このキーワード
友達に教える
URLをコピー

石丸進一とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
佐賀県佐賀市
【生年月日】
1922年7月24日
【没年月日】
(1945-05-11) 1945年5月11日(22歳没)
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手 内野手
【プロ入り】
1941年
【初出場】
1941年4月1日
【最終出場】
1943年11月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


石丸 進一(いしまる しんいち、1922年7月24日 - 1945年5月11日)は、プロ野球選手(投手内野手)、大日本帝国海軍軍人。

神風特別攻撃隊隊員として戦死した唯一のプロ野球選手である。兄は、同じくプロ野球選手として活躍した石丸藤吉

目次

  • 1 来歴・人物
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 プロ入り後
    • 1.3 応召・戦死
  • 2 エピソード
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別打撃成績
    • 3.2 年度別投手成績
    • 3.3 記録
    • 3.4 背番号
  • 4 石丸進一を演じた人物
  • 5 参考文献
  • 6 脚注
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

来歴・人物

プロ入り前

1922年7月24日佐賀県佐賀市水ヶ江町で、理髪業を営んでいた石丸金三の五男として生まれる。父は自身が苦労人だったため、「子供にはまともな教育を受けてほしい」と一心に思い、教育資金調達のために方々で借金を重ね、挙句の果てにその借金を一気に返そうとして株に手を出して大失敗し、借金を膨大させてしまう。この借金は石丸が学徒出陣する直前に完済している。

藤吉の影響で野球を始め、その後、兄が通っていた佐賀商業学校に入学し、2年生から速球派エースとなり、「石丸のワンマンチーム」と言われるほどの活躍を見せる。だが、1939年に甲子園出場がかかった予選である佐賀大会決勝戦では、試合が始まる寸前に疲労を予防する目的で飲んだ梅酒に酔っ払ってしまい、力を発揮出来ずして唐津中学に敗退し、1940年でも佐賀大会決勝戦で唐津中学に敗れ、在学中は甲子園出場が叶わなかった。

プロ入り後

卒業後、召集先の中国にいる兄に血判を押してまでしたためた名古屋軍の入団志願用紙を送り、それを読んだ兄が当時の球団代表だった赤嶺昌志に推薦したことで、1941年に入団(藤吉とともに初の兄弟選手となった)。

新人時代は兵役で離脱している藤吉の代役ということで、内野手として73試合に出場し、打率.197、0本塁打、8打点の成績を残した。内野手としてプレーする傍ら、煙草の銀紙を丸めて作ったボールで手首を鍛え、投手としていつでも出場できるようにしていたという。

その思いが通じたのか、藤吉の復帰後は投手として出場し、1942年4月1日の対朝日戦で、持ち前の速球と針の穴を通すほどの抜群の制球力で、初登板・初先発で2安打完封勝利を飾り、7月12日の対東京巨人軍戦でも須田博(ヴィクトル・スタルヒン)と投げ合って勝利するなど、最終的に負け数が先行したものの17勝19敗・防御率1.71と奮闘した。この年の名古屋軍は105試合で39勝だったため、勝利数の4割強を石丸一人で稼ぐという、まさに獅子奮迅の活躍だった。

1943年10月12日の対大和戦では戦前最後となるノーヒットノーランを達成しているが、当時、紙面が激減していた中部日本新聞においてもスコアと投手名が記載されただけの扱いだった。最後の勝利は同年11月6日、最終登板は11月7日で、4回を4安打無失点に抑えた。この年は20勝12敗・防御率1.15と前年以上の好成績を収め、チームを2位まで躍進させた。

応召・戦死

プロ野球選手ながら兵役を免れるため、日本大学法科夜間部に在籍していたが、1944年春の学徒出陣によって召集される。石丸は海軍飛行科を希望し、第14期飛行専修予備学生として筑波海軍航空隊に配属され、1945年神風特別攻撃隊に志願して特攻隊員となる。特攻訓練を受けたのち、鹿児島県の鹿屋基地に転進する。

同年5月11日菊水六号作戦発動に伴い、石丸は神風特別攻撃隊「第五筑波隊」隊員として爆装零戦に搭乗、沖縄方面の米機動部隊を目指して出撃し、未帰還となった。石丸の従弟である牛島秀彦が著者で、出撃前に同僚の本田耕一とキャッチボールを行ったエピソードなどを書いた「消えた春」は有名である。また、当時海軍報道班員として鹿屋基地に滞在していた作家の山岡荘八がこのキャッチボールに立ち会っており、10球投げ終わったところで石丸は山岡に向かって「これで思い残すことはない。報道班員、さようなら!!」と笑顔で叫んでグラブを放り投げ、飛行場へ去って行った、とするものと、グラブは置きボールを戦闘機に持って行って鉢巻きに包み風防から投げたというものがある。

石丸の背負っていた背番号26は、チームメートだった村松幸雄(グアム島で戦死)の18とともに戦後の数年間、欠番となった。現在、中日では井領雅貴が背番号26を使用している。 投手としてスリークォーターから回転の良い伸び上がるような速球とシュートとドロップが良かったようだ。

エピソード

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2011年6月)

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1941 | 名古屋 | 73 | 256 | 234 | 5 | 46 | 1 | 0 | 0 | 47 | 8 | 1 | -- | 10 | -- | 12 | -- | 0 | 6 | -- | .197 | .236 | .201 | .437
1942 | 65 | 167 | 147 | 4 | 17 | 3 | 0 | 0 | 20 | 8 | 0 | 1 | 8 | -- | 12 | -- | 0 | 7 | -- | .116 | .182 | .136 | .318
1943 | 43 | 119 | 115 | 4 | 23 | 1 | 0 | 0 | 24 | 8 | 0 | 0 | 0 | -- | 4 | -- | 0 | 5 | -- | .200 | .227 | .209 | .436
通算:3年 181 | 542 | 496 | 13 | 86 | 5 | 0 | 0 | 91 | 24 | 1 | 1 | 18 | -- | 28 | -- | 0 | 18 | -- | .173 | .218 | .183 | .401

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1942 | 名古屋 | 56 | 33 | 18 | 3 | 0 | 17 | 19 | -- | -- | .472 | 1425 | 347.2 | 227 | 8 | 169 | -- | 5 | 94 | 4 | 2 | 98 | 66 | 1.71 | 1.14
1943 | 43 | 30 | 27 | 6 | 0 | 20 | 12 | -- | -- | .625 | 1230 | 311.1 | 185 | 3 | 134 | -- | 3 | 91 | 2 | 0 | 57 | 40 | 1.15 | 1.02
通算:2年 99 | 63 | 45 | 9 | 0 | 37 | 31 | -- | -- | .544 | 2655 | 659.0 | 412 | 11 | 303 | -- | 8 | 185 | 6 | 2 | 155 | 106 | 1.45 | 1.08

記録

背番号

石丸進一を演じた人物

参考文献

第二十六章 最後のキャッチボール 石丸進一と筑波特攻隊 p221~p244

脚注

  1. ^ ただし、石丸の他に、神風特別攻撃隊ではなく「特別攻撃隊第165振武隊」隊員として戦死した渡辺静がいる。
  2. ^ この時代のボールは質が悪かったことも影響していると見られる。実際、この年の首位打者は.310(川上哲治)で、翌年は呉波(呉昌征)が史上最低の.286で首位打者になっている。
  3. ^ ベースボールマガジン2011年11月号66ページ
  4. ^ なおこの日、第五筑波隊からの突入打電は無かったため、途上で米軍戦闘機隊の襲撃を受けて撃墜されたものと推定されている。
  5. ^ この本をもとにして映画『人間の翼 最後のキャッチボール』が作られた。
  6. ^ 山岡荘八「最後の従軍」(1962年8月8日付朝日新聞)
  7. ^ 戦前最後のノーヒッター 神風に散った22歳・石丸進一の在りし日
  8. ^ 2013年ベースボール・マガジン社から刊行された『日本プロ野球偉人伝 Vol.2』60-61ページによると、本田との10球のキャッチボールは5月6日に出撃命令が出た後のことで、山岡が発表した手記から広く知れ渡ったエピソードだが、実際は悪天候のためこの日の出撃はなかった。

関連項目

外部リンク

日本プロ野球 ノーヒットノーラン投手
1930年代 | 

1940年代 | 
  • 亀田忠
  • 浅野勝三郎
  • 沢村栄治
  • 三輪八郎
  • 石田光彦
  • 亀田忠
  • 中尾輝三
  • 森弘太郎
  • 西沢道夫
  • 天保義夫
  • 藤本英雄
  • 別所昭
  • 石丸進一
  • 呉昌征
  • 梶岡忠義
  • 真田重男

  • 1950年代 | 
  • 金田正一
  • 林義一
  • 真田重蔵
  • 大友工
  • 山下登
  • 杉下茂
  • 大津守
  • 大脇照夫
  • 大矢根博臣

  • 1960年代 | 
  • 井上善夫
  • 中山義朗
  • G.バッキー
  • 外木場義郎
  • 清俊彦
  • 若生忠男
  • 堀内恒夫
  • 城之内邦雄
  • 鈴木啓示
  • 成田文男

  • 1970年代 | 
  • 渡辺秀武
  • 鬼頭洋
  • 藤本和宏
  • 鈴木啓示
  • 外木場義郎
  • 高橋直樹
  • 江夏豊
  • 神部年男
  • 加藤初
  • 戸田善紀

  • 1980年代 | 
  • 郭泰源
  • 田中幸雄
  • 近藤真一

  • 1990年代 | 
  • 柴田保光
  • 湯舟敏郎
  • 西崎幸広
  • 佐藤義則
  • T.ブロス
  • 渡辺久信
  • 野口茂樹
  • 石井一久
  • 川尻哲郎
  • 佐々岡真司

  • 2000年代 | 
  • M.バンチ
  • N.エルビラ
  • 川上憲伸
  • 井川慶
  • R.ガトームソン
  • 山本昌

  • 2010年代 | 
  • 前田健太
  • 杉内俊哉
  • 西勇輝
  • 山井大介
  • 岸孝之
  • 山口俊
  • 菅野智之
  • 千賀滉大
  • 大野雄大

  • 脚注

    ノーヒットノーラン達成投手のみ記載。
    完全試合達成投手についてはTemplate:日本プロ野球完全試合達成者を参照。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/12/12 10:45

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「石丸進一」の意味を投稿しよう
    「石丸進一」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    石丸進一スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「石丸進一」のスレッドを作成する
    石丸進一の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail