このキーワード
友達に教える
URLをコピー

社会人野球日本選手権大会とは?

社会人野球日本選手権大会(しゃかいじんやきゅうにっぽんせんしゅけんたいかい)は、毎年11月前半に行われる社会人野球のトーナメントである。元々産業別大会(後楽園スタヂアム1973年まで実施)だったものを一新して設立された。

会場と日程に関する事項

会場は関西圏の球場を転々としており、阪神甲子園球場大阪球場グリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)を経て1997年から大阪ドーム(京セラドーム大阪)に落ち着く。ただし、2010年は第1ステージ(1回戦)に限り大阪ドーム以外の4つの球場で分割開催を行った(経緯後述)

2002年までは10月中旬に行われていたが、2003年から実施時期がおよそ1ヶ月遅くなり、社会人野球のシーズンを締めくくる大会となった。一方でプロ野球のドラフト会議の実施後であったり、大会中にドラフト会議等が実施されるなど、開催時期について疑問を呈する声もある。

2011年の大会は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、8月に開催する予定だった第82回都市対抗野球大会が秋に延期となったことを受けて、同年度の単独大会での開催は中止とすることが、3月25日の日本野球連盟の理事会で決定された。これに伴い、2011年の大会は都市対抗を兼務して開催することになり、都市対抗優勝チームが本年度日本選手権者と認定されることも併せて発表された(ただし、日本選手権としての回数にはカウントされなかったため、第38回大会は2012年に改めて開催するという形になった)。

2003年から大会日程が11月後半に繰り下げられたことは、シーズンの長期化という形で社会人野球チームに負担をかけることとなり、また、日本選手権開幕前または開催中にドラフト会議が実施されて本大会がプロを目指す選手のアピールの場として十全に機能しているとはいえないとの意見が出たことを受け、日本野球連盟は2012年シーズンから、11月前半に日本選手権を開催する方針を示した。ただし、2008年以降のドラフト会議は10月後半に行われていることから、11月前半でも「ドラフト会議に向けてのアピール」にはならないことになる。これよりも早める場合、京セラドーム大阪を本拠地として使用するオリックス・バファローズがクライマックスシリーズ、日本シリーズに出場した場合の調整が必要となるため、思い切った前倒しができない状況にある。

なお、2020年の大会は東京オリンピックが開催されるのに伴い、都市対抗と開催時期を入れ替え、7月にほっともっとフィールド神戸、京セラドーム大阪の2球場で開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のため、中止となった。

大会の概要

主催等

毎日新聞社が主催(大阪本社所管事業)。また、日本野球連盟も主催者に名を連ねる。現在は、大阪市が共催し、スポーツニッポン新聞社大阪シティドームが後援している。

大会システム

トーナメント方式で優勝チームを決定する。敗者復活戦は行われない。現在は32チームが出場するので、条件はひとしく、5勝すると優勝となる。

試合形式・ルール

タイブレーク

「日本選手権改革」

日本選手権はその名のとおり、その年の社会人ナンバーワンチームを決める至高の大会である。しかし、社会人野球界においては歴史と伝統のある都市対抗野球大会の人気が相対的に高く、日本選手権が軽んじられる風潮にある。日本において「日本選手権」があるにもかかわらず他の大会の方が人気が高いというスポーツジャンルは珍しい。

かねてから都市対抗野球に比べて人気、観客動員に伸び悩んでいたことから、日本野球連盟は日本選手権のてこ入れを協議し、段階的に改革案を実行に移してきた。

2006年の改革

日本野球連盟は、2006年8月24日に開かれた臨時理事会において、日本選手権の地位向上を目指すため、日本選手権を「年間王座決定戦」と位置づけ、2007年の第34回大会から実施に移すための改革を実行に移すことを決定した。その具体的内容は次のとおり。

  1. 現行26チームの出場チームを32チームに増やす。これで大会期間を9日間から11日間に拡大
  2. 都市対抗野球全日本クラブ野球選手権大会の優勝チームに日本選手権の出場権を付与する(この点については2006年から実行に移す)。
  3. 地区連盟主催大会のうち、以下に示す9大会を制した各チームに日本選手権の出場権を付与する。
  4. 残りの21枠をめぐり、各地区で予選を行い、予選を勝ち上がったチームに出場権を付与する(出場枠については後述)。
  5. 2及び3で同一チームが複数大会で優勝した場合、そのチームが所属する地区の出場枠をその分増やす。
日本選手権対象大会
JABA東京スポニチ大会
JABA静岡大会
JABA四国大会
JABA岡山大会
JABA長野県知事旗争奪野球大会
JABA京都大会
JABA九州大会
JABA東北大会
JABA北海道大会

2010年の改革

2008年秋に始まった世界同時不況の影響等から、社会人野球チームの負担軽減と、新たなファン層の掘り起こしを目的として、2009年11月11日に行われた日本野球連盟定時理事会において、以下の制度改革案が承認された。2010年の第37回大会から実施される。

日本選手権対象大会
JABA日立市長杯選抜野球大会
JABAベーブルース杯争奪大会
なお上述2大会は近年プロ野球2軍チームが出場しているが(前者は主としてイースタン・リーグ在籍球団、後者は中日ドラゴンズ)、当該チームが優勝した場合は準優勝したチームが所属している地区の最終予選通過チーム数を1つ増やすが、準優勝チームそのものが振り替え出場できるというわけではない。

出場チーム

(第38回大会のもの。かっこ内はチーム数)

予選

上記のとおり、都市対抗野球大会、全日本クラブ野球選手権大会、地区連盟主催大会が本大会の予選として位置づけられるほか、各地区で行われる最終予選を勝ち上がると本大会に出場する。2010年の第37回大会から施行される日本選手権改革の一環として、最終予選の出場権は原則として企業チームまたはこれに準じるチームに限られる。

組み合わせ抽選

都市対抗野球と異なり、抽選会は大阪市内において非公開で行われる。

開会式

閉会式

※ダイヤモンド旗、大阪市長賞トロフィーは持ちまわり賞品

歴代優勝チーム等

(最優秀選手はすべて優勝チームの所属)

【回】
【年】
【開催球場】
【出場チーム数】
【優勝チーム】
最優秀選手賞
【計】
【北海道】
【東北】
【北信越】
【関東】
【東海】
【近畿】
【中国】
【四国】
【九州】
【都市対抗】
【クラブ】
地区大会
1 | 1974年 | 阪神甲子園球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 三協精機 | 大塚喜代美
(投手)
2 | 1975年 | 阪神甲子園球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 鐘淵化学 | 宮田典計
(投手)
3 | 1976年 | 阪神甲子園球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 新日本製鐵名古屋 | 水谷啓昭
(投手)
4 | 1977年 | 阪神甲子園球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 森繁和
(投手)
5 | 1978年 | 阪神甲子園球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 北海道拓殖銀行 | 高岡茂夫
(内野手)
6 | 1979年 | 阪神甲子園球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 高橋修二
(投手)
7 | 1980年 | 大阪球場 | 22 | 2 | 2 | 2 | 3 | 2 | 5 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 日本鋼管福山 | 田村忠義
(投手)
8 | 1981年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 富士重工業 | 向田佳元
(投手)
9 | 1982年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | ヤマハ発動機 | 鈴木政明
(投手)
10 | 1983年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 高橋修二
(投手)
11 | 1984年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 高橋修二
(投手)
12 | 1985年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 本田技研 | 伊東昭光
(投手)
13 | 1986年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | NTT東海 | 笠井孝志登
(投手)
14 | 1987年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 中山製鋼 | 藤野悦勝
(投手)
15 | 1988年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 東芝 | 南渕時高
(内野手)
16 | 1989年 | 大阪球場 | 24 | 2 | 2 | 2 | 4 | 2 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 尾山敦
(投手)
17 | 1990年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 日本生命 | 新谷博
(投手)
18 | 1991年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 日本石油 | 鈴木健
(投手)
19 | 1992年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 東芝 | 三原昇
(投手)
20 | 1993年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 尾山敦
(投手)
21 | 1994年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 日本通運 | 松田訓
(内野手)
22 | 1995年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 三菱自動車川崎 | 玉木重雄
(投手)
23 | 1996年 | グリーンスタジアム神戸 | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 6 | 2 | 2 | 2 | - | - | - | 住友金属 | 宮内洋
(内野手)
24 | 1997年 | 大阪ドーム | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 三菱重工神戸 | 新井正広
(投手)
25 | 1998年 | 大阪ドーム | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | NTT関東 | 阿久根鋼吉
(内野手)
26 | 1999年 | 大阪ドーム | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | シダックス | 田中善則
(内野手)
27 | 2000年 | 大阪ドーム | 26 | 2 | 2 | 2 | 5 | 3 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 松下電器 | 愛敬尚史
(投手)
28 | 2001年 | 大阪ドーム | 26 | 1 | 2 | 1 | 6 | 4 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 三菱重工長崎 | 後藤隆之
(投手)
29 | 2002年 | 大阪ドーム | 26 | 1 | 2 | 1 | 6 | 4 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 日本生命 | 佐藤充
(投手)
30 | 2003年 | 大阪ドーム | 26 | 1 | 2 | 1 | 6 | 4 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 日産自動車 | 伊藤祐樹
(内野手)
31 | 2004年 | 大阪ドーム | 26 | 1 | 2 | 1 | 6 | 4 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | JFE西日本 | 田中敬人
(投手)
32 | 2005年 | 大阪ドーム | 26 | 1 | 2 | 1 | 6 | 4 | 7 | 2 | 1 | 2 | - | - | - | 松下電器 | 山本隆之
(投手)
33 | 2006年 | 京セラドーム大阪 | 28 | 1 | 2 | 1 | 6 | 4 | 7 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | - | 富士重工業 | 阿部次男
(コーチ兼任投手)
34 | 2007年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4 | 3 | 6 | 2 | 1 | 2* | 1 | 1 | 9 | トヨタ自動車 | 服部泰卓
(投手)
35 | 2008年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4* | 3 | 6 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 9 | トヨタ自動車 | 大谷智久
(投手)
36 | 2009年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4** | 3 | 6** | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 9 | JR九州 | 濱野雅慎
(投手)
37 | 2010年 | (1回戦)
日立岡崎京都倉敷
(2回戦以後)
京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4 | 3* | 4 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | トヨタ自動車 | 岩崎司
(投手)
- | 2011年 | 東北地方太平洋沖地震の影響により中止
38 | 2012年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4* | 3 | 4 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | JX-ENEOS | 大城基志
(投手)
39 | 2013年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4** | 3* | 4 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | 新日鐵住金かずさマジック | 岡本健
(投手)
40 | 2014年 | 京セラドーム大阪 | 34 | 1 | 2 | 1 | 4 | 3* | 5 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | トヨタ自動車 | 佐竹功年
(投手)
41 | 2015年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4 | 3 | 4** | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | 日本生命 | 古川昌平
(捕手)
42 | 2016年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4* | 3* | 4 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | ヤマハ | 池田駿
(投手)
43 | 2017年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 2 | 1 | 5* | 3 | 5 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 10 | トヨタ自動車 | 多木裕史
(外野手)
44 | 2018年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 5* | 3 | 6* | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 8 | 三菱重工名古屋 | 勝野昌慶
(投手)
45 | 2019年 | 京セラドーム大阪 | 32 | 1 | 1 | 1 | 4 | 3 | 4 | 2 | 1 | 2 | 1 | 1 | 11 | 大阪ガス | 阪本大樹
(投手)
- | 2020年 | 新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止

(表中「東海」は第16回大会までは中部地区、「北信越」は第16回大会までは東海北陸地区)
(表中*のついた数字は、対象大会複数優勝等の理由により予選出場枠がアステリスクの数だけ拡大したことを示す。詳細は各大会の記事参照)

放送での中継

出典:wikipedia
2020/10/01 10:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「社会人野球日本選…」の意味を投稿しよう
「社会人野球日本選手権大会」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

社会人野球日本選手権大会スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「社会人野球日本選手権大会」のスレッドを作成する
社会人野球日本選手権大会の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail