このキーワード
友達に教える
URLをコピー

神崎武法とは?

移動先: 案内検索
日本政治家
神崎 武法
かんざき たけのり

【生年月日】
(1943-07-15) 1943年7月15日(74歳)
【出生地】
中華民国 河北省天津市
(現: 中国)
【出身校】
東京大学法学部
【前職】
検察官
【現職】
公明党常任顧問
【所属政党】
(公明党→)
(公明新党→)
(新進党→)
(新党平和→)
公明党
初代 公明党代表

【在任期間】
1998年11月7日 - 2006年9月30日
初代 新党平和代表

【在任期間】
1998年1月4日 - 1998年11月7日
第57代 郵政大臣

【内閣】
細川内閣
【在任期間】
1993年8月9日 - 1994年4月28日
衆議院議員

【選挙区】
(旧福岡1区→)
比例九州ブロック
【当選回数】
9回
【在任期間】
1983年12月19日 - 2010年4月7日

神崎 武法(かんざき たけのり、1943年7月15日 - )は、日本政治家弁護士公明党常任顧問。

衆議院議員(9期)、公明党政策審議会長、公明党国会対策委員長、郵政大臣(第58代)、新進党総務会長、新党平和代表、公明党代表(初代)などを歴任した。

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 政界入り
    • 1.2 野党時代
    • 1.3 与党時代
  • 2 人物
  • 3 政策・政治活動
  • 4 著書
  • 5 脚註
  • 6 関連項目

来歴

政界入り

中華民国河北省天津市生まれ。千葉県立千葉高等学校東京大学法学部卒業。司法修習第20期を経て、1968年検察官任官。横浜地検福岡地検東京地検那覇地検において検事外務省領事移住部に出向、内閣審議官などを歴任し、法務省刑事局付参事官室勤務を最後に、1982年に退官。

1983年第37回衆議院議員総選挙公明党公認で旧福岡1区から出馬し、初当選を果たした。1986年には、公明党委員長矢野絢也の下、党副書記長、党国際局長に就任。1990年には党政策審議会長国会対策委員長に相次ぎ就任。

野党時代

1993年、公明党を含む非自民8党派が参加した細川内閣郵政大臣に任命され、初入閣を果たした。1994年内閣総理大臣細川護煕の辞任により細川内閣は総辞職し、神崎も郵政大臣を退任。羽田内閣で入閣した森本晃司に代わり、党国会対策委員長に就任した。公明党解党により、公明新党を経て、1994年末の新進党結党に参加する。

1996年、新進党党首小沢一郎の下、新進党総務会長に就任した。1997年末、小沢が突如新進党の解党を宣言すると、旧公明党所属の衆議院議員及び一部の参議院議員らで新党平和を結成し、代表に就任。1998年11月、新党平和と公明の合流により公明党が再結成され、公明党代表に就任する。

与党時代

1999年内閣総理大臣小渕恵三から連立政権への参加要請を受け、これを受諾。同年10月、小渕再改造内閣が発足し、公明党枠では続訓弘総務庁長官に就任した。

2000年、小渕の急逝により森喜朗が後継首相に就任。また自由党が連立から離脱し、連立に残留した保守党を加えた自公保連立政権第1次森内閣が発足した。

2004年5月、国民年金保険料の未加入期間があると報じられた菅直人を強く批判し、菅の民主党代表辞任を主張したにもかかわらず、後に自らにも未納が発覚した際には党代表を辞任しなかった。しかし、同年7月の第20回参議院議員通常選挙で公明党が議席増を果たしたため責任問題には発展せず、10月の党全国大会で党代表4選を果たした。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、比例九州ブロック単独1位で出馬し、当選。翌2006年太田昭宏の公明党代表就任に伴い、党常任顧問に就任する。2009年第45回衆議院議員総選挙でも与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、比例九州ブロックで9回目の当選を果たした。

2010年4月7日に2002年頃から患っていた腎不全の悪化に伴い、病気療養に専念するため議員辞職し、政界を引退。なお、政界引退後も公明党常任顧問の職には留まっている。

  • 2010年9月29日、中国建国61周年を祝うレセプションへ出席している。

人物

政策・政治活動

  • 男女共同参画社会の実現が強く求められている。女性の社会進出が増大するにつれ、結婚後も独身時代と同じ姓でありたいとする女性の意思は尊重されるべき」として、選択的夫婦別姓制度導入に賛同する。

著書

  • 人権国家への道 21世紀の日本(公明党機関紙委員会、2000年) ISBN 4-87584-101-9

脚註

  1. ^ 旧公明党所属の参議院議員の一部及び地方議員で構成された政党。新進党結党前、旧公明党は公明新党と公明に分党していた。
  2. ^ 英語表記は「NEW KOMEITO」である。
  3. ^ 後に社会保険庁側の過失と判明。
  4. ^ 神崎、冬柴、北側氏も未納 責任問題発展も(共同通信)
  5. ^ 岩手県盛岡市内の記者会見で、国民年金保険料未納問題で見解(自身のホームページ、2004年5月1日付 公明新聞掲載記事より)
  6. ^ 中国建国記念レセプション 日本の議員50人出席もあいさつなし - MSN産経ニュース
  7. ^ 自公連立の象徴 神崎氏が引退
  8. ^ 神崎・坂口の自遊空間
  9. ^ 第151回国会 - 衆議院 - 本会議 - 2号 平成13年02月05日

関連項目


【公職】

先代:
宮澤喜一(兼任) |  郵政大臣
第57代:1993年 - 1994年 | 次代:
羽田孜(臨時代理)
【党職】

先代:
結成 | 公明党代表
初代:1998年 - 2006年 | 次代:
太田昭宏
先代:
結成 | 新党平和代表
初代:1998年 | 次代:
公明党
先代:
渡部恒三 | 新進党総務会長
第2代:1996年 - 1997年 | 次代:
解散
先代:
結成 | 新進党国会運営委員長
初代:1994年 - 1995年 | 次代:
渡部恒三
郵政大臣
統合前 | 
郵政大臣 | 

自治大臣 | 
地方財政委員長 | 

地方自治庁長官 | 

自治庁長官 | 

自治大臣 | 


総務庁長官 | 


総務大臣 | 

2001年、自治大臣国務大臣総務庁長官郵政大臣を統合し、総務大臣になった。

公明党
支持母体:創価学会
歴代代表 | 
公明党委員長 | 
原島宏治 - 辻武寿 - 竹入義勝 - 矢野絢也 - 石田幸四郎

公明代表 | 
藤井富雄 - 浜四津敏子

公明党代表 | 
神崎武法 - 太田昭宏 - 山口那津男


閣僚経験者 | 
細川内閣 | 
郵政大臣:神崎武法 - 労働大臣:坂口力 - 総務庁長官:石田幸四郎 - 環境庁長官:広中和歌子

羽田内閣 | 
運輸大臣:二見伸明 - 郵政大臣:日笠勝之 - 建設大臣:森本晃司 - 総務庁長官:石田幸四郎 - 科学技術庁長官:近江巳記夫 - 環境庁長官:浜四津敏子

小渕内閣第2次改造内閣
第1次森内閣
第2次森内閣 | 
総務庁長官:続訓弘

第2次森改造内閣 (中央省庁再編前) | 
厚生大臣労働大臣:坂口力

第2次森改造内閣 (中央省庁再編後)
第1次小泉内閣
小泉再改造内閣
第2次小泉内閣 | 
厚生労働大臣:坂口力

第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣 | 
国土交通大臣:北側一雄

第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
 | 
国土交通大臣:冬柴鐵三

福田康夫改造内閣
麻生内閣 | 
環境大臣:斉藤鉄夫

第2次安倍内閣
第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣 | 
国土交通大臣:太田昭宏

第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣 | 
国土交通大臣:石井啓一


関連人物 | 
戸田城聖 - 池田大作 - 公明党国会議員一覧

歴史 | 
大阪事件 - 言論出版妨害事件 - 日本共産党と創価学会との合意についての協定 - 自公連立 - 三党合意

政権構想 | 
中道革新連合政権構想 - 公民連合政権構想 - 社公連合政権構想 - 社公民路線 - 自公連立

結党時の理念 | 
王仏冥合 - 仏法民主主義 - 国立戒壇

関連項目 | 
公明新聞 - KOMEIブラウザ - ワン・ワン・ライス - 宗教政党 - 聖教新聞社 - 聖教新聞

カテゴリ | 
公明党 - 創価学会


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/24 15:02

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「神崎武法」の意味を投稿しよう
「神崎武法」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

神崎武法スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「神崎武法」のスレッドを作成する
神崎武法の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail