このキーワード
友達に教える
URLをコピー

社会民主主義とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年1月)
社会民主主義


先駆
ヒューマニズム
啓蒙時代
フランス革命
空想的社会主義
チャーティズム
1848年革命
パリ・コミューン
キリスト教社会主義
(宗教社会主義)
労働組合
進歩主義
マルクス主義
(正統派マルクス主義)
フェビアン協会
第二インターナショナル

発展
修正主義 · 社会改良主義
倫理社会主義
労働社会主義インターナショナル
民主社会主義
社会自由主義
ネオ・コーポラティズム
社会的市場経済
第三の道
ケインズ経済学

理念・政策
間接民主制 · 複数政党制
労働基本権 · 自由権
福祉国家論 · 混合経済
富の再分配 · フェア・トレード
環境保護 · 世俗主義
協同組合 · 社会正義

人物
アトリー · アウォロウォ · ベルンシュタイン
ベタンクール · ブットー · ブラント · ブランティング
カーティン · en:Ignacy Daszyński · デブス · ダグラス
エジェヴィト · ゴンサーレス · ヒルファディング
ジョレス · 張君勱 · 片山哲
ラッサール · レイトン · レベック
マクドナルド · マンデラ · ネーダー · ネルー
バッジェ・イ・オルドーニェス · パルメ
プレハーノフ · サヴェジ · トマス
ウィリアムズ

組織
社会民主党
社会主義インターナショナル
国際社会主義青年同盟
欧州社会党
国際労働組合総連合

政治ポータル

「カテゴリ:社会主義」 の一部
社会主義


社会主義の潮流
社会主義
空想的社会主義
チャーティズム

共産主義
マルクス主義
マルクス・レーニン主義
左翼共産主義
スターリン主義
トロツキズム
毛沢東主義
主体思想

アナキズム
サンディカリスム
アナルコサンディカリスム
デ・レオン主義
社会的無政府主義
国家社会主義

修正主義
社会民主主義
民主社会主義
黄色社会主義
ユーロコミュニズム
市場社会主義
リバタリアニズム社会主義

アラブ社会主義
アフリカ社会主義
ビルマ式社会主義

エコ社会主義

21世紀の社会主義

宗教的社会主義の潮流
宗教社会主義
キリスト教社会主義
仏教社会主義
イスラム教社会主義

歴史
産業革命 · 市民革命
共産党宣言· 1848年革命 · 1848年のフランス革命 · パリ・コミューン
ロシア革命 · 冷戦 · 平和共存
スターリン批判 · ハンガリー動乱
中ソ対立 · 文化大革命
東欧革命 · ソ連崩壊

国際組織
第一インターナショナル
第二インターナショナル
第三インターナショナル
第四インターナショナル
コミンフォルム
労働社会主義インターナショナル
社会主義インターナショナル
インターナショナル一覧

関連項目
啓蒙思想 · 自由主義 · 平等主義
近代化 · 資本主義 · ブルジョワ

独占資本 · 国家独占資本主義
帝国主義 · 植民地 · 大恐慌

社会改良主義 · 唯物史観 · 階級闘争
プロレタリア独裁 · 前衛党 · 民主集中制 · 人民民主主義

労働運動 · 労働組合 · コミューン
労働価値説 · 搾取 · 社会保障

国有化 · 計画経済 · 大きな政府
· 混合経済 · 集産主義 · 社会的富の公平分配

国際主義 · 世界革命論
一国社会主義 · 社会主義国
国家資本主義 · 制限主権論

社会愛国主義 · 反資本主義 · 反帝平和主義 · 反共主義 · マルクス主義批判 · 反レーニン主義 · 反スターリン主義 · 社会主義市場経済
反グローバリゼーション
赤旗 · インターナショナル (歌)
プロレタリア文学
社会主義リアリズム
左翼 · 極左 · 改良主義 · 急進主義 · 進歩主義


政治シリーズ記事からの派生
民主主義

種類

歴史

人物

関連項目

ウィキポータル政治学

社会民主主義(しゃかいみんしゅしゅぎ、英語: Social democracyドイツ語: Sozialdemokratieフランス語: Social-démocratie)とは、資本主義経済のもたらす格差貧困などを解消するために唱えられた社会主義思想で、暴力革命プロレタリア独裁を否定し 議会制民主主義の方法に依って議会を通して平和的・漸進的に社会主義を実現することで社会変革や労働者の利益を図る改良主義的な立場思想運動である。革命階級闘争を志向する共産主義と区別され、政策としては議会制度の枠組みに基づき富の再分配による平等を目指す社会主義である、欧州の穏健な社会民主主義政党は「中道左派」と呼ばれる。

現代的な社会民主主義は欧州で生まれ、冷戦期の西欧北欧諸国を中心に発展してきた政治思想である。社会民主党は、東欧諸国における社会民主主義に転じた旧共産党も含め、現在の欧州各国で与党や有力な野党となっている。アジアアメリカ合衆国カナダラテンアメリカ諸国にも社会民主主義政党は存在するが、これらの政党は欧州型の政党と規模や主張の点で大きく異なる部分がある。各国の社会民主主義政党の多くは、社会主義政党の国際組織である社会主義インターナショナルに加盟している。

目次

  • 1 欧州の社会民主主義の歴史
    • 1.1 誕生期
    • 1.2 共産主義との差異化
  • 2 欧州社会民主主義の特徴
    • 2.1 ソ連型社会主義との差異
    • 2.2 社会主義以外との差異
  • 3 欧州社会民主主義の外交政策
    • 3.1 軍事政策
  • 4 欧州以外での社会民主主義
    • 4.1 アジア
    • 4.2 北アメリカ
    • 4.3 ラテンアメリカ
    • 4.4 アフリカ
  • 5 社会民主主義の変化・多様化(「第三の道」)
  • 6 各国の社会民主主義政党
    • 6.1 欧州社会党参加政党
    • 6.2 欧州社会党参加政党以外
      • 6.2.1 ヨーロッパ
      • 6.2.2 アジア
      • 6.2.3 アメリカ州
      • 6.2.4 オセアニア
      • 6.2.5 アフリカ
  • 7 脚注
  • 8 関連項目

欧州の社会民主主義の歴史

社会民主主義」(Sozialdemokratie)という単語は、この語の生まれた19世紀においては「マルクス主義」や「共産主義」と同意語であった。但し、当時の「社会民主主義」や「共産主義」は、現代的な意味での社会民主主義あるいは共産主義とは大きく異なる。

誕生期

修正主義論争の発端となった『社会主義の諸前提と社会民主主義の諸課題』(1899年)を著し、後の西欧型社会民主主義を理論的に基礎づけたドイツ社会民主党(SPD)の修正主義者エドゥアルト・ベルンシュタイン

19世紀末にドイツ社会民主党(SPD)右派のエドゥアルト・ベルンシュタインが『社会主義の諸前提と社会民主主義の諸課題』(1899年)で、資本主義の崩壊と革命というマルクス主義における革命主義的な側面が不要になったことを主張して修正主義を唱えたが、これは当時SPDの理論的指導者であったカール・カウツキーらの正統派マルクス主義やSPD左派のローザ・ルクセンブルクらオスト・ロイテ達の立場と激しく対立し、1903年のドレスデン大会では当時党内の過半数を占めた革命主義的マルクス主義者に敗北して日の目を見ることはなかった。

マルクス主義#修正主義(ベルンシュタイン主義)と教条主義(カウツキー主義)」も参照

この他、ドイツとは別にフェビアン協会など社会改良主義の流れを汲む英国社会主義の流れもあった。またフランスイタリアでは労働組合を基調とするサンディカリズムが強かった。

共産主義との差異化

1914年第一次世界大戦勃発と各国の社会民主党が自国の戦時体制を支持したことによる第二インターナショナルの崩壊後(「城内平和」)、各国の社会民主党から左派が分離し、ロシア十月革命の影響によって生じたボルシェヴィキとの繋がりから新たに共産党を名乗る一方、右派は引き続き社会民主党を名乗った。ここにおいて修正主義民主社会主義社会改良主義の流れを汲むものが「社会民主主義」と呼ばれるようになり、革命主義的マルクス主義としての「共産主義」と対比されるようになった。

民主社会主義#社会民主主義との関わり」も参照

第一次世界大戦から第二次世界大戦に至るまでの間、解散した第二インターナショナルの流れを汲む社会民主主義者(第二半インターナショナル労働社会主義インターナショナル)とソ連系の第三インターナショナル(コミンテルン)への帰属意識を表明する共産主義者は人民戦線を組むことはあったが、第二次大戦後の東西冷戦で対立は決定的となり、社会主義インターナショナルによる1951年の『フランクフルト宣言』では、『民主的社会主義の目的と任務』が採択され、議会制民主主義に立脚した修正主義的、非ソ連型の民主的社会主義の路線を採ることを明確にした。

戦後は、東西ドイツに分割された状況下で、ドイツ社会民主党は激しい党内論争の結果右派が勝利し、1959年に『バート・ゴーデスベルク綱領』を採択し、プロレタリア階級を基盤とする階級政党から西ドイツ国民の国民政党に脱皮、社会民主主義が同党の公的方針となった。また、フランス社会党1971年の『エピネ宣言』の採択などで、同じく社会民主主義政党に脱皮を遂げた。現在の社会民主主義思想や政策は、西欧ではドイツ社会民主党の『バート・ゴーデスベルク綱領』及び、フランス社会党の『エピネ宣言』以降定着した。

欧州の社会民主主義政党は、1962年の『オスロ宣言』で共産主義と完全に決別したが、日本社会党左派の反対で採択に参加せず、1966年に綱領的文書『日本における社会主義への道』でプロレタリア独裁を肯定するなど共産主義政党と類似した主張を行い続けた。1986年に至って『新宣言』を採択しマルクス・レーニン主義を放棄はしたが、その後も綱領には「社会主義革命」の文言は残った。

1989年にドイツ社会民主党は、緑の党の進出などエコロジー意識の高まりなどに強く影響された『ベルリン綱領』を採択。20世紀初頭のフォルマル思想や社会地域中心主義などにも目が向けられるようになった。

欧州社会民主主義の特徴

社会民主主義政党の国際組織、社会主義インターナショナル赤薔薇を組織の意匠としている。

欧州の社会民主主義政党は、社会民主主義の政治的な目的を追求し実現するために、下記のような政治的方法と政策を追求・遂行している。

政治制度は、選挙権被選挙権を持った一定年齢以上の市民が選挙により議会行政府の長(議会は市民による直接選挙だが、行政府の長は市民による直接選挙型と議会による間接選挙型がある。)を選出し、複数政党制や政権交代を容認し、議会制民主主義議会政治非暴力的手段により、個別の問題や社会全体の漸進的な変革を目ざす。政策の実現は、広範な市民運動社会運動とともに、普通選挙とそれに基づく議会での多数派の形成により行われる。君主制廃止論を掲げていた政党もあり、党内に共和制支持者を持つ政党も多いが、イギリススウェーデンノルウェーデンマークオランダベルギースペインなどのように、政権獲得後も王室立憲君主制の統治形態を維持する場合が多い。政治と宗教の関わりにおいては、政教分離原則を支持し世俗主義の立場を採る。

経済政策は、自由競争市場経済を重視するとともに、自由競争市場経済により発生する弊害や社会全体としての非最適な状態を予防または是正するために、政府が自由競争市場経済を監視・管理・規制・禁止・介入も重視し、市場経済と政府が介入する経済を併用する政策(混合経済)を採用し、所得再分配による貧富の格差の予防や是正を目指し、特に高所得層や富裕層から貧困層や低所得層の人々への所得の再分配を重視する。この過程で社会民主主義政党が支持基盤とする労働運動労働組合の役割が大きいのも特徴である。

社会政策は、保健医療保育育児障害者介護失業時の所得保障と失業者に対する職業訓練と再就職支援、高齢者病気や障害による就労不可能者に対する年金などの社会保障政策を充実させ、社会政策福祉学校教育の費用に対する、政府による全額負担または大部分負担により、所得の高低や財産の大小に影響されずに、全ての市民が社会権を享受できる社会、市民の人生に発生する生活不安を解消する社会を目指す(福祉国家論大きな政府も参照)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/09/17 19:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「社会民主主義」の意味を投稿しよう
「社会民主主義」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

社会民主主義スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「社会民主主義」のスレッドを作成する
社会民主主義の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail