このキーワード
友達に教える
URLをコピー

省エネルギーとは?

省エネルギー(しょうエネルギー)とは、同じ社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られるようにすることである。略して省エネと言われることも多い。

目次

  • 1 基礎
    • 1.1 エネルギー需要量の削減
    • 1.2 装置効率の向上
  • 2 省エネの具体的方法
  • 3 各国のエネルギー政策
    • 3.1 アメリカ合衆国
    • 3.2 イギリス
    • 3.3 日本
      • 3.3.1 歴史
      • 3.3.2 日本の消費エネルギーの内訳
      • 3.3.3 法規
      • 3.3.4 省エネルギーの日
  • 4 関連項目
  • 5 出典
  • 6 注釈
  • 7 外部リンク

基礎

省エネルギーはエネルギーフロー(エネルギーの流れ)の観点からは、エネルギー供給量の最小化を図ることであり、そのためにはエネルギー需要量を最小化するか、エネルギーの変換効率や搬送効率を向上させる必要がある。

エネルギー需要量の削減

エネルギー需要量を削減するためには、エネルギーの最終消費者が消費方法を選択・決定して調整していく必要があるが、自動化技術や制御技術によって省エネルギー化を実現しているものもある。

装置効率の向上

装置効率の向上には、第一に装置によるエネルギーの変換・搬送の前後での状態(エネルギーの入出力の状態)と装置効率の管理が必要となる。

第二にはエネルギーの変換・搬送装置自体のメンテナンスが必要となる。経年劣化や汚れの蓄積により装置の性能は低下するため、メンテナンスにより使用時点での最大効率が維持されるようにする必要がある。

省エネの具体的方法

すきま風対策のドラフトエクスクルーダー
運用改善
補修
機器の交換

各国のエネルギー政策

アメリカ合衆国

アメリカの産業部門・民生部門では92年エネルギー政策法により、冷蔵庫・ルームエアコン・モーター・大型冷暖房設備などのエネルギー使用機器製造業者に対して省エネ余地を考慮した強制基準を設けており、未達成の機器には回収命令が出される。

また、民生部門では、冷蔵庫、冷凍庫、エアコン、セントラルヒーティング、温水器、食器洗い器、洗濯機などにはエネルギー効率ラベリングが設けられている。

イギリス

イギリスでは、民生部門において、最低エネルギー効率基準が定められており、冷蔵庫や冷凍庫には基準を達成していない機器の回収命令を含めた強制基準、ボイラーや洗濯機にはガイドラインが設けられている。また、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機などには強制基準のエネルギー効率ラベリングが設けられている。

日本

歴史

日本では、オイルショックのときに「エネルギー安全保障」の面から始められた。一般的な省エネの目的としては費用(コスト)の低減が主であるが、限りあるエネルギーの使用量削減やエネルギー利用に伴う環境負荷削減を通した環境保護、経営管理や安全保障の観点におけるエネルギーリスクの低減も挙げられる。

1990年代以降、地球環境問題、特に温室効果ガスの削減が社会問題化して以降、その手法のひとつとして重要なものとなっている。

経済・産業活動や市民生活に大きな影響を与えずに行う為には、技術開発や各業界の強力な自主的取組・市民の協力が必要である。補助金などによる経済的な後押し政策も行われている。

日本では、トップランナー制度の導入により、技術向上が著しい。製品カタログや広告には統一省エネラベルが掲載され、ラベルの年度・星5段階の省エネ性能表示・メーカー名・機種名・省エネ基準達成率・年間消費電力量・1年間使用した場合の目安電気料金が表示されている。これらは、省エネ型製品情報サイトから誰でも検索・印刷することが可能である。また、省エネルギー型製品販売事業者評価制度に基づき、優良店は省エネ型製品普及推進優良店ロゴマーク(eShop)を使用できる。

2004年 - 2008年頃にかけて起こった原油価格高騰では、光熱費の大きな値上げによって企業や家庭で省エネムードが高まった。また、2011年3月以降は、東日本大震災によって東京電力東北電力の電力供給力が大幅低下したことにより、両社管内において需要が供給を上回らないようピークカットに主眼を置いた節電が推進されているが、これには全体のエネルギー消費量が増えるため省エネにあたらないような、「電気以外への代替」も含まれる。

日本の消費エネルギーの内訳

部門別エネルギー消費割合(2009年度)

GDPを生み出すのに投入するエネルギーの量を日本とアメリカ・EU、中国・インドとで比較するとアメリカ・EUは2倍、中国・インドは9倍となり、日本のエネルギー効率はきわめて高いことが解る。

オイルショック以降、日本の産業界の石油消費量は減少しているが、一般家庭が使用する電気・車のガソリン需要などが増えており、日本全体のエネルギー消費量は1980年以降では、20-30%伸びている。

2009年度の実態
(参考:2005年度)産業部門46%、運輸部門24%、業務部門13%、家庭部門12%、その他2%
電力44%、都市ガス18%、LPG12%、灯油25%、太陽熱1%
照明・家電・調理等39%、給湯33%、暖房26%、冷房2%
エアコン25%、照明16%、冷蔵庫16%、テレビ10%、電気カーペット4%、温水洗浄便座4%、衣類乾燥機3%、食器洗浄乾燥機2%、その他20%

法規

エネルギーの使用の合理化等に関する法律により、各種措置が定められている。

省エネルギーの日

一般財団法人省エネルギーセンター1977年より毎年2月を「省エネルギー月間」、また1980年4月より毎月1日を「省エネルギーの日」としていて、その内毎年8月1日は「夏の省エネルギー総点検の日」、毎年12月1日には「省エネルギー総点検の日」として重点的に実施されている。

関連項目

出典

注釈

  1. ^ 山本亨、加藤友美『エネルギー管理入門』2013年、2頁
  2. ^ 山本亨、加藤友美『エネルギー管理入門』2013年、3頁
  3. ^ 山本亨、加藤友美『エネルギー管理入門』2013年、4頁
  4. ^ 諸外国の省エネルギー対策の現状について 国土交通省、2017年7月13日閲覧。
  5. ^ 竹中平蔵 『竹中教授の14歳からの経済学』 東京書籍、2009年、39頁。
  6. ^ 栗原昇・ダイヤモンド社 『図解 わかる!経済のしくみ[新版]』 ダイヤモンド社、2010年、186-187頁。
  7. ^ 2009年度「総合エネルギー統計」 経済産業省/EDMC
  8. ^ 「総合エネルギー統計」経済産業省/EDMC
  9. ^ 「総合エネルギー統計」経済産業省/EDMC
  10. ^ 「家庭用エネルギー統計年報(2005)」住環境計画研究所
  11. ^ 「電気需要の概要(2005)」

外部リンク

環境問題
環境問題の基礎
概念 | 

環境倫理学 | 
  • 地球有限主義
  • 世代間倫理
  • 自然の生存権
  • ガイア理論
  • エコロジー
  • クオリティ・オブ・ライフ
  • 環境リスク
  • 環境保護主義
  • 持続可能性(サステイナビリティ)

  • 責任と権利 | 
  • 環境責任
  • 社会的費用
  • 環境政策
  • 環境権

  • 対策 | 
  • 外部性
  • 経済的手法
  • 科学的方法
  • 予防原則/予防的取組
  • マネジメント
  • アセスメント
  • モニタリング
  • 基準
  • 技術
  • 会計
  • ラベリング
  • 環境運動

  • 緑の党 | 
  • 環境政党
  • 緑の政治
  • グローバルグリーンズ
  • 緑の保守主義

  • 環境学 | 
  • 工学
  • 生物工学
  • 科学
  • 化学
  • 経済学
  • 歴史
  • 心理学
  • 社会学



  • 人類と環境の歴史
    環境問題の歴史 | 

    国際合意・声明 | 
  • ストックホルム会議('72)
  • 汚染者支払原則('72)
  • ロンドン条約('72, '96)
  • ワシントン条約('73)
  • マルポール条約('73, '78)
  • ラムサール条約('75)
  • ボン条約('79)
  • 世界自然憲章('82)
  • ブルントラント委員会('83)
  • TRI('86)
  • モントリオール議定書('87)
  • バーゼル条約('89)
  • 地球サミット('92)
  • 国際人口開発会議('94)
  • 砂漠化対処条約 ('94)
  • 京都議定書('97)
  • オーフス条約('98)
  • ミレニアム宣言('00)
  • カルタヘナ議定書('00)
  • ELV指令('00)
  • グローバルグリーンズ憲章('01)
  • ストックホルム条約('01)
  • 地球サミット('02)
    • ヨハネスブルグ宣言
  • RoHS/WEEE指令('03)
  • バラスト水管理条約('04)
  • ミレニアム生態系評価('05)
  • REACH('06)



  • 環境問題の一覧と概要
    水質汚染 | 

    大気汚染 | 
  • スモッグ
  • 光化学スモッグ
  • 煙霧
  • 煙害
  • 酸性雨

  • 土地の問題 | 
  • 土壌汚染
  • 土壌流出
  • 地盤沈下
  • 塩害
  • 砂漠化
  • 森林破壊
  • 磯焼け

  • 生活環境問題 | 
  • 騒音
  • 低周波騒音
  • トンネル微気圧波
  • 振動
  • 悪臭
  • 電磁波
  • 光害
  • 日照阻害

  • ごみ廃棄物 | 
  • ごみ問題
  • 不法投棄
  • ポイ捨て
  • 漂流・漂着ごみ
  • 放射性廃棄物
  • 循環型社会

  • 気候変動 | 
  • 地球温暖化
  • ヒートアイランド
  • 地球温暖化への対策

  • 生態系問題 | 
  • 乱獲
  • 密漁
  • 密猟
  • 絶滅危惧種
  • 外来種
  • 獣害
  • 虫害
  • 鳥害

  • その他 | 
  • 感染症
  • 生物災害
  • 有害物質
  • 環境ホルモン
  • 景観破壊
  • 環境難民

  • 複数領域にまたがるもの : 公害
  • 地球環境問題
  • 自然破壊



  • 持続可能な社会
    理念と定義 | 

    人口 | 
  • 家族計画
  • 人口爆発
  • 人口制御

  • 消費 | 
  • 反消費主義
  • 倫理的消費主義
  • エコロジカル・フットプリント
  • コモンズの悲劇

  • 食料と水 | 
  • 食糧安全保障
  • 持続可能な農業
  • 持続可能な漁業
  • 地産地消
  • 都市園芸
  • 水資源
  • 水危機
  • 節水

  • エネルギーと資源 | 
  • 省エネルギー
  • 再生可能エネルギー
  • エネルギー効率改善都市
  • 循環型社会
  • 環境財

  • 生物多様性 | 
  • 生物安全保障
  • 生物圏

  • 活動・分野 | 
  • 文化
  • 文化的景観
  • 地域多様性
  • コンパクトシティ
  • 農業
  • 漁業
  • 環境デザイン
  • パーマカルチャー
  • スローフード
  • ジオパーク
  • ツーリズム
  • 工学
  • 地球地図



  • Category:環境
  • Category:環境問題
  • Portal:環境


  • 地球温暖化気候変動
    経過 | 
    地球気候史 | 
    氷河時代 / 最終氷期 / ヤンガードリアス完新世温暖期ネオグラシエーション / 中世温暖期小氷期 / ハイエイタス // 過去の気温変化 …その他

    問題の経過 | 
    地球寒冷化世界気候会議スターン報告IPCC第4次評価報告書近年の地球温暖化対策


    原因 | 
    要因と
    メカニズム | 
    温室効果(温室効果ガス)• 太陽放射太陽変動日傘効果エアロゾルアルベド炭素収支(吸収源森林破壊) • 海洋循環大気循環大気変動ヒートアイランド軌道要素変動地殻変動 …その他

    考え方 | 
    放射強制力気候感度気候因子

    気候モデル | 
    GCM


    影響 | 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/02 11:15

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「省エネルギー」の意味を投稿しよう
    「省エネルギー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    省エネルギースレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「省エネルギー」のスレッドを作成する
    省エネルギーの」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail