このキーワード
友達に教える
URLをコピー

石原裕次郎とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)
いしはら ゆうじろう
石原 裕次郎
1957年

【本名】
石原 裕次郎
【生年月日】
(1934-12-28) 1934年12月28日
【没年月日】
(1987-07-17) 1987年7月17日(52歳没)
【出生地】
日本 兵庫県神戸市須磨区
【死没地】
日本 東京都新宿区信濃町慶應義塾大学病院
【民族】
日本人
【身長】
178 cm
【血液型】
A型
【職業】
俳優歌手声優司会者モデル実業家ヨットマンマルチタレント
【活動期間】
1956年 - 1987年
【活動内容】
1956年:『太陽の季節』でデビュー。
【配偶者】
石原まき子(北原三枝)
【著名な家族】
父:石原潔
母:石原光子
兄:石原慎太郎
【公式サイト】
石原裕次郎/石原プロモーション
【主な作品】

映画
太陽の季節
狂った果実
嵐を呼ぶ男
銀座の恋の物語
テレビドラマ
太陽にほえろ!
大都会』シリーズ
西部警察』シリーズ
受賞
ブルーリボン賞

新人賞
1957年『勝利者』
企画賞
1964年太平洋ひとりぼっち
【その他の賞】

石原裕次郎賞(追悼創設)
映画の殿堂(1990年)
毎日映画コンクール(特別賞:死後)


石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 - 1987年(昭和62年)7月17日)は、昭和時代を代表する俳優歌手声優であり、司会者モデルといったマルチタレント実業家ヨットマンとしても活動していた。身長178cm。血液型はA型。愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー石原プロモーション元代表取締役社長(初代)兼会長。

兄は政治家小説家石原慎太郎

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 概要
    • 1.2 ケガ・病気の遍歴
  • 2 エピソード
    • 2.1 人物
      • 2.1.1 映画デビューについて
      • 2.1.2 仕事に対する姿勢
    • 2.2 性格
    • 2.3 趣味・嗜好
    • 2.4 交友
    • 2.5 その他のエピソード
    • 2.6 その他
  • 3 家族・親族
    • 3.1 石原家
    • 3.2 略系図
  • 4 出演
    • 4.1 映画
    • 4.2 テレビドラマ
    • 4.3 テレビ・ラジオ
      • 4.3.1 レギュラー番組
      • 4.3.2 ラジオドラマ
    • 4.4 CM
    • 4.5 大会出場
    • 4.6 パチンコ
  • 5 歌手活動
  • 6 書籍
    • 6.1 写真集
    • 6.2 出版
    • 6.3 連載
  • 7 演じた俳優
  • 8 脚注
    • 8.1 注釈
    • 8.2 出典
  • 9 関連項目
  • 10 関連人物
  • 11 外部リンク

来歴

概要

兵庫県神戸市須磨区で生まれ、北海道小樽市神奈川県逗子市に育つ。父・石原潔(山下汽船社員)は愛媛県、母・光子は広島県宮島の出身。

マリア幼稚園(現在の小樽藤幼稚園)卒園、稲穂国民学校時代に競泳天狗山スキーに親しむ。逗子中学校時代からはバスケットボールに熱中した。その後、慶應義塾高等学校を目指すが受験に失敗し、慶應義塾農業高等学校に籍を置くが、1951年に慶應義塾高等学校に編入学。卒業後は慶應義塾大学法学部政治学科に内部進学するが、放蕩生活に明け暮れる。

大学在学中から、俳優を目指し東宝大映日活のオーディションを受けるも全て不合格。しかし1956年に、映画プロデューサー水の江瀧子と兄・慎太郎の推薦があって、慎太郎の芥川賞受賞作『太陽の季節』の映画化の端役で映画デビュー。その後、慶應義塾大学を中退して日活に入社。『太陽の季節』に続いて製作された、同じく慎太郎原作の映画化作品『狂った果実』では、後に妻となる北原三枝を相手役に主演。その後は歌手・俳優として活躍し、主演映画が連続ヒットし、瞬く間に昭和を代表する日本最高のスターの一人となったが、ケガや病気に苦しんだ一生でもあった。1963年に石原プロモーションを設立。1970年代以降は映画から離れ『太陽にほえろ!』、『大都会』などテレビドラマで活躍した。戒名は陽光院天真寛裕大居士。万成石五輪塔神奈川県横浜市鶴見区にある總持寺に立てられている。墓碑には妻直筆で次のような言葉で綴られている。

美しき者に微笑を、淋しき者に優しさを、逞しき者に更に力を、全ての友に思い出を、愛する者に永遠を。心の夢醒める事無く。

2000年に発表された『キネマ旬報』の「20世紀の映画スター・男優編」で日本男優の2位、同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター男優」では第6位になった。

2018年7月17日に行われた32回忌法要では、妻である石原まき子舘ひろし神田正輝ら石原プロモーションの俳優たちとファン約600人が参列。法要終了後には、同年8月22日より2年間全国8箇所を巡り石原裕次郎ゆかりの品々を展示する、「石原裕次郎の軌跡」展を開催することを発表した。

ケガ・病気の遍歴

エピソード

人物

(以下、呼称については「裕次郎」と記載)

映画デビューについて

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

仕事に対する姿勢

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

性格

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

趣味・嗜好

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

交友

その他のエピソード

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

その他

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年10月)

1980年1月に成城の自宅(上神明遺跡内)において、古墳時代の遺跡、土器が発見されたこともある。それが歴史的大発見で話題になった。石原プロモーション所属俳優だった苅谷俊介は、石原邸の遺跡発見がきっかけとなって考古学に目覚め、同社を退社して考古学研究の道に踏み出すこととなった。

家族・親族

小樽にて家族写真
(左から父・潔、裕次郎、母・光子、兄・慎太郎)

石原家

(愛媛県松山市八幡浜市大洲市兵庫県神戸市須磨区北海道小樽市神奈川県逗子市東京都)
1899年(明治32年)12月生 - 1951年(昭和26年)10月没
1909年(明治42年)9月生 - 1992年(平成4年)6月没
1932年(昭和7年)9月生 -
1933年(昭和8年)7月生 -

裕次郎は良家の子弟というイメージがあるが、父・潔は山下汽船のサラリーマンであり、旧制中学も出ていない身から叩き上げて関連会社役員にまで出世した人物である。累代の名家とも、一代の商才で財を成した新興富裕層とも異なる、戦後の新興中流階級に属する。

略系図

詳細は「石原慎太郎#家族・親族」を参照
         石原潔━光子
           ┣━━━━━━━━━━━━━┓
       石原慎太郎━典子         石原裕次郎━まき子
           ┃
           ┣━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┓
        石原伸晃  石原良純  石原宏高   石原延啓

出演

映画

2010Happy Mail