 | 612 | 72 | 231 | 14 | 46 | 434 | 19 | 2 | 315 | 276 | 4.05 | 1.38

タイトル

表彰

記録

初記録
その他の記録

背番号

登録名

関連情報

作品

中村ジン原作・笠原倫作画『復活 The Long and Winding Road』前・後編(白泉社ヤングアニマル』2000年6、7号掲載)
脳腫瘍からカムバックを果たすまでの実録コミック。
フジテレビプロ野球ニュース(1999年12月放送)
脳腫瘍からカムバックを成し遂げた復活の日を完全密着。夫人との昼食のシーン、試合中の夫人の表情を一部始終収録したスペシャル企画。
NHK総合『不屈の者たちへ 奇跡のストッパー 人生のマウンドに立つ』(2009年8月19日放送)
現役時代、脳腫瘍のため再起は不可能といわれながらも手術とリハビリによって奇跡の復活を果たした「奇跡のストッパー」盛田。引退後にも再発し、3度の手術を乗り越えてきた。病と向き合いながらも全力投球で生きる盛田の日々をそれを支えた家族の話を交えて綴ったドキュメント。

書籍

出演

脚注

  1. ^ 1985年夏季(第67回選手権大会)、1986年春季(第58回選抜大会)、および1987年夏季(第69回選手権大会)。
  2. ^ 朝日新聞、1987年11月29日付朝刊 (24面)
  3. ^ 発表こそ良性だが実は悪性腫瘍だった為に後年、腫瘍の再発・転移を繰り返し命を落とす事となった。
  4. ^ http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_june/KFullNormal20080611146.html
  5. ^ このとき盛田は打者1人のみに投球して降板したが、その打者は盛田と同じ年に大洋に入団した進藤達哉だった(進藤はドラフト外)。
  6. ^ 盛田さん通夜に、三浦ら400人が参列「攻める姿をマウンドで見せてもらった」”. スポーツ報知 (2015年10月20日). 2015年10月20日閲覧。
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ まさか脳に…優しい繊細な子だった/盛田幸妃氏
  10. ^ 朝日新聞、1987年11月19日付朝刊 (20面)
  11. ^ 盛田幸妃氏が死去…脳腫瘍乗り越えカムバック賞の“奇跡のリリーバー” - サンケイスポーツ

関連項目

外部リンク

業績
パシフィック・リーグ カムバック賞

1974年制定。上記以外の年は該当者なし。

セントラル・リーグ最優秀防御率
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 秋山登
  • 1961 権藤博
  • 1962 村山実
  • 1963 柿本実
  • 1964 G.バッキー
  • 1965 金田正一
  • 1966 堀内恒夫
  • 1967 権藤正利
  • 1968 外木場義郎
  • 1969 江夏豊

  • 1970年代 | 
  • 1970 村山実
  • 1971 藤本和宏
  • 1972 安田猛
  • 1973 安田猛
  • 1974 関本四十四
  • 1975 安仁屋宗八
  • 1976 鈴木孝政
  • 1977 新浦寿夫
  • 1978 新浦寿夫
  • 1979 平松政次

  • 1980年代 | 
  • 1980 松岡弘
  • 1981 江川卓
  • 1982 斉藤明夫
  • 1983 福間納
  • 1984 小林誠二
  • 1985 小松辰雄
  • 1986 北別府学
  • 1987 桑田真澄
  • 1988 大野豊
  • 1989 斎藤雅樹

  • 1990年代 | 
  • 1990 斎藤雅樹
  • 1991 佐々岡真司
  • 1992 盛田幸妃
  • 1993 山本昌広
  • 1994 郭源治
  • 1995 T.ブロス
  • 1996 斎藤雅樹
  • 1997 大野豊
  • 1998 野口茂樹
  • 1999 上原浩治

  • 2000年代 | 
  • 2000 石井一久
  • 2001 野口茂樹
  • 2002 桑田真澄
  • 2003 井川慶
  • 2004 上原浩治
  • 2005 三浦大輔
  • 2006 黒田博樹
  • 2007 高橋尚成
  • 2008 石川雅規
  • 2009 チェン

  • 2010年代 | 
  • 2010 前田健太
  • 2011 吉見一起
  • 2012 前田健太
  • 2013 前田健太
  • 2014 菅野智之
  • 2015 K.ジョンソン
  • 2016 菅野智之
  • 2017 菅野智之
  • 2018 菅野智之


  • 横浜ベイスターズ開幕投手
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 幸田優
  • 1961 秋山登
  • 1962 島田源太郎
  • 1963 稲川誠
  • 1964 稲川誠
  • 1965 稲川誠
  • 1966 秋山登
  • 1967 森中千香良
  • 1968 森中千香良
  • 1969 平岡一郎

  • 1970年代 | 
  • 1970 平松政次
  • 1971 平松政次
  • 1972 山下律夫
  • 1973 平松政次
  • 1974 平松政次
  • 1975 平松政次
  • 1976 平松政次
  • 1977 渡辺秀武
  • 1978 平松政次
  • 1979 平松政次

  • 1980年代 | 
  • 1980 平松政次
  • 1981 斉藤明雄
  • 1982 斉藤明夫
  • 1983 遠藤一彦
  • 1984 遠藤一彦
  • 1985 遠藤一彦
  • 1986 遠藤一彦
  • 1987 遠藤一彦
  • 1988 欠端光則
  • 1989 斉藤明夫

  • 1990年代 | 
  • 1990 中山裕章
  • 1991 中山裕章
  • 1992 野村弘樹
  • 1993 有働克也
  • 1994 有働克也
  • 1995 野村弘樹
  • 1996 盛田幸希
  • 1997 盛田幸希
  • 1998 川村丈夫
  • 1999 三浦大輔

  • 2000年代 | 
  • 2000 川村丈夫
  • 2001 小宮山悟
  • 2002 三浦大輔
  • 2003 吉見祐治
  • 2004 三浦大輔
  • 2005 三浦大輔
  • 2006 三浦大輔
  • 2007 三浦大輔
  • 2008 寺原隼人
  • 2009 三浦大輔

  • 2010年代 | 
  • 2010 S.ランドルフ
  • 2011 山本省吾
  • 2012 高崎健太郎
  • 2013 藤井秀悟
  • 2014 三嶋一輝
  • 2015 久保康友
  • 2016 井納翔一
  • 2017 石田健大
  • 2018 石田健大
  • 2019 今永昇太



  • 横浜大洋ホエールズ - 1987年ドラフト指名選手


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/06/19 06:24

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「盛田幸妃」の意味を投稿しよう
    「盛田幸妃」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    盛田幸妃スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「盛田幸妃」のスレッドを作成する
    盛田幸妃の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail