このキーワード
友達に教える
URLをコピー

社会主義とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年10月)
「カテゴリ:社会主義」 の一部
社会主義


社会主義の潮流
社会主義
空想的社会主義
チャーティズム

共産主義
マルクス主義
マルクス・レーニン主義
左翼共産主義
スターリン主義
トロツキズム
毛沢東主義
主体思想

アナキズム
サンディカリスム
アナルコサンディカリスム
デ・レオン主義
社会的無政府主義
国家社会主義

修正主義
社会民主主義
民主社会主義
黄色社会主義
ユーロコミュニズム
市場社会主義
リバタリアニズム社会主義

アラブ社会主義
アフリカ社会主義
ビルマ式社会主義

エコ社会主義

21世紀の社会主義

宗教的社会主義の潮流
宗教社会主義
キリスト教社会主義
仏教社会主義
イスラム教社会主義

歴史
産業革命 · 市民革命
共産党宣言· 1848年革命 · 1848年のフランス革命 · パリ・コミューン
ロシア革命 · 冷戦 · 平和共存
スターリン批判 · ハンガリー動乱
中ソ対立 · 文化大革命
東欧革命 · ソ連崩壊

国際組織
第一インターナショナル
第二インターナショナル
第三インターナショナル
第四インターナショナル
コミンフォルム
労働社会主義インターナショナル
社会主義インターナショナル
インターナショナル一覧

関連項目
啓蒙思想 · 自由主義 · 平等主義
近代化 · 資本主義 · ブルジョワ

独占資本 · 国家独占資本主義
帝国主義 · 植民地 · 大恐慌

社会改良主義 · 唯物史観 · 階級闘争
プロレタリア独裁 · 前衛党 · 民主集中制 · 人民民主主義

労働運動 · 労働組合 · コミューン
労働価値説 · 搾取 · 社会保障

国有化 · 計画経済 · 大きな政府
· 混合経済 · 集産主義 · 社会的富の公平分配

国際主義 · 世界革命論
一国社会主義 · 社会主義国
国家資本主義 · 制限主権論

社会愛国主義 · 反資本主義 · 反帝平和主義 · 反共主義 · マルクス主義批判 · 反レーニン主義 · 反スターリン主義 · 社会主義市場経済
反グローバリゼーション
赤旗 · インターナショナル (歌)
プロレタリア文学
社会主義リアリズム
左翼 · 極左 · 改良主義 · 急進主義 · 進歩主義


社会主義(しゃかいしゅぎ、: socialism)は、個人主義的な自由主義経済資本主義の弊害に反対し、より平等公正な社会を目指す思想、運動、体制。

歴史的にも社会主義を掲げる主張は多数あり、社会改良主義社会民主主義無政府主義国家社会主義なども含む。

目次

  • 1 用語
  • 2 概要
  • 3 潮流
    • 3.1 空想的社会主義
    • 3.2 社会民主主義
    • 3.3 無政府主義
    • 3.4 サンディカリスム
    • 3.5 共産主義
    • 3.6 第三世界の社会主義
    • 3.7 宗教的社会主義
    • 3.8 国家社会主義
    • 3.9 新左翼
    • 3.10 その他
  • 4 歴史
    • 4.1 源流
    • 4.2 初期社会主義
    • 4.3 マルクス主義と第一インターナショナル
    • 4.4 第一次世界大戦以降
    • 4.5 第二次世界大戦以降
    • 4.6 ソ連崩壊後
  • 5 批評・批判
  • 6 脚注
  • 7 参考文献
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

用語

「社会」の語源は「ラテン語: socius」(友人、同盟国などの意味)である。「社会主義」の語の最初の使用は諸説あるが、「自由、平等、友愛」の語を普及させたピエール・ルルーが1832年に「フランス語: personnalite」(個人化、個別化、パーソナライズなどの意味)の対比語として記した「フランス語: socialisme」(直訳では「社会化する主義」、社会主義)が最初とも言われており、ルルーは1834年には「個人主義と社会主義」と題した文書を発行した。他には1827年のアンリ・ド・サン=シモンなどの説があるが、いずれもフランス革命の流れの中で発生した。「社会主義」の語は、後の近代的な意味では色々な主張により使用された。このように歴史的には「社会主義」の語は主に、個人主義的な自由主義やそれを基本原理とした資本主義などの対比概念として使用されている。

概要

「社会主義」にはさまざまな定義や潮流がある。狭義には、生産手段の社会的共有と管理を目指す共産主義、特にマルクス主義とその潮流を指す。広義には各種の社会改良主義社会民主主義、一部の無政府主義国家社会主義なども含めた総称である。

歴史的には、市民革命によって市民が基本的人権など政治的な自由と平等を獲得したが、資本主義の進展により少数の資本家と大多数の労働者などの貧富の差が拡大して固定化し、労働者の生活は困窮し社会不安が拡大したため、労働者階級を含めた経済的な平等と権利を主張したものとされる。市民革命と社会主義運動は、啓蒙思想近代化では共通であるが、初期の資本主義が経済的には自由放任主義(夜警国家)を主張したのに対し、社会主義は市場経済の制限や廃止、計画経済社会保障福祉国家などを主張する。

なお、社会主義を含む19世紀の社会改革運動は、生活環境改善などの物質的な側面だけでなく、理想社会(世俗的千年王国)の建設という主題を含む精神運動でもあり、同じ主題を持つ精神運動であった心霊主義と当初から密接な関係を持っていた。

第一次世界大戦後にロシア革命が起こり、世界最初の社会主義国であるソ連が誕生した。第二次世界大戦後は社会主義陣営と自由主義陣営の間で冷戦や、朝鮮戦争ベトナム戦争などの代理戦争が続いた。西側諸国内でも資本主義勢力と社会主義勢力と社民主義勢力の対立が生まれ、東側諸国でもソ連型社会主義自主管理社会主義の対立、中ソ対立などが起こった。一方で非共産主義諸国でも、西側諸国でのニューディール政策など混合経済化が進んだ。

共産党一党独裁のもとに中央集権型の官僚制が構築されたソ連型社会主義は、ソ連から東欧東アジア中東アフリカの一部に拡大したが、特にブレジネフ指導体制の成立後は停滞する。1989年には東欧革命が勃発、1991年にはソ連が崩壊し、ソ連型社会主義のイメージは世界的に失墜した。現在、共産党一党支配が続く中華人民共和国ベトナム市場原理の導入を進め、事実上の混合経済体制を築いており、経済発展が著しい。しかし、北朝鮮は市場原理の導入を拒否し、経済的に停滞している。

他方、社会民主主義と呼ばれる勢力は、第一次世界大戦後も共産主義者に批判されながらも西側諸国の議会で勢力を拡大した。イギリス労働党フランス社会党ドイツ社会民主党などが代表的なヨーロッパの社会民主主義政党である。これらの政党自由主義民主主義を擁護し、ソ連型社会主義の独裁に対して批判的な態度をとり、第二次世界大戦後は社会主義インターナショナルを結成した。1980年代に新自由主義の台頭により一時党勢を後退させたが、市場原理に一定の評価を下した「第三の道」(ブレア)などの路線によって1990年代には勢力をもりかえし、イギリスフランスドイツイタリアスペイン北欧諸国などでは度々与党の座についている。

また、植民地から独立した第三世界では、社会主義を掲げる国々が多い。有名なのはインドであり、インド憲法には「インドは社会主義の国である」と明記されている。インドの西ベンガル州ケララ州では度々インド共産党が州政府に選出されている。また、中東のイラクシリアリビアなどではアラブ社会主義のもとに一党支配がなされていたが、2003年のイラク戦争や2012年からのアラブの春によってこれらの独裁政権は崩壊したか、崩壊寸前である。また、キプロスネパールでは共産党系の政党が与党となって国政を担っている。

新自由主義に苦しめられた中南米諸国では、21世紀に入って社会主義政権の伸張が著しい。ベネズエラなどでは選挙を通じて社会主義を掲げる政権が成立し、社会主義路線を進めている。反米左派という点では、ベネズエラの路線は、キューバニカラグアエクアドルの諸政府と一致している。また、ブラジルでも一種の社会民主主義政党である労働党が政権を担当し、社会的公正経済成長を同時に推進している。

潮流

主な潮流には以下がある。ただし各潮流の定義や範囲はさまざまな考えがあり、また時期によっても変化している。

社会民主主義


先駆
ヒューマニズム
啓蒙時代
フランス革命
空想的社会主義
チャーティズム
1848年革命
パリ・コミューン
キリスト教社会主義
(宗教社会主義)
労働組合
進歩主義
マルクス主義
(正統派マルクス主義)
フェビアン協会
第二インターナショナル

発展
修正主義 · 社会改良主義
倫理社会主義
労働社会主義インターナショナル
民主社会主義
社会自由主義
ネオ・コーポラティズム
社会的市場経済
第三の道
ケインズ経済学

理念・政策
間接民主制 · 複数政党制
労働基本権 · 自由権
福祉国家論 · 混合経済
富の再分配 · フェア・トレード
環境保護 · 世俗主義
協同組合 · 社会正義

人物
アトリー · アウォロウォ · ベルンシュタイン
ベタンクール · ブットー · ブラント · ブランティング
カーティン · en:Ignacy Daszyński · デブス · ダグラス
エジェヴィト · ゴンサーレス · ヒルファディング
ジョレス · 張君勱 · 片山哲
ラッサール · レイトン · レベック
マクドナルド · マンデラ · ネーダー · ネルー
バッジェ・イ・オルドーニェス · パルメ
プレハーノフ · サヴェジ · トマス
ウィリアムズ

組織
社会民主党
社会主義インターナショナル
国際社会主義青年同盟
欧州社会党
国際労働組合総連合

政治ポータル

空想的社会主義

シャルル・フーリエアンリ・ド・サン=シモンロバート・オウエンらに代表される、初期の社会主義思想。ただし「空想的社会主義」という名称は、自らを「科学的社会主義」と称するマルクス主義の立場からの呼称であり、提唱者による自称ではない。そのため厳密な定義は存在せず、どのような思想を空想的社会主義と呼ぶかは数多くの異論がある。

社会民主主義

社会民主主義議会政治を通した民主的な変革を目指し、マルクス主義暴力革命論を否定する(反共主義)。社会改良主義民主社会主義などや、広義にはマルクス主義の立場を堅持しながら多党制を支持し暴力革命を否定した修正主義構造改革主義ユーロコミュニズムなども含む。国際組織に社会主義インターナショナルなどがある。

イギリス労働党フランス社会党ドイツ社会民主党などが代表的。

無政府主義

無政府主義は個人主義的な立場、自由主義的な立場、社会主義的な立場など多様な思想の総称だが、社会主義的な立場では権力の集中に反対して地域コミュニティや労働組合主義などを目指す。マルクス主義を権威主義と批判する。

サンディカリスム

サンディカリスム(労働組合主義)は、コーポラティズム(共同体主義)の側面を持ち、労働組合がゼネストで資本主義体制を倒し、革命後は政府ではなく集産主義的な労働組合の連合による経済や社会の運営を目指す。より急進的で革命的な思想にアナルコサンディカリスムがある。

共産主義


概念
共有制 - 平等主義
無階級社会 - 階級闘争
プロレタリア独裁
暴力革命 - 平和革命
国際主義 - 世界革命論
一国社会主義論 反帝国主義
社会ファシズム論 - 人民戦線
マルクス哲学
マルクス経済学
贈与経済
プロレタリア国際主義
唯物史観
唯物弁証法
階級意識
共産主義社会

側面
共産主義国
共産党
共産主義革命
共産主義のシンボル
マルクス主義と宗教
共産主義の歴史
共産主義社会

潮流
マルクス主義
無政府共産主義
レーニン主義
マルクス・レーニン主義
ルクセンブルク主義
左翼共産主義
スターリン主義
トロツキー主義
毛沢東主義
主体思想
ホー・チ・ミン思想
評議会共産主義
チトー主義
カストロ主義
ゲバラ主義
ホッジャ主義
宗教的共産主義
キリスト教共産主義
ユーロコミュニズム
世界共産主義
無国家共産主義
民族共産主義
反修正主義
国際共産主義潮流

国際組織
共産主義者同盟 (1847年)
第一インターナショナル
第二インターナショナル
コミンテルン
(第三インターナショナル)
第四インターナショナル
第五インターナショナル
コミンフォルム
共産党・労働者党国際会議(IMCWP)

人物
グラキュース・バブーフ
ロバート・オウエン
シャルル・フーリエ
ルイ・オーギュスト・ブランキ
エティエンヌ・カベ
ヴィルヘルム・ヴァイトリング
カール・マルクス
フリードリヒ・エンゲルス
ピョートル・クロポトキン
ローザ・ルクセンブルク
ウラジーミル・レーニン
レフ・トロツキー
en:Herman Gorter
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/12 14:13

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「社会主義」の意味を投稿しよう
「社会主義」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

社会主義スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「社会主義」のスレッドを作成する
社会主義の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail