このキーワード
友達に教える
URLをコピー

石川緑とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


石川 緑(いしかわ みどり、本名:伊藤 緑郎(いとう ろくろう)、1934年5月10日 - 2004年4月20日)は、愛知県豊川市出身のプロ野球選手。愛称は「ミドリ」。

目次

  • 1 来歴
  • 2 選手としての特徴・人物
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 タイトル
    • 3.3 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

来歴

愛知県立国府高等学校から、1954年中日ドラゴンズにテスト入団。1955年に、一軍初登板し3勝を挙げている。しかし、その後は一軍に定着できなかった。アンダースローに改造し、1960年に61試合に登板、13勝を挙げ防御率2.36を記録した。しかし、翌1961年は3勝にとどまり、同年オフ阪神タイガースに金銭トレードされる。

移籍1年目の1962年は5勝に終わるが、同年の東映フライヤーズとの日本シリーズでは3試合に中継ぎとしてに登板。翌1963年は9勝を挙げ先発投手陣の一角を担うようになる。1964年には10勝3敗 防御率2.90を挙げ投手成績8位、最高勝率を記録し、阪神のリーグ優勝に貢献した。優勝決定は9月30日の対中日戦で、完投勝利を挙げ胴上げ投手となった。また、この年は古巣・中日に5勝を挙げている。同年の南海ホークスとの日本シリーズでは2試合に登板。第3戦では2回から本間勝をリリーフし5イニングを2失点と好投、勝利投手となった。翌1965年も10勝を挙げた。1966年は、6勝に終わるが防御率3.12とそこそこの成績を残した。しかし1967年は、22試合に登板するも防御率6点台と精彩を欠き、オフに自由契約になり東映フライヤーズに移籍した。しかし、移籍後の1968年も前年と同程度の成績に終わり、オフに現役を引退した。引退後名古屋の高木工業に勤める。

2004年4月20日筋萎縮性側索硬化症による呼吸不全のため死去。69歳没。

1964年6月30日広島市民球場で行われた対広島カープ戦では、2回裏・広島の攻撃で、無死・一塁二塁の際、広島の打者・阿南準郎のバント小フライを石川が間接捕球したか直接捕球したかでトラブルとなっている。石川の捕球を球審稲田茂が間接捕球と判断したが、石川は直接捕球を確信しており、一塁へと送球。その後、ボールは二塁へと転送された。直接捕球であればトリプル・プレーが成立する状況だったが、稲田が間接捕球と判定していたことから、これが成立しなかった。これに対して、阪神の監督・藤本定義が猛抗議した。審判団協議の結果、稲田は判定を覆し、トリプル・プレー成立と判断した。この判断に、広島サイドが猛抗議し、「一死・一塁二塁」で試合再開という妥協案が提案されたものの決着せず、この判定から二時間半もの間試合は再開しないまま、最終的に午後9時50分ごろにノーゲームの判断が下された。この結果、当日の観客1万人の約半数が暴徒化、ベンチや放送室などの球場施設を破壊し、機動隊が出動する事態となった。結局、この球場施設破壊によって、試合を行うことができないと判断されたため、広島市民球場で6月30日から行われる予定だった阪神・広島3連戦は1試合も消化することなく、3試合とも中止となった。

選手としての特徴・人物

アンダースローからのチェンジアップカーブシュートを武器とした。ピッチング以外、捕球やフィールディングなどのプレーは流麗ではなく、ぎこちなさがあった。石川と阪神で同僚だった本間勝は、石川の動きがぎこちなくなければ、前述のバント小フライの判定トラブルは起きなかったのではないかと述べている。

使い勝手の良い投手で、1962年5月3日の対中日戦では三者連続三球三振を記録している。反面、先発した際には立ち上がりに難があり、1963年には対読売ジャイアンツ戦で「1回先頭打者から5球で3失点、さらに2連続安打で降板」、1965年には大洋ホエールズ戦で「1回先頭打者から連続3被本塁打」「1回先頭打者から8人連続出塁」といった記録を残している。

幼少のころ両親を亡くしたが、性格、身のこなしともおっとりしており、いつも笑顔の好人物だった。本間勝は、石川のことを「皆に慕われた“エエ恰好シイ”」と表現している。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1955 | 中日 | 10 | 6 | 1 | 0 | 0 | 3 | 2 | -- | -- | .600 | 168 | 40.2 | 39 | 2 | 12 | 0 | 0 | 15 | 2 | 0 | 17 | 16 | 3.51 | 1.25
1956 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | -- | ---- | 37 | 9.0 | 9 | 1 | 3 | 0 | 1 | 2 | 0 | 0 | 2 | 2 | 2.00 | 1.33
1957 | 13 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | -- | 1.000 | 119 | 28.0 | 26 | 4 | 6 | 0 | 2 | 9 | 1 | 0 | 12 | 11 | 3.54 | 1.14
1958 | 8 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | -- | ---- | 83 | 19.1 | 19 | 0 | 6 | 1 | 0 | 8 | 0 | 0 | 11 | 9 | 4.05 | 1.29
1959 | 6 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | -- | ---- | 47 | 9.2 | 14 | 0 | 4 | 0 | 0 | 6 | 1 | 0 | 8 | 4 | 3.60 | 1.86
1960 | 61 | 22 | 6 | 2 | 2 | 13 | 12 | -- | -- | .520 | 778 | 197.1 | 163 | 16 | 32 | 3 | 3 | 103 | 2 | 0 | 58 | 52 | 2.36 | 0.99
1961 | 30 | 5 | 0 | 0 | 0 | 3 | 1 | -- | -- | .750 | 232 | 52.2 | 59 | 5 | 17 | 0 | 1 | 26 | 0 | 0 | 32 | 27 | 4.58 | 1.44
1962 | 阪神 | 35 | 19 | 5 | 1 | 2 | 5 | 4 | -- | -- | .556 | 509 | 127.2 | 111 | 6 | 28 | 6 | 4 | 74 | 1 | 1 | 41 | 33 | 2.32 | 1.09
1963 | 38 | 19 | 5 | 3 | 1 | 9 | 8 | -- | -- | .529 | 627 | 145.2 | 162 | 18 | 34 | 1 | 4 | 59 | 0 | 1 | 76 | 64 | 3.95 | 1.35
1964 | 36 | 19 | 7 | 4 | 3 | 10 | 3 | -- | -- | .769 | 591 | 149.1 | 127 | 14 | 26 | 2 | 8 | 81 | 3 | 0 | 51 | 48 | 2.90 | 1.02
1965 | 43 | 19 | 4 | 4 | 2 | 10 | 10 | -- | -- | .500 | 556 | 139.0 | 126 | 13 | 26 | 2 | 2 | 66 | 0 | 0 | 56 | 45 | 2.91 | 1.09
1966 | 40 | 24 | 5 | 1 | 0 | 6 | 13 | -- | -- | .316 | 611 | 150.0 | 145 | 15 | 19 | 3 | 8 | 62 | 1 | 0 | 60 | 52 | 3.12 | 1.09
1967 | 22 | 4 | 0 | 0 | 0 | 1 | 4 | -- | -- | .200 | 184 | 43.2 | 44 | 7 | 13 | 1 | 3 | 20 | 0 | 0 | 30 | 30 | 6.14 | 1.31
1968 | 東映 | 27 | 9 | 0 | 0 | 0 | 1 | 3 | -- | -- | .250 | 251 | 57.2 | 63 | 15 | 18 | 1 | 2 | 16 | 0 | 1 | 40 | 39 | 6.05 | 1.40
通算:14年 374 | 148 | 33 | 15 | 10 | 62 | 60 | -- | -- | .508 | 4793 | 1169.2 | 1107 | 116 | 244 | 20 | 38 | 547 | 11 | 3 | 494 | 432 | 3.32 | 1.16

タイトル

背番号

脚注

  1. ^ 本間勝 (2013年4月). “1964年の胴上げ投手 皆に慕われた“エエ恰好シイ””. 月刊タイガース. 2014年6月22日閲覧。
  2. ^ 石川緑氏死去 元プロ野球選手”. 共同通信 (2004年7月23日). 2013年5月24日閲覧。
  3. ^ “【6月30日】1964年(昭39) 2時間半待たせた挙げ句に…ノーゲームでファン5千人暴徒化”. サンケイスポーツ. http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_10june/KFullNormal20100601228.html 2014年6月22日閲覧。
  4. ^ “楽天松井裕樹が記録した3者連続3球三振を過去に達成しているのは?”. BBCrix. (2017年5月6日). https://bbcrix.com/articles/60669/original 2017年12月18日閲覧。

関連項目

外部リンク

セントラル・リーグ最優秀勝率投手
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 秋山登
  • 1961 伊藤芳明
  • 1962 小山正明
  • 1963 山中巽
  • 1964 石川緑
  • 1965 山中巽
  • 1966 堀内恒夫
  • 1967 堀内恒夫
  • 1968 島田源太郎
  • 1969 高橋一三

  • 1970年代 | 
  • 1970 村山実
  • 1971 坂井勝二
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 倉田誠
  • 1974 松本幸行
  • 1975 星野仙一
  • 1976 加藤初
  • 1977 新浦寿夫
  • 1978 鈴木康二朗
  • 1979 藤沢公也

  • 1980年代 | 
  • 1980 福士敬章
  • 1981 江川卓
  • 1982 都裕次郎
  • 1983 津田恒美
  • 1984 江川卓
  • 1985 北別府学
  • 1986 北別府学
  • 1987 川端順
  • 1988 小野和幸
  • 1989 西本聖

  • 1990年代 | 
  • 1990 斎藤雅樹
  • 1991 北別府学
  • 1992 斎藤雅樹
  • 1993 山本昌広
  • 1994 紀藤真琴
  • 1995 石井一久
  • 1996 斎藤雅樹
  • 1997 三浦大輔
  • 1998 桑田真澄
  • 1999 上原浩治

  • 2000年代 | 
  • 2000 工藤公康
  • 2001 入来祐作
  • 2002 上原浩治
  • 2003 井川慶
  • 2004 上原浩治
  • 2005 安藤優也
  • 2006 川上憲伸
  • 2007 高橋尚成
  • 2008 館山昌平
  • 2009 D.ゴンザレス

  • 2010年代 | 
  • 2010 久保康友
  • 2011 吉見一起
  • 2012 杉内俊哉
  • 2013 小川泰弘
  • 2014 山井大介
  • 2015 M.マイコラス
  • 2016 野村祐輔
  • 2017 薮田和樹
  • 2018 大瀬良大地
  • 2019 山口俊

  • 1973年から2012年までは表彰なし

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/11/14 13:12

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「石川緑」の意味を投稿しよう
    「石川緑」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    石川緑スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「石川緑」のスレッドを作成する
    石川緑の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail