このキーワード
友達に教える
URLをコピー

盛田昭夫とは?

移動先: 案内検索
盛田昭夫

プレジデント社『プレジデント』9月号(1965)より

【生誕】
(1921-01-26) 1921年1月26日
日本 愛知県名古屋市
【死没】
(1999-10-03) 1999年10月3日(78歳没)
日本東京都港区東京都済生会中央病院
【国籍】
日本
【教育】
大阪帝国大学理学部物理学科
【配偶者】
盛田良子(旧姓:亀井)
【子供】
盛田英夫(盛田取締役名誉会長・CEO)
盛田昌夫ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)
【親】
父:盛田久左衛門
母:盛田収子
業績
【成果】
ソニーの設立

盛田 昭夫(もりた あきお、1921年1月26日 - 1999年10月3日)は、日本技術者実業家井深大と共に、電気機器メーカーソニー創業者の一人。1992年(平成4年)、名誉大英帝国勲章を受勲。

目次

  • 1 生涯
  • 2 人物
  • 3 系譜
  • 4 主な著作書籍
  • 5 脚注
  • 6 参考文献
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

生涯

愛知県名古屋市(盛田家の出自は常滑だが、盛田自身は名古屋出身である)に盛田久左衛門・収子の長男として生まれる。生家は、代々続いた造り酒屋で父・久左衛門は盛田家第14代当主。母・収子は、元大垣共立銀行頭取戸田鋭之助の娘であり、元仙台市長早川智寛の姪、会社再建の神様といわれた早川種三いとこにあたる。また、敷島製パン創業家とは親戚、三省堂創業家・亀井家とも姻戚関係にある。

愛知県第一師範学校附属小学校(現・愛知教育大学附属名古屋小学校)、旧制愛知県第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)、第八高等学校(現・名古屋大学)、大阪帝国大学理学部物理学科卒。

太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。

終戦後、1946年(昭和21年)に井深大らとソニーの前身である東京通信工業株式会社を設立し、取締役に就任。

人物

 | 

この節には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2014年3月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2014年3月)

井深大と共にソニーを世界企業に育て上げ、井深の技術的発想を実現すると共にソニーの発展を第一として活動、技術者出身ながら営業の第一線にあり、トランジスタラジオ、ウォークマン等を世界に売り込んだ。

当時のソニーが技術開発の資金を調達することは、大変であったと思われる。しかし、盛田はそれをやりぬき、トリニトロンの商品化を実現した。

私人としては「社交性に富み、非常に親しみやすい」と言われる反面、十数代続く造り酒屋の跡取りとして、厳格な一家の家長であったと言われている。ただし、子息に自己の思考を押し付けたり、特定の学校への進学等を指図する事はなかったという。

ソニー創業期の社員の給与は、盛田の実家の酒屋(盛田)から出ていたという逸話がある。また常滑市南部の盛田一族及び縁故者もソニーの株を大量に購入して事業を支えた。それほど創業期は資金面において苦しかった模様である。また、銭形平次の原作者である野村胡堂(レコード評論家「野村あらえびす」としても有名)より出資を受けている。

「日本は福祉国家ではない。」が持論で大きな政府に否定的な立場であったとされる。

1989年(平成元年)に政治家の石原慎太郎と『「NO」と言える日本──新日米関係の方策』を発表しミリオンセラーとなった。同著では、対米関係の見直しを直言するなど、論客としても知られたが、派手な言動は人により評価が分かれ、共に日米経済人会議の議長に擬された、経団連副会長の佐波正一(東芝)と好対照と視る向きもある。建築家岡田新一とは、次男が岡田の娘と結婚したため、姻戚関係にあった。

盛田の功績は経済界・産業界のみならず、ユニークな和製英語にも。ロマンスグレーは盛田が考案した造語。 以下はその内容。 57歳の1977年10月14日、愛知県名古屋市鶴舞公会堂での母校、愛知一中・旭丘高校創立100周年記念講演会で後輩の高校生に、SONYアメリカ社長時代の30代半ばで白髪となり戸惑っていた所、アメリカの友人から「こちらではローマンティック・グレーと呼ばれていて憧れなんだ」と教えられ、気を良くして一時帰国した折に、友人達にこのエピソードを「ロマンスグレー」と言い換えて伝えた。 後日それを聞いた小説家の飯沢匡が雑誌オール讀物に同名の小説を発表して社会現象になるほど広まった。盛田は友人達に「俺が本家だぞ」と笑っていたという。

系譜

盛田氏
早川智寛
  ┃
  ┣━━━━━早川種三
  ┃
┏長子          岩間和夫
┃             ┃
┗戸田鋭之助━━収子  ┏菊子
        ┃   ┃
        ┃   ┣盛田正明
        ┣━━━┫
        ┃   ┣盛田和昭
        ┃   ┃
    盛田久左衛門  ┗盛田昭夫
              ┃   ┏盛田英夫
              ┣━━━┫
              ┃   ┗盛田昌夫
      亀井豊治━━━━良子
  • 早川智寛
  • 早川種三
  • 戸田鋭之助 - 大垣藩家老の家に生まれ、大垣共立銀行初代頭取。正五位勲五等、大垣商工会議所会頭を務め、朝鮮総督府の要職等に就いた。
  • 盛田久左衛門 - 醸造業盛田元代表。
  • 盛田正明 - 元ソニー副社長。公益財団法人盛田正明テニス・ファンド代表。公益財団法人日本テニス協会名誉会長。
  • 盛田和昭 - 盛田エンタプライズ株式会社代表取締役会長
  • 盛田英夫
  • 盛田昌夫 - 1954年生。米ジョージタウン大学卒業後、モルガン銀行を経て1981年にソニーに入社。2015年ソニー・ミュージックエンタテインメイント代表取締役会長退任。
  • 岩間和夫 - ソニー第4代社長
  • 亀井豊治 - 三省堂書店創業者一族

主な著作書籍

  • 『学歴無用論』 (朝日新聞社 ISBN 978-4022604156)
  • 『新実力主義』 (文藝春秋)
  • 『MADE IN JAPAN』 (朝日新聞社、下村満子、E・M・ラインゴールドと共著、ISBN 978-4022605825) - 発行部数45万部
  • 『「NO」と言える日本』 (光文社、石原慎太郎と共著、ISBN 978-4334051587) - 発行部数125万部
  • 『21世紀に向けて』 (読売新聞社、デイヴィッド・ロックフェラーとの共著、ISBN 978-4643921182)
  • 『21世紀へ』 (ワック、論文集、ISBN 978-4898310205)
  • 『盛田昭夫語録—世界が舞台の永遠青年』 (ソニーマガジンズ、ソニー・マガジンズビジネスブック編集部編集による語録、ISBN 978-4789711012)
  • 『盛田昭夫語録』 (小学館、盛田昭夫研究会編集による語録、ISBN 978-4094162929)

脚注

  1. ^ 盛田昭夫ライブラリー 盛田家公認オフィシャルサイト
  2. ^ お知らせ ソニー 1998年2月23日

参考文献

 | 出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2010年6月)
  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 116-120頁

関連項目

外部リンク

【ビジネス】

先代:
井深大 | 3代目:ソニー社長
1971年 - 1976年 | 次代:
岩間和夫
【典拠管理】



主な製品
・ブランド | 

過去の
主な製品 | 

グループ
会社
 | 
エレクトロニクス | 

米ソニー・ミュージック
エンタテインメント
 | 

ソニー・ミュージックエンタテインメント(ジャパン)
レーベル | 
ソニー・ミュージックレーベルズ (ソニー・ミュージックレコーズ - エスエムイーレコーズ - SACRA MUSIC - アリオラジャパン - エピックレコードジャパン - Epic JYP - キューンミュージック - ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ - ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) - ソニー・ミュージックダイレクト

ビジュアル | 
アニプレックス - A-1 Pictures - Quatro A - ソニー・クリエイティブプロダクツ

ネット&メディア | 
エムオン・エンタテインメント - レーベルゲート

ライブ | 
Zeppホールネットワーク - Zeppライブ

アーティストマネジメント&パブリッシング | 
ソニー・ミュージックアーティスツ - ソニー・ミュージックパブリッシング - ミュージックレイン

マーケティング&ディストリビューション | 
ソニー・ミュージックマーケティング

ソリューション&ライツ | 
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ (ソニー・ミュージックスタジオ) - ソニーDADCジャパン - ジャレード

過去のグループ会社 | 
ダブル・オーレコード - ボイス&ハート - BMG JAPAN - ソニー・マガジンズ - デフスターレコーズ

関連項目 | 
ソニーグループ - ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国 - ドイツ)

関連カテゴリ | 
アーティスト - シングル - アルバム - 映像作品 - ゲームソフト

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
ソニー・ピクチャーズ・ モーション・ピクチャー・グループ | 

ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン | 

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントジャパン | 

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
主な製品 | 
現行 | 

過去 | 


開発部門・
グループ会社 | 
SCEワールドワイド・スタジオ
アジア | 
ジャパンスタジオ ポリフォニー・デジタル

北アメリカ | 
ノーティードッグ サンタモニカスタジオ ベンドスタジオ サンディエゴスタジオ フォスターシティースタジオ サッカーパンチプロダクションズ

ヨーロッパ | 
ゲリラゲームズ メディアモレキュール ゲリラケンブリッジ Evolution Studios ロンドンスタジオ

閉鎖 | 
989スタジオ ビッグビッグスタジオ インコグニート スタジオリバプール ジッパーインタラクティブ

フラン
チャイズ | 
アンチャーテッド inFAMOUS 怪盗スライ・クーパー KILLZONE グランツーリスモ ゲッタウェイ ゴッド・オブ・ウォー サイフォンフィルター SIREN サルゲッチュ ジャック×ダクスター SOCOM Twisted Metal どこでもいっしょ パタポン みんなのGOLF MedEvil MotorStorm ラチェット&クランク リトルビッグプラネット RESISTANCE Wipeout ワイルドアームズ


ソニー・インタラクティブエンタテインメント家庭用ゲーム機
プラットフォーム | 
据置型 | 

携帯型 | 
2010Happy Mail